タグ:トラフシジミ ( 12 ) タグの人気記事

2017年 08月 10日
トラフシジミとの遭遇
7月30日
セセリの多い草原では何頭かのトラフシジミも吸蜜していました。
とても敏感で近づけませんでしたが・・・・
この個体だけは良いモデルになってくれました。
e0224357_21082036.jpg
広角でも大丈夫でしたが、ストロボ使ったら明るい草原の雰囲気が台無しに・・・・
e0224357_21291699.jpg
翅をスリスリすると翅表の青が覗きます。
e0224357_21300678.jpg
前週に探していたカラスシジミもいましたが・・・・時既に遅し・・・
傷みが激しいので遠目から雰囲気だけ・・・
e0224357_21322969.jpg
この日は雨上がりで湿り気があったためかミヤマカラスアゲハも給水していました。
最初4頭の集団でしたが逃げられてしまいました。
e0224357_21342476.jpg
すぐ横ではサカハチチョウが吸蜜中でした。
e0224357_21362299.jpg
いつものようにルリボシカミキリもいました。
e0224357_21372928.jpg
ハンノアオカミキリも久しぶりに見ました。
e0224357_21380398.jpg


思わぬところで複数のトラフシジミと遭遇できたのは良かったですが、
来年こそ新鮮なカラスシジミと出会いたいです。
その他はウラギンシジミやミドリヒョウモンくらいだったので・・・
雨を心配しながらいつもより早めに帰途につきました。




-


by konty33 | 2017-08-10 22:20 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 24日
メスアカのテリ張といつもの幼虫確認
7月9日
メスアカミドリシジミの本命ポイントでは既にテリ張が始まっていました。
卍は見られず一瞬2頭が絡んでも・・・相手を追い払うとすぐにテリ張場所に戻ります。
e0224357_23015822.jpg
この日はこの木がテリ張場のようです。
e0224357_23004141.jpg
開翅角度や前後の角度で色合いが変わりますが・・・上手く再現できません。
e0224357_23030976.jpg
少しずつ枝の位置を変えながらも同じような画像が続きます。
e0224357_23033301.jpg
広角でも撮影してみました。
e0224357_23042826.jpg
お気に入りの枝先が決まっているようなので、追い払うと時々違う場所にも移動します。
e0224357_23055086.jpg
イバラの茂みの奥に手を伸ばして・・・・
e0224357_23064500.jpg
クルミの枝を少し引っ張って・・・・
e0224357_23082261.jpg
テリ張は続いていましたが帰りの時間を気にしながら帰途につきました。
途中の畑の横にあるクロツバラからヤマキチョウの幼虫や蛹も見つかりました。
e0224357_23095148.jpg
かなり食痕が目立つので終齢幼虫は分かり易いです。
e0224357_23104186.jpg
時間がなかったので撮影していませんが、この時期でも卵や1cm以下の幼虫も見られました。
蛹は4,5年目くらいのひこばえから見つかりました。
e0224357_23120434.jpg
トラフシジミの幼虫もクロツバラから見つかりました。
アリが周りでチョロチョロしているのが印象的でした。
e0224357_23135595.jpg
こんなことをやっているからなかなか帰れませんが、たった15分のロスタイムでした。


