タグ:ホソオチョウ ( 5 ) タグの人気記事

2017年 05月 01日
やっと出会えたミヤマチャバネセセリ
4月29日
GWの初日となったこの日は朝から快晴でした。
先日出会えなかったミヤマチャバネセセリをもう一度狙ってみました。
3か所目でやっとホトケノザで吸蜜する個体に出会えました。
e0224357_22255030.jpg
後翅の中央の白斑があるだけでとても魅力的に感じます。
花から花へゆっくり飛ぶときはいいのですが、急に反転すると確実に見失います。
e0224357_22282011.jpg
カラスノエンドウでもよく吸蜜していました。
e0224357_22285462.jpg
何カットか撮影できたので、思い切って広角でも狙ってみました。
e0224357_22310250.jpg
e0224357_22311683.jpg
昼頃には吸蜜時間が終わったのか・・・葉の上でせ静止する時間となりました。
e0224357_22295910.jpg
翅を開いていつもの恰好です。
e0224357_22332008.jpg
♂はボロで♀は新鮮な感じでした。
個体数が少なく見失うと暫く目を皿のようにして探しますが中々見つかりません。
途中に見つけたのはハタザオに産卵を狙っているツマキチョウでした。
e0224357_22370610.jpg
狙いをつけた花穂の周りを飛び回り・・・・・そのうちに産卵しました。
e0224357_22375664.jpg
急に風が強くなり・・・雲行きが怪しくなってきました。
上空の寒気のせいで午後から天気が急変・・・・です。
強風の中で1頭だけですがホソオチョウを見つけました。
e0224357_22424687.jpg
e0224357_22432181.jpg
この時はまだ青空もありましたが、風はかなりきつく撮影は厳しい状況でした。
e0224357_22443851.jpg

午後は天気の急変もあり、一日ゆっくり撮影・・・とはなりませんでした。
とりあえず地元では出会えないミヤマチャバネセセリに出会えたので良かったです。
翌日はヒメギフに再挑戦となりました。




-



by konty33 | 2017-05-01 22:58 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 24日
ホソオチョウの卵、幼虫、成虫観察
8月19日 続き
ミヤマチャバネセセリに予想以上に苦戦し、時間が無くなってしまったので・・・・
最近見ていないホソオチョウを近くで探すことにしました。
外来種なのであまり思い入れはありませんが、恐らく5年ぶりの出会いになります。
e0224357_22321824.jpg
たった1頭だけ♂が飛んでいたので・・・・静止するのを待って・・・・土手の下から青空を入れてみました。
横からも1カット・・・・・
e0224357_22343473.jpg
近くを歩きましたが、飛び出す個体もなく何処かで静止しているようです。
暑さのせいでしょうか? この個体もほっておくと静止したままでした。
そこで食草のウマノスズクサは土手に沢山あり・・・・・卵や幼虫は沢山確認できました。
e0224357_22382060.jpg
同じウマノスズクサを食草とするジャコウアゲハとは違って、物凄い卵塊です。
葉の裏だけでなく茎にも産んであります。
e0224357_22400656.jpg
こんな卵塊ですから、孵化した幼虫も数が凄いです。
e0224357_22404747.jpg
しかし、大きくなってくると数が減ってバラバラになるみたいです。
e0224357_22421838.jpg
更に大きくなると色も変わってきます。毒々しい感じです。
e0224357_22424753.jpg
そこら中にあるウマノスズクサですが、ところどころで局所的に幼虫や卵が確認できました。
蛹は探せませんでしたが、幼虫も色々な大きさが一通り確認できました。
あまりに暑いので短時間で観察を切り上げましたが、今回は♀が確認できなかったので2011年に撮影した
♀の写真も追加しておきます。
e0224357_22472355.jpg
e0224357_22474970.jpg


予定を変更してホソオチョウを探してみましたが、外来種なので見つかて良かったのか複雑です。
このチョウの生息地は炎天下なのでいくら水分を摂ってものどが渇きます。
まだまだ残暑が厳しそうなので、もう暫くは標高の高い避暑地での撮影が狙い目ですね。



-


by konty33 | 2016-08-24 23:07 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2012年 09月 02日
ホソオチョウの発生状況の確認
8月26日
ヤマキチョウを観察した帰りに山梨のホソオチョウがどんな状況か確認に行きました。
昨年、川の堤防で見られた場所へ寄り、車を流しながら探しても見あたりません。
車を降りると茹だるような暑さで、先程までいた高原との気温差が実感できます。
見回しても飛んでいる個体が見られないので、堤防の草を叩くと時々飛び出しました。
e0224357_21535727.jpg

