「ほっ」と。キャンペーン
タグ:キリシマミドリシジミ ( 12 ) タグの人気記事

2017年 01月 19日
小雪降るなかキリシマ探索
1月15日
今年一番の寒気に包まれ、珍しく2日続けて雪でした。
自宅付近では雪が降ることなど滅多にありませんが、日陰では薄っすらと雪が積もっていました。
近くの山に出掛けてみると・・・氷点下3℃・・・風はあまりありませんがとても寒く感じます。

運動不足を解消しようと今回も林道を歩くことにしました。
崖から沁み出した水が飛び跳ね、面白い形の氷が出来ていました。
e0224357_22555719.jpg
今回はいつもと違う場所でキリシマミドリシジミの越冬卵を探してみることに・・・
時々周りのひこばえを探しながら1時間ほど歩いたと思いますが、やっと雰囲気の良い場所に・・・・・
e0224357_22590209.jpg
アカガシの巨木もあり良い感じです。
しかし、簡単には見つかりませんでした。
ひこばえには冬芽が殆どなく・・・産卵に適した木がないのです。
もうダメかと思いましたが、何とか撮影する事ができました。
e0224357_23043059.jpg
e0224357_23052735.jpg
e0224357_23050076.jpg
寄生されている卵もありましたが、見つかって良かったです。
LUMIX GX7のスタッキングでも撮影しておきました。
e0224357_23090753.jpg
e0224357_23085467.jpg


結局、崖との格闘が空振りに終わり時間だけを費やしたため1.3万歩しか歩けませんでした。
この辺りはもう少し広範囲に探索したいので、ボウズ覚悟で歩いてみたいと思います。


[PR]

by konty33 | 2017-01-19 22:02 | | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 13日
越冬卵と越冬幼虫のダブル探索?
2月7日
好天に恵まれたので前回とは違う県内のキリシマミドリの生息地に出掛けました。
初めて探す小さな谷筋では良い感じのアカガシがあり卵もすぐに見つかりました。
e0224357_2005823.jpg

環境を見ながらあちこち歩き周りましたが、時間が経つのは早いですね。
林の中のけもの道は鹿の糞が非常に多く、日中なのに鹿を何回も見ました。
通常の卵は枝先の1番芽の付け根にありますが、そうでない場合も確認しました。
e0224357_2045252.jpg

これも2番目の芽?
e0224357_20896.jpg

e0224357_209255.jpg

ひとつの芽で2卵みつかるケースもあります。
e0224357_2095033.jpg

次にみつかったのは3卵でした。
e0224357_20111590.jpg

陰に隠れて分かりにくいので別角度から・・・・・綺麗に並んでいます。
もっと多くの卵塊はないかと探しましたが、1卵が圧倒的に多いです。
e0224357_20113075.jpg




小さなカエデに枯葉が付いていたので目をやると・・・・・
枯葉の中にミスジチョウの越冬幼虫がいました。
e0224357_20175521.jpg

小さな木でしたが、もう一つの枯葉にも幼虫がついていました。
内側の方が安全で暖かそう?ですが・・・・こちらは葉の外側でした。
e0224357_20203276.jpg

よく見ると葉が落ちない様に枝と葉柄は糸でしっかり括られているのが分かります。
幼虫の台座もしっかり糸で作られていました。
e0224357_20445688.jpg




予想外のミスジチョウの幼虫まで見つかり楽しい一日になりました。
この日の気温は4~5℃でしたが防寒対策の効果もあり暖かく感じました。
そろそろ花粉症対策が必要な季節になりますね。
[PR]

by konty33 | 2016-02-13 20:45 | | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 10日
環境の良いアカガシを探せ
1月31日
早朝は濃い朝霧が立ち込めてとても出かける気になれませんでした。
霧が薄くなってきたころには、もう遠出できる時間ではありません。
そこで自宅近くで思い浮かんだのはキリシマミドリシジミです。

昨年も探したポイントではすぐに見つかりました。
e0224357_21414814.jpg

前日は雨だったので芽の周りに水がついて見にくい芽もあります。
e0224357_21432943.jpg

基本的に薄暗い場所が多いので、水で覆われているととても見つけにくくなります。
ハンカチの先で水を吸わせて撮影してもこれくらいついています。
e0224357_21451342.jpg

光量不足の場所ではカメラ付属のLEDを使用して撮影しています。


けっこう歩き周りましたが、昨年とほぼ同じ場所でしか見つけられませんでした。
全く同じような環境でも産んである木とそうでない木の違いは分かりません。
e0224357_21513481.jpg