今年もメスアカのテリ張が昨年と同じ場所で確認できました。
羽化直とは行きませんでしたが、それでもまずまず綺麗な写真が撮れました。




-



by konty33 | 2017-07-24 07:56 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 05日
雨には勝てず・・・幼虫探し
7月1日
雨を避けるために・・・・雨雲レーダーと空とを睨めっこしながら行先を探しました。
悩んだあげく・・・昼頃になってクロツバラが沢山自生する高原に着きました。
狙いは、ヤマキチョウ、ミヤマカラスシジミ、トラフシジミの幼虫です。
まず見つけたのはトラフシジミの幼虫です。
e0224357_21101810.jpg
指が写っているので大きさが想像できると思いますが・・・
こんなに小さい幼虫がよく見つかるものと我ながら感心します。
拡大できるコンデジを忘れたので、100mmマクロで拡大しました。
e0224357_21112685.jpg
次に見つけたのはヤマキチョウの幼虫です。
e0224357_21121618.jpg
こちらも凄く小さくてよく分からないと思うので、もう少し大きいのも見つけました。
e0224357_21132968.jpg
新しい葉をかなり食べた様で・・・軸だけになっています。
こちらも100mmマクロで拡大しました。
e0224357_21145544.jpg
あと残るのはミヤマカラスシジミですが・・・既に蛹になってしまったのかここでは見つかりません。
心当たりの場所へ移動し・・・暗くなる寸前にやっと蛹化直前の終齢幼虫をひとつ見つけました。
e0224357_21195839.jpg
時間を元に戻して・・・・最初の高原では
時々霧雨が降るような天気でしたが、ヒメシジミだけは飛んでいました。
クロツバラに拘って・・・枝先に静止した♀を掲載しておきます。
e0224357_21211666.jpg
あとはヒョウモンチョウが時々飛ぶ程度・・・手前の草が邪魔でした。
e0224357_21244188.jpg
この高原で2時間ほど散歩した後は・・・
クロツバメの様子を確認しに生息地に立ち寄りました。
ところが全てボロボロで写真になりません。
e0224357_21310206.jpg
一番右の個体はヤマトシジミですが・・・隣のクロツに交尾を迫っていました。
e0224357_21322291.jpg
勿論、交尾は成立しません。
比較的綺麗そうな♀を目で追うと産卵していました。
e0224357_21330833.jpg
お尻の先は見えませんが、確かに卵が産んでありました。
e0224357_21335400.jpg
1頭だけ新鮮な個体も撮影できましたが、すぐに見失ってしまいました。
e0224357_21351996.jpg


この日はクロツバラに拘って幼虫探しをしてみましたが、思うようには見つかりません。
ヤマキチョウはこの場所では初めて探したので、見つかったのは成果です。

当初狙っていたゼフは諦め予定を変更しましたが、雨には勝てませんね。




-



by konty33 | 2017-07-05 21:17 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 15日
コツバメとツバメシジミ
4月15日
朝から快晴でしたが予報では下り坂と言うことで・・・・近場でチョウを探すことにしました。
とても暖かな陽気だったので里山では色々なチョウ達が見られました。
湿った草地を歩くと越冬明けのクロコノマチョウが何回か飛び出しました。
e0224357_21461482.jpg
ボロボロの個体から写真の様に綺麗な個体まで様々でした。
ベニシジミ、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウが飛び交う横ではコツバメの姿も・・・・
1ヵ月前から飛んでいましたが、まだ綺麗な個体がいるとは少々驚き・・・
e0224357_21480510.jpg
飛翔もチャレンジしますが相変わらずのピントの甘さです。
1頭だけしか見られずシャッターチャンスは少なかったと・・・言い訳しておきます。
翅表が綺麗なのはなんとかわかりますね。

e0224357_21493649.jpg

トラフシジミがシキミで吸蜜していましたが潜り込んで見えません。
花から出てきたところを撮影しました。
e0224357_22041642.jpg
直ぐ近くではツバメシジミの交尾が見られました。
最初はシキミの葉の上で・・・
e0224357_21563584.jpg

次にはカキドオシの上へ移動して・・・・
e0224357_21541781.jpg

広角でも・・・
e0224357_21595779.jpg

♀の開翅がとても綺麗でした。
青い鱗粉がのっているのも良いですが、テールのオレンジがアクセントになります。
e0224357_22010305.jpg

今年初見のヒメウラナミジャノメもシキミで吸蜜していました。
e0224357_22082869.jpg

e0224357_22092495.jpg

今年は遅れていた地元のソメイヨシノもピークが過ぎて散りはじめです。
e0224357_22245448.jpg


昼過ぎになると突然空が暗くなり、雨がポツポツと落ちてきました。
午前中は晴れて気温が高かったこともあり、今年一番多くのチョウを見ることが出来ました。




-


by konty33 | 2017-04-15 22:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 28日
美しい春型のトラフシジミの翅裏模様
3月27日
この週末はやや気温が低めですが、静岡ではやっとソメイヨシノの開花宣言がありました。
ギフチョウが飛ぶにはやや気温が低く、悩みましたが近県のギフチョウの生息地へ様子見に・・・・
花も咲いておらず・・・・撮影者は多いのですが前日まで発生は確認されていないとのこと。
と言うことで直ぐに地元に戻り・・・・キブシに吸蜜するトラフシジミを狙うことにしました。


今年はキブシが随分大きくなって沢山の花をつけていました。
e0224357_21321151.jpg

新鮮なトラフシジミが2,3頭吸蜜していますが、近くには中々来てくれません。
しかも逆光でストロボ必須です。縁毛が輝くのが唯一の狙いですが・・・・
e0224357_21334353.jpg

