タグ:ミヤマカラスシジミ ( 21 ) タグの人気記事

2017年 07月 16日
充実した一日の締めくくり・・・
7月8日
クロシジミなどを撮影した帰りにミヤマカラスシジミの生息地に立ち寄ることにしました。
到着した時は曇っており時間も少し遅かったですが何とか姿を見ることが出来ました。
e0224357_20571253.jpg
スレた個体の中から比較的綺麗そうな♂の吸蜜を狙いました。
e0224357_20570373.jpg
こちらは新鮮な♀の吸蜜です。
e0224357_20565261.jpg
e0224357_20592215.jpg
葉の上で静止する姿も見られました。
e0224357_21001934.jpg
大きなミズキの花でも吸蜜していました。
e0224357_21010754.jpg
e0224357_21023371.jpg
かぶれない様に気をつけながら・・・広角でも撮影してみました。
e0224357_21031362.jpg
クルミの木ではオナガシジミが見られましたが、100mmマクロでは遠くて・・・
e0224357_21040843.jpg
夕方の活動が始まる前に・・・
1頭だけクズの葉に降りて来てくれました。
e0224357_21052671.jpg



時間が遅かったこともあり心配しましたが、狙いの2種は撮影できました。
ミヤマカラスは食草のクロウメモドキにも静止していましたが・・・
林内は暗すぎて産卵は確認できませんでした。
この場所の様子もわかったので、来年はもう少し早い時間と時期に再訪したいです。

早朝はやや寂しかったですが、ほぼ想定通りの充実した一日の締めくくりとなりました。





-




by konty33 | 2017-07-16 20:54 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 05日
雨には勝てず・・・幼虫探し
7月1日
雨を避けるために・・・・雨雲レーダーと空とを睨めっこしながら行先を探しました。
悩んだあげく・・・昼頃になってクロツバラが沢山自生する高原に着きました。
狙いは、ヤマキチョウ、ミヤマカラスシジミ、トラフシジミの幼虫です。
まず見つけたのはトラフシジミの幼虫です。
e0224357_21101810.jpg
指が写っているので大きさが想像できると思いますが・・・
こんなに小さい幼虫がよく見つかるものと我ながら感心します。
拡大できるコンデジを忘れたので、100mmマクロで拡大しました。
e0224357_21112685.jpg
次に見つけたのはヤマキチョウの幼虫です。
e0224357_21121618.jpg
こちらも凄く小さくてよく分からないと思うので、もう少し大きいのも見つけました。
e0224357_21132968.jpg
新しい葉をかなり食べた様で・・・軸だけになっています。
こちらも100mmマクロで拡大しました。
e0224357_21145544.jpg
あと残るのはミヤマカラスシジミですが・・・既に蛹になってしまったのかここでは見つかりません。
心当たりの場所へ移動し・・・暗くなる寸前にやっと蛹化直前の終齢幼虫をひとつ見つけました。
e0224357_21195839.jpg
時間を元に戻して・・・・最初の高原では
時々霧雨が降るような天気でしたが、ヒメシジミだけは飛んでいました。
クロツバラに拘って・・・枝先に静止した♀を掲載しておきます。
e0224357_21211666.jpg
あとはヒョウモンチョウが時々飛ぶ程度・・・手前の草が邪魔でした。
e0224357_21244188.jpg
この高原で2時間ほど散歩した後は・・・
クロツバメの様子を確認しに生息地に立ち寄りました。
ところが全てボロボロで写真になりません。
e0224357_21310206.jpg
一番右の個体はヤマトシジミですが・・・隣のクロツに交尾を迫っていました。
e0224357_21322291.jpg
勿論、交尾は成立しません。
比較的綺麗そうな♀を目で追うと産卵していました。
e0224357_21330833.jpg
お尻の先は見えませんが、確かに卵が産んでありました。
e0224357_21335400.jpg
1頭だけ新鮮な個体も撮影できましたが、すぐに見失ってしまいました。
e0224357_21351996.jpg


