タグ:キマダラモドキ ( 13 ) タグの人気記事

2017年 08月 06日
霧と小雨の中でも・・・キマダラモドキ
7月30日
朝起きると雨雲レーダーでは雨雲は見当たらないのに小雨が降っていました。
霧と小雨の道を走りながら・・・望み薄なので帰ろうかと思いましたが・・・
霧を抜けると少し明るい空模様になってきたので・・・
先週♂ばかりだったキマダラモドキの♀の発生状況だけでも確認することにしました。
e0224357_22324944.jpg
すぐに羽化直と見られる♀を見つけました。
しかし、この天気では狙っていた開翅は望めそうもありません。
e0224357_22333779.jpg
いつもは木の幹に静止することが多いのですが・・・この日は天気のせいか葉の上ばかり・・・・
e0224357_22352049.jpg
e0224357_22340748.jpg
ゼフでは通用する秘密兵器も全く効かず・・・開翅は困難な状況なので
翅表は飛翔で狙ってみました。
暗いのでISOを目いっぱい上げたため画質は最悪ですが翅表をみても♀だとわかります。
e0224357_20403657.jpg
♂もまだ綺麗な感じでした。
e0224357_20412667.jpg
一瞬、枝にぶら下がりましたが・・・すぐに飛んで・・・
e0224357_20414981.jpg
この日は♂も葉っぱ止まりが落ち着く様でした。
e0224357_20421496.jpg
♂の翅表もコンデジで飛翔を撮ってみました。
e0224357_20435446.jpg
この日は他にジャノメチョウがいたくらいで他には何も飛びませんでした。
e0224357_20462617.jpg



新鮮な♀の開翅はまたしても来年に延期です。
時期はバッチリでしたが流石に天気には勝てませんね。
発生数はまずまずのようなので、来年また遊んでもらいます。





-



by konty33 | 2017-08-06 21:06 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日
新鮮なキマダラモドキとの出会い
7月21日
夕方にはキマダラモドキの生息地に立ち寄りました。
今年は多くの種が個体数が少ないので心配しましたが・・・
縁毛が美しく輝く新鮮な個体に出会えました。
e0224357_20582061.jpg
例年通りシラカバ止まりが健在で・・・・
どれも新鮮な♂ばかりでした。
e0224357_20590350.jpg
広角と100mmマクロ両方で撮り比べてみました。
e0224357_21012566.jpg
暫く明るい林の中を歩いてみましたが、どこからともなく飛び出してきます。
e0224357_21024451.jpg
夕方だからか・・飛ぶと意外と早く飛び回りますが、止まれば撮影は簡単です。
ストロボに驚いたと思いますが・・・開翅?も写っていました。
e0224357_21050754.jpg
白樺ばかりではなくヤマボウシの枝下にぶら下がり・・・
e0224357_21062334.jpg
樹液も出ていないのに口吻を伸ばすシーンも・・・・
e0224357_21054594.jpg
キマダラモドキと紛らわしく飛ぶヒカゲチョウもいました。
e0224357_21080509.jpg
もう一つ紛らわしいのがウラジャノメです。
こちらは既に擦れ個体のみ・・・
e0224357_21190101.jpg
他にもキマダラヒカゲやクロヒカゲも飛び回りますが、新鮮なキマモは他とは違います。


ここは以前はヒョウモン類が多かったに、殆どいなくなってしまいました。
この日もミドリヒョウモンが少しだけ・・・・
e0224357_21113995.jpg



今回の訪問時期はキマモ♂の発生にドンピシャでどれも新鮮でした。
次週、再訪し新鮮な♀の開翅も狙いたいです。
ヒョウモン類も賑わうと高原らしいのですが・・・・



-



by konty33 | 2017-07-29 22:39 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 28日
キマダラモドキの魅力に嵌まる
7月24日
キマダラモドキの魅力に惹かれて先週に続いてまた様子を見に行きました。
前回は夕方でしたが今回は早朝です。
e0224357_22383191.jpg
今回の狙いは背景のタマボケとなりました。
絞りによってタマボケの大きさが変えられますが、その違いを表現してみました。
e0224357_22394412.jpg
広角で撮影するとこんな感じの背景です。
木漏れ日が上手く入れられるとタマボケができます。
e0224357_22410396.jpg
翅裏の白地が目立つ個体も居ました。
e0224357_22415440.jpg
どれもまだ新鮮です。
e0224357_22424367.jpg
e0224357_22432992.jpg
下草や白樺などの幹に静止することが多いです。
e0224357_22442764.jpg