そんな訳で300mmで狙いましたが、1頭がいきなり目の前に降りて来てくれました。
e0224357_21361539.jpg

やはり100mmマクロで撮影できると嬉しいです。
しかもやっと順光で撮影できました。
トラフシジミの春型はとても綺麗で魅力的ですね。
e0224357_2138153.jpg

長い間吸蜜してくれましたが、枝被りや向きが悪く、思うような写真は上手く撮れません。
e0224357_21404123.jpg


このキブシにはコツバメも吸蜜に来ていました。
e0224357_21422146.jpg

地味な翅裏ですが、白い部分を背景に合わせてチョウを浮き立たせてみました。
e0224357_21424195.jpg

コツバメは地面で吸水したり・・・・
e0224357_21443941.jpg

枯草に静止し体を傾けて日光浴したり・・・・・してました。
e0224357_2145487.jpg


この場所では珍しくスギタニルリシジミも見ることが出来ました。
e0224357_21462488.jpg

ここで撮影したのは初めてですが、新鮮なのが嬉しいですね。
e0224357_2147437.jpg

翅表のブルーは飛翔撮影でチャレンジしましたが、撮影機会はほんの一瞬だけでした。
e0224357_21473286.jpg

その内に陽が陰り高い梢に飛んで行ってしまいました。

それ以外には・・・・
テングチョウはとても多く見られました。
e0224357_2152756.jpg

ムラサキシジミもかなり多い様子でした。
e0224357_21524291.jpg

他にも、キチョウ、キタテハ、ルリタテハ、アカタテハなど多くの蝶が見られましたが、
ここではミヤマセセリは何故か見られません。



今回は半日ムダな移動に使ってしまいましたが、午後は短時間に効率よく狙いのトラフシジミが撮れました。
地元もなかなか捨てたものではありません。
今年は地元のポイントもしっかりマークしておきたいと思います。



-

by konty33 | 2016-03-28 22:11 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)
2015年 04月 12日
雨からの回復早くカタクリ吸蜜
4月11日 
早朝は雨模様でしたが天気の回復を信じて西に向かいました。
久しぶりにフィールドに出られるので多少のリスクは仕方ありません。
狙いのポイントに到着して暫くすると雲が切れはじめ待っていると陽がさし始めました。

すると何処からかギフチョウが飛んできて地面に止まりました。
綺麗な♀です。
e0224357_213436100.jpg

暫くすると綺麗な♂も個体が飛んできました。
e0224357_21362295.jpg

狙いのカタクリ吸蜜はなかなかしてくれません。
やっとチャンスが来ても逆光で発色もイマイチです。
e0224357_2137211.jpg

その後も粘りに粘ってみましたが、今度は下に向き過ぎです。
e0224357_2139488.jpg

やっとそこそこの雰囲気の写真が撮れました。
e0224357_21395994.jpg

新鮮な♀も長い時間吸蜜してくれました。
e0224357_21591068.jpg

最後にもう一枚・・・・
e0224357_220396.jpg

やや雲が多くなりカタクリ吸蜜シーンは諦めてツツジに立ち寄りました。
陽がさすと何処からか飛んできます。
e0224357_222077.jpg

e0224357_22213100.jpg

この日はトラフシジミも見ることが出来ました。
e0224357_2232164.jpg



朝はどうなるかと心配した天気ですが、回復も早く満足の一日でした。
このところ少し寒い日が続いていたのでカタクリの鮮度もギリギリ間に合った感じです。
今年は桜が早目だったのでギフチョウの発生が早いのか・・・・例年並みに戻ったのか・・・・
よくわからない状況ですが、♂も♀も概ね綺麗な個体でした。

by konty33 | 2015-04-12 22:11 | ギフチョウ | Trackback | Comments(2)
2014年 04月 11日
コツバメの卵の綺麗さに感動
4月8日 つづき  
ギフチョウを満喫した日には、他の蝶たちも少しだけ撮影しました。
コツバメが産卵したところを見つけた方が、その場所を覚えていて下さったので卵を撮影出来ました。
先週もアセビの花を探したのですが見つからず、コツバメの卵は初めてだったので感激です。
e0224357_1958321.jpg

コンデジで撮っても拡大すると結構模様がよく分かりますが、超接写だと更にクッキリとよく分かります。
それととっても綺麗で緑に輝いています。
e0224357_1958541.jpg


皆さんがツマキチョウを撮影されている様なので、帰り道に探してみると運よく♂♀共に撮影出来ました。
あまり良いカットではありませんが、飛び回るチョウを追いかけてやっと撮影した今年初のツマキチョウです。
e0224357_2022952.jpg

