タグ:ミヤマカラスアゲハ ( 10 ) タグの人気記事

2017年 08月 10日
トラフシジミとの遭遇
7月30日
セセリの多い草原では何頭かのトラフシジミも吸蜜していました。
とても敏感で近づけませんでしたが・・・・
この個体だけは良いモデルになってくれました。
e0224357_21082036.jpg
広角でも大丈夫でしたが、ストロボ使ったら明るい草原の雰囲気が台無しに・・・・
e0224357_21291699.jpg
翅をスリスリすると翅表の青が覗きます。
e0224357_21300678.jpg
前週に探していたカラスシジミもいましたが・・・・時既に遅し・・・
傷みが激しいので遠目から雰囲気だけ・・・
e0224357_21322969.jpg
この日は雨上がりで湿り気があったためかミヤマカラスアゲハも給水していました。
最初4頭の集団でしたが逃げられてしまいました。
e0224357_21342476.jpg
すぐ横ではサカハチチョウが吸蜜中でした。
e0224357_21362299.jpg
いつものようにルリボシカミキリもいました。
e0224357_21372928.jpg
ハンノアオカミキリも久しぶりに見ました。
e0224357_21380398.jpg


思わぬところで複数のトラフシジミと遭遇できたのは良かったですが、
来年こそ新鮮なカラスシジミと出会いたいです。
その他はウラギンシジミやミドリヒョウモンくらいだったので・・・
雨を心配しながらいつもより早めに帰途につきました。




-


by konty33 | 2017-08-10 22:20 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 27日
草原周辺の五目撮り
7月21日
ウラキンシジミの不調を払拭しようと次に向かったのは、カラスシジミの生息地でした。
ところがこちらも全く期待外れ・・・生息すら確認できませんでした。

仕方なくもう一つの狙いのヘリグロチャバネセセリを探します。
やっとヒメジョオンで吸蜜する♀を見つけましたが・・・・
個体数は意外と少なく感じました。
e0224357_21564685.jpg
♂はなかなか見つかりませんが、♀はどれも新鮮でした。
e0224357_21573392.jpg
まずまずの鮮度の♂だと思ったらコキマダラセセリでした。
大きさが一回り大きいのでおかしいと思いました。
e0224357_21590221.jpg
こちらはヘリグロの♀ですね。
♀は大抵新鮮でした。
e0224357_22012966.jpg
2頭並びも・・・
e0224357_22050198.jpg
草に潜り込むように飛ぶ・・・産卵モードの個体も見られました。
e0224357_22024367.jpg
草の生い茂る中なのである程度の草被りは仕方ありません。
e0224357_22031253.jpg
基本的に敏感ですが・・・広角でもなんとか撮影できました。
こちらは縁毛が擦れた♂です。(アップには耐えられません)
e0224357_21561534.jpg
この付近ではスジボソヤマキチョウだけは多く見られました。
e0224357_22075638.jpg
e0224357_22081469.jpg
道路沿いでは特定外来種であるオオキンケイギクでも・・・
e0224357_22091845.jpg
イケマに吸蜜するミヤマカラスアゲハは翅表が撮れず・・・
角度が悪すぎですね。
すぐに飛んで行ってしまいました。
e0224357_22102273.jpg
オカトラノオではミドリヒョウモンだけが吸蜜していました。
e0224357_22114119.jpg
e0224357_22153402.jpg
密かに楽しみにしていたルリボシカミキリは今年も同じ場所にいました。
e0224357_22165732.jpg



