タグ:ツマキチョウ ( 9 ) タグの人気記事

2017年 05月 01日
やっと出会えたミヤマチャバネセセリ
4月29日
GWの初日となったこの日は朝から快晴でした。
先日出会えなかったミヤマチャバネセセリをもう一度狙ってみました。
3か所目でやっとホトケノザで吸蜜する個体に出会えました。
e0224357_22255030.jpg
後翅の中央の白斑があるだけでとても魅力的に感じます。
花から花へゆっくり飛ぶときはいいのですが、急に反転すると確実に見失います。
e0224357_22282011.jpg
カラスノエンドウでもよく吸蜜していました。
e0224357_22285462.jpg
何カットか撮影できたので、思い切って広角でも狙ってみました。
e0224357_22310250.jpg
e0224357_22311683.jpg
昼頃には吸蜜時間が終わったのか・・・葉の上でせ静止する時間となりました。
e0224357_22295910.jpg
翅を開いていつもの恰好です。
e0224357_22332008.jpg
♂はボロで♀は新鮮な感じでした。
個体数が少なく見失うと暫く目を皿のようにして探しますが中々見つかりません。
途中に見つけたのはハタザオに産卵を狙っているツマキチョウでした。
e0224357_22370610.jpg
狙いをつけた花穂の周りを飛び回り・・・・・そのうちに産卵しました。
e0224357_22375664.jpg
急に風が強くなり・・・雲行きが怪しくなってきました。
上空の寒気のせいで午後から天気が急変・・・・です。
強風の中で1頭だけですがホソオチョウを見つけました。
e0224357_22424687.jpg
e0224357_22432181.jpg
この時はまだ青空もありましたが、風はかなりきつく撮影は厳しい状況でした。
e0224357_22443851.jpg

午後は天気の急変もあり、一日ゆっくり撮影・・・とはなりませんでした。
とりあえず地元では出会えないミヤマチャバネセセリに出会えたので良かったです。
翌日はヒメギフに再挑戦となりました。




-



by konty33 | 2017-05-01 22:58 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 28日
狙いのチョウは見られず・・・卵観察に終わる
4月22日、23日
今年は発生時期がやや遅れているのか狙いの場所ではミヤマチャバネやスギタニに出会えません。

探索途中に野原で見かけたのはベニシジミの産卵です。
産卵位置が雑草の中に生えるスイバの根元付近なので上手く写せませんが、これが産卵シーンです。
e0224357_20031784.jpg
卵は根元付近のいろいろな場所に産み付けられています。
一番多く見つかったのは・・・花穂の茎の根元付近です。
e0224357_20274956.jpg
e0224357_20063093.jpg
アップで見ると独特の形状がわかります。
e0224357_20071878.jpg
枯葉からも見つかりましたし、小さな葉っぱからも見つかります。
e0224357_20084645.jpg
ここでは春一番に発生したベニシジミが一斉に産卵する時期のようでした。
産卵後には吸蜜していました。
e0224357_20154650.jpg
次に見つけたのはツマキチョウの産卵です。
暫くタネツケバナの周りを飛び回り時々産卵していました。
e0224357_20173148.jpg
こちらも卵をアップで撮影すればよかったのですが・・・・忘れておりました。
e0224357_20182572.jpg
次に見つけたのはハルニレに産み付けられたシータテハとみられる卵です。
e0224357_20304981.jpg
緑に輝く宝石のようでした。(7DⅡ+100mmマクロのトリミング)
e0224357_20313400.jpg
序ですが・・・・2月に見つけたトネリコの幹に産まれたウラキンシジミの卵です。
まだ孵化していません。
e0224357_20334866.jpg


今年になって計画通りに成果が出た日は殆どありません。
それでも何かしらのチョウの生態を観察することが出来ているので幸せです。
明日から始まるGWも所用が多く例年のような遠征は厳しい状況なので・・・
今年は近場を中心に楽しみたいと思います。