以前は各種のヒョウモンなどが沢山見られましたが、キマダラモドキ以外の種があまり見られませんでした。
今回は♀が最盛期でしたが、時間に追われてゆっくりできず開翅を見ることはできませんでした。
この後、地元のチョウを狙うため移動時間的に余裕がなく、後ろ髪を引かれながらも早々に帰途につきました。





-


by konty33 | 2016-07-28 21:43 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 20日
翅裏模様が魅力的なキマダラモドキ
7月16日 続き 
次に向かったのはキマダラモドキの生息地です。
途中で霧に覆われたり怪しい雲が見られましたが何とか天気はもちました。
このチョウも最近少なくなってきたと思うので毎年1度は確認に行っています。
例年より1週間以上早いですが既に♂は発生していました。
e0224357_22075858.jpg
新鮮な個体ばかりで例年見る♂より綺麗に感じます。
e0224357_22085595.jpg
半開翅までは見せてくれましたが、この後飛んでしましました。
e0224357_22095464.jpg
下草によく止りますが、遠くへ飛ぶと何処に止ったか分からずまた飛ばしてしまいます。
e0224357_22130235.jpg
木の幹に止ると見つけやすいし撮影もバリエーションが出てきます。
背景にタマボケを作ったり・・・・
e0224357_22135051.jpg
広角で背景を入れたり・・・
e0224357_22091951.jpg
e0224357_22092711.jpg
シラカバに静止すると高原の雰囲気が出ます。
e0224357_22152702.jpg


例年7月末にここを訪れることが多いと思いますが、今年の発生は早いと感じました。
まだ♂しか見られなかったので、翅裏が魅力的な♀を見るために再訪したくなりました。
フライングも覚悟していただけに確認できて良かったと思います。



-


by konty33 | 2016-07-20 22:27 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2014年 08月 14日
キマダラモドキの開翅と交尾
8月3日
この日の狙いはキマダラモドキ♀の開翅です。
開翅の条件がなかなか把握できず、偶然見られることが多いです。
まずは、定番のシラカバの幹に静止するキマダラモドキ♀です。
e0224357_222291.jpg

しかし、開翅はしてくれそうな個体は見つかりません。
下草の影に静止すると開翅ぜず、葉の上に静止すると開始しやすい気がします。
開翅しそうな♂を見つけました。
e0224357_2255860.jpg

笹の上に静止した♂は暫くすると開翅しました。
e0224357_226514.jpg

その後も開翅しそうな♀を探しますが、全く見つかりませんでした。
そもそもこの日は♀が少なく難しいのですが、幸運にも交尾を見ることが出来ました。
e0224357_22101124.jpg

♂と♀の向きが変ですが、交尾には違いありません。
少しの刺激で飛ぶので、場所を変えて多数のカット撮ることが出来ました。
e0224357_2212764.jpg

♂は相当擦れていますが、♀は綺麗です。
e0224357_22135524.jpg

e0224357_2214378.jpg

シラカバ止まりの交尾に慎重に近づき、広角でも撮影できました。
e0224357_22173616.jpg

ドンドン飛んでは場所を変えていきます。
e0224357_2218637.jpg

そのうちに、撮影できない高いところへ飛んで行ってしまいました。
この日のキマダラモドキは、下草の影に静止することが多く、とても敏感でした。
シラカバに止まることもありますが、近くでは撮らせてもらえませんでした。
e0224357_22201891.jpg


