タグ:オオムラサキ ( 5 ) タグの人気記事

2016年 02月 29日
オオムラサキ越冬幼虫
2月21日  続き
狙いだったクロミドリの越冬卵を探し終えると午後はオオムラサキの越冬幼虫が見たくて
夏にオオムラサキが絡んでいたエノキの根元を探しました。
e0224357_20432753.jpg

e0224357_2044120.jpg

e0224357_20475398.jpg

積もった枯葉の中から掘り出して撮影していると風が強くて吹き飛ばされてしまうので
早々に元通り枯葉の中に返してやりました。
夏にはこの林道でミヤマカラスシジミも目にしたので越冬卵を探しました。
クロツバラが何本かあったので探してみるとすぐにいくつか見つかりました。
e0224357_20542416.jpg

多くは枝の分岐近くに産まれていますが・・・・
e0224357_20552781.jpg

いつも同じパターンではないようです。
e0224357_20562323.jpg

この地域では大きな卵塊は見られず、殆どが1,2卵ずつ産まれています。
卵表面の凹凸も小さく、産卵直後の様に綺麗ではないのであまり魅力的ではありません。



この日は風が強いものの天気も良く久しぶりの遠征を楽しみました。
しかし、夜に予定があったので夕食に間に合うようにいつもよりは相当早く帰宅しました。


-

by konty33 | 2016-02-29 21:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 28日
オオムラサキセンターに立ち寄る
6月20日
朝のひと仕事を終えてからオオムラサキセンターに立ち寄りました。
ここではゲージの中でオオムラサキが沢山飼育されています。
e0224357_21561377.jpg

ちょうど羽化が始まったようで、まだ幼虫も沢山いました。
e0224357_2156321.jpg

e0224357_21564942.jpg

成虫にはメロンが支給されていました。
e0224357_21572095.jpg

e0224357_21573338.jpg

オオムラサキだけでなくミヤマカラスシジミもいました。
e0224357_21593891.jpg

クロウメモドキの枝を這い回って、産卵モードのようでした。
e0224357_2204320.jpg

この時は本当に産卵しました。
e0224357_2211121.jpg

卵が見えたシーンもありました。
e0224357_222985.jpg

何故かメスグロヒョウモンが交尾していたりします。
e0224357_2243290.jpg

野外ではホシミスジがユキヤナギの周りを沢山飛んでいました。
e0224357_224125.jpg

帰り道でアサマシジミがいないかと立ち寄った場所ジョウザンミドリシジミが見られました。
e0224357_22245476.jpg

新鮮で傷一つないのですが、ススキの中に入って開翅しても撮影角度がありませんでした。
e0224357_2222893.jpg

シータテハも近くで見られました。
e0224357_22233132.jpg



オオムラサキが野外で見られなかったので、飼育の個体を見てきました。
エノキが枯れ木になるほど沢山の幼虫がいたので、これから沢山の成虫が羽化することと思います。
野外でもそろそろ成虫が見られるのでしょうね。

by konty33 | 2015-06-28 22:31 | タテハ類 | Trackback | Comments(11)
2015年 05月 21日
オオミスジの蛹化など
5月16日 
朝から雨がぱらつく嫌な天気ですが、こんな日は成虫は諦めて幼虫探しに限ります。
久しぶりに蝶の玉手箱のcactussさんらとご一緒しての探索になりました。
この日一番の収穫はオオミスジの終齢幼虫、前蛹、蛹を見つけることが出来て・・・
更に蛹化の様子を観察することが出来たことです。

まず最初は、緑鮮やかで形状が特徴的な突起がある終齢幼虫です。
e0224357_2245372.jpg

皆さんがドンドン見つけてくれるので、ひとりで探すよりものすごく効率が上がります。
e0224357_2275440.jpg

次は前蛹ですがやや緑色が薄くなっています。
e0224357_2295848.jpg

蛹は茶色になって成虫の翅の大きさを考えると小さく感じました。
e0224357_22112879.jpg

こんなに色々な状態を一度に観察できただけで喜んでいたのに・・・・
前蛹の1つの様子がおかしいことに気づきました。
蛹化の変化の様子を1枚にまとめました。(左から、10:14、10:26、10:30、16:04)
e0224357_22141067.jpg