午後まで粘ってみましたがヘリチャは発生が早いようで新鮮な♂は見られませんでした。
次週はスジチャを狙ってみたいと思います。




-


by konty33 | 2017-07-27 21:07 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 03日
またもミヤマカラスの集団吸水に出会えず
6月24日
前の週に出会えなかったミヤマカラスアゲハの集団を狙って心当たりの場所へ移動しました。
良い天気になったので期待していましたが・・・
e0224357_21272589.jpg
新鮮な個体は1頭だけ・・・なかなか開翅しないのでヤキモキしました。
e0224357_21282309.jpg
殆どが翅を閉じたこんな状態なので綺麗な絵になりません。
e0224357_21294288.jpg
近くでボロボロの♀も給水していましたが、またしても集団は見られませんでした。
e0224357_21343730.jpg
ここではコチャバネセセリが沢山見られ・・・吸い戻し行動も観察できました。
e0224357_21375368.jpg
アカタテハと一緒に・・・コチャバネセセリは小さな集団吸水も・・・
e0224357_21392670.jpg
サカハチチョウも含めて、上手く集団を写すのは意外と難しいですね。
e0224357_21410328.jpg
他にはクモガタヒョウモンが何頭か吸水に来ていました。
e0224357_21472411.jpg
ミスジチョウは最初沢山見られましたが・・・暫くしたら全部いなくなってしまい・・・
笹に絡んで何かを吸収している証拠写真しかありません。
e0224357_21545394.jpg
帰宅時間も気にしながら、帰りに立ち寄った場所では・・・
今年もアサマシジミが辛うじて確認できましたが・・・
ゆっくり撮影している時間もなく帰途につきました。
e0224357_21573561.jpg


時間のない日帰り遠征でしたが、今回もミヤマカラスアゲハの集団には出会えませんでした。
夏型に期待してまた出かけたいと思います。



-


by konty33 | 2017-07-03 13:01 | アゲハ類 | Comments(0)
2017年 06月 24日
狙いのミヤマカラス集団・・・みられず
6月14日
早朝のゼフの観察の後は、いよいよ期待のミヤマカラスアゲハの集団を
狙って林道をひたすら歩きました。
天気は申し分ないように思えましたが・・・・集団は見られず・・・残念!!
e0224357_22380617.jpg
しかも思いのほか個体数が少なく・・・
時々すれ違う個体は見るものの・・・・
撮影できたのはこの1カットのみ
どうも上手くタイミングが合いません。

林道で見られた他のチョウですが・・・・
意外と蝶相が薄く・・・・
撮影機会がありません。

ミスジチョウは新鮮で時々林道上に止りました。
e0224357_22405614.jpg
サカハチチョウは比較的多く・・・こちらも林道上で吸水していました。
e0224357_22420896.jpg
翅を広げると後翅の林縁の青いラインが印象的でした。
e0224357_22431313.jpg
他にはヤマキマダラヒカゲも林道上で同様に見られました。
e0224357_22440569.jpg
ヒメシジミは局所的に見られました。
e0224357_22450522.jpg
飛び回ってばかりで意外と撮影に時間を要しました。
湿った地面で吸水も見られました。
e0224357_22465381.jpg
コンデジで飛翔にもチャレンジ・・・
e0224357_22473533.jpg
スミナガシも見られましたが止まることがなく撮影できませんでした。

場所を移動した先ではまだ新鮮なギンイチモンジセセリが見られました。
e0224357_22495819.jpg
数は少なかったですがここでは初めてでした。
e0224357_22504706.jpg
コチャバネセセリはスレが目立ちましたが、綺麗そうな個体を・・・
e0224357_22515307.jpg



狙いのミヤマカラスアゲハの集団吸水はお預けでしたが、
初めての林道を歩いてみて結構楽しめました。
次回は夏型を狙って再訪したいと思います。



-


by konty33 | 2017-06-24 22:10 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 11日
ミヤマカラスアゲハとカラスアゲハの吸水
5月7日
GW最終日は地元の渓流沿いの林道へミヤマカラスアゲハを狙いに行きました。
飛んでいるクロ系アゲハは極端に少なく・・・・
時々、オナガアゲハやジャコウアゲハが飛んで行くだけです。

いつも吸水している付近で・・・・
10m以上向こうに翅を立てて吸水している個体を発見したので・・・・
慎重に一歩一歩足を進めます。
撮影したときはベタ開翅でした。
e0224357_21413195.jpg
いやー綺麗なミヤマカラスアゲハに出会えました。
風があったので時々風にあおられるように羽を立てます。
e0224357_21430925.jpg
徐々に距離を詰めて広角でも撮影しました。
e0224357_21435218.jpg
林道がわかるように角度を変えて再度チャレンジ・・・・
e0224357_21443780.jpg
殆ど翅を全開にしているのでこんな角度になってしまいました。
その内にカラスアゲハが近くに止まったので2ショットで・・・
e0224357_21465437.jpg
カラスアゲハはとても敏感で少しでもこちらが動くとすぐに逃げてしまいます。
e0224357_21480370.jpg
しかし2度,3度と・・・元の場所に戻ってきてくれました。
e0224357_21490864.jpg
e0224357_21501787.jpg
コミスジもだいぶ発生していて、吸水も見られました。
e0224357_21522428.jpg
e0224357_21524690.jpg
ハルジオンにはアオスジアゲハが吸蜜していました。
e0224357_21540427.jpg
最後におまけですが、今年はツマキチョウも激減です。
e0224357_22003346.jpg
相変わらず、♂は少なく止まらないので撮影できず・・・♀の産卵シーンだけです。
e0224357_22010300.jpg