どれも日当りの悪そうな冬芽の小さな痩せた木から見つかりました。
最後に卵をアップで写した写真です。
表面の突起はヒサマツより短いのがわかります。
e0224357_21534980.jpg



環境の良いアカガシ探しがポイントですが、急斜面が多く難しい場所です。
今回も全てオリンパスTG-3で撮影しましたが、本当に気軽に撮影できて楽ですね。
ポケットにTG-3を忍ばせて・・・手ブラで気軽に歩き回れるところが良いですね。
[PR]

by konty33 | 2016-02-10 22:15 | | Trackback | Comments(0)
2016年 01月 10日
県内でゼフ卵を探せ!
1月4日
冬休みも何かと所要が重なり近所の探索では成果は殆どなく・・・
それでも何年も見つからなかった地域でやっとキリシマミドリシジミの卵を見つけることが出来ました。
e0224357_2136049.jpg

2時間ほどでしたが良い環境のアカガシも少なく、山道を歩き回っただけでした。
お蔭で1万歩以上歩いたので運動不足解消になりました。(笑)
写真のチェックも忘れ、探すこと(歩くこと?)に夢中だったので・・・このピンボケ1枚です。


1月5日
家の近くにはイボタが多くウラゴマを探してみました。
毎年どんどん林がなくなったり、笹などが密集し環境が悪化したりで
1時間も探索してやっとウラゴマダラシジミの卵を見つける事が出来ました。
e0224357_21215519.jpg


1月10日
急に時間が出来たので、朝の仕事を片付けてから県内のウラゴマ多産地に様子を見に行ってきました。
e0224357_2149650.jpg

やはり家の近くよりは数も多く沢山見つけられました。
陽が当たるところで撮影できることは稀ですが、木漏れ日が当たるようにして撮影しました。
e0224357_21491815.jpg

地面近くの幹には孵化卵と並んで見つかりました。
e0224357_21504956.jpg

かなり大きな木の幹にも卵は見られました。
e0224357_21523625.jpg

この日一番の卵塊です。13卵
e0224357_21525669.jpg

その後も次々と見つかります。
e0224357_21544294.jpg

卵の色はかなり赤っぽいものから、このように白っぽいものまで様々です。
e0224357_2156733.jpg

広範囲に歩き周り、この地域一帯で見られることが分かりました。
e0224357_21563164.jpg

少し高いところにもありました。手元まで引っ張るとかなり暗い感じです。
e0224357_21563927.jpg

まだまだ写真は撮れましたがこれくらいにしておきますね。

近くのハンノキ林にはミドリシジミの卵も少ないながら見られました。
e0224357_221457.jpg

寄生蜂にやられたものもあるようです。
e0224357_2211551.jpg



遠征とは違い静岡県内での探索は早く帰宅できるので良いですね。
ウラゴマばかりで・・・成虫は多いミズイロオナガも卵はなかなか見つけられません。
意外と平地性の普通種が見つけにくく、ミドリシジミも県内では初めてです。(笑)
[PR]

by konty33 | 2016-01-10 22:20 | | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 19日
久しぶりのフィールドでキリシマ越冬卵
2月19日
最近は土日も忙しく全くフィールドに出ていません。
今日は年休をとり所要を朝一番に片付けて久しぶりにフィールドに出ることが出来ました。
出発時間が遅くなってしまったのでそんなに遠くへは行けません。
そこで自宅から一番近い場所でキリシマミドリシジミの越冬卵を探すことにしました。

初めての場所ですが、林道を進むと大きなウラジロガシはそれなり見られます。
アカガシは少なく感じましたが急斜面に生える何本かのひこばえを探してみました。
意外とあっけなく見つかりました・・・・こんな近くにも生息しているのかと・・・・少し驚きです。
e0224357_2117432.jpg

その後は、暫く冬芽がついたアカガシが見つかりませんでしたが、
場所を少しづつ移動しながら適当に斜面に入って探すとポツポツと見つかります。
e0224357_21185976.jpg

少し暗めの林の中なのでカメラ付属のLEDライトが役に立ちます。
e0224357_21192546.jpg

風がなく日差しもあるので斜面で格闘していると汗が滲みます。
こんな陽気だと心配なのが花粉ですね。
既に飛び始めているのでマスクは欠かせません。
帰宅するとやはりやや花粉症の症状が・・・・(クシュクシュ・・・)

