タグ:ヒサマツミドリシジミ ( 6 ) タグの人気記事

2017年 01月 10日
各種探索による運動不足解消作戦
2017年1月1日

遅ればせながら・・・
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
今年も宜しくお願い致します。


元日の午後は市内のウラゴマ探索しましたが不作なのか大した成果もなく・・・・
e0224357_21472876.jpg
e0224357_21480189.jpg
1月9日 
食べ過ぎと運動不足で体重が大変なことになってしまったので
久しぶりにフィールドに出て車を離れ積極的に歩くことにしました。

林道を歩きながらモミジを見つけると探したくなるのがミスジチョウの越冬幼虫です。
運良く1発目でビンゴでした。
e0224357_21091585.jpg
ひとつ見つかると気になってどんどん探したくなりますが・・・そうは見つかりません。
e0224357_21105279.jpg
こんなのを探していると歩数が進まないと思われるかもしれませんが・・・・結構歩き回りました。
下の写真は葉が小さくなっていますが・・・・幼虫がどこにいるか分かりますか?
e0224357_21124821.jpg
幼虫は葉の色に合わせているようです。
e0224357_21143457.jpg

もう一つの狙いはヒサマツミドリシジミの越冬卵です。
こちらはウラジロガシの冬芽の成長が悪くあまり探していませんが、とても少ない印象でした。
e0224357_21200949.jpg
TG3での拡大です。(LED使用、深度合成)
e0224357_21211127.jpg
更にGX7スタックシステムで自動深度合成しました。
このシステムで撮影するとTG3より格段に綺麗で感動的です。
e0224357_21221796.jpg


歩いていると風も穏やかでとても暖かく気持ちのいい一日になりました。
約2万歩に達し目標をなんとかクリアしましたが、驚くような発見もなく・・・・
急には体重も減りませんね。(笑)





-


by konty33 | 2017-01-10 22:03 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2016年 02月 08日
ウラジロガシから見つかる越冬卵
1月24日
1月になってから時々近場にゼフの越冬卵探しに出掛けていますが記事を更新出来ずにいました。
少し前の出来事ですが・・・・・
自宅付近でも水道管が凍るトラブルが多かった今年一番の寒波の前日の事でした。
この日の日中も氷点下で、風もありとても寒くて手足の感覚がなくなるほどでした。
そんな寒さの中、久しぶりのフィールドでヒサマツミドリシジミの越冬卵探しをしてみました。
e0224357_21235350.jpg

ウラジロガシはあちこちで見られますが、どこでも卵が見つかる訳ではありません。
蝶の気持ちは分かりませんが一定の条件があるようです。
e0224357_21261100.jpg

まず、写真の様に複数の冬芽がないとNGのようです。
e0224357_21381951.jpg

後は、ある程度の大きさが必要で幼木ではNGのようです。
それ以外にもいろいろと好みがある様ですが、私にはよくわかりません。

写真では日差しがあってとても寒そうには感じませんが、水たまりは凍り積雪も見られ
特に陽が陰ると一段と寒く感じました。
e0224357_21421374.jpg

この卵は、蛾の卵と並んで産卵されていました。
蛾の卵が後から産み付けられたように見えます。
よく見ると横に穴が開いているので寄生蜂にやられたようです。
e0224357_21471518.jpg

いつものようにオリンパスTG3で撮影しました。



メリノウールの分厚い靴下を履いても足先が冷たくなるほどの寒さ・・・
こんな日は風邪をひかない様に早々に車で温まるのが一番です。
短時間の探索でしたが、いくつかの卵が確認できました。

by konty33 | 2016-02-08 22:05 | | Trackback | Comments(4)
2015年 03月 23日
新生蝶は来週までお預け
3月21日 
やっと時間が取れたのでギフチョウの所見と意気込んでいましたが・・・・
平野部まで曇天だったのでギフチョウに限らず新生蝶はどれも来週以降にお預けとしました。
周囲の山の木々の新芽が膨らんでいたので、ゼフ卵の孵化が始まるのでは・・・・と
目的をヒサマツミドリシジミの卵調査に切り替えました。
狙いをつけたウラジロガシを確認すると今にも孵化が始まりそうな穴が開いている卵が見つかりました。
e0224357_2041534.jpg

