タグ:ヒメギフチョウ ( 17 ) タグの人気記事

2017年 05月 03日
スミレ吸蜜から交尾、産卵と・・・ヒメギフを堪能
4月30日
上空の寒気も抜けて安定した天気となり、風も穏やかで気温も高め・・・
絶好のヒメギフチョウ日和と思い2週連続で同じポイントへ出かけました。

この天気なら早い時間から飛ぶと信じていましたが・・・・
いつもの時間になっても飛ばないので焦っていると・・・・
10時になって突然飛び始めました。

まず興味を示したのは1輪だけ目立つアケボノスミレで・・・・
何回か通り過ぎた後、吸蜜してくれました。
e0224357_19024198.jpg
このスミレは花の色も濃く写り映えがします。
また、花茎(花軸)が長く丈夫なので、ぶら下がってもビクともせず・・・
尾状突起の先まで地面から浮くのが良いですね。

そうこうしていると・・・・もう1頭飛んできていきなり撃墜・・・交尾です。
e0224357_20240233.jpg
しかし、高いところだったので思いっきりトリミングしてあります。
e0224357_20245114.jpg
そのうちにもう一組の交尾が目の前で成立しました。
e0224357_19041255.jpg
個体数は決して多くないのですが・・・タイミングが良かったのでしょう。
前を横切る枝が邪魔だと思い、ちょっかい出したら高い所へ逃げてしまい・・・万事休す。

その後も粘りますが、時々飛んできてもなかなかスミレで吸蜜してくれません。
すると突然チャンスが・・・・・
複数のアケボノスミレに次々と吸蜜していきました。
e0224357_19073752.jpg
大きなアケボノスミレで吸蜜したと思ったら、隣のヒゴスミレへ・・・
e0224357_19110274.jpg
このモデルは♀の未交尾のようでした。
e0224357_19202815.jpg
次々とスミレで吸蜜していったので、広角でも・・・・
e0224357_19123179.jpg
これだけ良いモデルになってくれることは滅多になく、まさに千載一遇のチャンスでした。
e0224357_19171052.jpg
こちらはマルバタチツボスミレ?でしょうか。
一気にいろいろなスミレで写真が撮れました。
e0224357_19142160.jpg
少し離れた土の斜面のアケボノスミレで良いモデルになってくれました。
e0224357_19190892.jpg
一番多くみられるヒナスミレ?でも・・・・
e0224357_20312648.jpg
交尾が見られるということは、産卵も確認したくなります。
産卵モードの♀を見つけて遠くからそっと見ていると・・・・
産みごろのウスバサイシンを見つけ産卵を始めたので、そっと近づいて撮影しました。
e0224357_19241787.jpg
私が探しても殆ど見落としてしまいそうな小さなウスバサイシンなのに・・・
♀はタッチしながら確実に新芽を見つけます。
少し大きくなった新芽からは卵塊も確認できました。(これなら私でもわかります)
e0224357_19252857.jpg



スミレの種類はとても多く名前はよくわかりませんので・・・
そこにいた詳しそうな人に教えてもらったのですが・・・・
メモしたのに・・・どれが何だか分からなくなってしまいました。(笑)

スミレも最盛期を迎え新鮮な個体とのマッチングが絵になります。
いつまでも残しておきたい光景ですね。



-



by konty33 | 2017-05-03 16:16 | 春のチョウ | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 24日
ヒメギフチョウとの出会い
4月23日
この日は朝から快晴でアルプスの山々がとても綺麗に見えました。
今回はヒメギフを見たくて・・・とある山の中を探索しました。
偶然、林道沿いの崖に咲くスミレにヒメギフチョウが吸蜜に来てくれました。
e0224357_20483122.jpg
ワンチャンスでしたが点々と近くのスミレで吸蜜してくれました。
e0224357_20513068.jpg
このスミレでは少し下向きすぎて翅に陽が当たりません。
e0224357_20523304.jpg
これでもかと吸蜜していってくれましたが土の崖が目立ちます。
e0224357_21044919.jpg
少しアップで・・・
e0224357_21562808.jpg
谷間のポイントでは新鮮な個体が高い木から降りてきました。
e0224357_20581389.jpg
横から見てもとても綺麗です。
e0224357_21000493.jpg
ヒゴスミレの吸蜜シーンは完全に逆光でした。
e0224357_21094493.jpg
ここではスギタニルリシジミも見られました。
e0224357_21023466.jpg
スミレに吸蜜したと思ったら近くに止まっただけでした。
e0224357_21035138.jpg
スジボソヤマキチョウがあちらこちらで産卵しようと枝をタッチしてきます。
時々スミレでも吸蜜しましたが、翅がスケスケでシミが汚くみすぼらしく感じます。
e0224357_22110141.jpg
林道ではニホンカモシカにも出会い・・・・暫くお見合い状態でした。
e0224357_21125485.jpg
麓の里山ではスジグロシロチョウが飛び回っていました。
e0224357_22005796.jpg


