タグ:スジグロシロチョウ ( 5 ) タグの人気記事

2017年 05月 07日
スジグロシロチョウとウスバシロチョウ
5月2日
クロ系アゲハなどを狙って地元の里山を訪れましたが、2,3回姿を見た程度でした。
発生が遅れているならいいですが・・・シロチョウたちも少ないので気になります。
飛んでいたのは、スジグロシロチョウくらいでした。
e0224357_08291643.jpg
このチョウはとても敏感でなかなか近づけません。
でも他に撮影対象がいないので、しばらく付き合いました。
e0224357_08302170.jpg
本来ならオナガアゲハやカラスアゲハが沢山飛んでいるはずだったのに・・・・
暫く歩いても飛ばないので狙いをウスバシロチョウに変更です。
昼過ぎのためか飛んでばかりなのでボーっと見ていいるばかりでした。
暫くしてから・・・吸蜜する場所(花)を見つけました。
e0224357_08340547.jpg
クサイチゴのようなキイチゴの仲間の白い花です。
他にも花は沢山ありますが、この時間に吸蜜するのは殆どこの花だけのようでした。
e0224357_08502377.jpg
翅を広げるシーンも少なく・・・思うような写真が撮れません。
e0224357_08384445.jpg
時には2頭まとまって吸蜜することもありました。
しかし、この花だと背景がゴチャゴチャしてチョウが目立ちません。
e0224357_08441032.jpg
同じような写真ばかり沢山撮れました。
e0224357_08472422.jpg
e0224357_08474845.jpg
定番になっているハルジオンの花にも時には来ましたが・・・イマイチ
e0224357_08490239.jpg
午後2時過ぎにはニガイチゴのようなキイチゴの仲間に沢山集まっていました。
e0224357_08532339.jpg



狙いの通りには行きませんがこの日も沢山の蝶に出会えました。
ここのウスバシロチョウの発生は早かったらしく翅がかなり傷んだ個体が多かったです。
GW中は所用が多くもう一回フィールドに出られるチャンスがあるかどうかです。




-



by konty33 | 2017-05-07 21:23 | アゲハ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 16日
ギフチョウがダメならヒメギフチョウを・・・
4月15日
既に今シーズン皆さん撮影されているヒメギフチョウの有名撮影ポイントに行ってきました。
早朝から次々と沢山の方々がお見えになりましたが、ヒメギフが飛び出すのは9時からでした。
まずは、ヒメオドリコソウの吸蜜からです。
e0224357_23161856.jpg

藪の中のカキドオシにも吸蜜に来ましたが、手前の枝被りを避けるのが大変でした。
e0224357_23172972.jpg

本命はやはりカタクリですが、近くにはなかなか来てくれません。
e0224357_2319405.jpg

上の写真の様に背景が上手く抜けると綺麗ですが、たいていは下の様になってしまいます。
e0224357_2321274.jpg

少し遠くても背景が抜けると良い感じ・・・・・
e0224357_23223085.jpg

午後になると逆光で翅の色がもう一つ・・・・・
e0224357_23232491.jpg

今年は桜の花と時期がピッタリだったので桜吸蜜も狙いましたが・・・・・
まずは、折れた枝の花に吸蜜したシーンからです。
e0224357_23245948.jpg

地面から生える草が背景では不自然ですね。
ちゃんと吸蜜したシーンは枝被りばかりでした。
e0224357_23275587.jpg

光の周りが悪いので、色が不自然になってしまいました。
e0224357_23283831.jpg

一応、飛翔シーンも・・・・・
e0224357_23294152.jpg

柵内で遠くからですが、産卵シーンも見られました。卵も写っています。
e0224357_23304030.jpg

これはメチャメチャトリミングしてあります。

番外編を少し・・・・
桜にスジグロシロチョウの吸蜜も良いものです。
e0224357_0124329.jpg

e0224357_23331045.jpg

スギタニルリシジミもいました。
e0224357_23333964.jpg

カタクリにも吸蜜していました。
e0224357_2334544.jpg




このところギフチョウで大失敗続きでしたが、今回のヒメギフはまずまずでした。
朝から2時まで粘ってヒメギフの飛ぶシーンを沢山目に焼き付けて来ました。
期待していた交尾が成立せず残念でしたが、こればかりは仕方ありません。
知り合いに久しぶりにお会いできたことは嬉しかったです。



