タグ:ウラナミシジミ ( 8 ) タグの人気記事

2016年 12月 19日
各種の幼虫や卵の観察
12月18日
週末も色々と用事があり・・・あまりフィールドへは出かけられません。
この日も遠出する時間もなく・・・・遅めの出発で地元の様子を見て回りました。
まずは、スイカズラを食すイチモンジチョウの越冬幼虫を探してみました。

忍冬(ニンドウ)の別名のとおりこちらでは冬でも青々と葉が茂っていますが・・・・・
こんな感じの枯れた葉を探すと小さな幼虫が見つかります。
e0224357_21120060.jpg
矢印の部分に幼虫がいますが・・・・とても小さくて分かりにくいのでアップにしてみましょう。
e0224357_21131657.jpg
すぐ近くにももう一つ・・・・
e0224357_21142938.jpg
少しだけ丸まった枯葉を開いて見易くしています。
大きさは5mmくらいでしょうか。色も枯葉と同系色で分かりにくいですね。



次に探した幼虫はゴマダラチョウでした。
こちらも地元の公園ですが、ここでは初めて探しました。
e0224357_21193742.jpg
エノキの根元の枯葉をひっくり返すと見つかります。
e0224357_21203804.jpg
次はこの時期でも産卵を続けているウラナミシジミですが、幼虫は見当たらず・・・・
卵だけが山の様に産んでありました。(TG-3深度合成)
e0224357_21221607.jpg
上の写真は公園の花壇に植えられたクロタラリアというインド原産の花穂の先端部分ですが・・・・
花の蕾、豆のさや、茎・・・・そこら中で卵がみつかります。
e0224357_21324582.jpg
この時期でも産卵しているのには驚きですが、風が強く撮影できず逃げられました。
9月に別の場所でクロタラリアの豆のさやに産卵したものを掲載しておきます。
e0224357_21384191.jpg


次にヤナギの幹にいるはずのコムラサキの幼虫を探してみましたが・・・
この日は見つからずに時間切れです。
次回、チャンスがあれば再チャレンジしたいと思います。







by konty33 | 2016-12-19 21:45 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 28日
秋の河原
9月25日
相変わらず天気が不安定で遠出する気になりません。
自宅近くの様子を回りながら・・・これといった成果もなく・・・・
いつもの河原に辿り着きました。
地面に落ちた鳥の糞にウラナミシジミなどが多数集まっていました。
e0224357_21275041.jpg
集団の中にはツバメシジミも見られます。
e0224357_21282541.jpg
コンデジの広角も撮影しましたが、全く飛び立つ素振りを見せません。
e0224357_21301255.jpg
すぐ横にはキタキチョウもいました。
e0224357_21322939.jpg
この河原ではツマグロキチョウも多いのですが、先日の川の増水で生息地のカワラケツメイが壊滅状態です。
一部で被害の少ない場所もあり何頭かの成虫が見られました。
e0224357_21341537.jpg
この花はフタバムグラでしょうか吸蜜も見られました。
e0224357_21354483.jpg
綺麗な秋型ですが敏感で狙っていた広角写真は撮れませんでした。
e0224357_21372581.jpg
雲が厚くなり暗くなると吸蜜もしなくなり、飛ばなくなりましたが
静かに静止している個体を見つけました。
e0224357_21463119.jpg
秋型の交尾も期待しましたが、求愛行動だけに終わりました。
e0224357_21394617.jpg
交尾していたのはキタキチョウだけでした。
e0224357_21413772.jpg
新鮮なツバメシジミも可愛くて良いですね。
ここでは鳥の糞らしきものもありませんでしたが、地面でミネラル吸収していました。
e0224357_21433673.jpg


ツマグロキチョウが河原を飛ぶシーンや吸蜜シーンの広角写真、逆光に翅が透ける姿をイメージしていましたが・・・・
イメージ通りの写真は一枚も撮れませんでした。
今週も雨模様の日が続きそうで河原のチョウは生き残りをかけて必死でしょうね。




