タグ:シータテハ ( 5 ) タグの人気記事

2017年 04月 28日
狙いのチョウは見られず・・・卵観察に終わる
4月22日、23日
今年は発生時期がやや遅れているのか狙いの場所ではミヤマチャバネやスギタニに出会えません。

探索途中に野原で見かけたのはベニシジミの産卵です。
産卵位置が雑草の中に生えるスイバの根元付近なので上手く写せませんが、これが産卵シーンです。
e0224357_20031784.jpg
卵は根元付近のいろいろな場所に産み付けられています。
一番多く見つかったのは・・・花穂の茎の根元付近です。
e0224357_20274956.jpg
e0224357_20063093.jpg
アップで見ると独特の形状がわかります。
e0224357_20071878.jpg
枯葉からも見つかりましたし、小さな葉っぱからも見つかります。
e0224357_20084645.jpg
ここでは春一番に発生したベニシジミが一斉に産卵する時期のようでした。
産卵後には吸蜜していました。
e0224357_20154650.jpg
次に見つけたのはツマキチョウの産卵です。
暫くタネツケバナの周りを飛び回り時々産卵していました。
e0224357_20173148.jpg
こちらも卵をアップで撮影すればよかったのですが・・・・忘れておりました。
e0224357_20182572.jpg
次に見つけたのはハルニレに産み付けられたシータテハとみられる卵です。
e0224357_20304981.jpg
緑に輝く宝石のようでした。(7DⅡ+100mmマクロのトリミング)
e0224357_20313400.jpg
序ですが・・・・2月に見つけたトネリコの幹に産まれたウラキンシジミの卵です。
まだ孵化していません。
e0224357_20334866.jpg


今年になって計画通りに成果が出た日は殆どありません。
それでも何かしらのチョウの生態を観察することが出来ているので幸せです。
明日から始まるGWも所要が多く例年のような遠征は厳しい状況なので・・・
今年は近場を中心に楽しみたいと思います。




-



by konty33 | 2017-04-28 21:54 | | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 20日
新生ヒメシロチョウと越冬シータテハ
4月16日  続き
飛び続けるギフチョウを早々に諦めて、ヒメシロチョウの発生状況を見に行きました。
ところが、移動中に雨に降られ、移動先でもポツリポツリといやな空模様です。
呆然と暫く佇んでいると・・・・日差しが漏れ出し急激に雲が切れていきます。

陽が差すとすぐにヒメシロチョウが何処からか飛び出しましたが・・・・今度は全く止まりません。
だいぶ粘ってやっと静止したところを撮影しました。
e0224357_22133581.jpg
翅裏が黄色くとても魅力的な春型です。
まだ早い時間ですが、暫くすると急にススキの枯葉の中で休眠モードになりました。
コンデジ(DSC-RX100M5 24mm相当)でススキの枯草の中に手を伸ばしカメラを入れてみました。
e0224357_22172437.jpg
障害物だらけですが、何とか枯ススキの中で休止する雰囲気を表現できました。
気温も約18℃と高く日差しもあるのに・・・・飛ばなくなってしまいました。
逆光で翅を透かすととても綺麗です。
e0224357_22191506.jpg
残念ながら吸蜜シーンは見られませんでしたが、夜寝る場所のイメージが分かりました。
e0224357_22212125.jpg
同じような写真ですが、手前の邪魔な草を片手でかき分けながら夢中で撮りました。
e0224357_22214506.jpg
他に飛んでいたのはシータテハです。翅裏は地味で枯草の中では目立ちません。
e0224357_22231755.jpg
タンポポの上で開翅してくれました。
e0224357_22235651.jpg
春先には里で見かけることがよくある気がします。
e0224357_22250628.jpg




新生蝶のヒメシロチョウと越冬蝶のシータテハが対称的でした。
まだ、周囲のサクラの蕾も固く完全に春になり切れない感じですが・・・・
確実に春の足音が聞こえました。



-


by konty33 | 2017-04-20 22:26 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 13日
オオイチモンジとの出会い
7月10日
前日は雨模様だったので遠征を諦めましたが、この日は晴れの予報だったので
何年か前に訪れてから久しく出会っていないオオイチモンジを狙って出かけました。
いつも思うのですが、山の緑と川の流れがとても綺麗で目を癒してくれます。

河原沿いのコンクリートでミネラルを吸収している個体をまず見つけました。
e0224357_20570215.jpg
↑の個体は残念ながら少し擦れていましたが、綺麗な個体もみられました。
e0224357_20520653.jpg
林道や河原の上を飛びますが、吸水に夢中な個体は見られず敏感に飛んでしまいます。
e0224357_20525729.jpg
この個体はとても新鮮そうでしたが、歩いたり小飛びしながら10秒くらいで飛んでしまいました。
e0224357_21013611.jpg
e0224357_21015038.jpg
人の汗に集まるのでザックにも寄ってきますが、写真としてはどうなんでしょうね。
e0224357_21065126.jpg
地面に吸水するのも1頭だけで、この日は集団は見られませんでした。
e0224357_21093572.jpg
以前に訪れた時よりコムラサキも少なく感じましたが、獣糞には多少集まっていました。
シータテハ、キマダラヒカゲ、コチャバネセセリも一緒にいます。
e0224357_21113033.jpg
イラクサの仲間でアカタテハの産卵行動が見られました。
帰りの時間が迫っていたので、卵の確認まで出来ませんでした。
e0224357_21212766.jpg
林道を歩いているとサルの糞が点々あり、ふと見るとサルに囲まれていました。
e0224357_21233613.jpg
沢山の群れで子供もいました。笹の新芽を食べているようです。
e0224357_21234873.jpg
目の前で野生の猿が人を気にしないのも凄いですね。