-

by konty33 | 2016-04-16 23:45 | ギフチョウ | Trackback | Comments(8)
2016年 04月 13日
2週続きでギフチョウハズレ?
4月2日
この日は雲が多く自宅を出発するときは小雨まじりでしたが、回復を期待し出かけてみました。
この時期なのでやはりギフチョウ狙いですが、薄曇りが続き時間だけが過ぎていきます。
強い日差しがないと基本的には飛びません。
それでも少し薄日が差すタイミングでピークトップでは1、2頭が飛んでくれました。
e0224357_228637.jpg

とは言っても地面に静止した証拠写真だけです。
曇り空の為か写真が暗い印象ですね。
e0224357_2284959.jpg

咲いていたスミレの花にも興味は示すものの・・・・・素通りして吸蜜してくれません。
e0224357_22104074.jpg

早々に諦め山を下りました。
里山のレンゲ畑ではスジグロシロチョウが飛んでいました。
e0224357_22122997.jpg

ベニシジミもやっと撮影できました。
e0224357_22132058.jpg

ツバメシジミ、モンキチョウ、モンシロチョウなど蝶の数が増えていました。



4月9日
前週のリベンジをしようと違う場所にギフチョウ狙いで出かけました。
到着した時の気温が4℃ととてもギフチョウが飛ぶ気温ではありません。
またやっちゃったかな?と思いながらも晴天無風でしたから期待して待ちました。
陽だまりで待っていると上の方からギフチョウが降りてきました。
e0224357_22222669.jpg

その内に何頭かが飛ぶようになり、ツツジにも2,3回来てくれました。
e0224357_22231385.jpg

全く思うような写真ではありませんが撮影機会が少なすぎました。
e0224357_22241420.jpg

目の前で交尾の瞬間も見られましたが、そのまま高く飛び回りこちらも証拠写真のみです。
e0224357_22251882.jpg

産卵シーンも撮影された方々がいらっしゃいましたが、こちらもタイミングが合わず・・・・
産卵後の卵のみ撮影させてもらいました。
e0224357_22264286.jpg

まだカンアオイの新芽が出ておらず、古い葉への産卵です。




2週続きでどちらの場所も個体数が少なすぎて・・・・・ろくな成果もなく落ち込んでいます。
今年は気候がおかしく、時期が読めませんし、天気も味方してくれません。
ギフチョウが飛びまわる姿は堪能できたので良しとしましょう。
もう暫く迷走が続きそうな気がします。




-

by konty33 | 2016-04-13 22:44 | ギフチョウ | Trackback | Comments(4)
2015年 06月 20日
狙いのチョウに出会えず・・・
6月14日
例年出会える場所でアサマシジミが見つからず、居たと思ったら綺麗なルリシジミ♀でした。
e0224357_2157499.jpg

紛らわしいことにアサマシジミの食草(ナンテンハギ)に静止して、暫く待つと開翅してくれました。
e0224357_2157252.jpg

近くではスジグロシロチョウの交尾が見られました。
e0224357_2212266.jpg

交尾していても敏感で一度は高い木の上に逃げられましたが、
ゼフ下し作戦でブーメランのように草地に舞い戻って来ました。
♀を狙って他の♂も飛んできます。
e0224357_2251632.jpg

e0224357_2274496.jpg

早朝の草原ではキアゲハが寝ていて、近づくと翅を開いてくれました。
e0224357_22122872.jpg

e0224357_2293177.jpg



狙っていたチョウがいないときでも他のチョウ達が楽しませてくれました。
よく見られる3種のチョウですが、どれもゆっくり撮影するのは久しぶりです。
今年はアサマシジミになかなか出会えません。

by konty33 | 2015-06-20 22:25 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2013年 05月 20日
南アルプスのクモマツマキチョウを堪能
5月17日
週末は所用もあり天気も悪そうだったので、年休をとり南アルプスのクモマツマキチョウに遭いに行ってきました。
朝から快晴で風穏やかなとても良い天気で、申し分のない状況に期待で胸が膨らみます。