ツツジの花にはオナガアゲハやクロアゲハが吸蜜していましたが、暗がりだったのでブレブレ・・・
花に日があたるようになると吸蜜に来なくなってしまいました。
それにしても個体数が激減です。
かなり翅が痛んだ個体が多いのですが、これから数が増えるのでしょうか。




-


by konty33 | 2017-05-11 22:01 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 03日
ミヤマカラスアゲハの吸水
4月29日からのGW前半
暇を見つけては地元の里山や林道に3回ほど通いました。
前回まともな写真が撮れなかったミヤマカラスアゲハも再訪によりなんとか撮れました。
e0224357_2147404.jpg

敏感で近づけなさそうですが、リコーGRD(コンデジ)でギリギリまで近づき撮りました。
e0224357_2149491.jpg

いきなり近接撮影したわけではなく、最初は300mmから近づいていきました。
e0224357_21513996.jpg

飛ぶととても輝いて綺麗に見える翅表も撮りたいところですが、なかなか撮らせてくれません。
やっとのことでV字開翅です。
e0224357_21534334.jpg

e0224357_21554181.jpg

これが限界でした。ほとんど静止した瞬間だけです。
e0224357_21565396.jpg

と言うことで・・・・全開翅は飛翔を狙いましたが、相変わらずのピントの甘さです。
それでもミヤマカラスアゲハらしい翅表の美しさが確認できます。
e0224357_21582825.jpg

V字開翅で翅の裏表が確認できるこの写真はお気に入りです。
100mmマクロで吸水時の生きいきした感じを表現できました。
お尻には排水した水滴が付いていますが、3~5秒ごとに数滴ずつ排出していました。
e0224357_2204634.jpg

集団吸水も見たいところですが・・・・綺麗に並んでくれませんでした。
後翅の白帯の幅もいろいろと個体差があるようです。
e0224357_22171928.jpg

次は遠くから300mmで狙ったアザミ吸蜜のシーンですが、後翅の青の輝きが魅力的ですね。
e0224357_22105527.jpg

シロツメクサでアオスジアゲハを撮っていたら一瞬だけ来ました。
e0224357_22221118.jpg




ミヤマカラスアゲハの吸水は、まずまず納得の写真が撮れました。
機会があれば綺麗な花への吸蜜シーンと綺麗に輝く翅表を♂♀とも狙いたいと思います。
肉眼では確認できているので、あとは写真の腕を磨く必要がありそうです。

by konty33 | 2016-05-03 22:57 | アゲハ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 05月 13日
林道で吸水するクロアゲハなど
5月上旬
GWに地元の里山に出かけた時のことです。
アオバセセリやツマキチョウなどを撮影しながら、アゲハ類のことも気になります。
水が流れる林道ではミヤマカラスアゲハの吸水に気づかず、突然飛び出し驚くことがあります。
このときは、手前で見つけたので撮影できました。
e0224357_2148360.jpg

夢中で吸水していたので広角で撮影しようと近づいたら逃げられてしまいました。
クロアゲハ♂は暫く撮影に応じてくれました。
e0224357_21495887.jpg

同じ場所で静止することはなく、近くを行ったり来たりです。
e0224357_2152834.jpg

こんなチャンスは滅多にないので暫く撮影していました。
e0224357_215303.jpg


林道の崖下ではアオバセセリが飛んでくるので、そちらも気になります。
アオバセセリも来ていたブルーベリーの花にはジャコウアゲハも吸蜜していました。
e0224357_21554751.jpg

e0224357_21562116.jpg




オナガアゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハは、飛び回るだけで撮影できず、来年の課題となりました。

by konty33 | 2014-05-13 22:13 | アゲハ類 | Trackback | Comments(14)
2013年 09月 22日
ツマジロウラジャノメとの出会いに感激
9月21日
チャバネセセリ卵探索もサッパリ成果がなく、ブログネタがなくなるのも淋しいものです。
当てもなくネタ探しに山の方に行ってみると思わぬところでツマジロウラジャノメに出会えて感激しました。
翅表もとても綺麗な♀の個体なので、時期からいって3化でしょうか。(2化かも?)
e0224357_19521626.jpg

