「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ミヤマカラスシジミ ( 18 ) タグの人気記事

2017年 02月 19日
いつもの越冬卵探しも成果半減?
早咲きの梅は既に終わりかけですが、庭の梅は真っ盛りです。(2/19撮影)
e0224357_20550213.jpg
2月18日
春も間近だと思うのですが、久しぶりに山に行ってみるとやはりまだ冬でした。
なんとか辿り着いた場所でクルミの木からオナガシジミの越冬卵を探しました。
e0224357_19384364.jpg
枝はには氷の結晶もついていますが、気温はそれほどでもなく-3℃でした。
2卵、3卵とついていることもあります。
e0224357_19410539.jpg
e0224357_19411990.jpg
アップで見るとオナガシジミ独特の突起が確認できます。
e0224357_19453790.jpg
続いてクロツバラの枝の分岐に産み付けられたミヤマカラスシジミの卵塊を見つけました。
e0224357_19463768.jpg
ここではこのような卵塊がよく見られます。
逆光気味ですし枝が邪魔して近づけないので証拠写真です。
e0224357_19505858.jpg
トネリコからは綺麗なウラキンシジミの卵塊も見つかりました。
目線の高さなので直ぐに見つかりましたが、ピントが甘くてイマイチです
e0224357_19522343.jpg
ここでは初めてですが、林内にイボタがあったので見てみるとウラゴマダラシジミの卵塊も・・・
地面には雪が結構残っていました。
e0224357_19554649.jpg
ここまでは1時間足らずでしたが、ハルニレでカラスシジミを探したのが間違えで・・・・・
何も成果がないまま昼になってしまいました。
それでも思わぬところで見つけたユキヤナギにはホシミスジの越冬幼虫が沢山見つかりました。
e0224357_20010542.jpg
葉っぱが落ちない様に枝と葉柄がしっかりと糸で括られています。
この丸まった枯葉の中には5mmにも満たない黒い幼虫がいます。


この後、別の山に向かおうとしましたが・・・・・
道路は融けた雪が凍ってスタットレスでもコントロールが効かず、緩やかな斜面も登れません。
諦めて雪のない場所へ移動し色々とチャレンジしましたが全く成果はありません。

帰りに立ち寄った場所ではカシワからハヤシミドリシジミを見つけることが出来ました。
e0224357_20072862.jpg
夕方暗くなるまで頑張りましたが時間切れで他の種は見つけられませんでした。
オリンパスTG-3でも内臓のLEDを使用しここまで綺麗に撮れます。
e0224357_20111787.jpg
GX-7では精孔の中の模様まで綺麗に写せます。
ただ、深度合成では卵の周りが不自然になるのがイマイチです。
e0224357_20155793.jpg



日帰りでしたが・・・雪の中では足が冷たく、風が無くても陽がささないと結構辛く感じました。
足元の防寒対策を考え直した方がよさそうです。

今回はカラスシジミなどの卵が見つからないのが心残りです。
雪が解けてもう少し春らしくなったら、今年未だ見ぬ種の卵を探してみたいと思います。




-

[PR]

by konty33 | 2017-02-19 20:59 | | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 02日
ヤマキチョウの蛹探索など
7月30日 続き
この日の朝一の目的はヤマキチョウの蛹の探索でした。
今年幼虫を確認している木から探し始めると・・・羽化が近づいた蛹が見つかりました。
e0224357_20565762.jpg
ハッキリと前翅の紋が見えますね。

林縁のクロツバラを丹念に見ていくと普通の蛹も見つかりました。
まだ、上の写真の様に成虫の翅の色が透けて見えることはありません。
e0224357_20575073.jpg
蛹の羽化殻も見つかりました。
e0224357_20551778.jpg
と言うことは・・・・・近くに成虫がると言うことですね。
クロツバラの木の中で静止している成虫がいないか探しましたが見つかりません。

