タグ:コツバメ ( 13 ) タグの人気記事

2012年 04月 16日
愛岐丘陵のギフチョウ
4月15日
この日は愛岐丘陵のギフチョウを観察に行くことにしました。子供の頃、良く通った懐かしい場所の付近です。
この付近はかなり広範囲にギフチョウが生息しますが、確実に見られるポイントは確実に少なくなっています。
今回は、春らしい天気なので、麓から稜線に掛けてゆっくり歩いてみました。

朝8時頃、麓では田んぼの奥でコツバメなどを探していたら、ヒメオドリコソウに吸蜜するギフチョウを見ることができました。
この時、コンデジだけ持って散策していたのですが、広角の固定焦点なのでこれしか撮れませんでした。(リコーGRDⅣ)
e0224357_20544784.jpg

コツバメも見つけて撮影できました。
e0224357_20591622.jpg


朝の散策を終え、稜線に登ってみました。
稜線には所々に広場があり、ギフチョウの溜まり場になっています。
ギフチョウは地面にべたっと静止するだけなので、失礼してカップルのハイカーをバックに入れてみました。
e0224357_218266.jpg

稜線の違う広場でも沢山のギフチョウが舞っていましたが、地面に静止するだけで絵になりません。
e0224357_2111828.jpg

それにしても綺麗なギフチョウです。青い紋もとても綺麗です。
e0224357_212530100.jpg

小さなスミレに吸蜜したので、慌てて近寄りました。
e0224357_21122897.jpg

e0224357_21124536.jpg

稜線ではサクラやアセビも咲いていましたが、残念ながら吸蜜は見られませんでした。

次に、稜線から下りカタクリの群生が見られるところに行ってみました。
e0224357_21194848.jpg

このカタクリのところにギフチョウが飛んできてくれれば最高なのですが・・・・アッ、ギフチョウが飛んできました。
なかなか吸蜜することなく、時々地面に静止するだけです。
e0224357_21214682.jpg

カタクリをバックに広角で撮ってみると雰囲気だけは伝わるでしょうか。
やっとカタクリに吸蜜してもうまく撮影できるとは限りませんね。裏側になってしまいました。
e0224357_212410100.jpg

最後に、やっと一枚撮れたのですが、ストロボが発光せずに暗い感じになってしまいました。
e0224357_21303282.jpg

このカタクリ群生地ではコバイモも見られました。コシノコバイモと同定されたようですが、貴重なのだそうです。
e0224357_21422655.jpg


失敗ばかりの一日でしたが、沢山のギフチョウに会えて楽しい一日でした。
久しぶりにお会いし一緒に撮影した地元の Iさん、Hさん有り難うございました。
自宅近くにこんな良い環境があり、とても羨ましいです。

by konty33 | 2012-04-16 21:52 | ギフチョウ | Trackback | Comments(20)
2012年 03月 28日
静岡のギフチョウ やっと飛びました
3月28日
先週末の卵探し後編は、次回に掲載するとして、今回はギフチョウの話題です。
3月20日くらいから浜松でギフチョウが目撃されているようですが、先週末は気温や天気がNGで行きませんでした。
3月22日には確実な目撃者がいるようです。
今週末くらいがタイミングとしては良さそうですが天気が悪そうなので、本日、年休を取り出かけてきました。
9時、現地に到着すると暖かく感じられましたが、アブラチャン、ダンコウバイがやっと咲きかけたところで、スミレも殆ど咲いていません。
やっと見つけたスミレは一輪だけ可愛らしい花を咲かせていました。
e0224357_21473912.jpg

カタクリは数は少ないですが既にいくつか咲いていました。
e0224357_21511297.jpg

さて、ギフチョウはと言うと・・・・なかなか飛びません。
現地でお会いした人々から、「見ましたヨ!」、「写真を撮りました!」と羨ましい話を聞くばかりです。
11時近くなってやっと尾根沿いの散策路にも現れました。(アセビも殆ど花がないので地面の証拠写真です)
e0224357_21552623.jpg

