タグ:クロヒカゲモドキ ( 6 ) タグの人気記事

2017年 08月 04日
敏感なクロヒカゲモドキと格闘
7月29日
曇り空でしたが・・・そろそろ地元のクロヒカゲモドキの時期と思い見に行きました。
本命としていた最初のポイントではなかなか見つからず焦りました。
やっと見つけたのは比較的綺麗な♂でした。
e0224357_21371400.jpg
しかし、とても敏感で300mmの距離でも逃げられてしまいます。
しかも一度飛ぶと遠くへ移動し追いかけても正確な着地点はわからず・・・
結局また飛んで・・・・見失ってしまいました。


散々探し回ってやっと新鮮な♀を見つけました。
e0224357_21404864.jpg
♂と比べるととても丸く大きな翅でたっぷり感が良いですね。
e0224357_21443601.jpg
縁毛が白く縁どられてとても綺麗に見えました。
e0224357_21435866.jpg
しかしこの♀も意外と敏感で・・・・
飛んでも近くに静止したので何カットか撮れましたが・・・・
e0224357_21475049.jpg
その内に急に飛翔モードが変わっていきなり見失ってしました。


また暫く探しましたが、たまに飛んでも擦れた♂ばかり・・・・
e0224357_21501729.jpg
この個体だけは広角でも撮らせてくれました。
e0224357_21513060.jpg
時々出て来ては見失ってしまいます。
e0224357_22035370.jpg
e0224357_21525067.jpg
クロコノマチョウも時々飛び出すので紛らわしいです。
e0224357_22100962.jpg
クロヒカゲモドキと比べるとかなり大きいですが・・・・
一瞬クロヒカゲモドキだと思ってしまいます。
e0224357_22104074.jpg
雨で湿った灌木の中を歩き回っていると・・・・
ヤマビルが長靴の中に沢山入っていましたが・・・
運良く血は吸われずに済みました。(笑)

ある程度撮れたので・・・生息地として知られている初めての場所に移動しました。
そこでは林内からヒカゲチョウ、ジャノメチョウに混じってクロヒカゲモドキも飛び出しました。
しかし、発生が早かったようで既に擦れが進んでいました。
e0224357_21583469.jpg
見つかるまでは半信半疑でしたが・・・一応生息していることは確認できました。
e0224357_22061259.jpg
ここではホソバセセリが沢山見られましたが、こちらも既に時期が遅かったようです。
e0224357_22081403.jpg


1年ぶりに地元のクロヒカゲモドキを探索しましたが・・・
あまりにも敏感だったり、飛びまわるイメージが今までとは違っていました。
来年も発生状況を確認しに行きたいと思っています。





-




by konty33 | 2017-08-04 13:00 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 29日
なんだか豪華に見えるクロヒカゲモドキ
7月24日 続き
早朝の高原でキマダラモドキを楽しんだ後、一路地元にロングドライブです。
地元の知り合いから発生の連絡を貰ったのでクロヒカゲモドキを見に行きました。
いつものポイントでははく初めての場所だったので心配しましたが、林道を歩いていると飛び出しました。
e0224357_21540193.jpg
久しぶりに見る綺麗な個体に感動しました。
e0224357_21550603.jpg
傷一つない個体が開翅しましたが、足元が悪くピンボケの証拠写真しか撮れませんでした。
e0224357_21571664.jpg
セミの抜け殻があちこちにありましたが、抜け殻とのツーショットが撮れました。
e0224357_21574639.jpg
抜け殻だけでなく、羽化直のヒグラシもいました。
e0224357_21591185.jpg
他の個体も見られました。
e0224357_22003884.jpg
e0224357_22011399.jpg
杉の切られた枝の上に動物の排泄物らしきものがあり、吸汁していました。
e0224357_22014577.jpg
e0224357_22030634.jpg
この開翅している♂はやや擦れていました。
e0224357_22034575.jpg
広角で撮影すると周囲の雰囲気もよく分かります。
e0224357_22054790.jpg
枝打ちされた杉の枝が積まれたところに止りました。
e0224357_22073282.jpg
同じような写真ですが、どれだけ撮っても飽きません。
e0224357_22085800.jpg
e0224357_22043003.jpg
e0224357_22050268.jpg



長距離をドライブしてきた甲斐がありました。
個体数は聞いていたより少な目でしたが撮影するには十分でした。
朝から晩までこの辺りをゆっくり観察する機会を持てればと思います。




-


by konty33 | 2016-07-29 23:32 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 07日
クロヒカゲモドキ 第2弾 地元にて
7月31日 
午前中で仕事を終え、地元静岡でもクロヒカゲモドキも発生しているだろうと考え山に向かいました。
出発時は晴れていましたが、生息地に到着するころ雷が鳴り始め、雲が熱くなり嫌な予感です。
それでもすぐに1頭の♀が出て来てくれました。
e0224357_219437.jpg