その代り、クロツバラを食樹とするミヤマカラスシジミ♀が見つかりました。
e0224357_21015906.jpg
この付近ではあまり見られないチョウです。
e0224357_21022066.jpg
とても新鮮ですが100mmマクロでは少し遠く近くに来てくれません。
暫く見ていると・・・目線の高さに来たので、少し枝を引っ張って撮影しました。
e0224357_21022989.jpg
近くのスイカズラからはイチモンジチョウorアサマイチモンジの幼虫が見つかります。
e0224357_21155066.jpg
成虫もいるかと思っていると・・・新鮮なアサマイチモンジが地面に止りました。
e0224357_21102914.jpg




今年は幼虫が少なめだった割には蛹の数は殻も合わせると昨年を大きく上回りました。
また、7月中に既に羽化しているとは思わず少し驚きました。
しかし、ここではヤマキチョウの成虫を見ることはありませんでした。

(この場所では何故か新生ヤマキの姿を見ることは稀なのです。
羽化直後に何処か居心地の良い場所に移動するのかもしれません。)




-

[PR]

by konty33 | 2016-08-02 21:29 | | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 08日
雨を避けての五目狙い
7月3日 
早朝のゼフを狙って北の方に行ってみましたが、雨のため引き返すハメに・・・・・。
梅雨前線が日本海側にあるので予想してましたが、こんな予想が当たっても嬉しくありません。
仕方なく雨の降っていない場所を求めて南下しながらあちこちで五目撮りとなりました。
まずは、ミヤマカラスシジミですが♂がたまたま高い木の上から降りて来てくれました。
e0224357_22420476.jpg
♂の多くは高いところを飛び、♀は下草にも止まっていました。
e0224357_22455986.jpg
♂と♀は色合いや翅の形で区別できますが、♂は前翅に性標があるので分かり易いです。
ここではイチモンジチョウもいました。
e0224357_22530348.jpg
翅裏も綺麗で魅力的ですね。
e0224357_22532427.jpg
撮影中に雨が降り出したので、すぐに雨を避けて移動しました。
次に訪れたのはクロツバメシジミの生息地ですが、まだ健在で良かったです。
e0224357_22562938.jpg
ちょうど羽化して間もない個体も多く見られました。
e0224357_22564484.jpg
序にミヤマシジミも撮影できました。
e0224357_22591066.jpg
食草のコマツナギの上で開翅していました。
e0224357_22592548.jpg

e0224357_23003987.jpg

ここでもすぐに雨が降り出し退散を余儀なくされました。
雨天時のバックアッププランがなかったため、雨を避けながらの無計画な移動となってしまいましたが
意外と楽しく撮影が出来ました。
この後はもともと予定していた次の目的地に向かいました。




-


[PR]

by konty33 | 2016-07-08 23:14 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 29日
オオムラサキ越冬幼虫
2月21日  続き
狙いだったクロミドリの越冬卵を探し終えると午後はオオムラサキの越冬幼虫が見たくて
夏にオオムラサキが絡んでいたエノキの根元を探しました。
e0224357_20432753.jpg

e0224357_2044120.jpg

e0224357_20475398.jpg

積もった枯葉の中から掘り出して撮影していると風が強くて吹き飛ばされてしまうので
早々に元通り枯葉の中に返してやりました。
夏にはこの林道でミヤマカラスシジミも目にしたので越冬卵を探しました。
クロツバラが何本かあったので探してみるとすぐにいくつか見つかりました。
e0224357_20542416.jpg

多くは枝の分岐近くに産まれていますが・・・・
e0224357_20552781.jpg

いつも同じパターンではないようです。
e0224357_20562323.jpg

この地域では大きな卵塊は見られず、殆どが1,2卵ずつ産まれています。
卵表面の凹凸も小さく、産卵直後の様に綺麗ではないのであまり魅力的ではありません。



この日は風が強いものの天気も良く久しぶりの遠征を楽しみました。
しかし、夜に予定があったので夕食に間に合うようにいつもよりは相当早く帰宅しました。


-
[PR]

by konty33 | 2016-02-29 21:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 28日
オオムラサキセンターに立ち寄る
6月20日
朝のひと仕事を終えてからオオムラサキセンターに立ち寄りました。
ここではゲージの中でオオムラサキが沢山飼育されています。
e0224357_21561377.jpg