やっと「今シーズンの開幕」だとおもいましたが、あっという間に藪の方に飛んでしまいました。
その後、散策路を歩いていくと何回かギフチョウと遭遇しましたが、花がないので綺麗な絵ではありません。
e0224357_21574529.jpg

e0224357_215759100.jpg

近づけそうなのでコンデジ(リコーGRDⅣ)で広角でも撮影してみました。
e0224357_21595271.jpg

この場所は、すぐ近くにスミレもカタクリもあるのですが、見向きもしませんでした。
午後2時近くなると急に雲行きが悪くなり、雨が落ちてきたので帰りましたが、ギフチョウ以外の蝶をご紹介します。
一番多かったのは、ヒオドシチョウでした。散策路のあちこちでテリ張りしていました。
e0224357_2231593.jpg

この2頭は、仲が悪いのか良いのか喧嘩したり、寄り添ったりしていました。
e0224357_2234225.jpg

散策路の地面や杭、暖められた石の上で止まることが多いようです。
e0224357_226233.jpg

コツバメもいましたが、花粉症対策のマスクでメガネが曇り飛ぶとすぐに見失います。
e0224357_2275560.jpg

散策路沿いの笹の上で体を斜めにして日光浴です。
e0224357_2282852.jpg

他にもミヤマセセリなどを見ましたが画像はありません。

歩いているとアオダモ(コバノトネリコ)やマンサクが多いことに気がつきました。
アオダモの根元を少し探してみると「有りました」ウラキンシジミの卵塊です。
e0224357_22131116.jpg

超接写でみると間違いないことが分かります。
e0224357_22135862.jpg

岐阜、山梨に続いて静岡でも見つけてしまいました。今まで全く気がつかなかったのに・・・不思議な物ですね。
因みにマンサクからウラクロシジミの卵は見つかりませんでした。


今年は、随分ギフチョウの発生が遅れましたが、やっと見ることができました。
この後の天気や気温が気になりますが、次の好天にはピークを迎えることでしょう。
今シーズンの開幕を宣言します。

by konty33 | 2012-03-28 22:34 | ギフチョウ | Trackback | Comments(18)
2011年 05月 06日
中信のヒメギフチョウたち
5月2日
越後のギフチョウの再チャレンジに行く前に信州に寄りました。
安曇野のギフチョウには早そうなため、中信地方に分布するヒメギフチョウを観察に行きました。
朝から好天ですが、黄砂の影響で常念岳もやや霞んでいます。
e0224357_19485258.jpg

適期と思われるポイントをあちこちとまわりましたが、どこも発生初期のためか新鮮個体でしたが数は少ないようです。
後翅の赤がとてもきれいな新鮮な♀とスミレの色合いが狙い通りきれいに撮れました。
e0224357_19493810.jpg

この日、ラッキーにも交尾を見つけました。
e0224357_1954756.jpg

移動させようとするとすぐに飛んでしまい、近くの枝に移動しますが、カタクリ上では撮れませんでした。
裏側からも見ると交尾の様子がよくわかります。
e0224357_19562292.jpg

その内に繁みにに入り込みましたが、♀がステレス戦闘機のようになりました。
e0224357_19593193.jpg

カタクリが多いポイントでヒメギフを探しましたが、コツバメしか見られません。
e0224357_2033163.jpg

また、この付近はサルの群れも見られあちこちにいたサルを遠くから撮影しました。出会わなくて良かったですがクマもいるようです。
e0224357_2010278.jpg

近くにはウスバサイシンも芽を出し、エンゴサクやニリンソウなど沢山の山野草が花を咲かせていました。
e0224357_2055764.jpg

e0224357_2062613.jpg

この日は、残念ながらカタクリとヒメギフの組み合わせは見られませんでしたが、久しぶりに交尾を見られ満足しています。

by konty33 | 2011-05-06 20:23 | ギフチョウ | Trackback | Comments(8)