ポイントに到着し空気が暖かく感じるようになってくるとヤマトスジグロシロチョウが飛び出します。
いつも敏感ですぐに飛ばれてしまいますが、この時はカラマツの新芽でおとなしくモデルになってくれました。
e0224357_20351446.jpg

昨年のように、このままクモマツマキチョウが現れないのでは・・・・・・と嫌な思い出が頭をよぎりますが、
11時過ぎになってやっと・・・どこから来たのかゆっくり飛んで来て・・・突然、ハタザオに吸蜜しました。
少しピントが甘いですが、南アルプス特有の三日月紋がはっきりと確認できます。
e0224357_20393932.jpg

この時、300mmしか持っていなかったのでクモツキが近すぎてピント合わせに焦りましたが、
随分長く吸蜜してくれたので助かりました。
崖っぷちだったので背景がスッキリして良い感じです。
e0224357_20451785.jpg

長い吸蜜の後、谷の下に降りていってしまいました。
暫くするとスミレへの吸蜜も見られましたが、角度が悪い上、潜り込んで顔が見えません。
e0224357_2046526.jpg

次に飛んできた個体は、地面に静止して100mmマクロで接近しても動きません。
羽化直後で上手く飛べないのかと思っていると・・・1枚撮影してすぐに元気に飛んでいってしまいました。
e0224357_20492921.jpg


その後、暫く止まらない時間が続きましたので、少しだけ飛翔を撮影しました。
青空背景の飛翔は、実に綺麗で目に焼き付いていますが・・・・写真は辛うじて隅に写った感じです。
e0224357_20532294.jpg

背景の分からないものだけ・・・・と言うことで地面近くをとんでいるところです。
e0224357_2054161.jpg


さて、午後の吸蜜時間帯です・・・・出現してくれる確率が高そうな場所で待ちます。
すると近くの崩れやすいザレ場にあるハタザオに吸蜜しました。
まずは、崖上から狙いましたが、100mmマクロでは遠かったのでかなりトリミングしてあります。
e0224357_20551164.jpg
e0224357_20553286.jpg

少し、風も出てきたので、じっくりピントを合わせて撮影できません。
風が強くなると翅を折りたたんでオレンジが見えませんが、それでも必死に吸蜜しています。
風で揺れるので連写してピントの合っているものを選びました。
e0224357_2115482.jpg

ザラザラと足場が崩れてしまう斜面で待っていると・・・また飛んできました。
しかし、足場が悪いので身動きとれずなんともなりませんでした。
その後も1度チャンスがあり、300mmで撮りましたがそよ風でも蝶が揺れてピンボケ写真の量産です。
e0224357_2058562.jpg

同じシーンですが、翅の角度などで感じが変わりますね。
e0224357_20591156.jpg


この他には、スジボソヤマキチョウ、キベリタテハ、テングチョウ、ミヤマセセリなどが見られました。
最後に、この時期に咲くシナノコザクラを・・・石灰岩質の岩場に咲く絶滅危惧種の高山植物だそうです。
e0224357_2145058.jpg




翌日は、朝から所用があったので、早めに帰途につきました。
今年は、一発でオレンジを決められて良かったです。
次は♀も・・・と行きたいところですが、今週末は所用で行けそうにありません。
平日にも拘わらず、ご一緒させていただいた皆さんありがとうございました。

by konty33 | 2013-05-20 21:22 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(28)