今年初めて期待どおりの成果が出せました。
しかし、出会えた個体数は思いのほか少なく殆ど撮影チャンスもありませんでした。
ヒメギフチョウ以外は大したものはありませんが次回少し掲載します。





-


by konty33 | 2017-04-24 22:17 | 春のチョウ | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 16日
ギフチョウがダメならヒメギフチョウを・・・
4月15日
既に今シーズン皆さん撮影されているヒメギフチョウの有名撮影ポイントに行ってきました。
早朝から次々と沢山の方々がお見えになりましたが、ヒメギフが飛び出すのは9時からでした。
まずは、ヒメオドリコソウの吸蜜からです。
e0224357_23161856.jpg

藪の中のカキドオシにも吸蜜に来ましたが、手前の枝被りを避けるのが大変でした。
e0224357_23172972.jpg

本命はやはりカタクリですが、近くにはなかなか来てくれません。
e0224357_2319405.jpg

上の写真の様に背景が上手く抜けると綺麗ですが、たいていは下の様になってしまいます。
e0224357_2321274.jpg

少し遠くても背景が抜けると良い感じ・・・・・
e0224357_23223085.jpg

午後になると逆光で翅の色がもう一つ・・・・・
e0224357_23232491.jpg

今年は桜の花と時期がピッタリだったので桜吸蜜も狙いましたが・・・・・
まずは、折れた枝の花に吸蜜したシーンからです。
e0224357_23245948.jpg

地面から生える草が背景では不自然ですね。
ちゃんと吸蜜したシーンは枝被りばかりでした。
e0224357_23275587.jpg

光の周りが悪いので、色が不自然になってしまいました。
e0224357_23283831.jpg

一応、飛翔シーンも・・・・・
e0224357_23294152.jpg

柵内で遠くからですが、産卵シーンも見られました。卵も写っています。
e0224357_23304030.jpg

これはメチャメチャトリミングしてあります。

番外編を少し・・・・
桜にスジグロシロチョウの吸蜜も良いものです。
e0224357_0124329.jpg

e0224357_23331045.jpg

スギタニルリシジミもいました。
e0224357_23333964.jpg

カタクリにも吸蜜していました。
e0224357_2334544.jpg




このところギフチョウで大失敗続きでしたが、今回のヒメギフはまずまずでした。
朝から2時まで粘ってヒメギフの飛ぶシーンを沢山目に焼き付けて来ました。
期待していた交尾が成立せず残念でしたが、こればかりは仕方ありません。
知り合いに久しぶりにお会いできたことは嬉しかったです。



-

by konty33 | 2016-04-16 23:45 | ギフチョウ | Trackback | Comments(8)
2015年 05月 14日
成虫がダメなら幼虫や蛹の探索?
5月9日
土曜日は曇りで午後は里山を散歩しましたが、こんな天気では飛ぶチョウの種類は極端に少なくなります。
最初に出迎えてくれたのはサトキマダラヒカゲで、干乾びた獣糞に夢中で車に引かれるひかれそうでした。
e0224357_21352981.jpg

こんな日はヒカゲの仲間しか見られないんでしょうか。
コジャノメを撮影するのも久しぶりです。
e0224357_21512812.jpg

日ごろは撮影しようとするとすぐに逃げられるので敏感なチョウだと思っていましたが、
薄暗い感じなので近づいても大人しくしてくれました。
e0224357_21502893.jpg

e0224357_2148393.jpg

あまりにもチョウが飛んでいないので、ターゲットを変更して・・・・・
ウラゴマダラシジミがそろそろ蛹になるころだと思い探してみることにしました。
すると・・・・前蛹と蛹がいくつか見つかりました。
e0224357_21563043.jpg

新しく伸びた枝は葉がなくなるくらい食べてあり、残された小さな葉の裏に蛹がありました。
前蛹もありましたから、最近蛹になったと思われます。
e0224357_2201188.jpg

e0224357_2158161.jpg

もう少しすると綺麗な成虫の姿を見られるでしょうか。楽しみです。

5月10日
翌日は、朝から晴れたのである目的で少し足を延ばしましたが、
序にウスバサイシンにいるヒメギフチョウの幼虫の集団を見てみることにしました。
e0224357_22123120.jpg

