タグ:ホソバセセリ ( 5 ) タグの人気記事

2017年 08月 04日
敏感なクロヒカゲモドキと格闘
7月29日
曇り空でしたが・・・そろそろ地元のクロヒカゲモドキの時期と思い見に行きました。
本命としていた最初のポイントではなかなか見つからず焦りました。
やっと見つけたのは比較的綺麗な♂でした。
e0224357_21371400.jpg
しかし、とても敏感で300mmの距離でも逃げられてしまいます。
しかも一度飛ぶと遠くへ移動し追いかけても正確な着地点はわからず・・・
結局また飛んで・・・・見失ってしまいました。


散々探し回ってやっと新鮮な♀を見つけました。
e0224357_21404864.jpg
♂と比べるととても丸く大きな翅でたっぷり感が良いですね。
e0224357_21443601.jpg
縁毛が白く縁どられてとても綺麗に見えました。
e0224357_21435866.jpg
しかしこの♀も意外と敏感で・・・・
飛んでも近くに静止したので何カットか撮れましたが・・・・
e0224357_21475049.jpg
その内に急に飛翔モードが変わっていきなり見失ってしました。


また暫く探しましたが、たまに飛んでも擦れた♂ばかり・・・・
e0224357_21501729.jpg
この個体だけは広角でも撮らせてくれました。
e0224357_21513060.jpg
時々出て来ては見失ってしまいます。
e0224357_22035370.jpg
e0224357_21525067.jpg
クロコノマチョウも時々飛び出すので紛らわしいです。
e0224357_22100962.jpg
クロヒカゲモドキと比べるとかなり大きいですが・・・・
一瞬クロヒカゲモドキだと思ってしまいます。
e0224357_22104074.jpg
雨で湿った灌木の中を歩き回っていると・・・・
ヤマビルが長靴の中に沢山入っていましたが・・・
運良く血は吸われずに済みました。(笑)

ある程度撮れたので・・・生息地として知られている初めての場所に移動しました。
そこでは林内からヒカゲチョウ、ジャノメチョウに混じってクロヒカゲモドキも飛び出しました。
しかし、発生が早かったようで既に擦れが進んでいました。
e0224357_21583469.jpg
見つかるまでは半信半疑でしたが・・・一応生息していることは確認できました。
e0224357_22061259.jpg
ここではホソバセセリが沢山見られましたが、こちらも既に時期が遅かったようです。
e0224357_22081403.jpg


1年ぶりに地元のクロヒカゲモドキを探索しましたが・・・
あまりにも敏感だったり、飛びまわるイメージが今までとは違っていました。
来年も発生状況を確認しに行きたいと思っています。





-




by konty33 | 2017-08-04 13:00 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 20日
ムモンアカシジミ交尾など
8月8,9日 
この時期はムモンアカシジミの様子を見るのもとても楽しみです。
1箇所目は夕方だったので林内は暗く生息確認程度でしたが、今年も発生が確認できました。
交尾のまま夕日のあたる林縁の下草に降りて来てくれました。
e0224357_22304010.jpg

林内は薄暗くフラッシュが必要でした。
e0224357_22315999.jpg

木の上にも何頭か見られました。
e0224357_2235969.jpg


2箇所目は初めての場所だったので不安でしたが午後の活動が始まった時間に観察できました。
撮影できたのは交尾ばかりですが、沢山見られました。
e0224357_22385620.jpg

新鮮な個体ばかりでした。
e0224357_22391467.jpg

クリの木の上で交尾が盛んに行われておりました。
e0224357_22404541.jpg



この日はオオミスジの産卵も観察できました。
e0224357_22424243.jpg

通常は葉の上に1,2卵産むこちが多いのですが、葉の裏にも産卵することが確認できました。
上の写真のシーンで産卵した卵は4卵でした。
e0224357_22452076.jpg

産卵したあたりの葉をよく見ると若齢幼虫も見られました。
e0224357_22465849.jpg

勿論、葉の上にも卵は見られますが、既に幼虫がいる葉にも産んでありました。
e0224357_22475093.jpg


他にはホソバセセリの産卵シーンも確認できましたが、その瞬間は撮影できませんでした。
卵だけは撮影できましたので掲載しておきますが、イチモンジセセリと言われれば区別がつきません。
e0224357_22594449.jpg

ススキの葉に静止した後、バックして行き垂れ下った葉先に産卵しました。
産卵後の個体は長い間ヘクソカズラで吸蜜していました。
e0224357_22585015.jpg




今年も辛うじてムモンアカシジミを観察することが出来ました。
発生木が突然切られたり環境変化により、いなくなってしまうので今後も経過を観察したいと思います。

by konty33 | 2015-08-20 23:08 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 07日
クロヒカゲモドキ 第2弾 地元にて
7月31日 
午前中で仕事を終え、地元静岡でもクロヒカゲモドキも発生しているだろうと考え山に向かいました。
出発時は晴れていましたが、生息地に到着するころ雷が鳴り始め、雲が熱くなり嫌な予感です。
それでもすぐに1頭の♀が出て来てくれました。
e0224357_219437.jpg

先日の山梨とは違い、草が少ないので飛んでも見失いにくい環境ですが・・・・・、
暗くなって来たかと思うと小雨が降ってきてしまいました。
暫く待つと明るくなったので撮影再開です。
e0224357_21133790.jpg