シラカバにはコエゾゼミも静かに止まっていました。
e0224357_22214622.jpg



結局、♀の開翅は見ることが出来ませんでしたが、
交尾を見るのは初めてだったのでとても興奮しました。
ヒョウモン類などその他のチョウは次回掲載する予定です。

by konty33 | 2014-08-14 22:24 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(16)
2014年 07月 09日
クロミはNGでもキマモ♂は最適期
7月6日
朝から晴天に恵まれる予感・・・・・まずは朝一にクロミドリシジミを狙いました。
クヌギを叩くと沢山の個体が飛び出しますが、時間が遅すぎたこともあり降りてきてくれません。
やっと降りてきてくれたのは♀でしたが、開翅したと同時に飛び立たれてしまいました。
e0224357_20284335.jpg

時間だけでなく時期も遅すぎたので、他のゼフはかなり傷んでいました。

もう一つの狙いだったキマダラモドキは♂の適期で開翅もよくみられました。
e0224357_20314110.jpg

クヌギの幹で開翅した個体は、朝日を浴びてビロードのように輝いて見えました。
e0224357_20344225.jpg

他にも何回か開翅チャンスがありましたが、全部♂のみで♀は確認できませんでした。
e0224357_2036366.jpg

一応、翅裏も載せておきましょう。
e0224357_20394542.jpg


オオミスジと間違えるような大きなホシミスジも見られました。
e0224357_20373166.jpg

またホシミスジかと思っているとオオミスジもゆったりと舞っていました。
e0224357_2039678.jpg

近づけそうだったのでコンデジでも撮影してみました。
e0224357_20403210.jpg


ウツボグサではウラギンスジヒョウモンが吸蜜していました。
e0224357_20422666.jpg

e0224357_20424135.jpg


スジボソヤマキチョウも見られましたが、活性が低くすぐに下草に逃げ込んでしまいます。
e0224357_20484574.jpg




他にもオオムラサキをはじめ時期遅れの痛んだ各種ゼフなど多くの種類が確認できました。
3時間ほど楽しんだ後、次のポイントに移動しました。

by konty33 | 2014-07-09 21:01 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(6)
2013年 08月 27日
夏の終わりの五目撮り
8月24日
真夏日が長く続いていましたが、この時期になりやっと少し気温が下がりました。
炎天下では大変なので、例年はもう少し涼しくなってから行くのですが・・・・・
夜に雨も降ったようで曇りだったのでシルビアシジミでも探してみようかと山梨の生息地に立ち寄りました。
しかし、食草は夏枯れで全く飛ぶ気配もなく、見つかったのはチャバネセセリの交尾でした。
e0224357_20174265.jpg

一面夏枯れの土手でクズだけが緑で、葉から葉へ交尾のまま移動します。
e0224357_20185088.jpg

そっと脅かさないように接近し、広角でも撮影しました。
e0224357_20192883.jpg

狙いのシルビアシジミは見つかりませんでしたが、少し嬉しい発見です。

久しぶりに「Nature Diary」の虫林さんとお会いしたので、その後の一日をご一緒させていただきました。
この時期は、狙いを定める種類もないので五目撮りの一日になりました。
次にスミナガシを期待して立ち寄った里山では、キマダラモドキ♀が見つかりました。
e0224357_2031152.jpg

最初は、草の中に入り込んで難しい状況でしたが、上手く苔むした岩に静止してくれました。
e0224357_20372917.jpg

少し、場所を移動して・・・・
e0224357_20375762.jpg

この時期は、それなりに長距離を移動するのだと思いますが、1頭だけしか見られませんでした。
虫林さんは、甲虫を見つけるのがとても早く・・・綺麗に輝くオオセンチコガネを魚露目で撮影されていました。
普通に撮影しても臨場感がありませんね。
e0224357_2114426.jpg