-



by konty33 | 2017-04-28 21:54 | | Trackback | Comments(0)
2016年 04月 24日
ツマキチョウとウスバシロチョウ
4月23日
今年は例年より1週間ほど早くツツジも既にほぼ満開となり、お茶摘みも始まっています。
地元の里山も賑やかになるころと思い出かけました。
ツマキチョウを探しましたが、すぐに日差しが雲で遮られる為か飛び回る個体も少なく・・・・撮影機会は少しだけ
e0224357_20225092.jpg

e0224357_20235989.jpg

場所を移動しても例年ほどは見られず・・・・
e0224357_20244445.jpg

e0224357_2025362.jpg

e0224357_20262498.jpg

e0224357_21345450.jpg


例年GWに見られる場所でウスバシロチョウもみられました。
e0224357_2028859.jpg

ハルジオンが一番のお気に入りのようです。
e0224357_20283797.jpg

キンポウゲのような黄色い花もお気に入りの様子でした。
e0224357_20423568.jpg

e0224357_20431620.jpg

風が常に吹いていたのでなかなか自然な感じの開翅になりません。
e0224357_20475746.jpg

e0224357_20484976.jpg

こんな花にも吸蜜していました。
e0224357_2171722.jpg

e0224357_218682.jpg




例年ならギフチョウを追いかけて遠征する時期ですが、近場の里山も良いものです。
ゆったりと飛ぶウスバシロチョウは見ていても飽きませんね。
今週末に黒系アゲハを狙って再訪したいと思います。

by konty33 | 2016-04-24 21:32 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2015年 05月 02日
地元の里山で春のチョウを追う
4月30日と5月2日
地元の里山ではちょうどフジの花が綺麗に咲く季節となりました。
e0224357_21464099.jpg

地元で春のチョウを探すのも楽しみです。
ツマキチョウは朝一だけ止まってくれました。
e0224357_2149116.jpg

次々と色々な花に止まっていきました。
e0224357_21493638.jpg

今年は数がとても少なく♂は1回だけ撮影できました。
e0224357_21511290.jpg

次は地面で吸水するカラスアゲハです。
e0224357_21533844.jpg

まだ数が少ない様でしたが、新鮮な個体に出会えました。
e0224357_21535142.jpg

チョットした動きで逃げてしまうので、300mmで慎重に撮影しました。
e0224357_2155391.jpg

e0224357_21553332.jpg

近くに2頭いたのですが、2頭を一画面に入れるのはこれが限界でした。
e0224357_21561550.jpg

吸水中はよくお尻から排水しますが、排水の瞬間を狙ってみました。
トリミングすると見えますが、排出に勢いがないので、面白い絵にはなりませんでした。
e0224357_2383430.jpg



番外編ですが・・・・
遠州には行興寺の「熊野の長藤」と言う有名なフジがあります。
長さが180cm位になるそうで、冒頭の山のフジとはだいぶ違います。
写真の木は推定樹齢が300年だそうです。
e0224357_225775.jpg




今年は木や草が切られたり微妙に環境が変わり、ツマキチョウも少なかったです。
カラスアゲハには出会えましたが、こちらも数は少なめでした。
オナガやアオスジも見られましたが吸水してくれず、ミヤマカラスは出会えませんでした。
次回へ続きます。

by konty33 | 2015-05-02 23:09 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)
2014年 05月 08日
ツマキチョウも魅力的
5月上旬
今年のGWは遠征の合間に地元の里山に出かけて、身近なチョウ達と遊ぶことができました。
一番最初に遊んでもらったのがツマキチョウです。
いつも飛び回り静止しない印象のこのチョウもマツバウンランによく吸蜜していました。
e0224357_212556.jpg

コウゾリナのような黄色い花でもよく吸蜜していました。
e0224357_21305270.jpg

e0224357_21312131.jpg

タンポポに吸蜜する♀も長い間吸蜜していました。
e0224357_21362260.jpg

産卵シーンも多くみられました。
e0224357_2137875.jpg

違う種類の草でも産卵していました。
e0224357_21385281.jpg

e0224357_21392158.jpg

卵もコンデジで撮影しておきました。
e0224357_214217100.jpg

もう少しアップで・・・・。
e0224357_21465523.jpg

すぐ横ではキチョウが産卵していました。
産卵シーンは逃しましたが、ツマキチョウとの卵の違いを確認しました。
e0224357_21471398.jpg


サカハチチョウの春型もウツギで見ることができました。
e0224357_21524653.jpg

トラフシジミもタニウツギに来ていました。
e0224357_21545135.jpg

アザミにはアカタテハが吸蜜していました。
e0224357_21564436.jpg

コミスジも発生しているようで、各所で見られました。
e0224357_2204863.jpg



身近なチョウですが、随分種類も数も増えてきました。
遠征ばかりしないで、今年は少し地元にも目を向けたいと思っています。

by konty33 | 2014-05-08 22:10 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(12)
2014年 04月 11日
コツバメの卵の綺麗さに感動
4月8日 つづき  
ギフチョウを満喫した日には、他の蝶たちも少しだけ撮影しました。
コツバメが産卵したところを見つけた方が、その場所を覚えていて下さったので卵を撮影出来ました。
先週もアセビの花を探したのですが見つからず、コツバメの卵は初めてだったので感激です。
e0224357_1958321.jpg