ちょうど羽化が始まったようで、まだ幼虫も沢山いました。
e0224357_2156321.jpg

e0224357_21564942.jpg

成虫にはメロンが支給されていました。
e0224357_21572095.jpg

e0224357_21573338.jpg

オオムラサキだけでなくミヤマカラスシジミもいました。
e0224357_21593891.jpg

クロウメモドキの枝を這い回って、産卵モードのようでした。
e0224357_2204320.jpg

この時は本当に産卵しました。
e0224357_2211121.jpg

卵が見えたシーンもありました。
e0224357_222985.jpg

何故かメスグロヒョウモンが交尾していたりします。
e0224357_2243290.jpg

野外ではホシミスジがユキヤナギの周りを沢山飛んでいました。
e0224357_224125.jpg

帰り道でアサマシジミがいないかと立ち寄った場所ジョウザンミドリシジミが見られました。
e0224357_22245476.jpg

新鮮で傷一つないのですが、ススキの中に入って開翅しても撮影角度がありませんでした。
e0224357_2222893.jpg

シータテハも近くで見られました。
e0224357_22233132.jpg



オオムラサキが野外で見られなかったので、飼育の個体を見てきました。
エノキが枯れ木になるほど沢山の幼虫がいたので、これから沢山の成虫が羽化することと思います。
野外でもそろそろ成虫が見られるのでしょうね。
[PR]

by konty33 | 2015-06-28 22:31 | タテハ類 | Trackback | Comments(11)
2015年 05月 24日
各種シジミチョウの幼虫探し
5月16日 つづき
幼虫探索の続きです。
この日のもともとの目的であったクロミドリシジミの終齢幼虫を探しました。
e0224357_167459.jpg

この時期はクヌギの大木の下の方に降りて来てくれるので、容易に見つかります。
e0224357_1673169.jpg

卵は産まないと思われる下の方の横枝にもいました。
e0224357_167515.jpg

コナラからはミズイロオナガシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1653273.jpg

コナラから巣もないのにウラナミアカシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_16104662.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1612455.jpg

ひとつ見つかると次々に見つかりました。
e0224357_1613121.jpg




本来ならば、ウラミスジやアカシジミなども見つけたかったのですが、見つけられませんでした。
平野部では既にゼフの成虫が発生していますが、幼虫探しも楽しいものです。
[PR]

by konty33 | 2015-05-24 16:31 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2014年 07月 21日
久しぶりのフジミドリとの出会い
7月12日
ここ数年全く撮影できていないフジミドリシジミを狙ってみることにしました。
天気は最高ですが正直言って適期も確実なポイントも解らないまま記録のある山道を歩きました。
他のチョウの姿もまばらでしたが、ブナの木だけを目当てに探します。
この辺りはどうかと湿った地面を確認していると・・・黒っぽいシジミが足元から少し飛びました。
程なく新鮮なフジミドリシジミ♀であることが確認できました。
e0224357_21173714.jpg

慌てて地面に腹這いになると・・・・少し飛び草に移動しので広角で・・・・(いずれも逆光のためストロボ使用)
e0224357_2144218.jpg

順光で撮りたかったですが、反対側は崖なので仕方なく正面から・・・・・
e0224357_21443460.jpg

この後、高いところへ逃げられてしまいました。
しかし、この後木の上から♂が舞い降りてきて、傷んだ個体でしたが吸水を確認できました。
e0224357_21331018.jpg