この日はクロツバラに拘って幼虫探しをしてみましたが、思うようには見つかりません。
ヤマキチョウはこの場所では初めて探したので、見つかったのは成果です。

当初狙っていたゼフは諦め予定を変更しましたが、雨には勝てませんね。




-



by konty33 | 2017-07-05 21:17 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 27日
各種の幼虫の観察
6月上旬
成虫撮影の合間には幼虫探しも楽しんでいます。
まずは、ヤマキチョウですが・・・・卵と若齢幼虫が見つかりました。
ここでは成虫しか見たことがなかったので新たな発見です。
e0224357_21414278.jpg
クロツバラの食痕のある葉脈に沿ってまっすぐになっています。
e0224357_21431441.jpg
卵は新芽の葉裏の葉脈に産んであることが多い様ですが、
幼虫は新芽より1枚元側に移動して食べているんですね。
e0224357_21454537.jpg
e0224357_21462666.jpg
場所を少し変えると同じクロツバラにミヤマカラスシジミの幼虫がいます。
e0224357_21521639.jpg
こちらは葉裏や葉柄などにいることが多い様です。
e0224357_21524002.jpg
次に探したのはミドリシジミでした。
先日平野部で成虫を撮影しましたが、信州ではまだ幼虫なんですね。
ハンノキの餃子のように綴った葉の中にいます。
e0224357_21483337.jpg
スゲのある湿原ではオオヒカゲの幼虫を見つけることが出来ます。
e0224357_21550701.jpg
ユキヤナギからはホシミスジの幼虫が沢山見つかりました。
e0224357_22031490.jpg
地元のクロコノマチョウの幼虫はだいぶ大きくなっていました。
e0224357_22035554.jpg
数はだいぶ減っていましたが、蛹は見つかりませんでした。
e0224357_22045775.jpg



今年も例年見つけることが出来る幼虫だけで進展がありません。
徐々に種類を増やしていきたいと思うのですが・・・




-


by konty33 | 2017-06-27 12:12 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 19日
いつもの越冬卵探しも成果半減?
早咲きの梅は既に終わりかけですが、庭の梅は真っ盛りです。(2/19撮影)
e0224357_20550213.jpg
2月18日
春も間近だと思うのですが、久しぶりに山に行ってみるとやはりまだ冬でした。
なんとか辿り着いた場所でクルミの木からオナガシジミの越冬卵を探しました。
e0224357_19384364.jpg
枝はには氷の結晶もついていますが、気温はそれほどでもなく-3℃でした。
2卵、3卵とついていることもあります。
e0224357_19410539.jpg
e0224357_19411990.jpg
アップで見るとオナガシジミ独特の突起が確認できます。
e0224357_19453790.jpg
続いてクロツバラの枝の分岐に産み付けられたミヤマカラスシジミの卵塊を見つけました。
e0224357_19463768.jpg
ここではこのような卵塊がよく見られます。
逆光気味ですし枝が邪魔して近づけないので証拠写真です。
e0224357_19505858.jpg
トネリコからは綺麗なウラキンシジミの卵塊も見つかりました。
目線の高さなので直ぐに見つかりましたが、ピントが甘くてイマイチです
e0224357_19522343.jpg
ここでは初めてですが、林内にイボタがあったので見てみるとウラゴマダラシジミの卵塊も・・・
地面には雪が結構残っていました。
e0224357_19554649.jpg
ここまでは1時間足らずでしたが、ハルニレでカラスシジミを探したのが間違えで・・・・・
何も成果がないまま昼になってしまいました。
それでも思わぬところで見つけたユキヤナギにはホシミスジの越冬幼虫が沢山見つかりました。
e0224357_20010542.jpg
葉っぱが落ちない様に枝と葉柄がしっかりと糸で括られています。
この丸まった枯葉の中には5mmにも満たない黒い幼虫がいます。


この後、別の山に向かおうとしましたが・・・・・
道路は融けた雪が凍ってスタットレスでもコントロールが効かず、緩やかな斜面も登れません。
諦めて雪のない場所へ移動し色々とチャレンジしましたが全く成果はありません。

帰りに立ち寄った場所ではカシワからハヤシミドリシジミを見つけることが出来ました。
e0224357_20072862.jpg
夕方暗くなるまで頑張りましたが時間切れで他の種は見つけられませんでした。
オリンパスTG-3でも内臓のLEDを使用しここまで綺麗に撮れます。
e0224357_20111787.jpg
GX-7では精孔の中の模様まで綺麗に写せます。
ただ、深度合成では卵の周りが不自然になるのがイマイチです。
e0224357_20155793.jpg



日帰りでしたが・・・雪の中では足が冷たく、風が無くても陽がささないと結構辛く感じました。
足元の防寒対策を考え直した方がよさそうです。

今回はカラスシジミなどの卵が見つからないのが心残りです。
雪が解けてもう少し春らしくなったら、今年未だ見ぬ種の卵を探してみたいと思います。




-


by konty33 | 2017-02-19 20:59 | | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 02日
ヤマキチョウの蛹探索など
7月30日 続き
この日の朝一の目的はヤマキチョウの蛹の探索でした。
今年幼虫を確認している木から探し始めると・・・羽化が近づいた蛹が見つかりました。
e0224357_20565762.jpg
ハッキリと前翅の紋が見えますね。