田んぼの中のレンゲには♂が吸蜜に来ていました。
e0224357_2032142.jpg

近寄るとすぐに逃げられ一度は戻ってきましたが、数カットしか撮影出来ず・・・・・。
e0224357_2042678.jpg

その後、戻ってくることはありませんでした。
e0224357_2061052.jpg


時間は前後しますが、朝一番にはトラフシジミが林道脇の崖で吸水?(吸ミネラル?)していました。
e0224357_2084742.jpg

e0224357_209365.jpg



アセビの周りにはコツバメが見られましたし、畑周りではベニシジミやヤマトシジミなども多く
ウラギンシジミ、ルリタテハ、アカタテハ、テングチョウなど越冬蝶もかなり見られました。
この時期の里山では気温が上がると蝶相が濃くなり、ギフチョウ以外にも目を向けなければと思いました。

by konty33 | 2014-04-11 20:29 | 春のチョウ | Trackback | Comments(14)
2014年 04月 05日
トラフシジミの春型
4月5日
4月に入り桜も満開になったのでギフチョウには良い時期なのですが、突然の寒気で戦意喪失です。
桜は散りかけていましたが青空は澄み、通り過ぎる里山では春らしい景色が見られました。
e0224357_20324519.jpg

ギフチョウは諦めてトラフシジミやコツバメが増えてきたとの情報を頼りに近くの里山に行きました。
朝、トラフシジミを最初に見つけたときは、地面に止まっていました。
e0224357_20384635.jpg

アセビの花はピークを過ぎて殆ど枯れかけていましたが、トラフシジミが吸蜜しに登場してくれました。
e0224357_20344274.jpg

気温が低いためか、よく陽にあたるように体を向けて傾けている事が多いように思いました。
e0224357_20404269.jpg

一瞬だけ開翅してくれましたが、角度が良くありません。
e0224357_20413985.jpg

その後も一瞬開翅することもありましたが足下が滑り慌ててしまい1カットしか写せませんでした。
e0224357_20442248.jpg

足下が斜面なのに、蝶は動き回るので撮影するのも大変です。
真横から撮影出来るチャンスもなかなかありませんが、これが比較的上手くいったでしょうか。
e0224357_2046398.jpg

吸蜜中は広角で撮影しても逃げませんが、動き回るのでコンデジでも上手く撮影出来ません。
e0224357_20504722.jpg

一度、こんな大胆な開翅を見せてくれました。
e0224357_20514149.jpg

風でゆらゆらして何回も翅を閉じそうになりましたが、頑張って開いていました。
e0224357_2053169.jpg

キブシにも吸蜜しに来ますが、近くにはなかなか来ません。
e0224357_20535590.jpg

逆光で縁毛が蒼や緑に輝きます。
肉眼で見るような色を再現出来ませんが、少し絞り気味にして縁毛を強調するととても綺麗です。
e0224357_20564351.jpg

露出をいろいろ変えながらストロボを使用して撮影しました。
e0224357_20574817.jpg

真横からで頭を突っ込んでいない写真を撮るのは根気がいります。
コツバメもキブシの近くに沢山飛んできます。
テリ張りモードが多く、トラフシジミのようにじっくりとは静止してくれません。
e0224357_2133434.jpg


午前中で成虫の撮影はやめて、各地の様子を見て回りましたが大した成果はありません。
アカタテハだけは何処へ行っても見られました。
e0224357_2123360.jpg

里山の桜の写真を撮りたかったのですが、機会を逃してしまいました。
e0224357_2144859.jpg


夕方までは良い天気でしたが、今雨が降って来ました。
明日も気温は上がりそうもありませんが、何処かでギフチョウを探してみましょう。

by konty33 | 2014-04-05 21:10 | シジミ類 | Trackback | Comments(15)
2014年 03月 26日
キブシに集まる蝶たち
3月23日
朝から暖かで良い天気になりましたから、ギフチョウに再挑戦する事も考えましたが・・・・・
個体数より撮影者の方が多いだろうと思い、皆さんの邪魔にならぬように別の場所に行きました。
谷間にひっそりと咲くキブシを半日眺めていると・・・・いろいろな蝶たちが吸蜜に訪れます。
まず来たのはアカタテハでした。
e0224357_21484393.jpg