葉裏に卵の殻と黒い幼虫の集団が見えます。
こちらは大きな葉に3卵塊で幼虫も3つの集団に分かれていました。
e0224357_22134349.jpg

あまり気持ちが良くないかもしれませんが、真黒な幼虫の集団です。
e0224357_2215113.jpg

鹿の食害を受けて食草が少なくなっているとも聞きますが・・・・・
こんなに育つほど食草があるのでしょうか。
自然界では幼虫も淘汰されて、成虫になるのは何割かでしょうね。

この日も蝶の撮影はほんの少しだけ・・・・探索もろくな成果はありませんが、
ミヤマセセリが綺麗な花で吸蜜していました。
e0224357_2221991.jpg



ヒメギフの集団幼虫はこれまで見ることも少なかったので良い機会になりました。
それにしてもあまり収穫の無い1日半でした。
今週も土曜日の天気が悪そうなので幼虫探しを楽しむことになりそうです。

by konty33 | 2015-05-14 22:32 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 29日
ヒメギフチョウの産卵
4月26日 
この地のヒメギフチョウは既に終盤となり、当然ながら擦れた個体が多くなります。
しかし、最初は結構綺麗な個体がスミレ吸蜜してくれました。
e0224357_22325047.jpg

カタクリ吸蜜シーンを撮影できたのは擦れた個体で、今一つ切れが良くありません。
e0224357_22224390.jpg

何度か飛んできましたが、どうも同じ個体のようです。しかも逆光気味ばかりで・・・・・
e0224357_22241959.jpg

これは多少スレが少なめの別個体のようですが光の周りが良くありません。
e0224357_22254287.jpg

午後になり産卵行動の♀が見られるようになり、注意していると・・・・・産卵が始まりました。
e0224357_22355111.jpg


違う場所でも・・・・・・産卵したばかりの卵も写っています。
e0224357_2239389.jpg

産卵をする前後にはカタクリでよく吸蜜しますが、これも逆光でした。
e0224357_22412634.jpg

産卵された卵は、道沿いでも沢山見つかりました。
e0224357_2242418.jpg

e0224357_22464832.jpg

ここではスギタニルリシジミが沢山いました。
e0224357_22424090.jpg



今回は産卵に焦点を当てて撮影に臨みました。
当初の目的を達成できたのは良かったですが、手前に邪魔があり撮影しにくい場所だったのが残念です。

by konty33 | 2015-04-29 22:50 | ギフチョウ | Trackback | Comments(4)
2015年 04月 27日
桜ヒメギフ、またしても妄想に終わる
4月25日 
この日はヒメギフチョウの桜吸蜜を狙って遠征しました。
桜の花はちょうど盛でここに来てくれればと・・・・・妄想のひとときが過ぎていきます。
e0224357_2119759.jpg

ヒメギフが飛び出しても滅多にサクラには来てくれません。
やっと来たと思っても遠かったり、角度が悪かったりで思ったような写真は撮れませんでした。
e0224357_21211323.jpg

桜の花にぶら下がるように止まると良いのですが・・・・
上から花に潜り込むばかりで頭が見えず写真になりません。
そこで、吸蜜から飛びたつ瞬間を狙ってみましたが・・・・
e0224357_21453094.jpg

下から見上げる様に撮影した飛び立つシーンも不自然で・・・・・
逆光気味になるので翅の色も綺麗に見えません。
e0224357_2124554.jpg


午後になると産卵が楽しみです。
♀が食草を探して飛び始めると見失わない様に目で追います。
ちょうど撮影しやすい近くで産卵を始めました。
e0224357_2127026.jpg

まだウスバサイシンの葉は枯葉に隠れていましたが、親蝶の食草探し能力は大したものだと感心させられます。



桜ヒメギフは、妄想だけで終わり今年も満足のいく写真は撮れませんでした。
既に擦れた個体が多かったので、この日は早めに諦めて、違うポイントの様子を見ながら帰りました。
林内や道路脇には例年より残雪が多めの様子で、発生時期が読みにくい状況のようです。
お会いした皆さん有難うございました。

by konty33 | 2015-04-27 21:46 | ギフチョウ | Trackback | Comments(4)
2015年 04月 19日
いろいろな吸蜜を見せてくれたヒメギフチョウ
4月18日
2週続けてギフチョウだったので、今回はヒメギフチョウを追いかけることにしました。
朝方はやや冷えましたが、風もなく天気は最高で期待に胸が膨らみます。
スミレなどは遅れているようで極端に吸蜜源が少ない様子でしたが・・・・
高く舞い上がった個体が行きつく先にキブシが咲いていました。
e0224357_13391978.jpg

