タグ:ツマグロキチョウ ( 7 ) タグの人気記事

2017年 09月 28日
地元で秋のチョウを探索
9月24日 続き
そろそろツマグロキチョウの秋型が発生していると思い探してみました。
まず見つけたのは湿った地面で吸水している個体でした。
e0224357_22150296.jpg
次のポイントでは・・・
活動している個体数は極めて少ない様子でしたが・・・・
ヤハズソウで吸蜜するツマグロキチョウを捉えることが出来ました。
e0224357_22101364.jpg
しかし、曇りがちな空模様の為か・・・・・
すぐに休止モードにななってしまいました。
e0224357_22135849.jpg
他には特に目ぼしいチョウも見られませんでしたが・・・・
ツマグロヒョウモンはよく見かけました。
e0224357_22244689.jpg
定点観察場所とも言えるいつもの場所でミヤマシジミの様子を確認しました。
成虫も少ないながら見られましたが・・・・
e0224357_22025581.jpg
コマツナギの根元から・・・・
初めて蛹を見つけることが出来ました。
アリが周りをウロウロと監視していました。
e0224357_22023894.jpg
幼虫は簡単に見つかる様になりました。
e0224357_22050065.jpg
幼虫を見つけるには、アリの動きの観察が早道の様です。
e0224357_22072738.jpg
アリが襲っているように見えますね・・・
e0224357_22091190.jpg
近くではメドハギにキチョウが産卵していました。
e0224357_21305017.jpg
ヤナギの木には擦れたコムラサキが群がるシーンも・・・
e0224357_21263566.jpg
イチモンジセセリは多くなりキマダラセセリも見られました。
e0224357_21284872.jpg
いろいろなチョウを撮影して自宅に戻ると・・・・・
陽も傾き薄暗くなりかけているのに・・・
庭のノウゼンカズラにモンキアゲハが吸蜜していました。
e0224357_21313243.jpg
最後にこの日撮影したチョウをコラージュにしてみました。
既に傷んだ個体が多いですが、いろいろなチョウに出会えました。
e0224357_22013763.jpg
イチモンジセセリ、ヒカゲチョウ、ナガサキアゲハ
ヒメアカタテハ、ヒメジャノメ、カラスアゲハ
チャバネセセリ、ベニシジミ、モンキチョウ


秋の一日をのんびりと楽しむことが出来ました。
日ごろは、出来るだけ綺麗なチョウの写真を撮りたいと思っていますが、
今回は擦れた普通種も記録として掲載してみました。




-




by konty33 | 2017-09-28 22:15 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 01日
今シーズン最後のミヤマシジミ観察など
10月16日
このところ繁忙な日々が続きどこにも出かけていませんので、少し前のことになりますが・・・・・
いつもの河原に出掛けてミヤマシジミの卵を探した時のことを書きます。
風が強く成虫の写真は上手く撮れませんでしたが新鮮な個体の証拠写真です。

e0224357_21474707.jpg
残り少ないコマツナギの花に吸蜜したシーンは1カットだけで、後は葉っぱ止まりのみ・・・・・
e0224357_21484902.jpg
ここ何回かここに通っては撮影を忘れていた卵の写真も撮れました。(TG-3深度合成)
e0224357_21493897.jpg
蛹も探してみましたが、今回も抜け殻だけ・・・・・タイミングが悪いですね。
e0224357_21492364.jpg

そう言えば、この日はツマグロキチョウも少し撮影したのを忘れていました。
e0224357_22034132.jpg
逆光狙いですが、日差しが弱くてもう一つです。
e0224357_22040984.jpg
セイタカアワダチソウの吸蜜も色がダブってもうひとつですね。
e0224357_22044035.jpg
後はキタテハくらいでした。
e0224357_22035475.jpg
e0224357_22051068.jpg


