タグ:ジャノメチョウ ( 3 ) タグの人気記事

2017年 08月 06日
霧と小雨の中でも・・・キマダラモドキ
7月30日
朝起きると雨雲レーダーでは雨雲は見当たらないのに小雨が降っていました。
霧と小雨の道を走りながら・・・望み薄なので帰ろうかと思いましたが・・・
霧を抜けると少し明るい空模様になってきたので・・・
先週♂ばかりだったキマダラモドキの♀の発生状況だけでも確認することにしました。
e0224357_22324944.jpg
すぐに羽化直と見られる♀を見つけました。
しかし、この天気では狙っていた開翅は望めそうもありません。
e0224357_22333779.jpg
いつもは木の幹に静止することが多いのですが・・・この日は天気のせいか葉の上ばかり・・・・
e0224357_22352049.jpg
e0224357_22340748.jpg
ゼフでは通用する秘密兵器も全く効かず・・・開翅は困難な状況なので
翅表は飛翔で狙ってみました。
暗いのでISOを目いっぱい上げたため画質は最悪ですが翅表をみても♀だとわかります。
e0224357_20403657.jpg
♂もまだ綺麗な感じでした。
e0224357_20412667.jpg
一瞬、枝にぶら下がりましたが・・・すぐに飛んで・・・
e0224357_20414981.jpg
この日は♂も葉っぱ止まりが落ち着く様でした。
e0224357_20421496.jpg
♂の翅表もコンデジで飛翔を撮ってみました。
e0224357_20435446.jpg
この日は他にジャノメチョウがいたくらいで他には何も飛びませんでした。
e0224357_20462617.jpg



新鮮な♀の開翅はまたしても来年に延期です。
時期はバッチリでしたが流石に天気には勝てませんね。
発生数はまずまずのようなので、来年また遊んでもらいます。





-



by konty33 | 2017-08-06 21:06 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2013年 08月 25日
探索の成果なく・・・・ヤマキチョウなど
8月11日 
ゴマシジミを堪能したあと「蝶の玉手箱」のcactussさんらとチャマダラセセリの探索に行きました。
何人かの同士もいらして一通り探しましたが暑さですぐにバテて、自然に狙いがヤマキチョウに向いていました。
ユリの花粉が翅についたヤマキチョウ♀がナデシコに吸蜜していました。
ナデシコの吸蜜時間は短めで、近くのナデシコにどんどん移っていき追いかけながらの撮影は大変です。
e0224357_013854.jpg

すぐ近くの斜面では、ススキに埋もれたクルマユリに♂が吸蜜していました。
徐々に邪魔なススキを取り払ってなんとか撮影しました。
e0224357_04731.jpg

こちらも暑さでバテ気味となり、早々に木陰で昼飯となりました。

この後、場所を変えてチャマの探索をしましたが、全く成果なしでした。
居たのはジャノメチョウの交尾くらいです。
e0224357_072559.jpg


8月12日 
前日に引き続いてゴマシジミを撮影した後、探索モードも成果なく一日を終えました。
イチモンジチョウでも貼っておきましょう。
e0224357_0453762.jpg

e0224357_0455341.jpg

夜は、天の川もくっきり見える満点の星空で、ペルセウス座の流星群を堪能しました。

8月13日
この日も探索モードで各地を回り、初めての場所でアカセセリを見つけました。
e0224357_0173511.jpg

e0224357_0175375.jpg

他にはイチモンジセセリくらいしか居ないので、数は少なそうです。
e0224357_0181383.jpg

何年か前までは、ゴマシジミもいたとのことで探したのですが、ウラナミシジミしかいませんでした。
この時期に信州の高原に居るとは思いませんでしたから、間違えそうになりました。
e0224357_0232482.jpg

ヒョウモン類も非常に少なく、他には定番のジャノメチョウくらいです。
e0224357_024864.jpg


あまりにも成果が少ないので、別のヤマキチョウの生息地に行ってみました。
現地にと到着すると・・・・早速、ヤマキチョウのお出迎えです。
e0224357_0261836.jpg

♂しか見あたりませんでしたが、透かしてみると黄色が綺麗ですね。
e0224357_0265655.jpg

ススキの中のアザミに吸蜜すると背景が処理できず、全く違った印象になります。
e0224357_029980.jpg




チャマは毎年生息数が少なくなっているようで見つかりませんでした。
ヤマキチョウは各地で観察できたので良かったですが、今年の夏は暑さが堪えます。
いろいろな使命をもって各地を探索しましたが成果がなく・・・・もう数日信州に居たかったです。
夏休み後半は、家庭サービスでしたが、家では暑くて寝られず、ハードスケジュールで少々疲れ気味です。
やはり、フィールドに行かないと元気が出ませんね。

by konty33 | 2013-08-25 00:47 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2013年 07月 16日
雨の止み間・・・一瞬のジョウザンテリ張り
7月13日
今年未撮影の山地性のゼフィルスを探して信州へ行きましたが、目的地に到着する頃には”雨”になりました。
先週に続いて今週も?といやな予感が頭をよぎります。
仕方なく、傘をさしながら、長柄の棒とカメラを持って頑張ってみました。
個体数は極めて少ない感じでしたが、それでも時々ゼフィルスが飛び出します、しかし、なかなか降りては来ません。
やっと降りてきたのは・・・・新鮮なアカシジミでした。
e0224357_22362534.jpg

これしか被写体がないので、広角でも・・・・
e0224357_22365810.jpg

100mmマクロとコンデジの広角では、随分感じが変わりますね。
傘を持って長柄の棒でペシペシするのは疲れるだけで、撮影より個体数を確認するだけでした。
感じからすると発生初期で、天気が良ければ新鮮な個体の開翅が見られたと思います。


それでも、8時半過ぎに一時雨がやみ薄陽がさすと・・・・ジョウザンミドリシジミの占有行動が始まりました。
e0224357_224333100.jpg

たった2,3頭でしたが、どれも新鮮で綺麗な個体でした。
e0224357_22435441.jpg

e0224357_22445100.jpg

おとなしいので広角でも撮影できました。
e0224357_22442519.jpg

明るくなりかけた空もすぐに暗くなり、開翅しなくなりました。
e0224357_22441471.jpg

そして、雨が降り出すと・・・いつの間にか何処かへ飛んでいきました。
振り返ると・・・開翅して綺麗な翅表を見せてくれたのは、とても短時間の出来事でしたね。


仕方なく諦めて車に戻ろうとしたらジャノメチョウの交尾を見つけました。
e0224357_22491978.jpg

ジャノメチョウはたくさん草の中に隠れていましたが、雨で不活性なので交尾しているとは思いませんでした。
多少の雨は交尾には影響ないようですね。



後で分かったのですが、この付近だけが雨のようでした。
天気の読み間違えで行き先を間違えたので、目的を達成できませんでした。
それでもなんとかミドリに輝く開翅が見られたので良しとしましょう。
次の候補地が頭に浮かびませんが、とにかく雨の止んでいる場所を目指しました。

by konty33 | 2013-07-16 23:13 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)