いつも敏感なチョウですが、100mmマクロで撮影できることもあるのですね。
e0224357_1952873.jpg

崖のチョウらしい画像が撮れましたが、たった一輪咲いていた花に吸蜜も・・・・・
e0224357_1971810.jpg

e0224357_1975977.jpg

吸蜜が終わるとまた崖の岩に静止しました。
e0224357_1985498.jpg


テングチョウがいたので逆光で透かしてみました。これでも綺麗なのですが翅表が見たいですね。
e0224357_19114119.jpg

飛翔で翅表を見ることができました。
こんなタイミングでシャッターを切った覚えは全くないのですが・・・・出会い頭です。(300mmノートリミング)
e0224357_1922788.jpg

日中は暑くなったのでミヤマカラスアゲハの吸水も見られましたが、こちらは翅表の輝きは撮れませんでした。
e0224357_19383260.jpg


最後に、今年6月/初に別の場所で撮影した1化のツマジロウラジャノメを貼っておきます。
この1枚だけだったので、お蔵入りになっていましたが・・・登場できてよかったです。
e0224357_193335.jpg



ツマジロウラジャノメは、7月~8月に山奥で時々出会う程度であまり撮影機会は多くありません。
当てもなく訪れた場所で、こんな時期に撮影したことは勿論初めてです。
いつもこんなサプライズがあれば嬉しいのですが・・・・。

by konty33 | 2013-09-22 20:07 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(14)
2013年 08月 27日
夏の終わりの五目撮り
8月24日
真夏日が長く続いていましたが、この時期になりやっと少し気温が下がりました。
炎天下では大変なので、例年はもう少し涼しくなってから行くのですが・・・・・
夜に雨も降ったようで曇りだったのでシルビアシジミでも探してみようかと山梨の生息地に立ち寄りました。
しかし、食草は夏枯れで全く飛ぶ気配もなく、見つかったのはチャバネセセリの交尾でした。
e0224357_20174265.jpg

一面夏枯れの土手でクズだけが緑で、葉から葉へ交尾のまま移動します。
e0224357_20185088.jpg

そっと脅かさないように接近し、広角でも撮影しました。
e0224357_20192883.jpg

狙いのシルビアシジミは見つかりませんでしたが、少し嬉しい発見です。

久しぶりに「Nature Diary」の虫林さんとお会いしたので、その後の一日をご一緒させていただきました。
この時期は、狙いを定める種類もないので五目撮りの一日になりました。
次にスミナガシを期待して立ち寄った里山では、キマダラモドキ♀が見つかりました。
e0224357_2031152.jpg

最初は、草の中に入り込んで難しい状況でしたが、上手く苔むした岩に静止してくれました。
e0224357_20372917.jpg

少し、場所を移動して・・・・
e0224357_20375762.jpg

この時期は、それなりに長距離を移動するのだと思いますが、1頭だけしか見られませんでした。
虫林さんは、甲虫を見つけるのがとても早く・・・綺麗に輝くオオセンチコガネを魚露目で撮影されていました。
普通に撮影しても臨場感がありませんね。
e0224357_2114426.jpg


蕎畑では、イチモンジセセリが沢山いましたが広い畑に入るわけにも行かず・・・・・。
e0224357_20423081.jpg

しかし、道から求愛などを眺めているだけでも面白いものです。

たまたま道路沿いの民家の花壇でミヤマカラスアゲハが吸蜜していたので停車しました。
100mmマクロの射程に来てくれたのはワンチャンスだけでした。(少しだけトリミングしてあります)
e0224357_20472580.jpg