もう暫く繁忙な日々が続きそうです。
ストレスが溜まりますね。



-


by konty33 | 2016-11-01 22:01 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 28日
秋の河原
9月25日
相変わらず天気が不安定で遠出する気になりません。
自宅近くの様子を回りながら・・・これといった成果もなく・・・・
いつもの河原に辿り着きました。
地面に落ちた鳥の糞にウラナミシジミなどが多数集まっていました。
e0224357_21275041.jpg
集団の中にはツバメシジミも見られます。
e0224357_21282541.jpg
コンデジの広角も撮影しましたが、全く飛び立つ素振りを見せません。
e0224357_21301255.jpg
すぐ横にはキタキチョウもいました。
e0224357_21322939.jpg
この河原ではツマグロキチョウも多いのですが、先日の川の増水で生息地のカワラケツメイが壊滅状態です。
一部で被害の少ない場所もあり何頭かの成虫が見られました。
e0224357_21341537.jpg
この花はフタバムグラでしょうか吸蜜も見られました。
e0224357_21354483.jpg
綺麗な秋型ですが敏感で狙っていた広角写真は撮れませんでした。
e0224357_21372581.jpg
雲が厚くなり暗くなると吸蜜もしなくなり、飛ばなくなりましたが
静かに静止している個体を見つけました。
e0224357_21463119.jpg
秋型の交尾も期待しましたが、求愛行動だけに終わりました。
e0224357_21394617.jpg
交尾していたのはキタキチョウだけでした。
e0224357_21413772.jpg
新鮮なツバメシジミも可愛くて良いですね。
ここでは鳥の糞らしきものもありませんでしたが、地面でミネラル吸収していました。
e0224357_21433673.jpg


ツマグロキチョウが河原を飛ぶシーンや吸蜜シーンの広角写真、逆光に翅が透ける姿をイメージしていましたが・・・・
イメージ通りの写真は一枚も撮れませんでした。
今週も雨模様の日が続きそうで河原のチョウは生き残りをかけて必死でしょうね。




-



by konty33 | 2016-09-28 23:16 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 21日
ツマグロキチョウの卵から蛹、成虫まで
9月17日
前の週末はツマグロキチョウのポイン近くに行きながら、時間がなく見ることが出来ませんでした。
そこで今回は所要の序にツマグロキチョウを見たくて立ち寄りました。
まず見つけたのは綺麗な秋型でした。
e0224357_21522179.jpg
周りを見るとまだ夏型の方が圧倒的に多い様です。
e0224357_21531937.jpg
幸運にも夏型の交尾に出会いました。
e0224357_21535751.jpg
食草のケツメイにぶら下がる姿も絵になります。
e0224357_21544272.jpg
このようなケツメイが周りに沢山あったので幼虫も探してみました。
e0224357_21552858.jpg
食痕を頼りに探してみると・・・・葉の上に幼虫を見つけました。
e0224357_21564199.jpg
終齢幼虫と思われる大きさです。
e0224357_21572794.jpg
まだ小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_21582781.jpg
アップで見ると食事中のようです。
e0224357_21590267.jpg
こうなると蛹も見たくなり・・・・・少しムキになって探すと・・・・・
葉が殆ど食べられたような場所の近くで見つかりました。
e0224357_22011188.jpg
もう一つ緑色した蛹も見つかりました。
e0224357_22015907.jpg
ケツメイが密集した中から見つかったので指で摘まんで撮影しましたから不自然な感じが否めません。
後は卵となりますが・・・・・産卵しそうな飛び方の♀を見つけました。
暫く見ていると・・・・・産卵しました。
e0224357_22053305.jpg
葉の中央葉脈に産卵するのでお尻が写りにくいし、正対して撮れるのも時の運です。
e0224357_22071345.jpg
産卵した卵をアップで撮影しましたが、表面のディテールが上手く表現できずTG3の限界を感じました。
e0224357_22093401.jpg


こうして成虫だけでなく幼虫、蛹、そして卵シーン、卵、交尾と一通りの生態写真が撮れました。
もう少ししたら、秋型の交尾や逆光吸蜜シーンなどの写真も撮れたらと考えています。