遠くに止まるアカタテハを小さく撮っても雰囲気が出て良い感じです。
e0224357_21494075.jpg

すると突然もう1頭が現れツーショットとなりました。
e0224357_21504461.jpg

アカタテハの次には、コツバメが登場しました。
e0224357_21525825.jpg

どうしても逆光になってしまうので、ストロボ使用しています。
e0224357_21531956.jpg

コツバメは、近くの広場でも1頭だけが良いモデルになってくれました。
e0224357_21543396.jpg

1カットだけですが広角でも・・・・ 体を傾けて枯れ草の上で日光浴のようです。
e0224357_2155968.jpg


キブシにはこの後トラフシジミも来てくれました。
e0224357_21572659.jpg

近い位置で望むような角度では吸蜜してくれず、イライラ・・・・チャンスは少なかったです。
e0224357_2223280.jpg

順光で撮影出来ると良いのですが、近づこうと焦って枝に触れてしまい飛ばしてしまいました。
その他には、テングチョウも吸蜜していました。
e0224357_2243757.jpg

ここではキブシに集まる蝶たちを存分に楽しむことが出来ました。


前日に撮影したミヤマセセリの吸蜜を撮り直したくて、少しだけ立ち寄ると・・・・
農家の庭先に咲いていた紫色の花に吸蜜しているミヤマセセリを見つけました。
e0224357_228271.jpg

e0224357_22112574.jpg



この日は、近場で春を感じながらの撮影でしたが・・・・
キブシの花では様々な蝶が吸蜜にやってくるのを楽しめました。
この他には、スギタニルリシジミやツバメシジミなどもみられ、本格的な春の訪れを感じることができました。
偶然出会ったKさんには、いろいろとご指導いただき感謝いたします。

by konty33 | 2014-03-26 22:22 | 春のチョウ | Trackback | Comments(12)
2013年 06月 26日
山梨のクロミドリやウラミスジほか
6月22日
久しぶりに山梨にゼフィルスを見に行ってみました。
最初の狙いは、早朝のクロミドリシジミです。
雨上がりなのでクヌギの木を叩くと水がいっぱい落ちてきましたが、クロミドリも飛び出しました。
運良くすぐに2,3頭が灌木や下草などに降りてくれたので開翅するのを待ちました。
e0224357_21541488.jpg

開翅しないまま飛んでいってしまう場合や着地点を見失うこともありました。
どうしても1人だと効率が悪いですね。
e0224357_2155694.jpg

下草の中を歩くと突然飛び出して、また近くの下草に止まる個体もいて、暫く見ていると開翅もしてくれました。
e0224357_21583274.jpg

直射日光が当たらないところで開翅してくれると写真としてはしっとりとして良い感じです。
e0224357_21593685.jpg

しかし、直射日光が当たるとギラギラして良い雰囲気が出ません。
e0224357_2204462.jpg

横からV字開翅を狙ったり、下目から狙ったり、いろいろ撮影機会がありました。
e0224357_2221093.jpg

e0224357_2224374.jpg

近寄っても逃げないので、広角でも撮影することが容易に出来ました。
e0224357_2234381.jpg

今回は、♀の適期のようでしたが、♂は2頭だけでやや傷んでいました。
♂は写真も良い感じに撮影できなかったので、今回は割愛します。


次に見られたのは、ウラミスジシジミです。
冬に卵を見つけたのでここにも居ることは確認していましたが、実際に成虫を確認するのは初めてでした。
e0224357_2291661.jpg

まだ、殆ど傷んでいない綺麗な個体でしたが開翅はしてくれませんでした。
林の反対側でも別のウラミスジを見ることができました。
e0224357_2210156.jpg


雑木林から降りてきた蝶が何かすぐには分かりませんが、飛び方とか・・・大きさとか・・・色合いで見分けます。
ウラミスジが降りてきたと思っていたら、今度はトラフシジミでした。
地面を覆う葉の上に静止した個体は新鮮でしたが、少し待っているとスリスリして開翅しそうです。
e0224357_22193434.jpg

すると・・・・少しずつ開翅し始めました。
e0224357_22205768.jpg

ファインダーを覗いて見ると・・・綺麗な深い蒼色の輝きを放ち、とても綺麗に見えました。
e0224357_2223149.jpg

この付近では、アカシジミやミズイロオナガシジミも確認できましたが、数が圧倒的に少なく感じました。



この日も寝坊してしまい7時前からの叩き出しでしたから、撮影できたクロミドリは5,6頭でした。
陽が射してから叩くとかなり多くの個体が飛び回るの場所も確認できたので、来年以降も楽しみです。
それに、ウラミスジを複数確認できたことも嬉しかったです。

by konty33 | 2013-06-26 22:44 | シジミ類 | Trackback | Comments(16)