いくらか柔らかく膨らんだとはいえ、まだ新芽に食いつくのに早く感じました。
e0224357_20434723.jpg

穴を開けて周りの新芽の様子を伺っているのでしょうか。
もう1つ見つけた卵は、もう少し小さな穴が開いていました。
e0224357_20451687.jpg

今週はまた寒くなるのでもう暫く孵化するのを待った方が良いのでは・・・と心配になりますが
やはり新芽が膨らみかけたこの時期に孵化するんですね。


次に探したのはカエデの枯葉で見つかるミスジチョウの幼虫です。
こちらも運よく1つ見つけることが出来ました。
e0224357_20485946.jpg

1年ぶりにみる幼虫は思ったよりも小さく感じました。
e0224357_20491155.jpg

いつ見てもこの擬態ぶりには感心させられます。


帰り道には天気も回復し、ルリタテハ、ヒオドシチョウ、テングチョウなど越冬蝶を見かけました。
翌日の日曜日は好天でしたが所要で出かけられませんでした。
新生蝶はまた来週までお預けです。

by konty33 | 2015-03-23 20:56 | | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 16日
コンデジの深度合成による気軽なゼフ卵撮影
12月14日  
少し前にOLYMPUSのTG-3と言うコンデジを購入しました。
このカメラの気に入った点は、倍率の高い接写が可能な上に深度合成が簡単にできる点です。
また、写真のようにリングライトを後付けすることができ、暗い場面での撮影には重宝します。
e0224357_20385449.jpg

そこで、その実力を試すためにヒサマツミドリシジミの越冬卵を探しに行きました。
ウラジロガシを片っ端から見て回っても1時間くらいは産卵に適した冬芽が見つからず・・・・・
苦労してやっと1卵見つけました。
e0224357_2056333.jpg

この卵をTG-3で深度合成し、少しトリミングするとこんな感じに写ります。
e0224357_20583851.jpg

これなら、デジイチを使わなくても結構満足できますね。
因みに深度合成の有無での写真比較をしてみると以下のようになります。(右が深度合成)
e0224357_2133025.jpg

その後、良い木を見つけることができ色々と撮影できました。
1つの芽に2卵の卵を産み付けたものもありました。
e0224357_2171036.jpg

デジイチの超接写も比較のため載せておきます。
e0224357_218958.jpg

このチョウは、産卵シーンを目撃するとよくわかるのですが・・・・
先端の芽だけに産卵する明けではないのです。2,3番目の側芽にも産卵します。
この写真は逆光のように背景が明るく卵が暗いのですが、リングLEDで綺麗に写せます。
e0224357_219163.jpg

これもデジイチの超接写で撮影しました。
撮影は大変ですがやはりコンデジよりはかなりシャープに写ります。
e0224357_21101120.jpg

少し横からみると多少扁平になっていますが、こんな深度合成写真もコンデジで気軽に写せます。
e0224357_21152436.jpg


最後にもう一枚・・・・リングライトは使えます。
e0224357_21234485.jpg



この日は強い寒気が入ったため雪が舞う曇り空で風も強くてかなり寒く感じました。
最近はたいへん忙しく今シーズン一番のゼフ卵探しでしたが・・・・
雪に備えスタットレスに替えたし、このコンデジを持ち歩き暇を見つけては撮影したいと思います。

by konty33 | 2014-12-16 21:24 | | Trackback | Comments(2)
2014年 02月 09日
ミスジチョウの幼虫とゼフの越冬卵
2月9日
昨日は各地で大雪だったようですが、静岡西部の平野部では全く雪は降らず一日雨でした。
今朝は良い天気だったので前日の雪のことなど全く気にせず山に出かけました。
しかし、狙っていた場所は日陰部に多少積もった雪が凍りツルツルと滑るので最後は歩くことにしました。