一部動画も撮りましたが、体を右左に揺さぶって脱皮する面白いシーンが観察出来ました。

スモモの木のようでしたが、珍しく摂食しているシーンも見られました。
e0224357_22205660.jpg

最初の終齢幼虫と比較し、黄色みの濃い幼虫もいました。
e0224357_22221236.jpg



他にもエノキからはオオムラサキの幼虫が見つかり・・・・・
e0224357_22281880.jpg

テングチョウの幼虫もいました。
e0224357_22283113.jpg

e0224357_2229050.jpg

ヒオドシチョウの幼虫は集団で気持ち悪いくらいでした。
e0224357_22291880.jpg



こんな感じで傘をさしながらの探索から始まり、天気も回復したので色々と楽しめました。
ゼフィルスなどの幼虫も見つかりましたが次回掲載します。
ご一緒いただいた皆さん有難うございました。

by konty33 | 2015-05-21 22:35 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2014年 05月 28日
幼虫探しの楽しさを知る  その2
5月中旬
幼虫探索の続きです。
ゼフィルスのいる林では、クロミドリやウラナミアカ意外にもアカ、ウラミスジがいるはずですが
そう次々には見つかるものではありません。やっと見つかったのがミズイロオナガシジミでした。
e0224357_21143620.jpg

ミズイロオナガの卵はよくありますが、幼虫はなかなか見つからずコナラの葉裏に鎮座しておりました。
横からのアップがとても魅力的な幼虫です。
e0224357_21173437.jpg


オオムラサキは越冬時期しか探したことがありませんでしたが、この時期はエノキの葉の上から見つかります。
e0224357_21203265.jpg

まるまると太った幼虫もいました。
e0224357_21234799.jpg

越冬幼虫と比べると角が立派になっています。
e0224357_21214273.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫も見つかりました。
e0224357_21315149.jpg

写真の赤丸の中に孵化した卵が写っており、幼虫はまだ2mmくらいでした。
これだけ小さいと卵を探してから幼虫を探した方が早いと感じました。

少し場所を変えてウラジロミドリシジミのいるカシワ林にご案内いただきました。
芽吹いたカシワの葉の上から幼虫がにつかりましたが、まだ小さくて探すのが大変です。
e0224357_21361091.jpg

少し大きくなると葉脈の中心に鎮座するのでしょうか。
e0224357_21553124.jpg

このくらいの大きさでは、食痕を目当てに探すのが難しいと思いました。

他にもイチモンジ系やオオミスジなどいろいろと見つけたいと一生懸命探しましたが・・・・
そう簡単には行きませんでした。
その代わりコナラの切り株ではクリストフコトラカミキリがみつかる成果もありました。
e0224357_2139272.jpg



幼虫探しは成虫と異なり、待っている暇な時間はなく朝から晩までとにかく忙しいです。
どんなところにいるのか生態を想像しながら探すのも醍醐味だと思います。
見つかるようになると楽しくて填まると思います。

by konty33 | 2014-05-28 21:51 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
2014年 02月 02日
ゼフの越冬卵とオオムラサキの越冬幼虫
2月1日
先週はインフルエンザでダウンしていましたが体調も元に戻ったので、ウキウキして早起きしてしまいました。
朝は氷点下3℃と少し寒かったですが、日中は風もなく暖かな感じの日でした。
まずは、クヌギの2次林でウラナミアカシジミの越冬卵探しを始めると・・・・それらしき?卵がみつかりました。
e0224357_22271427.jpg

この卵は綺麗にカモフラージュされているので明確な凹みも確認出来ず、アカシジミの様な気がします。
もう少し拡大してみてもよく分かりませんね。
e0224357_22282347.jpg

その後は、オオミドリシジミがみつかっただけ・・・・枝の分岐部以外にも生むようです。
e0224357_22313687.jpg

そもそもオオミドリシジミはいつもコナラばかりなので、クヌギで見つけたのが初めてかも知れません。
分岐部からもみつかりました。
e0224357_2234117.jpg

コンデジでアップにするとこんな感じです。
e0224357_22341867.jpg

超接写でみると表面の突起が美しいですね。
e0224357_2235298.jpg

昨年撮影したオオミドリシジミの成虫の写真も貼っておきます。
e0224357_22562694.jpg


この後、少し場所を移動してウラミスジを探したのですが、残念ながらみつかったのはミズイロオナガシジミだけでした。
e0224357_22401013.jpg

コナラの冬芽の基部にあると一瞬ウラミスジと間違えてしまいます。
この時期、こんな可愛いゾウムシがよくみつかりますが、ウラミスジは見つけられませんでした。
e0224357_22402597.jpg


越冬卵探しを諦めてエノキの根元でオオムラサキの越冬幼虫を探すことにしました。
e0224357_2242432.jpg

可愛い顔も撮ってみました。ゴマダラチョウとは微妙に違うようです。
e0224357_22432959.jpg



昨年は各地でウラミスジの卵や成虫が見られたのですが、今シーズンは苦労しています。
この他にも色々と探しましたが、狙い通りには上手く見つけられず成果はこれだけです。
来週は違った種類を狙うことにしましょう。

by konty33 | 2014-02-02 22:57 | | Trackback | Comments(8)