他にはアカシジミだけはよく見られ、水たまりで吸水しているアカシジミもいました。
e0224357_21381396.jpg


ゼフは他には見られませんでしたが、サルは沢山見かけました。
e0224357_21465580.jpg


午後からあちこち探索しながらミヤマカラスシジミのポイントにも立ち寄ることにしました。
既に末期のためか♀ばかりで、新鮮な個体は殆ど見られませんでした。
e0224357_21511969.jpg

e0224357_21533429.jpg


吸蜜に夢中なので広角でも撮影できます。
e0224357_21551359.jpg




台風が通過したので崖崩れなどの被害も心配されましたが、天気もよく最高の一日になりました。
久しぶりのフジミドリも狙い通り見つかったので、来年は翅表も狙ってみたいですね。
[PR]

by konty33 | 2014-07-21 22:01 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2014年 05月 28日
幼虫探しの楽しさを知る  その2
5月中旬
幼虫探索の続きです。
ゼフィルスのいる林では、クロミドリやウラナミアカ意外にもアカ、ウラミスジがいるはずですが
そう次々には見つかるものではありません。やっと見つかったのがミズイロオナガシジミでした。
e0224357_21143620.jpg

ミズイロオナガの卵はよくありますが、幼虫はなかなか見つからずコナラの葉裏に鎮座しておりました。
横からのアップがとても魅力的な幼虫です。
e0224357_21173437.jpg


オオムラサキは越冬時期しか探したことがありませんでしたが、この時期はエノキの葉の上から見つかります。
e0224357_21203265.jpg

まるまると太った幼虫もいました。
e0224357_21234799.jpg

越冬幼虫と比べると角が立派になっています。
e0224357_21214273.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫も見つかりました。
e0224357_21315149.jpg

写真の赤丸の中に孵化した卵が写っており、幼虫はまだ2mmくらいでした。
これだけ小さいと卵を探してから幼虫を探した方が早いと感じました。

少し場所を変えてウラジロミドリシジミのいるカシワ林にご案内いただきました。
芽吹いたカシワの葉の上から幼虫がにつかりましたが、まだ小さくて探すのが大変です。
e0224357_21361091.jpg

少し大きくなると葉脈の中心に鎮座するのでしょうか。
e0224357_21553124.jpg

このくらいの大きさでは、食痕を目当てに探すのが難しいと思いました。

他にもイチモンジ系やオオミスジなどいろいろと見つけたいと一生懸命探しましたが・・・・
そう簡単には行きませんでした。
その代わりコナラの切り株ではクリストフコトラカミキリがみつかる成果もありました。
e0224357_2139272.jpg



幼虫探しは成虫と異なり、待っている暇な時間はなく朝から晩までとにかく忙しいです。
どんなところにいるのか生態を想像しながら探すのも醍醐味だと思います。
見つかるようになると楽しくて填まると思います。
[PR]

by konty33 | 2014-05-28 21:51 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
2014年 01月 19日
越冬卵の五目撮り
1月18日
今回の越冬卵探しは各種ゼフが狙えるはずの場所ですが、冬に訪れたのは初めてです。
現地に到着すると雪は少なかったですが、気温は氷点下10℃と凍える寒さでした。

まず、コナラ(幼木)の冬芽でウラミスジシジミの卵塊を探しましたが簡単には見つかりません。
それどころか1卵も見つからないまま時間だけが過ぎていきます。諦めかけた時やっと1卵だけ見つかりました。
e0224357_225385.jpg

肉眼では確信が持てないので・・・虫眼鏡で確認してから超接写でも撮影しました。
突起が長いのが特徴で、薄汚れていますが間違いなくウラミスジです。
e0224357_22561399.jpg

成虫の写真も参考までに・・・・。
e0224357_22585418.jpg


これを見つける途中、枝にも目をやると・・・・ミズイロオナガシジミの卵も見つかりました。
e0224357_2321693.jpg

超接写で撮影しなくても良かったのですが、一応こんな感じになります。
e0224357_2333218.jpg

こちらも成虫の写真を参考まで。
e0224357_2345998.jpg


コナラ(幼木)の冬芽からは、アカシジミの卵もいくつか見つかりました。
e0224357_2364132.jpg

こちらは先週のと違って完璧なカモフラージュですね。こうなるととても卵とは思えません。
e0224357_2392632.jpg

コナラ(幼木)の枝の股からは、オオミドリシジミも1卵だけ見つかりました。
e0224357_23134248.jpg

クヌギの若木を探すとウラナミアカシジミと思われる卵も見つかりましたが、どうも自信がありません。
e0224357_23114249.jpg


このあたりには、クロツバラもあったのでミヤマカラスシジミも探してみたら矢印の部分から卵塊が見つかりました。
e0224357_23164986.jpg

陽が射してコントラストが強かったので、日差しを手で遮ってコンデジ(GRD)でストロボ撮影すると・・・
23卵の卵塊であることが分かりました。
e0224357_23184917.jpg