今回の狙いはミスジチョウの幼虫です。
渓流沿いには意外とカエデが多いのですが、やっと見つけたのは橋下から生えていたカエデでした。
e0224357_2159292.jpg

普通は葉の表の内側に丸まった中に居ることが多いと思うのですが、葉の裏(外側)にいました。
葉のウラのミスジなので、先週みつからなかったウラミスジがみつかった・・・・と苦笑い。
枝を引き寄せて反対側からも少しアップで撮影しました。
実に見事な擬態で、カエデの葉の模様にそっくりで驚きです。
e0224357_222532.jpg

同じ木でもう1つ幼虫を見つけることができました。
こちらは葉の内側ですが、撮影出来る角度がこれしかありません。
e0224357_2245319.jpg

どのカエデの木にも葉が少しずつ残っていますが、多くはクモや蛾などの作った巣や引っかかった葉です。
ミスジチョウの幼虫は、1枚だけ残った葉を探すのですが、葉の葉柄部分は糸で綴られて落ちないようになっています。
e0224357_2283090.jpg

場所を移動して更に探すと背丈ほどの小さなカエデでも幼虫がみつかりました。
e0224357_22114292.jpg

きっちりと丸まった葉の内側に鎮座していました。
e0224357_2216455.jpg

葉柄は、やはり落ちないようにしっかりと糸で綴られています。
e0224357_22132399.jpg


次に探したのは、今週もやはりゼフィルスの卵です。
狙いは今シーズンまだ登場していないヒサマツミドリシジミです。
昨年末に新産地を探してもみつからなかったので、昨年のポイントです。
e0224357_22193426.jpg

e0224357_22194435.jpg

コンデジでアップにしてみました。
e0224357_22195899.jpg

デジイチでも撮影してみました。
e0224357_22241295.jpg

超接写で見ると白くてとても綺麗な突起の様子がわかります。
e0224357_2225660.jpg


こちらは、例年通りみつかったので満足して次のポイントに移動しました。
しかし、この後は狙いのウラクロ、ウラキンが全くみつからず、再探索が必要になりました。

今回は、ずっと狙ってボウズ続きだったミスジチョウの幼虫に出会えて満足です。
成虫の時期にしっかりとポイントを掴んでおくことが必要ですね。

by konty33 | 2014-02-09 22:44 | 幼虫 | Trackback | Comments(8)
2013年 01月 27日
越冬卵探し ヒサマツミドリシジミ
1月26日
この日はこの冬一番の寒気のため静岡県内の平野部でも雪がちらつきました。
北部山間部では積雪が考えられるため、雪がないことを祈りながら西の方のウラジロガシの自生する山へ向かいました。
そう、今回の目的は、ヒサマツミドリシジミの越冬卵です。

木登りなんてできないので難しいと思いましたが・・・・半信半疑で探していると・・・・
たまたまだと思いますが、幸運にも見つけることができました。
e0224357_1415353.jpg

コンデジでLEDライトを使用していますが、バックが暗くて日中とは思えませんね。
卵が白いので少しアンダーで撮影してますが、撮影しているときは周りがこんなに暗いとは思いませんでした。
他にも近くでいくつか見つかりました。
e0224357_1419977.jpg

少しトリミングするとコンデジでも突起がそれなりに写っていることが分かります。
この時、実は風と雪が凄くて寒かったです。(写真では全く伝わりませんね)
e0224357_14183234.jpg

これを超接写してみるとこんな感じです。
e0224357_1422437.jpg

頂芽で卵を見つけた枝では側芽にもあり少し驚きました。
e0224357_1956575.jpg

こんなにアップで見たのは初めてですが、表面突起が長くて白く輝く宝石の様なのが印象的でした。
e0224357_2043345.jpg



今回は、日差しがなく時々雪が降るような天候なので随分寒く感じました。
運良く早めに見つかったので、風邪をひく前に切り上げて帰宅できました。
来週はいよいよ2月になるので、狙っている種は全て雪の中?・・・・・何処へ行きましょうか。

by konty33 | 2013-01-27 21:18 | | Trackback | Comments(12)