いくつかの写真が撮れたので車に戻ろうと・・・・帰り道に見つけた卵は豪華でした。
e0224357_21251733.jpg

TG-3は結構大きく撮影できます。
e0224357_21255521.jpg

すぐ隣には4卵もついている芽もありました。
e0224357_21263971.jpg

e0224357_2127330.jpg




初めての場所でのキリシマ越冬卵探しでしたが、居るところにはいるんですね。
2シーズン県中部の同じような環境の場所を探しても見つからなかったのですが、
こんなに近くで見つけられて良かったです。
皆が働いている平日にフィールドに出られ、満足のいく成果に感謝です。
[PR]

by konty33 | 2015-02-19 21:44 | | Trackback | Comments(4)
2014年 03月 03日
県内のキリシマ探索の成果は・・・?
3月1日
このところ春らしい日が続き、会社の河津桜も1週間で一気に満開になりました。
この日は天気予報も芳しくなく、北の方は残雪も心配なため、県内のキリシマミドリシジミの探索に専念しました。
朝一に仕事を片付けて遅めの出発でしたが、お昼を過ぎても全く成果がありません。
一瞬、「あった!」と勘違いしてしまうのが、こちらの卵たち・・・・・沢山ありました。
e0224357_21205020.jpg

アカガシの冬芽の基部についている白い物はキリシマに見えてしまいますが、アップで撮影すると全く違います。
e0224357_212258.jpg

途中で小雨が降りましたが・・・・・・このポイントはきっとあるに違いないと思い諦めきれません。
結局、足下の悪い中で急斜面と格闘しながら探索を続け、夕方暗くなる頃にやっと見つけることができました。
e0224357_21254837.jpg

林内は既に薄暗いので、LEDでピントを合わせストロボを使用しての撮影です。
超接写でも撮影出来ました。
e0224357_2129556.jpg

周りの良い環境の幼木には全く卵がないのに、この1本だけは、どう言うワケか8卵の卵が見つかりました。
e0224357_21301850.jpg

1芽に4卵産まれたのもありましたが、残念ながら2卵は寄生されていました。
e0224357_21352266.jpg

最後はヘッドライトを使用しての探索でしたが、霧雨も降ってきたのでこれで終了としました。
小雨も降る一日でしたが、杉の花粉は最盛期を迎えており、帰宅後もくしゃみが止まらず大変でした。
翌日も探索したかったのですが、花粉症の後遺症?と静岡は雨だったこともあり、所用を片づける日としました。



3月3日
平日なので当然仕事がありますが、少しだけ早く起きて以前より気になっていた近くのイボタの様子を見に行きました。
新芽が膨らんでいたのでウラゴマダラシジミの幼虫がいないか探してみると・・・・・2齢幼虫が見つかりました。
e0224357_21523166.jpg

食痕のある芽を探せばいいのですから、卵探しよりも簡単かも知れません。
e0224357_21524061.jpg

食痕がっても幼虫が見つからないこともありますが、10分ほどで3つ見つけられました。
e0224357_21525190.jpg

夢中になってしまうと仕事に遅れるので、早々に撮影を終了し早朝探索終了です。


この分だと2週間以内にはギフチョウが飛びそうですが、シーズンオフにやり残した事が多くて困ります。
年度末で仕事も大忙しですが・・・・・・心ここにあらずと言ったところでしょうか。
[PR]

by konty33 | 2014-03-03 22:27 | | Trackback | Comments(6)
2014年 02月 23日
初めての地でゼフィルス越冬卵探索
2月22日
先週は家の付近では雨でしたが、各地でまたも大雪となり予定してた遠征は諦めました。
当分の間は山梨も信州もお預けだと思い、雪はないと思われるフィールドに出かけることにしました。
今回もゼフィルスの越冬卵探しですが、これまで行ったことのない場所です。

狙いは、ウラジロミ、キリシマ、ウラクロの3種ですが・・・・少し欲張りすぎでしょうか。
まずは、ナラガシワを食すウラジロミドリシジミを探してみることにしました。
ナラガシワで卵を探すのは初めてだったので、なかなか調子がでませんでしたが・・・・
暫く探すと枝の分岐部で卵を見つけることができました。
e0224357_19324852.jpg

コンデジを望遠側にしてアップでも撮影しました。
この時、近くに花芽をつけた杉があったので、枝を叩くと花粉が・・・・・ヒェ~・・・花粉症には辛い時期です。
e0224357_19423840.jpg

その後いくつか見つけることができたのですが、いずれも分岐部か1年枝のヒダ部でした。
e0224357_19385513.jpg

1箇所に2卵産んであるものも2つ見つかり、コンデジでも頑張るとここまで拡大出来ます。
e0224357_19504847.jpg

超接写で確認してみましょう。少し汚れていますが、突起の特徴はわかります。
e0224357_19501085.jpg

このあたりのナラガシワからは、ウラジロと同じような部位からミズイロオナガシジミの卵も見つかりました。
e0224357_1954255.jpg

アカシジミやウラナミアカシジミもいると思うのですが、探し始めると時間がかかるので諦めました。
近くにはハンノキ林も点在していたので、ミドリシジミの卵も確認してみると沢山見つかりました。
e0224357_2054892.jpg