コンデジで撮っても拡大すると結構模様がよく分かりますが、超接写だと更にクッキリとよく分かります。
それととっても綺麗で緑に輝いています。
e0224357_1958541.jpg


皆さんがツマキチョウを撮影されている様なので、帰り道に探してみると運よく♂♀共に撮影出来ました。
あまり良いカットではありませんが、飛び回るチョウを追いかけてやっと撮影した今年初のツマキチョウです。
e0224357_2022952.jpg

田んぼの中のレンゲには♂が吸蜜に来ていました。
e0224357_2032142.jpg

近寄るとすぐに逃げられ一度は戻ってきましたが、数カットしか撮影出来ず・・・・・。
e0224357_2042678.jpg

その後、戻ってくることはありませんでした。
e0224357_2061052.jpg


時間は前後しますが、朝一番にはトラフシジミが林道脇の崖で吸水?(吸ミネラル?)していました。
e0224357_2084742.jpg

e0224357_209365.jpg



アセビの周りにはコツバメが見られましたし、畑周りではベニシジミやヤマトシジミなども多く
ウラギンシジミ、ルリタテハ、アカタテハ、テングチョウなど越冬蝶もかなり見られました。
この時期の里山では気温が上がると蝶相が濃くなり、ギフチョウ以外にも目を向けなければと思いました。

by konty33 | 2014-04-11 20:29 | 春のチョウ | Trackback | Comments(14)
2013年 04月 30日
知多半島のツマキチョウ
4月27日
いよいよ待ちこがれていたGW前半戦の始まりです。
例年ならギフチョウを追いかけて北上するのですが、天気もイマイチで気温が低いので近場を散策することにしました。
知多半島のこの公園では、ツツジやフジが綺麗に咲いていました。
e0224357_82264.jpg

これなら、各種のアゲハも見られるかな?と期待して待ったのですが風が冷たく飛ぶことはありませんでした。
何処かにいないかと車で流していると・・・・代わりにいたのは、またまたツマキチョウでした。
暫く、車の中から見ていると次から次へと飛んでくるので、前回と同じ種ですが撮影してみることにしました。
e0224357_8343976.jpg

ここでの主な吸蜜源は菜の花のようですが、畑に沢山ある菜の花ではなく、崖下に少しある菜の花でした。
e0224357_837257.jpg

e0224357_16111089.jpg

♂は飛び回り吸蜜回数が少ないのですが、♀は時々吸蜜してくれました。
e0224357_16125198.jpg

♂も♀も見られるので「交尾でもしてくれればいいのに」と思っていると・・・・手前の♀に向こう側から♂がアタック開始です。
e0224357_8434367.jpg

暫くすると・・・交尾成立したので、角度を変えて撮影しました。(右が♀、左が♂)
e0224357_8393464.jpg

この最中もツマキチョウが次々と飛んで来て菜の花に産卵もしています。
e0224357_8485394.jpg

e0224357_849711.jpg

前回は卵を撮影しなかったので、今回は撮影してみました。
e0224357_8534334.jpg


菜の花の他にもムラサキカタバミが2,3株あり、これにも吸蜜することがありました。
e0224357_858832.jpg

e0224357_8582599.jpg

偶然ですが、飛び立った瞬間も・・・・。
e0224357_859645.jpg


先週に続いてツマキチョウしか撮影できませんでしたが、ヤクルリのテリ張りも遠くで見られました。
漁港の近くで新鮮なヒラメの刺身定食でお腹を満たして次のポイントへ探索に向かいました。

by konty33 | 2013-04-30 09:11 | Trackback | Comments(14)
2013年 04月 24日
雨上がりのツマキチョウ
4月21日
この日は、前夜から本降りの雨でしたが、昼頃には雨が上がり陽が射してきました。
そこで、たまには近所でツマキチョウでも探してみようと出かけました。
途中で、藤の花が沢山咲いているところがありました。早くも満開になっていて綺麗でした。
e0224357_2174047.jpg

道路脇の小さな草地を飛んでいたツマキチョウ♂を見つけましたが例によってこの蝶は静止しません。
暫く見ていると陽が雲に隠れたときやっと静止してくれました。
e0224357_20491769.jpg