-



by konty33 | 2016-09-21 22:50 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 11月 18日
ヤクルリとツマグロキチョウの証拠写真
11月8日 続き 
ムラサキツバメの越冬集団の観察を終え超蝶さんにご案内いただき足を延ばしてみました。
狙いはヤクシマルリシジミですが、曇り空で個体数は少なく高い位置で卍をしているだけ・・・・・
結局、撮影できたのは擦れた個体の証拠写真だけでした。
e0224357_22143237.jpg

今年はヤクルリとは相性が悪いようです。
10月中旬に全く別の場所で撮影した時も擦れた個体の証拠写真でした。
e0224357_22244789.jpg

e0224357_22245789.jpg


ヤクルリの撮影は諦めて、帰りにもう1箇所立ち寄るこちにしました。
次の狙いは情報を戴いたツマグロキチョウですが、到着したのは日暮れ間際の曇り空・・・・・
これでは狙いの写真は撮れる訳もなく・・・・・またしても証拠写真となりました。
e0224357_22313443.jpg

e0224357_22315210.jpg

紅葉した葉の中に静止する個体は同化していました。
e0224357_22325039.jpg




このところフィールドに出る時間がなく古い話で恐縮です。
ツマグロキチョウの多い場所が分かったので来年は早い時間に訪れたいです。



 

by konty33 | 2014-11-18 22:37 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 10月 08日
ツマグロキチョウの秋型と夏型
10月上旬
台風が来る前にツマグロキチョウを撮影しようと出かけました。
秋型が少しだけ見られましたが、午後だったためか吸蜜はあまり見られず思うような絵にはなりませんでした。
e0224357_21431023.jpg

逆光から翅を透かして写したかったのですが、陽が弱すぎてダメでした。
春でもないのにタンポポとの組み合わせが面白くて撮影しました。
e0224357_21455834.jpg

葉の上に静止する面白味のない写真しか撮れずガッカリです。
e0224357_21465790.jpg


9月中旬には夏型が飛んでいました。
e0224357_21473372.jpg

この時は翅を透かして撮影できたのですが、個体の傷みが残念です。
e0224357_21482469.jpg

e0224357_2149734.jpg

この時はモンシロチョウの交尾も見られました。
e0224357_2152272.jpg

キタキチョウの交尾も見られ、交尾シーン好きなのでこれも載せておきます。
e0224357_21524131.jpg



ツマグロキチョウの秋型はとても好きなチョウですが、思うような写真になりませんでした。
個体数も少なく時間もなかったので撮影機会は少なかったです。
いよいよ本格的な秋の蝶のシーズンですが、今週末も台風が来るようで・・・・困ったものです。

by konty33 | 2014-10-08 22:02 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2013年 10月 01日
透けた翅が美しいツマグロキチョウ秋型
9月29日
撮影対象が少なくなってきたこの時期に見たいのが、秋型のツマグロキチョウです。
翅の先が尖った秋型は、子供の頃にキチョウに混じって飛んでいるのを見つけるととても嬉しかった思い出があります。
舗装された道路と歩道の継ぎ目に生えるヒメクマツヅラのような花に吸蜜しているのを見つけました。
e0224357_20561627.jpg

背景にフェンスのネットや人工物が入らないように気を使いました。
e0224357_2128213.jpg

日中は、なかなか静止してくれず、吸蜜のタイミングが撮影チャンスです。
センダングサにも吸蜜してくれましたが、敏感で簡単には撮影させてもらえません。
e0224357_213348100.jpg

順光よりも翅が透ける逆光の方が雰囲気が出ます。
e0224357_21351411.jpg

手前の草をかき分けて、チョウに気がつかれないように近づきます。
e0224357_21352993.jpg

手前の花に止まってくれたのですが、手前の草が邪魔でバリアングル撮影ですが上手く行きました。
秋の柔らかな日光を受けて透ける翅の雰囲気が好きです。
e0224357_21354816.jpg




家内が買い物中の1時間半くらいの間に、ツマグロキチョウの観察が出来ました。
いろいろな生態を確認するには時間が短かすぎましたから、今度はゆっくりと観察してみたいと思います。

by konty33 | 2013-10-01 22:01 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(8)