違うコンデジ(TG2)で拡大撮影するとこんな感じですが、汚れの少ない卵でした。
e0224357_23194565.jpg

こちらも成虫の画像を参考まで。
e0224357_2321076.jpg



この場所は、冬は初めてだったので、最初に見つからなかったときは少し焦りましたが、
数は少ないながら、6種の卵を見つけることが出来たので、越冬卵の「五目撮り」ならぬ「六目撮り?」ですね。
この時期は山地性のゼフは雪の中なので、次回は何処へ行きましょうか。
[PR]

by konty33 | 2014-01-19 23:40 | | Trackback | Comments(12)
2013年 12月 01日
幼虫探しが・・・・越冬卵探しに
11月30日
前夜より久しぶりに信州に行きましたが、朝は氷点下まで気温が下がり真冬の装いです。
e0224357_20415100.jpg

ミスジの仲間の幼虫探しのつもりで出かけたのですが・・・・食草は落葉しておらず。
結局、軽い気持ちでウラキンシジミの越冬卵を探すことに・・・・。しかし、昨年の孵化卵しか見つかりません。
e0224357_20115625.jpg

やっと見つけたのも2卵だけ・・・・この地はトネリコの大木が多いので卵塊はなかなか見られません。
e0224357_20133041.jpg

思いのほか時間が掛かってしまい予想外のタイムロスです。
次に、カラスシジミも簡単にと思ったのですが、どうしたことか見つけられず、またしてもタイムロスです。
仕方なく、景気づけにミヤマカラスシジミを探してみると・・・・・こちらは沢山見つかりました。
クロツバラの枝の股の内側が標準的だと思うのですが、3卵ありました。
e0224357_20173083.jpg

先週探した場所とはクロツバラの勢いが違い樹皮の感じも違います。
それにここは1卵ずつよりも卵塊が多いようです。
e0224357_20213557.jpg

もの凄い卵塊も見つかりました。20卵くらいでしょうか。
e0224357_20222390.jpg

簡単に撮影出来るTG-2で全て撮影していますが、少しアップで撮るとこんな感じです。
e0224357_20234160.jpg

小さなクルミの木からオナガシジミも見つかりました。
e0224357_20263230.jpg

こんな感じで卵探しをしているとフユシャクが見つかりました。
蛾の知識はありませんが、イチモンジフユナミシャクでしょうか?
e0224357_20315647.jpg

翅が退化して飛べない♀は、ただこうして♂がやってくるのを待つだけだそうです。
e0224357_20315271.jpg


この日の本当の狙いは、ミスジの仲間の幼虫探しだったのですが・・・???
ユキヤナギやシモツケやモミジはまだ紅葉した葉が沢山ついており難しそうです。
夏に産卵していたはずの梅のオオミスジも期待していたのですが見つかりません。


最後に立ち寄った場所では、秋にミドリヒョウモンなどが産卵していた場所で卵を探してみました。
松の切株の樹皮の裏側で卵が見つかりました。
多分、ミドリヒョウモンだと思います。
e0224357_20404087.jpg



雪が降る前にいろいろと観察したいと思っていたのですが・・・・・葉が残っていると探せない物ですね。
あっと言う間に1日が終わっていまい予定通りの観察は出来ませんでした。
もう今年は、行けないかもしれないので来春の雪解け後に探してみましょう。
[PR]

by konty33 | 2013-12-01 21:26 | | Trackback | Comments(2)