タグ:スジグロチャバネセセリ ( 4 ) タグの人気記事

2017年 08月 12日
ヤマキチョウの羽化始まる
8月6日
この週末は会社行事などで1日しかフィールドに出られませんでした。
時間がない中、様々な計画が頭をよぎりますが・・・
結局、朝一はヤマキチョウの蛹探しからスタートしました。
e0224357_20201635.jpg
昨年沢山見られた場所では殆ど見つからず・・・
今年早い時期から観察しているクロツバラは見つかりました。
e0224357_20215605.jpg
どれも既に羽化直前の様子で・・・
透けて成虫の翅の紋などが見えます。
e0224357_20225753.jpg
これまでの観察では終齢幼虫時の台座近くで蛹が見つかりましたが・・・
クロツバラの葉以外についている羽化殻も見つかりました。
羽化殻があるということは成虫も近くにいるはずです。
e0224357_20243060.jpg
蛹や羽化殻は昨年以上に見つかりました。

狙いはあくまで羽化直のぶら下り探索ですが・・・・
またしてもぶら下がりは見つけられませんでした。
代わりに昨日ぐらいに羽化してクロツバラの下に佇んでいた♀は見つけることが出来ました。
e0224357_20271478.jpg
もう1日タイミングが前後にズレていれば・・・・と悔やまれました。
その後、別の目的を済ませて近くの草地に行ってみると・・・・
♂の吸蜜シーンを見ることが出来ました。
e0224357_20304783.jpg
ヒルガオの花の中に潜って吸蜜後、出てきて飛び出す瞬間を撮影しました。
e0224357_20301426.jpg
逆光を狙って位置を撮ろうとしますが・・・・
意外と敏感で上手く撮れませんでした。
e0224357_20330098.jpg
コウゾリナやヒメジョオンの吸蜜が多い様でしたが・・・
アザミと比較して吸蜜時間は短めでした。
e0224357_20362969.jpg
少し陽が陰るとすぐに休止モードになってしまいました。
e0224357_20365198.jpg
この草原ではスジグロチャバネセセリも見られました。
e0224357_20400251.jpg
ヘリグロはかなり傷んでいましたが、スジチャ♀は新鮮そのもの・・・
e0224357_20402023.jpg




ヤマキチョウは同地域で朝一と昼前に観察しました。
羽化が始まっていますのでこれから数が増えることを期待しています。
それにしても昨年に続いて・・・羽化タイミングが週末と合いません。





-


by konty33 | 2017-08-12 16:08 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 08日
久しぶりのセセリ天国
7月30日
時々雨が降るような安定しない空模様の中・・・
あちらこちらを転戦するも成果なしです。
前週にはヘリグロチャバネセセリがみられた高原の草地をのぞくと・・・
天気も回復してきて・・・・スジグロチャバネセセリが発生していました。
e0224357_20432259.jpg
オレンジ色が美しく目立ちますが、とても小さく目で追うのが大変です。
e0224357_20462799.jpg
少し飛んでは吸蜜・・・また飛んでは葉の上で静止します。
e0224357_20453407.jpg
すぐに開翅してしまい・・・翅裏を撮るのに苦労しました。
e0224357_20500809.jpg
やっと裏が撮れました。
e0224357_20504098.jpg
e0224357_21050793.jpg
広角でも・・・
e0224357_21531354.jpg
スジチャの♀はまだ少ない様子でした。
e0224357_22072570.jpg
e0224357_22081058.jpg
広角でも・・・
e0224357_20525958.jpg
ヘリグロチャバネセセリもまだ比較的綺麗でした。
e0224357_20541276.jpg
この1週間あまり天気が良くなかったので翅の傷みも進まないのでしょうか。
e0224357_20580324.jpg
ここでは珍しくアカセセリも見られました。
e0224357_20593049.jpg
キマダラセセリも綺麗でした。
e0224357_20595595.jpg
e0224357_22090656.jpg
e0224357_21001331.jpg
ヒメキマダラセセリやコキマダラセセリはボロボロでした。