短時間にこんな卵塊が沢山見つかったので、夏には綺麗な姿が見られる事と思います。
この地域では、ウラジロ、ミズイロオナガ、ミドリシジミの3種を見つけることが出来ました。


次の狙いはキリシマミドリシジミですが、成虫を見たことがない2箇所の谷で越冬卵を確認できました。
e0224357_20112659.jpg

林内の少し暗がりが狙いですが、ウラジロガシからもキリシマが見つかりました。
e0224357_2013113.jpg

超接写で見ると突起が短く、(ヒサマツでなく)キリシマに間違いありませんね。
e0224357_20174129.jpg

アカガシには同じ芽に2卵産んであるものもありました。
e0224357_20211419.jpg

谷の奥は雪の多いところもあり、1m以上の氷柱もありました。
e0224357_20223164.jpg

平野部では梅が咲きかけていましたが、静岡よりは少し遅い開花のようです。
e0224357_20253754.jpg


最後に、もう一つの狙いだったウラクロシジミの卵を探しました。
しかし、植樹のマンサクがまだ咲いていないので初めての場所で探すのはとても大変です。
マンサク、マンサクと呟きながら目を皿のようにして谷合を探すと・・・・1本だけみつかりました。
川沿いに伸びた枝を見てみると咲きかけの花の横に卵がありました。
e0224357_20313844.jpg

何卵か見つかったところで、本日の探索は終了です。
e0224357_20322115.jpg

陽が長くなったとは感じますが、谷間は既に陽差しはなく寒くなってきたので急いで車に戻りました。


2週間ぶりの探索は狙い通りの3種に加え、2種のオマケ付きとなり大満足の一日となりました。
朝が早かったので、帰りの高速は眠くなるかと思いましたが、ルンルンで眠くならずに済みました。
さて、来週も北にはとても行けませんね。近場での探索になりそうです。
[PR]

by konty33 | 2014-02-23 20:53 | | Trackback | Comments(6)
2013年 07月 29日
新鮮なキリシマミドリシジミに感激
7月27日
この日は、「蝶の玉手箱」のcactussさんと合流して三重県にキリシマミドリシジミを見に行きました。
現地が近くなってくると雨が・・・・ポツポツから・・・・本格的に降り出しました。
しかし、現地に到着したとたんに雨はやみ晴れ間も見られてホットしました。
さて、歩き出すなり長柄の竿でペシペシしながら探索すると程なく♀が飛び出しました。
e0224357_2084747.jpg

少し高い位置なので300mmで撮影してトリミングしてありますが、新鮮な♀に感激です。
降りてこないかと思いましたが、上の方に飛んでしまいました。
仕方なく次を探すと飛び出した♀が杉の木の中にとまりました。
蝶が向きを変えて陽がさすとちょうどそこに上手く光が当たり輝いて見えました。
e0224357_20121347.jpg

暫く待ってみましたが、動く気配がないので諦めました。
ペシペシしていると♂も飛び出しますが、全く降りてきません。
次に見た♀はアカガシの芽に止まりましたが吸汁しているわけでもなく、産卵する様子もありません。
おまけに翅が半分葉陰に隠れてしまっています。
e0224357_20163135.jpg

さて、♂の開翅の可能性が高い場所で9時から2時前まで粘りましたが・・・・玉砕です。
高いところで静止した証拠写真だけです。小さくて分かりにくいと思いますが、白く光っているのが♂です。
e0224357_20211530.jpg

V字開翅していましたが、こんな遠くからではどうしようもありませんね。
e0224357_20215243.jpg





なんとか天気も回復して良い天気になってくれました。
目の前を何回か飛んでくれた♂の翅表の美しさは目に焼き付いています。
新鮮な♀に出会えましたが、♂の開翅はかなりハードルが高いことが再認識できました。
今年はもう行けそうにありませんから、来年に期待しましょう。
現地でいろいろとお話頂いた皆さん、そして遠くから同行してくれたcactussさんありがとうございました。
[PR]

by konty33 | 2013-07-29 20:51 | シジミ類 | Trackback | Comments(12)
2013年 01月 06日
キリシマミドリシジミの卵探し
1月6日
元旦から所用のため忙しい毎日が続いておりフィールドへ出かける暇がありませんでした。
今日は連休最後だったので、少し無理して県内のキリシマミドリシジミの卵探しに出かけてみました。
朝の気温は2℃と寒かったのですが、天気は良かったので久しぶりの山を楽しみながら歩きました。
1時間以上探しながら歩いたところでやっと見つけたのは、これまでに見たことがない程沢山の卵がついていました。
e0224357_21184286.jpg