蕎畑では、イチモンジセセリが沢山いましたが広い畑に入るわけにも行かず・・・・・。
e0224357_20423081.jpg

しかし、道から求愛などを眺めているだけでも面白いものです。

たまたま道路沿いの民家の花壇でミヤマカラスアゲハが吸蜜していたので停車しました。
100mmマクロの射程に来てくれたのはワンチャンスだけでした。(少しだけトリミングしてあります)
e0224357_20472580.jpg

e0224357_2142229.jpg



最後に寄った場所では、クロヒカゲモドキでも探そうと思ったのですが、居たのはサトキマダラヒカゲでした。
e0224357_20523218.jpg

伐採地ではワレモコウもそれなりにあったので、ゴマシジミを期待したのですが、凄く小さなツバメシジミしか居ませんでした。
e0224357_2182721.jpg


少し林を抜けた空き地では、「ヘボ取り」をしているおじさんがいました。
e0224357_2194740.jpg


歴史ある「ヘボ取り」は、クロスズメバチを追いかけるのが有名ですが・・・・
ここでの狙いはオオスズメバチで、クヌギに吸蜜に来た蜂をザリガニの剥き身?に乗せ替えてコヨリを付けて追いかけるそうです。
TVでは時々見ますが、実際には初めて見ました。仲間と携帯で連絡を取り合って巣を探し出すのを待ちます。
おじさんは、なかなか巣を見つけられない仲間にイラついていましたが・・・・・
帰りには「巣を見つけたよ」と嬉しそうに仲間のところに向かうおじさんの嬉しそうな顔が印象的でした。




こんな感じで、虫林さんと2人で夏の終わりを各地を転戦しながら楽しみました。
写真を撮るより話をしていた時間が長かったように思いますが・・・・
虫林さんには初めての場所に連れて行っていただいたり、楽しい話をありがとうございました。
当初狙いのシルビアシジミは、もう少ししてから再訪したいと思います。

by konty33 | 2013-08-27 21:42 | セセリ類 | Trackback | Comments(10)
2013年 08月 14日
高原のキマダラモドキ♀
8月上旬
平野部や盆地に比べれば涼しいに違いありませんが、信州の高原でも日中は暑く感じます。
陽を避けて、日陰にはいると爽やかな風に涼しさを実感できます。
キマダラモドキも暑さを避けるように日陰でじっと佇んで動きませんが、意外と敏感で近づくと飛び出します。
e0224357_1094588.jpg

今期初めて見る♀です。白が目立って綺麗な模様です。
e0224357_10101825.jpg

この日は凄く敏感でしたが、吸汁しているときだけは別の様です。
上と同じシーンですが、広角でも撮影できました。(背景が下草ではあまりよくありませんね)
e0224357_10123375.jpg

♂はというと・・・・かなり擦れてきており綺麗そうな個体を選びましたが、アップには耐えられません。
e0224357_10163585.jpg

いつもの白樺バックの広角もやや遠目から・・・・
e0224357_10181176.jpg



この翌日にある著名な方が交尾を観察したとの情報を得、5日後に産卵でも見られないかと再訪しました。
暑さで何処かへ行ってしまったのか、数がかなり減少した感じでしたが、仲良く並んで吸汁している♀がいました。
e0224357_10232072.jpg

少し高いところだったので広角ではこれが限界ですが、下から見上げる白樺も良いですね。
e0224357_10483248.jpg

それ以外には、特に産卵行動をとる♀など変わったシーンもなく・・・・
いつものようにじっと佇んでいる♀を遠目から撮影して諦めました。
e0224357_10363360.jpg

交尾や産卵シーンに出会うには、もう少し勉強しておく必要がありそうです。
そう言えば、今年は開翅すらも撮影できませんでしたが、もう少し良い時間にゆっくり観察しなければダメですね。

by konty33 | 2013-08-14 10:50 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(4)
2013年 07月 28日
楽しいひととき・・・・五目撮り
7月20日 つづき
昼過ぎに山から駐車場に下りて来たら、「蝶の玉手箱」のcactussさんや「naogio写真日記」のnaogioさん、「美撮りに夢中」midoriさん、Yさんと偶然お会いしました。
そこで、暫く皆さんに同行させて貰い近くのポイントを回りミヤマカラスシジミに出会いました。
ちょうど午後の吸蜜タイムのようでしたが、3頭いたうち一番綺麗そうな個体を載せておきます。
e0224357_20403432.jpg