天気も多少回復したので沢山のセセリに遊んでもらいました。
狙い通り新鮮なスジグロチャバネセセリの発生を確認でき良かったです。







by konty33 | 2017-08-08 21:20 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 07日
草原のセセリ五目撮り
7月30、31日
山の上の草原に行ってみましたがヒョウモン類が殆ど見られません。
そこで今回の狙いをセセリ達に絞ってみました。
やや時期遅れの種が多い中、この時期発生するのは体のわりに翅が小さなアカセセリです。
しかし、ここでは個体数が少なく草原を自由には歩けない場所なので撮影は困難を極めました。
e0224357_21453158.jpg
コキマダラセセリは既に時期が遅くスレ気味で、綺麗そうな個体を選んで撮影しました。
e0224357_21470212.jpg
コキマダラセセリは♀も見られました。
e0224357_21481654.jpg
先週、本降りの雨に阻まれたので、遅ればせながらホシチャバネセセリのリベンジです。
目を凝らして探しますが、見つけても風が吹いたら一瞬で見失います。
2頭目を見つけてやっと撮れました。
先週なら新鮮だったのでしょうが、この日は既にスレており残念でした。
e0224357_21525141.jpg
スジグロチャバネセセリはこの場所でも生息しているはずですが見つからず・・・・・
少し場所を移して探しました。
e0224357_21542023.jpg
こちらも遅すぎたのでスレが多い中から選んで撮影しました。
e0224357_21543462.jpg
時期遅れでしたが、ピンポイントの狭い場所に意外と多くの個体を確認できました。
こちらは♀ですね。
e0224357_21563529.jpg
明るい青色が魅力的なルリボシカミキリも久しぶりに見つかりました。
e0224357_22031118.jpg
こちらはまた別の場所ですが・・・・・
森の中の物凄く小さな草地ですが、少ないながら毎年見られるのがホソバセセリです。
e0224357_22002586.jpg
こんなセセリ達と一緒の草原で見られるのはジャノメチョウの交尾でした。
ジャノメの交尾はとても敏感で飛ぶ確率が高いです。
e0224357_22014567.jpg



草原のヒョウモン達も撮りたかったのですが、撮影機会は殆どなく残念でした。
セセリの五目撮りとなりましたが、どれもすぐに飛んで見失うので撮影には意外と時間がかかりました。
一番うれしかったのはスジグロチャバネの多い場所を見つけたことかもしれません。




-




by konty33 | 2016-08-07 21:32 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)
2011年 08月 27日
夏のチャマダラセセリの吸蜜ほか
8月14日
少し前になりますが「蝶鳥ウォッチング」のYODAさんに同行し木曽のチャマダラセセリを観察に行きました。
既にYODAさんのブログで紹介されていますが、ここでは色々な花に吸蜜する様子を中心にご紹介します。
まずは、朝一にYODAさんが見つけた1頭目です。
e0224357_2233156.jpg

この個体には暫く遊んでもらいましたが、その後いろいろ探しても2頭目が見つかりません。
10時近くになりやっと2頭目が登場し、色々な花に吸蜜してくれました。まずは、夏の定番ヒメジョオンです。
e0224357_225423100.jpg

続いては、沢山周辺に咲いていたシロツメクサです。
日差しが強く全開翅はなかなかしなくなってきたので、開翅させるために、自分で日差しを遮り撮影してみました。
強い日差しの下よりシックな感じの画像になります。
e0224357_22552612.jpg

花から花へ吸蜜するチャマを追いかけるのには慣れが必要かも知れません。カタバミにも吸蜜します。
e0224357_2256038.jpg

カタバミは花が小さいためかすぐに飛び立ち一瞬のチャンスでしたが撮影できました。
ゲンノショウコもカタバミと同様に短い吸蜜でした。
e0224357_22582839.jpg

チャマに隠れて花が見にくいのでとても可愛いゲンノショウコの花だけ掲載します。ここには白花しか見られませんでした。
e0224357_23302240.jpg

ツユクサが咲いていることには気付きませんでしたが、チャマが教えてくれました。
意外と長い吸蜜でしたがじっとしなくて思うような構図では撮れませんでした。
e0224357_2303098.jpg

シロツメクサがあればアカツメクサもあります。この種の花は吸蜜時間が長く一番撮影しやすいと思います。
e0224357_2311593.jpg

このあたりに咲いている花のほとんどに吸蜜した様子で、花の色に拘りはないように感じました。
吸蜜の間に2回ほど産卵行動も観察できましたが、写真が今一です。
e0224357_2332662.jpg

結局、この2頭目の個体には随分楽しませてもらいましたが、それでも30分程度で吸蜜時間が終了したのか何処かへ飛んでいきました。

このあたりで他にいたのがスジグロチャバネセセリです。
e0224357_23181013.jpg

そういえばこの花、イヌゴマでしょうか?この花には今回チャマの吸蜜機会がありませんでした。
スジグロチャバネも数は少なく、2,3頭ではなかったかと思います。
e0224357_23211585.jpg

e0224357_23215829.jpg

アカセセリも数が少ないながら見られました。
e0224357_2352749.jpg

他にもホシチャバネセセリ、ウラギンシジミ、オオミスジ、コムラサキ、キアゲハなどいろいろ見られ飽きませんでした。

午後は前回開翅を撮り損ねたゴマシジミの産地を再訪です。
しかし、この日もピーカンなので、日中の開翅は望めそうもありません。
それでもと青ゴマの飛翔にチャレンジしました。自分としてはまずまずの出来映え?と思っています。
e0224357_23273864.jpg

最後に定番のワレモコウの吸蜜です。
e0224357_20372739.jpg

黒ゴマと青ゴマの求愛飛翔?も観察できましたが、そちらは「蝶鳥ウォッチング」のYODAさんのブログでご確認下さい。

その後、急に暗くなりスコールのような雨となったので撮影終了となりました。
これらの写真から伺える天気の良さそうな雰囲気からは想像も出来ないほどの急変でした。
YODAさん1日お付き合いいただきありがとうございました。

by konty33 | 2011-08-27 22:27 | セセリ類 | Trackback | Comments(18)