珍しく明るい広場に出てきたので慎重に近づき広角でも撮影しました。
e0224357_21144294.jpg

何回も飛ばれながら撮影を繰り返しました。
e0224357_21161779.jpg

今回は、広角でも何カットか撮れました。
e0224357_21165450.jpg

簡単に撮っているようですがドキドキしながら慎重に近づいています。
e0224357_21173112.jpg

この♀以外の別個体は暫く見られませんでしたが、その内に♂が2頭飛んできました。
しかし、こちらはすごく敏感で、吸蜜を始めても落ち着きません。
e0224357_21185555.jpg

良い角度では撮影できず、この1カットだけです。


他にはホソバセセリが何頭も飛んでいたのですが、既に新鮮さに欠けました。
e0224357_21214418.jpg




最後まで雨を心配しながらでしたが、予定時間まで撮影できました。
♂は落ち着きがなく、静止時間が短いうえ一旦飛ぶと何処へ行ったかかわからな程の距離を飛びます。
複数人で飛んだ先を見られれば良いのでしょうが、ひとりの時の欠点ですね。
そんなわけで今回も♂が撮れなかったので、来年はテリ張場所か吸蜜を見つけて撮影したいと思います。

by konty33 | 2014-08-07 21:31 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 08月 07日
オオヒカゲの生息確認など
8月5日
今年はまだオオヒカゲを見ていなかったので、昨年と同じ場所(信州)に生息確認に行きました。
発生状況の確認と開翅を撮影するのが今回の目的です。
ポイントに到着すると木の幹に頭を突っ込んで夢中に吸蜜する♂を見つけました。
e0224357_20215713.jpg

昨年より、1週間早いのにも拘わらず、既に新鮮ではありませんでした。
e0224357_20243213.jpg

やっと見つけた♀を藪こぎしながら追いかけ何度か撮影できました。
e0224357_2026640.jpg

e0224357_21254325.jpg

この個体は、草の中に隠れてしまい、とても見つけにく、この後見失ってしまいました。
結局、個体数が昨年より少なく(3頭)、目的の開翅シーンは見られませんでした。

目的達成のためオオヒカゲの産地開拓も行いましたが・・・・・。
たまたま妖しいと睨んだ川沿いで、オオヒカゲを2頭見つけただけで、写真が撮れませんでした。
と言うことで、開翅の残存課題に加え、別産地での撮影の課題が増えました。

このあたりでは、今年未撮影のホソバセセリが何頭か見られました。
e0224357_20361723.jpg

e0224357_20363719.jpg


オオヒカゲ探索の途中で見かけた蝶たちを少しだけ掲載します。
セイタカアワダチソウが咲いている一角では、メスグロヒョウモン♂♀が吸蜜していました。
e0224357_20492148.jpg

e0224357_20493855.jpg

このセイタカアワダチソウには、オオウラギン、ミドリ、ギンボシ、ウラギンヒョウモンも訪花していました。

ヒヨドリバナには、ジャノメチョウが沢山いました。
e0224357_20501715.jpg

スジグロチャバネセセリでしょうか?開翅していないとよく分かりません。
e0224357_20513337.jpg

e0224357_20594152.jpg

幹に静止したキマダラモドキも木漏れ日の中で開翅していました。
e0224357_20522946.jpg



オオヒカゲは、目の前を飛ぶと凄く迫力が感じられ、なんとも魅力的なチョウです。
今回は、狙い通りには行きませんでしたが、なんとか生息確認は出来ました。
この週はとても忙しく、週末も1日だけのフィールドでしたが、寝不足と暑さで少々疲れ気味です。

by konty33 | 2012-08-07 21:34 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2011年 07月 26日
山梨のホシチャバネ、ホソバセセリほか
7月21日
台風一過で天気が良さそうなので、まずは富士山麓の草原を目指して出かけました。
静岡県東部山間部に入ると霧に覆われて、山梨のポイントに到着したときは雨が降っていました。
それでも、せっかく来たからと傘をさしての探蝶です。
まずは、数の多いミヤマカラスシジミを探すと小雨の中でもすぐに見つかりました。
写真は雨がやんだ後のテリ張りです。既に、ややスレていたので広角写真だけを掲載します。
e0224357_230224.jpg


雨は直に上がり、次に見つけたのはお目当てのホシチャバネセセリです。
e0224357_2324731.jpg

探してみると結構な数の個体が確認できました。
e0224357_233444.jpg

e0224357_235455.jpg

e0224357_2351983.jpg

青空バックでないのが残念ですが広角でも撮影しました。
e0224357_2353378.jpg

雨上がりで活性が低いのか、どれも良いモデルになってくれました。
e0224357_2385620.jpg

また、この草原では、夏のトラフシジミも新鮮でした。
e0224357_23205082.jpg


次のポイントに移動した頃にはすっかり晴れ渡り、沢山のホソバセセリが出迎えてくれました。
e0224357_23142689.jpg


なんとホソバセセリの交尾を見つけることができたので、広角、マクロと撮影できました。
e0224357_231511100.jpg

e0224357_2317178.jpg

吸蜜も時々していました。
e0224357_23332318.jpg

この近くではオオムラサキもいて、写真はコンクリートの壁でミネラルを吸収している♂です。
e0224357_23322194.jpg


この後、信州方面に向かいウラキンシジミを狙いましたが、既にピークは過ぎかなり傷んでいました。
e0224357_23224816.jpg

近くではカラスシジミもヒメジオンに吸蜜に来ていました。
e0224357_23243874.jpg

周囲の雰囲気と青空をバックに広角でも撮りました。
e0224357_2325691.jpg


この日は、他にも沢山の種類の蝶が観察でき充実した一日になりました。
やはり、旬の時期の蝶を撮るのが良いですね。今回の後半はタイミング遅れでした。

by konty33 | 2011-07-26 23:33 | セセリ類 | Trackback | Comments(8)