先日の山梨とは違い、草が少ないので飛んでも見失いにくい環境ですが・・・・・、
暗くなって来たかと思うと小雨が降ってきてしまいました。
暫く待つと明るくなったので撮影再開です。
e0224357_21133790.jpg

珍しく明るい広場に出てきたので慎重に近づき広角でも撮影しました。
e0224357_21144294.jpg

何回も飛ばれながら撮影を繰り返しました。
e0224357_21161779.jpg

今回は、広角でも何カットか撮れました。
e0224357_21165450.jpg

簡単に撮っているようですがドキドキしながら慎重に近づいています。
e0224357_21173112.jpg

この♀以外の別個体は暫く見られませんでしたが、その内に♂が2頭飛んできました。
しかし、こちらはすごく敏感で、吸蜜を始めても落ち着きません。
e0224357_21185555.jpg

良い角度では撮影できず、この1カットだけです。


他にはホソバセセリが何頭も飛んでいたのですが、既に新鮮さに欠けました。
e0224357_21214418.jpg




最後まで雨を心配しながらでしたが、予定時間まで撮影できました。
♂は落ち着きがなく、静止時間が短いうえ一旦飛ぶと何処へ行ったかかわからな程の距離を飛びます。
複数人で飛んだ先を見られれば良いのでしょうが、ひとりの時の欠点ですね。
そんなわけで今回も♂が撮れなかったので、来年はテリ張場所か吸蜜を見つけて撮影したいと思います。

by konty33 | 2014-08-07 21:31 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(6)
2014年 08月 06日
クロヒカゲモドキ 第1弾
7月27日
午後は、涼しい高原から暑い山梨の里山の林内に移動しました。
狙いはクロヒカゲモドキですが、昨年はこの地区の探索では見つけることが出来ませんでした。
今回は意外にあっさり見ることが出来ましたが、1頭だけ・・・・・と寂しい結果でした。
藪の中に逃げ込む虎の子を慎重に追いかけ、ススキの隙間から・・・・
e0224357_21303710.jpg

写真は全て藪の中ですが、♀のためか比較的飛ぶ距離が短く何とかなりました。
e0224357_21322851.jpg

周りの草を手で退けながらですが、オオヒカゲと比べると明るい場所なので助かります。
e0224357_21355230.jpg

同じような写真ばかりで恐縮ですが、こんな感じのところで静止しています。
e0224357_21402214.jpg

恐らく求愛と産卵時以外は、人が来なければ一日中静止している気がします。
e0224357_21404032.jpg

♂はあちこち忙しそうに飛び回り、猛スピードで卍やテリ張するのですが、♀はおとなしいです。
ススキなどが所々に密集するような林縁なので、草の隙間からしか覗けないことも・・・・
e0224357_214211.jpg

周辺各地も探しましたが、他には見つからず、同じような写真ばかりなのでこれくらいにします。

クロヒカゲモドキの生息地を探索中に見つけたもう一つの成果です。
ふと木を見上げるとエノキの葉の上にはゴマダラチョウの幼虫が透けて見えました。
e0224357_21473680.jpg

越冬幼虫とは顔つきも違います。
e0224357_21482455.jpg



たった1頭ですが今年はクロヒカゲモドキの♀を見つけることが出来ました。
以前はかなり多くの個体が見られたのですが、急激に減少した感が否めません。
テリ張の時間まで見届けたかったのですが、帰りも道中長いので早々に帰途につきました。

by konty33 | 2014-08-06 21:55 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2013年 07月 31日
地もと静岡でクロヒカゲモドキのリベンジ
7月28日
今回の狙いは静岡県内のクロヒカゲモドキで、発生の知らせを頂いたので生息地に向かいました。
昨年の同時期に県内で本種に挑戦しましたが、藪の中に逃げ込まれ撮影は叶いませんでした。

今年こそ逃げられないように ”リベンジ” と行きたいところです。
現地に到着するとすぐに♂らしき個体が飛び出しますが、敏感で撮影させて貰えません。
暫く見失っていましたが、樹液に吸汁しているところを見つけました。
e0224357_2231885.jpg

それまで敏感でしたが、夢中で吸汁しているので広角でも撮影しました。
e0224357_2241286.jpg

しかし、構図を考えて撮影し直そうとしたら飛ばれてしまい、見失ってしまいました。
♂を探していると・・・・・今度は♀を見つけました。
e0224357_2282839.jpg