陽が射すとまた飛び出し、急に吸蜜タイムになったようです。
しかし、飛び立つ瞬間に1回シャッターを押しただけで、立ち入り禁止のフェンスの向こうに行ってしまいました。
e0224357_2053675.jpg


暫くするとどこからともなくツマキチョウ♀がやって来て休耕田の上を飛んだりとまったり繰り返しているのを見つけました。
近づいて良く見るとカラスノエンドウに吸蜜していました。
e0224357_20584618.jpg

e0224357_20592049.jpg

♂は綺麗で絵になりますが、♀は地味なのでもう一つな感じですが、好きな蝶です。
吸蜜をした後はタネツケバナにお尻を曲げて産卵を繰り返していました。
e0224357_2152832.jpg

e0224357_216187.jpg

産卵の合間にはまた吸蜜します。
e0224357_21122514.jpg

土手には、オオイヌフグリ、カキオドシ、スミレ、ヒメジオン、タンポポ、菜の花など様々な花が咲いていましたが、
休耕田の中には、タネツケバナとカラスノエンドウ以外の花がなく同じような画像の繰り返しです。
e0224357_21124192.jpg


この個体が何処かへ飛んでいった後も何頭か飛び回っていましたが、撮影させては貰えませんでした。
でも、陽が曇に遮られるとパタッと飛ばなくなります。休止モードになるとこんな感じで動きません。
e0224357_2122378.jpg

吸蜜していた個体もこの通りで、日差しがかなり影響する様ですね。
e0224357_21232538.jpg


♀の画像が多いですが、こうして1時間ほど楽しめたので満足して帰宅しました。
たまには、遠征を止めて近場で過ごすのも悪くないかと考えさせられた週末でした。
でも、今週の金曜の夜からは、きっとギフチョウ探してどこかへ遠征します。(笑)

by konty33 | 2013-04-24 21:41 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(12)
2013年 04月 06日
ツツジ好きのギフチョウたち
4月5日
ギフチョウのシーズンなのに、週末が嵐という天気予報ではストレスが溜まります。
そこで、新年度早々ですが、年休をとり三河地方のギフチョウの産地に向かいました。
地元の皆さんに保護されたこの生息地は、ミツバツツジが咲きみだれ、そこにギフチョウが飛んでくるのが魅力です。

現地に到着すると・・・・この日のポイントとなるツツジの前には平日にも拘わらず沢山のカメラマンが待ちかまえていました。
その中に入れて貰いギフチョウが飛んでくるのを待ちます。
e0224357_19364147.jpg

野鳥を撮るるようなバズーカ砲をお持ちの方もいらしたので、遠目から300mmで狙いました。
e0224357_19435863.jpg

なかなか飛んでこない時間帯もありましたが、飛んでくると2,3頭来ることもありました。
e0224357_19545350.jpg

ツツジの花の中に頭を突っ込んでいるシーンばかりで、良い感じにはなかなか撮れません。
仕方がないので、吸蜜後に飛び上がる瞬間も狙ってみました。
e0224357_2011876.jpg

横からのショットも1枚
e0224357_207103.jpg

少しずつカメラマンの数が減り、また入れ替わりで新しい方々がみえたりしました。
ギフチョウは、午後になっても時々飛んできてくれ、それぞれ満足されているようでした。
e0224357_20222888.jpg

e0224357_20224470.jpg

この日は、気温が高く沢山のギフチョウが飛び回っていましたが、殆どが♀を探す♂の様でした。
そんな時、旅友(22wn3288)さんが、交尾がいると教えてくれました。
見に行くと・・・・残念ながら♀の翅が伸びきっていないうちに交尾に至ったようでした。
e0224357_20283071.jpg

その他に見られたのは、水たまりから何頭かトンボが羽化していました。
羽化したてのトンボの下にはヤゴの殻がありました。
e0224357_2037271.jpg

帰りにツマキチョウ♀も撮影できました。
e0224357_20452146.jpg

カタバミの次はタンポポにも・・・・
e0224357_20473211.jpg



他には、コツバメ、ムラサキシジミ、トラフシジミ、アゲハ、アカタテハ、ルリタテハ、テングチョウがみられました。
なんとか嵐の週末の前にギフチョウを堪能しストレスが解消できたのが良かったです。
ご一緒した皆さん、旅友さん有り難うございました。

by konty33 | 2013-04-06 21:21 | ギフチョウ | Trackback | Comments(14)