林縁のクロツバラを丹念に見ていくと普通の蛹も見つかりました。
まだ、上の写真の様に成虫の翅の色が透けて見えることはありません。
e0224357_20575073.jpg
蛹の羽化殻も見つかりました。
e0224357_20551778.jpg
と言うことは・・・・・近くに成虫がると言うことですね。
クロツバラの木の中で静止している成虫がいないか探しましたが見つかりません。

その代り、クロツバラを食樹とするミヤマカラスシジミ♀が見つかりました。
e0224357_21015906.jpg
この付近ではあまり見られないチョウです。
e0224357_21022066.jpg
とても新鮮ですが100mmマクロでは少し遠く近くに来てくれません。
暫く見ていると・・・目線の高さに来たので、少し枝を引っ張って撮影しました。
e0224357_21022989.jpg
近くのスイカズラからはイチモンジチョウorアサマイチモンジの幼虫が見つかります。
e0224357_21155066.jpg
成虫もいるかと思っていると・・・新鮮なアサマイチモンジが地面に止りました。
e0224357_21102914.jpg




今年は幼虫が少なめだった割には蛹の数は殻も合わせると昨年を大きく上回りました。
また、7月中に既に羽化しているとは思わず少し驚きました。
しかし、ここではヤマキチョウの成虫を見ることはありませんでした。

(この場所では何故か新生ヤマキの姿を見ることは稀なのです。
羽化直後に何処か居心地の良い場所に移動するのかもしれません。)




-


by konty33 | 2016-08-02 21:29 | | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 08日
雨を避けての五目狙い
7月3日 
早朝のゼフを狙って北の方に行ってみましたが、雨のため引き返すハメに・・・・・。
梅雨前線が日本海側にあるので予想してましたが、こんな予想が当たっても嬉しくありません。
仕方なく雨の降っていない場所を求めて南下しながらあちこちで五目撮りとなりました。
まずは、ミヤマカラスシジミですが♂がたまたま高い木の上から降りて来てくれました。
e0224357_22420476.jpg
♂の多くは高いところを飛び、♀は下草にも止まっていました。
e0224357_22455986.jpg
♂と♀は色合いや翅の形で区別できますが、♂は前翅に性標があるので分かり易いです。
ここではイチモンジチョウもいました。
e0224357_22530348.jpg
翅裏も綺麗で魅力的ですね。
e0224357_22532427.jpg
撮影中に雨が降り出したので、すぐに雨を避けて移動しました。
次に訪れたのはクロツバメシジミの生息地ですが、まだ健在で良かったです。
e0224357_22562938.jpg
ちょうど羽化して間もない個体も多く見られました。
e0224357_22564484.jpg
序にミヤマシジミも撮影できました。
e0224357_22591066.jpg
食草のコマツナギの上で開翅していました。
e0224357_22592548.jpg

e0224357_23003987.jpg

ここでもすぐに雨が降り出し退散を余儀なくされました。
雨天時のバックアッププランがなかったため、雨を避けながらの無計画な移動となってしまいましたが
意外と楽しく撮影が出来ました。
この後はもともと予定していた次の目的地に向かいました。




-



by konty33 | 2016-07-08 23:14 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 29日
オオムラサキ越冬幼虫
2月21日  続き
狙いだったクロミドリの越冬卵を探し終えると午後はオオムラサキの越冬幼虫が見たくて
夏にオオムラサキが絡んでいたエノキの根元を探しました。
e0224357_20432753.jpg

e0224357_2044120.jpg

e0224357_20475398.jpg

積もった枯葉の中から掘り出して撮影していると風が強くて吹き飛ばされてしまうので
早々に元通り枯葉の中に返してやりました。
夏にはこの林道でミヤマカラスシジミも目にしたので越冬卵を探しました。
クロツバラが何本かあったので探してみるとすぐにいくつか見つかりました。
e0224357_20542416.jpg

多くは枝の分岐近くに産まれていますが・・・・
e0224357_20552781.jpg

いつも同じパターンではないようです。
e0224357_20562323.jpg

この地域では大きな卵塊は見られず、殆どが1,2卵ずつ産まれています。
卵表面の凹凸も小さく、産卵直後の様に綺麗ではないのであまり魅力的ではありません。



この日は風が強いものの天気も良く久しぶりの遠征を楽しみました。
しかし、夜に予定があったので夕食に間に合うようにいつもよりは相当早く帰宅しました。


-

by konty33 | 2016-02-29 21:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 28日
オオムラサキセンターに立ち寄る
6月20日
朝のひと仕事を終えてからオオムラサキセンターに立ち寄りました。
ここではゲージの中でオオムラサキが沢山飼育されています。
e0224357_21561377.jpg