♀も敏感でしたが飛ぶ距離が短く簡単には見失いません。
e0224357_2210236.jpg

また、飛んでも2~3mくらいのところに止まります。
静止してから暫く経って落ち着くと慎重に近づけば、広角でも撮影できるようになります。
e0224357_22131681.jpg

e0224357_22145564.jpg



そうこうしているとKさん率いる皆さんが到着しました。
暖蝶寒鳥」のごまさん、
美撮りに夢中」のmidoriさん、
akakokkoのゆっくりのんびり行きましょう!・・・」のakakokkoさん、
そして、「鳴呼っっ今日も証拠画像」のdaronさんの面々です。
皆さんに取りあえず1カット撮影して貰ってから、先程見失った♂を再度探すと見つかりました。

飛ぶ距離が長いので、1人ではすぐに見失ってしまいますが、みんなで見ると見失いません。
誰かが見つけてくれて♂が何カットか撮影できました。
e0224357_22274980.jpg

クロヒカゲモドキが静止する場所は、どこも暗くてシャッター速度がISO800でも1/60以下ですが、
この竹に静止して時だけは明るく1/250(f6.3)と余裕がありました。
e0224357_22281891.jpg


この場所ではホソバセセリも見られました。
e0224357_22462395.jpg



この後、違う目的で場所を移動したのですが、目的の蝶は見ただけで撮影できず・・・・
帰ろうとしたとき、何とそこでもクロヒカゲモドキを見つけてしまいました。
e0224357_22331183.jpg

こちらでも薄暗い草陰に静止するので、300mmで1/60はブレない限界です。
e0224357_2234232.jpg

e0224357_22345294.jpg


他にはヒメウラナミジャノメの交尾を見つけてもらいました。
e0224357_22364354.jpg

新鮮なダイミョウセセリもいました。後翅の白帯が薄く出たタイプでした。
e0224357_22385034.jpg




こんな感じで、1日かけてじっくりと地元のクロヒカゲモドキを2箇所で撮影できました。
昨年は完敗でしたから、リベンジが果たせて大変満足しています。
それに、皆さんと合流したことでワイワイと楽しい時間が過ごせました。
皆さん、ほんとうにありがとうございました。

by konty33 | 2013-07-31 23:06 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(10)
2011年 08月 17日
山梨のクロヒカゲモドキ♀と長野のムモンアカ転戦
8月11日
夏休み初日です。
前夜、相変わらずの無計画で、何処へ行こうかと考えながら「てくてく写日記」を拝見していたら、クロヒカゲモドキ♀の掲載がありましたので、これだと思い、まずは山梨方面へ行きました。
以前クロヒカゲモドキを見かけたお気に入りの林道を歩いてもお目当ての個体は飛び出しません。
クモの巣や蛇、蚊は嫌いですが、クロヒカゲモドキのためならと仕方なくひとり林内へ突入です。

暫く進むと1頭のクロヒカゲモドキが飛び出し、クヌギの幹に静止しました。
e0224357_1057325.jpg

残念ながらこの個体はスレており、反対側の羽根は破損しています。
すると近くに新鮮なクロヒカゲモドキ♀が静止しているではありませんか。
e0224357_1059026.jpg

慌てて撮影しましたが、更にすぐ横にも木漏れ日の中クロヒカゲモドキ♀が静止していました。
e0224357_1155611.jpg

こうなると余裕が出てきて、広角で周囲の雰囲気も合わせて写したくなります。
e0224357_1171078.jpg

朝方のためか意外にもおとなしく近寄ってもあまり逃げません。
e0224357_118425.jpg


大きく極めて新鮮なものもいましたが、密集した林内の2m以上のところに静止しうまく撮影できませんでした。
その後も林内を探しましたが他では発見できず、ある一箇所にのみ複数の個体が集まっているようでした。
こうして、お目当ての♀を撮影できたのもbanyanさん記事のお陰です。ありがとうございました。



続いて向かったのがムモンアカシジミのポイントです。
以前に掲載した(7/28に行った)場所とは違い発生時期がやや遅めのポイントです。
発生木の近くにあるシシウド?でしょうか、綺麗な個体が吸蜜していました。
e0224357_11211681.jpg

白い食卓には、ムモンアカが集合しているところもありました。
e0224357_11243173.jpg

定番?ですが、ヒメジオンにも吸蜜しています。
e0224357_11253175.jpg

吸蜜中の個体に求愛するシーンも見られました。
e0224357_112630100.jpg

4時過ぎには吸蜜する個体が少なくなり、交尾の時間のようでした。
e0224357_1128569.jpg

綺麗な開翅も狙っていましたが、残念ながら今回は見られませんでした。「開翅しそう!?」止まりでした。
e0224357_11293227.jpg


こうしてアッと言う間に楽しい一日が終了しました。
暫く、夏休み特集が続きそうです。お楽しみに。

by konty33 | 2011-08-17 11:38 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(6)