逆光でしかも裏向きでしたが、感動的な出会いでした。
その内に少しずつ移動して角度が悪いながら翅表も見ることが出来ました。
e0224357_13412513.jpg

しかし、手前の枝などが邪魔してなんともなりません。
e0224357_1342489.jpg

道端にほんの少し咲いているスミレにも1度だけ吸蜜に来ました。
e0224357_13464268.jpg

まだ発生直後なのか擦れた個体は殆どいません。
e0224357_1346977.jpg

カタクリがごく僅かですが咲いていたので昼食を食べているとやって来ました。
e0224357_1352364.jpg


この個体は赤上がりで綺麗でした。
e0224357_13513310.jpg

この♀はやや擦れていましたが何回も吸蜜してくれました。
e0224357_13541186.jpg

一時は次々吸蜜する時間があり大忙しでしたが・・・・・
逆光になることも多く、翅の色の鮮やかさがイマイチ表現できていません。
しかも絞り優先のf=6.3で撮影するのが多いですが、いつの間にかf=3.2にズレており大失態でした。
e0224357_13562617.jpg

こんな翅を畳んだ横向きの写真ばかり沢山撮れました。
e0224357_1424121.jpg




夕方には所要があり早々に撮影を終えましたが、満足できる遠征となりました。
その他の被写体は、別の機会に掲載します。

by konty33 | 2015-04-19 14:25 | ギフチョウ | Trackback | Comments(12)
2014年 06月 12日
ヒメギフチョウとアサマシジミの幼虫探し
6月8日 
今年は早々に梅雨入りとのことで、この日も天気が不安定で、午後は局所的に雨が降る一日でした。
午前中は天気が良かったので各地を探索しましたが、たいした成果なく気がついたら信州にいました。
雨がパラパラ降り出したので、急いでヒメギフチョウの幼虫探しです。
ウスバサイシンの食痕目当てに適当に探すとすぐに見つかりました。
e0224357_2252764.jpg

既に集団を形成しておらず、終齢近くの黒のボディーに黄色い斑点が特徴の幼虫が見つかりました。
少し小さな幼虫も集団は解散していました。
e0224357_2261775.jpg

小雨が降り出したので急いで次の目的地に向かいましたが、目的地に近づく頃は本降りの雨でした。
仕方なく傘を差してアサマシジミの幼虫探索ですが、雨の降る中では見つかるものも見つかりません。
結構探してやっとナンテンハギから終齢幼虫を見つけました。
e0224357_22161117.jpg

派手な食痕があったのと幼虫が大きかったので見つけ易かったのだと思います。
1つ見つかると不思議なもので、これまで見逃していた小さな幼虫が見つかるのが不思議です。
e0224357_22311634.jpg

アリが周りを取り囲んでいるイメージでしたが、雨のせいかアリは殆ど見られませんでした。
たった1匹だけ小さなアリが幼虫に取り付いているのを見つけました。
e0224357_22313151.jpg

5mm程度しかない幼虫も新芽に潜り込んでいました。
e0224357_22325298.jpg




雨を予想していたとは言え、降り出すと気分が乗らないもので、あまり成果がありませんでした。
これから当分はこんな梅雨空が続くかと思うと遠出も考えてしまいます。
明後日の夕方から来週に掛けて海外出張もあり繁忙な日々が続きそうですが、
少しでも時間があればフィールドに出かけたいと思います。

by konty33 | 2014-06-12 22:47 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2014年 05月 05日
ギフチョウとヒメギフチョウの混生地にて
5月2日
信州のギフチョウとヒメギフチョウの混生地に行ってみることにしました。
晴れて気温も上がる予報で期待していましたが、目的地が近づくにつれて雲が多くなり、現地は完全に曇り空でした。
これでは飛ばないので、周りを散策しながら天気の回復を待ちました。
e0224357_20275823.jpg

e0224357_20374631.jpg

10時を過ぎてやっと青空が広がりましたが、個体が少なめで良い場所で吸蜜してくれません。
少し気温が低めの林内のスミレの前で待っていると12時過ぎにやっとチャンスが来ました。
突然ヒメギフチョウが吸蜜を始めました。
e0224357_20415584.jpg