ちょうど羽化が始まったようで、まだ幼虫も沢山いました。
e0224357_2156321.jpg

e0224357_21564942.jpg

成虫にはメロンが支給されていました。
e0224357_21572095.jpg

e0224357_21573338.jpg

オオムラサキだけでなくミヤマカラスシジミもいました。
e0224357_21593891.jpg

クロウメモドキの枝を這い回って、産卵モードのようでした。
e0224357_2204320.jpg

この時は本当に産卵しました。
e0224357_2211121.jpg

卵が見えたシーンもありました。
e0224357_222985.jpg

何故かメスグロヒョウモンが交尾していたりします。
e0224357_2243290.jpg

野外ではホシミスジがユキヤナギの周りを沢山飛んでいました。
e0224357_224125.jpg

帰り道でアサマシジミがいないかと立ち寄った場所ジョウザンミドリシジミが見られました。
e0224357_22245476.jpg

新鮮で傷一つないのですが、ススキの中に入って開翅しても撮影角度がありませんでした。
e0224357_2222893.jpg

シータテハも近くで見られました。
e0224357_22233132.jpg



オオムラサキが野外で見られなかったので、飼育の個体を見てきました。
エノキが枯れ木になるほど沢山の幼虫がいたので、これから沢山の成虫が羽化することと思います。
野外でもそろそろ成虫が見られるのでしょうね。

by konty33 | 2015-06-28 22:31 | タテハ類 | Trackback | Comments(11)
2015年 05月 24日
各種シジミチョウの幼虫探し
5月16日 つづき
幼虫探索の続きです。
この日のもともとの目的であったクロミドリシジミの終齢幼虫を探しました。
e0224357_167459.jpg

この時期はクヌギの大木の下の方に降りて来てくれるので、容易に見つかります。
e0224357_1673169.jpg

卵は産まないと思われる下の方の横枝にもいました。
e0224357_167515.jpg

コナラからはミズイロオナガシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1653273.jpg

コナラから巣もないのにウラナミアカシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_16104662.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1612455.jpg

ひとつ見つかると次々に見つかりました。
e0224357_1613121.jpg




本来ならば、ウラミスジやアカシジミなども見つけたかったのですが、見つけられませんでした。
平野部では既にゼフの成虫が発生していますが、幼虫探しも楽しいものです。

by konty33 | 2015-05-24 16:31 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 21日
久しぶりのフジミドリとの出会い
7月12日
ここ数年全く撮影できていないフジミドリシジミを狙ってみることにしました。
天気は最高ですが正直言って適期も確実なポイントも解らないまま記録のある山道を歩きました。
他のチョウの姿もまばらでしたが、ブナの木だけを目当てに探します。
この辺りはどうかと湿った地面を確認していると・・・黒っぽいシジミが足元から少し飛びました。
程なく新鮮なフジミドリシジミ♀であることが確認できました。
e0224357_21173714.jpg

慌てて地面に腹這いになると・・・・少し飛び草に移動しので広角で・・・・(いずれも逆光のためストロボ使用)
e0224357_2144218.jpg

順光で撮りたかったですが、反対側は崖なので仕方なく正面から・・・・・
e0224357_21443460.jpg

この後、高いところへ逃げられてしまいました。
しかし、この後木の上から♂が舞い降りてきて、傷んだ個体でしたが吸水を確認できました。
e0224357_21331018.jpg


他にはアカシジミだけはよく見られ、水たまりで吸水しているアカシジミもいました。
e0224357_21381396.jpg


ゼフは他には見られませんでしたが、サルは沢山見かけました。
e0224357_21465580.jpg


午後からあちこち探索しながらミヤマカラスシジミのポイントにも立ち寄ることにしました。
既に末期のためか♀ばかりで、新鮮な個体は殆ど見られませんでした。
e0224357_21511969.jpg

e0224357_21533429.jpg


吸蜜に夢中なので広角でも撮影できます。
e0224357_21551359.jpg




台風が通過したので崖崩れなどの被害も心配されましたが、天気もよく最高の一日になりました。
久しぶりのフジミドリも狙い通り見つかったので、来年は翅表も狙ってみたいですね。

by konty33 | 2014-07-21 22:01 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)