-



by konty33 | 2016-09-28 23:16 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 19日
クズで育つシジミチョウ3種ほか
9月11日 続き
毎年この時期は地元の河原にコムラサキやツマキチョウを狙って出かけます。
今回はいつもと違う場所で探してみましたが、車を降りるとすぐに逆光で綺麗なキタキチョウがいました。
e0224357_22174744.jpg
ヒメクマツヅラの花にはツバメシジミも吸蜜していました。
e0224357_22184297.jpg
河原にはクズが生い茂っているのでウラナミシジミは沢山飛び回っていますがすぐに逃げてしまいます。
e0224357_22193232.jpg
ウラギンシジミも多くなっていましたが多くは葉の裏に静止しています。
e0224357_22415681.jpg
時々葉の上で開翅する姿も見られました。
e0224357_22451179.jpg
前翅の先が尖った秋型も見られました。
e0224357_22454193.jpg
翅表の白い紋が小さな♀もいました。
e0224357_22482948.jpg
この日の一番の成果は可愛いルリシジミの交尾でしょうか。
e0224357_22495689.jpg
少し飛んでは場所を変え、落ち着きがありません。
e0224357_22504417.jpg
クズの花をバックに広角写真も撮ってみました。
e0224357_22513774.jpg
交尾後に♀の開翅も見られました。
e0224357_22534496.jpg
これだけクズの花が多いと幼虫も探すのが大変です。
まずはウラギンシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_22525719.jpg
幼虫の動きを見ていてもツノの方へ進むこと(バック)も多く、ツノの方を頭を振る様に動かすので・・・・
ツノがあるのが前と思えてしまいますが、実はお尻なんですね。
e0224357_22543017.jpg
ツノが白くて長い幼虫も・・・・ (これは下が頭ですよ)
e0224357_22554046.jpg

ウラナミシジミ
と思われる幼虫も・・・・・
e0224357_22574377.jpg
ルリシジミらしき幼虫も・・・・・
e0224357_22551310.jpg
最後にミヤマシジミですが、成虫は見られずアリに囲まれた幼虫だけを見てきました。
e0224357_23045286.jpg


昨年に引き続き幼虫観察も楽しんでいますが、探すコツが少しわかる様になってきました。
今年はコムラサキやゴマダラチョウを見ていないので寂しいですが、
秋までにツマグロキチョウは撮影したいと思います。




-


by konty33 | 2016-09-19 23:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 17日
ウラナミジャノメの発生数確認
9月11日
少し消化不良だったので地元のウラナミジャノメをもう一度確認に行きました。
今回は個体数も多少増えていましたが、スレも目立つようになっていました。
e0224357_22470083.jpg
縁毛が擦れており新鮮とは言えませんが、姿が見られて安心しました。
場所を少しずつ変えてみますが、同一個体か別個体か区別がつきにくく個体数が不明確です。
e0224357_22513006.jpg
キツネノマゴに吸蜜する姿も見られました。
e0224357_22520298.jpg
藪の中に逃げ込まれ見失うことも多いのですが、とにかく敏感で近寄るのも気を使います。
こちらは縁毛が綺麗な明らかに別個体ですね。
e0224357_22542904.jpg
周りにはヒメウラナミジャノメも多く、いちいち見分けるのも大変です。
e0224357_22565898.jpg
こちらは新鮮そうで眼状紋が大きく綺麗なウラナミジャノメです。
e0224357_22593730.jpg
ところがすぐに藪の中に逃げ込んでしまいます。
覗き込める場所が1ポイントだけありました。
e0224357_23011166.jpg
ヒメウラナミジャノメはすぐに開翅しますが、ウラナミジャノメはあまり開翅してくれません。
それでも何回かチャンスがありました。
e0224357_23024278.jpg
上の写真では分かりにくいですが、翅表の後翅下方の眼状紋が1つなのが特徴です。
e0224357_23051236.jpg


今年は週末のたびに台風の影響などで天気が今一つ・・・・
おまけに発生タイミングも掴めず、新鮮な個体の撮影が思うようにできませんでした。
それでも複数の個体を広範囲で確認できたので良しとしましょう。