林内にはひとりだけで・・・・暫くは至福の時でした。
e0224357_20453672.jpg

カタクリにも来てくれました。どうやら同じ個体のようです。
e0224357_2047598.jpg

次に、弱弱しくギフチョウが飛んできて目の前のスミレで吸蜜してくれました。
e0224357_2050170.jpg

新鮮な個体が場所を変えながらじっくりと吸蜜してきました。
e0224357_20503241.jpg

いつもの林内のカタクリには中々来てくれまず、ヒメギフが枝先に静止するだけでした。
e0224357_20542089.jpg

皆さんがいらした場所にも行ってみると・・・・ここにもヒメギフチョウがカタクリ吸蜜していました。
e0224357_20591231.jpg

遠目から一枚撮影して・・・・
e0224357_210056.jpg

近寄ってさらに撮影できました。
e0224357_2111812.jpg

産卵や交尾も撮影された方もいたようですが、ひとり離れた林内にいたのでチャンスを逃してしまいました。


この後ヒメシロチョウの生息地にも立ち寄りました。
e0224357_2172172.jpg

逆光に翅を透かして見るととても綺麗ですね。
つくしにも静止してくれました。
e0224357_2193112.jpg

花が少なかったのですが、崖にスミレを見つけて吸蜜してくれました。
e0224357_21103733.jpg

今回は逆光の写真のみにしてみました。


朝はどうなることかと思っていましたが・・・・・
贅沢にもギフチョウとヒメギフチョウの両種に加えてヒメシロチョウまで撮影できました。
撮影をご一緒させていただいた皆様にはお世話になりありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-05 21:18 | ギフチョウ | Trackback | Comments(14)
2014年 04月 28日
ヒメギフチョウの吸蜜と産卵
4月26日 
前夜は仕事の打ち上げで12時過ぎに帰宅しましたが、好天の予報だったので早朝に出発しました。
今回の狙いは、信州で今まで撮影したことのない場所でのヒメギフチョウです。
8時半に飛び出しいきなりスミレの吸蜜が始まりました。
e0224357_2042885.jpg

写真は順不同ですが、どれも8時半から1時間以内に撮影したものです。
比較的しっかりした軸の花なのでぶら下がって吸蜜してくれました。
e0224357_20441544.jpg

ヒメギフチョウはやや擦れていますが、スミレの花は大きく綺麗でした。
e0224357_20455252.jpg

下のはちょうど日陰で少し暗めですが、正面から撮れました。
e0224357_2048567.jpg

やや擦れた個体が多かったですが、1時間ほど吸蜜が盛んでした。
e0224357_2049446.jpg

その後、暫く飛ぶばかりの時間がつづきましたが、見ているだけでも幸せな気分になれます。


10時半ごろに別の場所で産卵場所を探している♀を見つけました。
林内の狭い範囲を行ったり来たりして、足で食草を捜してまわります。
ウスバサイシンには何度もタッチするのですが、気に入らないのかすぐには産卵に至りません。
すると突然カタクリ吸蜜です。逆光でしたが翅が透けてとても綺麗に見えました。
e0224357_2123917.jpg

その後もなかなか産卵には至らず、時々突然吸蜜します。
e0224357_215575.jpg

これはしっとりした感じに撮れました。
e0224357_2175342.jpg

登山道のすぐ横でいつも吸蜜してくれたので、生息地を踏み荒らすことはありません。
e0224357_2184687.jpg

1時間近く吸蜜をしながら食草を探し続けましたが、やっと産卵場所を決めました。
e0224357_21105462.jpg

手前の枝が邪魔して、この角度しか撮影出来ませんでしたが、卵も辛うじて写っています。
カタクリ吸蜜以降の写真は同一個体で、良いモデルになってくれました。
産卵が終わった卵を数えたら・・・・12個でした。
葉に陽が当たると卵が見えにくいので、手で日差しを遮りながら撮影しました。
e0224357_21182534.jpg

カタクリには、スギタニルリシジミも時々吸蜜に来ます。
e0224357_2121943.jpg

ちょうど発生初期のようでどれも綺麗な個体でした。
e0224357_21212891.jpg




ヒメギフチョウ一本に絞って寝不足の中遠征した甲斐がありました。
天気が良い日は、多少無理してもフィールドに出かけたいですね。

by konty33 | 2014-04-28 21:29 | ギフチョウ | Trackback | Comments(10)