裏側にもついており、この芽には7卵が一度に産卵されたようです。
e0224357_21222540.jpg

卵をアップにするとこんな感じです。(LEDを2灯使用)
e0224357_2129183.jpg

近くでは、3卵産まれた芽も見つかりました。
e0224357_21305030.jpg

昼になっても日陰にはそこら中で霜柱が見られました。
e0224357_21405957.jpg

こんな感じの山をどんどん奥に歩きながら、良い雰囲気の場所があれば芽を探します。
e0224357_21362322.jpg

木漏れ日がさす場所では、自然光だけで撮影しています。(上下の写真)
e0224357_21421062.jpg

1芽に1卵が普通なのですが、「何だ1つだけか~」と思ってしまいます。
帰りに車まで戻ってくるとすぐ近くでも卵が見つかりました。
しかも1芽に3卵のもありました。(上奥に2卵あります)
e0224357_21455619.jpg

暗い場所なので、LEDライトとフラッシュを使用しています。
e0224357_21482234.jpg



冬休み最終日は、なんとかフィールドへ出かけることが出来ました。
狙いのキリシマミドリシジミの卵が今年も広範囲で見つかったので安心しました。
次週は、何処へ行くか全く未定ですが、卵探しが続く予定です。
[PR]

by konty33 | 2013-01-06 22:14 | | Trackback | Comments(6)
2012年 03月 10日
ウラクロシジミの卵探し
3月10日
昨日からの雨は今朝も降り続いていました。
天気予報では西へ向かえば雨が上がりそうなので、思い切って三重方面に向かうことにしました。
鈴鹿山地にはマンサクが多いところがあるとのことで、花が咲くころなので探しやすいと考えました。
狙いは、ウラクロシジミの卵ですが、はたして見つかるかどうか全く自信はありません。

山の麓の駐車場に到着すると晴れ間が広まり良い感じです。
渓流沿いに登っていくとありましたマンサクは狙い通り花をつけていたのですぐに見つかました。
e0224357_22224744.jpg

早速、探してみると見つかりました。芽の付け根に綺麗な卵が産まれています。
e0224357_22253411.jpg

マンサクの花のついた芽に卵がないかと探しましたが見つかりません。
そこで、無理矢理マンサクの花をバックに季節感を出してみました。
e0224357_22272425.jpg

超アップでも写してみました。三脚にカメラを固定し、枝を引っ張っての撮影です。
e0224357_2228979.jpg

e0224357_22303615.jpg

いくつかのマンサクの手が届くところだけをチェックし、数卵の卵を見つけることができました。
「マンサクが多い」とだけの適当な情報でしたが、意外と少ないマンサクから運良く卵が見つかってよかったです。

この山は鈴鹿らしくアカガシやウラジロガシが多い山でした。(昨年の夏に♂の開翅を撮影した谷ではありません)
e0224357_22554757.jpg



アカガシと言えばキリシマミドリシジミも見つかるかも知れないと思い、帰り道に探してみました。
すると1卵だけ見つけることが出来ました。
e0224357_2239413.jpg

超アップでも撮影しました。(前の葉が邪魔だったのでとって撮影しました)
e0224357_22403538.jpg

キリシマの卵を探しているとき少し小さめで黄色く輝く卵が見つかりました。
アップで撮影してみたらキリシマでは無いことがよく分かります。何の卵でしょうか?
独特の模様がついていますが種名は分かりません。
e0224357_22455020.jpg


山道で面白い形の石を見つけました。何だか人の横顔に見えます。
e0224357_22495018.jpg



明日は予定がありフィールドに出られそうもありませので、今日は思い切って遠出してみました。
狙いが的中し、ウラクロに加えてキリシマも撮影出来て喜んでいます。

6時過ぎに帰宅するとこちらは小雨、1日ほとんど雨だったようですから、西方に遠出して正解でした。
今日は、相当スギ花粉が飛んだのか目が真っ赤になりました。マスクはしていたのですが・・・。

追記;
昨日の夕方、近所のウラゴマの様子を見に行ったら孵化が始まっていました。
幼虫は見つかりませんでしたが、その内もう少し大きくなったら見つけてご紹介したいと思います。
[PR]

by konty33 | 2012-03-10 23:12 | | Trackback | Comments(8)