e0224357_2142229.jpg



最後に寄った場所では、クロヒカゲモドキでも探そうと思ったのですが、居たのはサトキマダラヒカゲでした。
e0224357_20523218.jpg

伐採地ではワレモコウもそれなりにあったので、ゴマシジミを期待したのですが、凄く小さなツバメシジミしか居ませんでした。
e0224357_2182721.jpg


少し林を抜けた空き地では、「ヘボ取り」をしているおじさんがいました。
e0224357_2194740.jpg


歴史ある「ヘボ取り」は、クロスズメバチを追いかけるのが有名ですが・・・・
ここでの狙いはオオスズメバチで、クヌギに吸蜜に来た蜂をザリガニの剥き身?に乗せ替えてコヨリを付けて追いかけるそうです。
TVでは時々見ますが、実際には初めて見ました。仲間と携帯で連絡を取り合って巣を探し出すのを待ちます。
おじさんは、なかなか巣を見つけられない仲間にイラついていましたが・・・・・
帰りには「巣を見つけたよ」と嬉しそうに仲間のところに向かうおじさんの嬉しそうな顔が印象的でした。




こんな感じで、虫林さんと2人で夏の終わりを各地を転戦しながら楽しみました。
写真を撮るより話をしていた時間が長かったように思いますが・・・・
虫林さんには初めての場所に連れて行っていただいたり、楽しい話をありがとうございました。
当初狙いのシルビアシジミは、もう少ししてから再訪したいと思います。

by konty33 | 2013-08-27 21:42 | セセリ類 | Trackback | Comments(10)
2013年 07月 18日
信州でアイノミドリのテリ張りほか
7月14日
朝から日差しがあり、前日より天気が良さそうなのでアイノミドリシジミのテリ張りを撮影に行きました。
ポイントに到着すると・・・・既に遠くの方で卍が見られました。
撮影に準備をして待っていると陽当たりの加減なのか徐々に近くで静止するようになりました。
e0224357_21183595.jpg

とは言っても300mmでやっとの距離・・・・少しトリミングもしてあります。
e0224357_21192543.jpg

擦れた個体もいましたが、これはまずまずの鮮度ですね。前日から狙っていてやっと撮れました。
e0224357_2122629.jpg

個体数が多いのと風が強いので落ち着いて止まってくれません。
静止してもすぐに飛び立ってあちこちで卍になってしまうので、撮影チャンスはなかなかありません。
それに、近くに静止しても向きが悪いと全く翅が輝かず、擦れた傷だけが目立ちます。
e0224357_2128511.jpg

近くで・・・こちら向きに・・・綺麗に撮るのは諦めない粘りと幸運が必要です。
e0224357_21321740.jpg

崖に突き出たヤマハンノキの葉に静止した時に・・・・「風だよ~」と言い聞かせながら、片手で枝を引っ張って・・・・
100mmマクロのノートリミングで4翅とも輝いた写真がなんとか撮れました。
e0224357_21335967.jpg

手がプルプルしていましたからピンの来た写真は少なかったですが、風だと思ってくれたようです。
10時になると突然のように個体が少なくなり、何処かへ行ってしまいます。

この後、少し他のポイントを探索しましたがめぼしい結果はありませんでした。
探索中に見つけた他の蝶を少しご紹介します。
まず、目に付いたのはコムラサキでした。
e0224357_2150467.jpg

コムラサキも角度が悪いと♂でも紫の輝きは見られませんが、4翅とも輝く角度もあります。
e0224357_21505547.jpg

オオムラサキも滑空しており、コムラサキとの2ショットは面白いですね。もう少し良い角度で撮りたかったです。
e0224357_21525289.jpg

コンクリートの壁には、ヒョウモン類やテングチョウと一緒にエルタテハも時々見られました。
e0224357_21553181.jpg

舗装した車道でも水で湿ったところにはミヤマカラスアゲハやカラスアゲハが見られました。
e0224357_21561660.jpg

e0224357_228670.jpg




朝8時から2時間ほど綺麗なアイノミドリの乱舞を見られて幸せでした。
卍の写真もそこそこ撮れたのですが、パソコンへファイルを移動するときにパソコンが急に停止してしまい、
全部写真データがなくなってしまいましたのでアップできません。
卍の写真はたいしたことないですが、この後撮影した大事な写真がなくなってしまい泣くに泣けません。
パソコンへの写真転送は、「移動」でなく「コピー」すべきですね。

by konty33 | 2013-07-18 22:48 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)