まずは、♂ですが個体数はかなり少ないようで、暑さのせいかすぐに草の中に隠れてしまいます。
e0224357_2155979.jpg

日陰に静止するとまったく動かず、じっと静止しています。
e0224357_21555560.jpg

直射日光がジリジリと照りつけ、こちらも汗が凄くて長い時間は耐えられそうもありません。
e0224357_2157222.jpg

♀もいないかと探していると何処から飛んできたのか1頭だけ突然現れました。
e0224357_21585066.jpg

♀のお腹はとても大きく膨らんでいました。
e0224357_21594089.jpg

開翅もしてくれましたが、♂とは随分違い黒っぽいです。
e0224357_220327.jpg

この蝶はとてもゆっくりと飛ぶので、飛翔撮影の練習には良いのですが・・・・
何分にも、個体数が少なく、暑くて倒れそうなので追いかけられず、全部ボツになりました。(笑)


暑さのため短時間の観察でしたが、3♂1♀と個体数は少ない状況でした。
もともと外来種の放蝶によるものですから、大発生しても困りますが・・・・・。
この日は、少々疲労がたまっていたので、明るい内に帰宅しようと早々に切り上げました。

by konty33 | 2012-09-02 22:21 | アゲハ類 | Trackback | Comments(4)
2011年 09月 19日
この暑さではシルビアシジミも・・・・
9月15日
真夏のような気温が予想されるため、朝早めにシルビアシジミのポイントに到着しました。
土手の草地を探索しながら歩くとすぐに1頭が飛び出しましたが、時期遅れなのかスレた個体でした。
そこで、新鮮な個体を探して暫く行くと何頭目かにやっと比較的奇麗な♀が見つかりました。
e0224357_21161241.jpg

逆光で縁毛が青く輝くところを表現したかったのですが、輝く感じは出せませんね。
e0224357_21185941.jpg

実際にはとても綺麗に輝いて見えたのですが・・・。
この個体を追いかけていると、ミヤコグサにも寄ってくれました。
e0224357_21211113.jpg

この時期土手にはツルボの花が咲きますが、この花にも吸蜜に来ます。アレッ静止しているだけでした。
e0224357_21344780.jpg

産卵は目撃しましたが、ピントが間に合いませんでした。代わりに撮影したのは産卵直後の卵です。
e0224357_21361094.jpg

卵はミヤコグサの葉の表にも裏にも産卵するようでした。

交尾や開翅も期待していましたが、個体数も少なく時期も遅めで、更に、この暑さでは体力も限界です。
暑さで熱中症になりそうだったので、早々に車に戻りエアコンで涼みながら次の目的地に向かいました。


次に訪れたのは、前回(8/26)ホソオチョウを沢山見た河原の土手です。
この日は成虫を見ることはありませんでしたが、ウマノスズクサにホソオチョウの幼虫を見つけることが出来ました。
e0224357_2140544.jpg

e0224357_2140224.jpg

以前見たときにはすごい数でしたが、土手がアレチウリに覆われてしまい食草がほとんど見つかりませんでした。

ここまでで、10時です。この後は近くのクロツバメシジミの観察に向かいました。
その様子は次回掲載します。

by konty33 | 2011-09-19 23:09 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2011年 09月 03日
ゆったりと飛ぶホソオチョウの観察(山梨)
8月26日
前回ご紹介したクロツバメシジミの午後は、ホソオチョウです。
以前、偶然見つけた1頭を撮影したことがありましたが、一瞬だけでゆっくり観察したことがありません。
そこで、少し場所を移動し川の土手でホソオチョウを探してみることにしました。
前に幼虫を観察したあたりに行ってみると土手をゆったりと飛ぶホソオチョウ♂を複数見つけることが出来ました。
e0224357_012722.jpg

なかなか静止しないのですが、曇りがちになると静止するようで、まずは♂です。
e0224357_051516.jpg

e0224357_081848.jpg

♀はほとんどいない様子で、♂が10~20頭に♀1頭くらいの比率で♀も数頭見つかりました。
♀は比較的よく静止する様で、そのために数が少ないように見えるのかも知れません
e0224357_0104313.jpg

e0224357_0113184.jpg

♂は♀を見つけても無視して飛んでいき、吸蜜するわけでもなく、何を求めて飛んでいるのでしょうか。
ずっと飛んでいて時々曇りがちになると静止するくらいで、面白い場面には出会えませんでしたが・・・・。
服や荷物に執拗にまとわりついて来る個体が居たので、指に乗せて撮影してみました。
e0224357_20511681.jpg


この土手では他にヤマトシジミが交尾していました。
e0224357_20585018.jpg

ベニシジミも交尾していました。(クロツも合わせてこの日3種目の交尾です。)
e0224357_2153440.jpg

あまり良い構図では撮れなかったので定番の吸蜜も撮っておきました。
e0224357_210456.jpg


最後に、山梨のゴマシジミの様子を見に行きました。ポイントに到着するとすぐに1頭を見つけました。
e0224357_2128153.jpg

スリスリして開翅しそうなので待っていると突然のスコールです。
この雨は、局地的でタイミングの悪い恨めしい雨となりました。
しかし、今年も山梨の青ゴマを見られたので来年以降も期待できそうです。

by konty33 | 2011-09-03 12:56 | Trackback | Comments(8)