オオイチモンジは思い描いた様には撮れませんでしたが、新鮮な個体に出会えて良かったです。
久しぶりにこの地を訪れましたが、いろいろな出会いがありやはり魅力的な場所です。
ただ、運動不足と睡眠不足のためか体力の低下を思い知らされました。
他のチョウについては次回ご紹介する予定です。



-


by konty33 | 2016-07-13 21:38 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 06日
目の前を飛翔するクモマツマキに感動
5月3日
少し気が早いかもしれませんがクモマツマキチョウの様子を見に行きました。
朝から暖かく天気が良かったのでアルプスの山々や風景写真を撮りながらのんびりと移動しました。
e0224357_226836.jpg

e0224357_2282962.jpg

ゆっくりし過ぎてしまい、現地に到着したのは10時ごろでした。
ポイントに到着すると「ネイチャーKENDAMARの歳時記」のKENDAMARさんにお会いすることができました。
いろいろとこの地の状況をお聞きし、クモツキの撮影は殆ど諦めモードで待っていると・・・・・
クモマツマキチョウが谷を降りていくのが見えました。
何回目かにスジグロシロチョウと戯れてくれたので、100mmマクロで飛翔を撮影できました。
e0224357_22102624.jpg

ピントは甘いですが、kontyにとってはこれでも上手くいった方なのでお許しください。
e0224357_22124451.jpg

これらの飛翔写真は、全てトリミングしてあります。
e0224357_22131413.jpg

この時だけしかチャンスがなかったので同じような証拠写真ばかりですが、背景にキブシが写っていたものもありました。
e0224357_22142624.jpg

これまでここでは残雪が多かったり、寒過ぎたりとクモツキを見られなかったので今回は良かったです。
しかし飛翔を撮るなら・・・広角を持っていくべきだったと少し後悔しています。


ここはスギタニルリシジミも多く、クモツキを待っている間に撮影しました。
e0224357_22193410.jpg

何頭か給水に集まってこないかと思いましたが、意外と落ち着きがなくルリシジミとの2ショットが限界でした。
e0224357_2221663.jpg

キブシに吸蜜するスギタニも見られましたが、狙った感じには撮れませんでした。
e0224357_22221527.jpg

キブシにはシータテハも吸蜜に来ていました。
e0224357_2223144.jpg

e0224357_22232992.jpg

下から見上げる角度で少し青空を背景に入れてみましたが・・・・これも面白いと思います。
e0224357_22251781.jpg



帰りの道中も6時間以上はかかるので早々に帰途につきました。
吸蜜こそ撮れませんでしたが、今年は早い時期に運よくクモツキが見られて嬉しかったです。
KENDAMARさんには色々とご指導いただきありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-06 22:42 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(14)
2012年 08月 26日
キベリタテハをはじめ高原のタテハを狙って
8月25日
いよいよ今年の夏も終盤となりました。
この時期にどうしても見ておきたいのが、キベリタテハをはじめとする高原のタテハ達です。
まずは、キベリタテハを狙って標高を上げていくと林道沿いに時々滑空しています。
この蝶は、自然の岩よりコンクリートを好むようで、必ず見るのが水抜きの塩ビ管の下です。ミネラルが豊富なのでしょうか。
e0224357_22304359.jpg

この蝶がいくら塩ビ管が好きでも、これでは絵になりませんね。
そこで、次はもう少し自然な感じの石垣で・・・・
e0224357_2233017.jpg

自然の岩に静止することもありますが、近くでは撮影できませんでした。(トリミングしてあります)
e0224357_22363079.jpg

キベリタテハは、時々凄くフレンドリーになり、広角でも撮影できましたが、背景はイマイチです。
e0224357_22385030.jpg


例年より、キベリタテハは少なかったですが、クジャクチョウは沢山いました。
特にガードレールの柱の上には、何故か沢山集まっていました。
e0224357_22394386.jpg

面白いので、もう1カット・・・・白いところがお好みなのでしょうか?
各柱に複数が静止し、ガードレールの内側にも何頭かいました。
e0224357_22413086.jpg

勿論、いろいろな花で吸蜜します。
e0224357_2243577.jpg

e0224357_22443746.jpg


シータテハも沢山のクジャクチョウに混ざって何頭かいました。
e0224357_22461050.jpg

標高の高いところですが、アカタテハやルリタテハもいました。
e0224357_22483314.jpg


ここでは、どうしてかエルタテハが見られなかったので違うところに寄ってみることに・・・
そこでは、白樺にエルタテハとキマダラモドキが並んで吸汁していました。
e0224357_22504120.jpg

エルタテハを開翅させるためにお尻を刺激してやると開翅しました。少し擦れているのが残念です。
e0224357_2252046.jpg



こうして、高原のタテハ達を狙い通り一通り観察できました。
キベリタテハやエルタテハはもう少し数を期待していたのですが、少し当てがはずれました。
しかし、クジャクチョウは凄い数で驚きました。
午後はヤマキチョウなどの探索モードに・・・・・・夕方はヒメシロチョウも観察できました。

by konty33 | 2012-08-26 23:03 | タテハ類 | Trackback | Comments(18)