近くではアサマイチモンジも吸蜜していました。
e0224357_2043496.jpg

オオミスジも見られましたが、意外と敏感なので皆さんで慎重に撮影しました。翅の形から♀のようです。
e0224357_20415214.jpg

e0224357_2042753.jpg

ムモンアカシジミやオナガシジミなども見られたのですが、掲載できる写真がありません。


皆さんとお別れした帰り道、陽が傾いてきましたがキマダラモドキの発生を確認しました。
すると5時過ぎにも拘わらず、沢山のキマダラモドキの発生が飛び出しました。
e0224357_2045382.jpg

e0224357_20452261.jpg

e0224357_20454548.jpg

広角でも何カットか撮れましたが、この日撮影できたのは全て♂のようでした。
e0224357_20463766.jpg



短時間でしたが皆さんとご一緒できて楽しいひとときをありがとうございました。
キマダラモドキはまだ殆ど発生していないと思っていたら、♂の最盛期だったようです。

by konty33 | 2013-07-28 21:03 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(10)
2013年 07月 02日
東信にて・・・蝶の多さに大満足
6月29日
久しぶりに蝶の玉手箱のcuctussさんとご一緒させて頂くことになりました。
早速、叩き出しをしてもらうのですが・・・・ゼフが飛び出すもののなかなか降りてきてくれませんでした。
それでも何種類かのゼフが見られましたので順不同でご紹介します。
まずは、期待していたウラミスジシジミです。
e0224357_2123124.jpg

開翅はしてくれませんでしたが、飛ぶとオレンジと翅表の青が綺麗でした。
e0224357_2125157.jpg

クロミドリシジミは、沢山いても殆ど降りてくれませんでしたが、広範囲で見られるようでした。
e0224357_21311100.jpg

陽が高くなってからも林縁の草地で、新鮮なクロミドリ♂が見つかり一瞬開翅してくれました。
1カットだけですが、なんとか前回のリベンジ出来たような・・・・。
e0224357_2155627.jpg

他にはウラナミアカシジミは綺麗なものからボロまで沢山いました。
e0224357_2181313.jpg

林内のコナラの幼木にはミズイロオナガシジミが結構佇んでいました。
e0224357_2193066.jpg


ここまでは想定通りでしたが、他にも予想外にいろいろな種類の蝶を撮影することが出来ました。
ゼフだと思ったら・・・・新鮮なカラスシジミも居ました。
少し、葉が邪魔していますが300mmでファインダーを覗いていると・・・・左前足で「お手」をしてました。
e0224357_2344294.jpg

キマダラモドキにはやや早いと思っていましたが、もう発生していてクヌギの樹液を吸っていました。
e0224357_2116207.jpg

ゼフを叩き出していると新鮮なキマダラモドキが飛び出します。
e0224357_21174383.jpg

ちょうど陽が射してきたとき、キマダラモドキ♂が開翅してくれました。
e0224357_21193166.jpg


ウラギンスジヒョウモンも多く見られました。
e0224357_21204165.jpg

全開翅するととても新鮮でオレンジ色に輝いて見えました。
e0224357_21251967.jpg

ウラギンヒョウモンが交尾していると教えてもらいました。
e0224357_2127163.jpg

オオムラサキは、あちこちで滑空しており迫力満点です。
どれも新鮮でしたが、自然な感じの写真は撮れませんでした。
e0224357_21323920.jpg



天気も味方して初めて訪れたこの場所は、とても蝶相が濃く、午前中にこれだけ撮影できました。
普段はゆっくり出来ない昼食ですが、この日は木陰でゆっくりと食べながらいろいろとお話でしました。
cactussさんどうもありがとうございました。

by konty33 | 2013-07-02 22:04 | Trackback | Comments(14)