-


by konty33 | 2016-09-17 22:51 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 07日
フジの花を食す幼虫たちなど
9月3日
ウラナミジャノメを探している時にウラギンシジミが飛んでいたので・・・・・
クズの花を見てみるとウラギンシジミの幼虫が見つかりました。
角が特徴的な形態でフジの花の色に似ています。
e0224357_21401778.jpg
ひとつの花房に2頭の幼虫がついていることもあります。
e0224357_21371665.jpg
花や蕾に穴が空いているとその近くから見つかりますが、この幼虫はだいぶ小さめでした。
e0224357_21415405.jpg
ウラギンシジミの卵はかなり大きくて目立つのですぐに分かります。
e0224357_21434021.jpg
ゴルフボールより深めのディンプル模様が特徴的です。
e0224357_21444001.jpg
フジの花にはウラナミシジミの幼虫もいました。
沢山のアリが周りにいたのですぐに分かりました。
e0224357_21453917.jpg
ウラナミシジミらしき卵も見られました。
秋が深まるころはベタベタに産んでありますが、この時期は少なく感じます。
e0224357_21545327.jpg
大移動して違う河原でもフジの花からウラナミシジミやウラギンシジミの卵が見つかりました。
ツバメシジミが産卵しているのが目に入りカメラを向けました。
e0224357_22025406.jpg
産卵の後は開翅することも・・・・
e0224357_22040764.jpg
暫くするとまた産卵していました。
e0224357_22044458.jpg
産したての緑がかった卵も確認できました。
e0224357_22055659.jpg



いずれも普通種ですが幼虫や卵を探すのも楽しみですね。
これからの時期は成虫も少なくなるので幼虫や卵探しも楽しみたいと思います。




-


by konty33 | 2016-09-07 22:44 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 05日
山のチョウ、里のチョウ
9月下旬 
この時期はいろいろな探索ばかりでこれと言った成果はありません。
山では相変わらずゼフの♀が生き残っていました。
面白かったのはエゾミドリシジミがコナラの幼木でお尻を曲げた産卵行動が見られたことです。
残念ながら動き回るので産卵行動は撮れませんでしたが、細い枝を歩いているシーンです。
e0224357_20405412.jpg

越冬卵はミズナラの指の太さの分岐で見つかりますが、コナラだとこんな幼木でも産卵するのでしょうか。
e0224357_20423474.jpg

ウラミスジシジミも見られましたが、かなりボロボロでなんだか分かりませんね。
e0224357_2048892.jpg

e0224357_20482298.jpg


ところ変わって平野部ではウラナミシジミが増えてきました。
e0224357_20512537.jpg

e0224357_2052654.jpg




季節外れなことは分かっていながら、各地の山や里の様子をみに行ってみたりで、
何も撮影できずに一日終わってしまうような探索モードが多いこの頃です。
新鮮な秋のチョウ達を見に行きたいと思っていますが、所要と天気がかみ合わず思うようになりません。

by konty33 | 2014-10-05 21:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2013年 10月 28日
センダングサに集まる蝶
10月27日
このところ色々と余裕がなく、週末は台風の影響もありブログの更新が滞っておりました。
久しぶりに朝から快晴となったので、午前中だけでしたが、フィールドを散策しました。
この時期は何処へ行ってもセンダングサが荒れ地や道端に沢山見られ、蝶も集まってきます。


一番多いのは何と言ってもウラナミシジミでそこら中で見られます。
e0224357_21272684.jpg

傷んだ個体ばかりですが、中にはそこそこ綺麗な個体も見られます。
e0224357_21283061.jpg

♀も♂もいっぱいでしたが、♂は傷みが激しく・・・・これでもまともな方です。
e0224357_2134722.jpg

この日探したかったのはヤクシマルリシジミですが、そう簡単には見つかりません。
何箇所か目かの荒れ地で1頭だけ・・・・・♀を見つけることができました。
e0224357_21435591.jpg

クモの巣に引っかかった葉の上に静止しており開翅もしてくれました。
e0224357_21454729.jpg

風が強かったので、すぐに翅を閉じてしまい高いところに飛び去っていまいました。
少し傷んでいますがルリシジミの♀も見られましたので、比較に張っておきます。
e0224357_22115065.jpg




イチモンジセセリも多くなる時期ですが、既に傷んだ個体が多いようでしたが、こちらも綺麗な個体を選んで撮影しました。
e0224357_21514683.jpg

よく似たチャバネセセリも多くなる時期です。
e0224357_21534777.jpg

少し前には、このチョウの産卵を探しまくりましたが、この日も午前中だったためか吸蜜だけで産卵は見られませんでした。
e0224357_21551433.jpg

こちらも新鮮な個体は殆ど見られませんでした。
e0224357_2155581.jpg

センダングサにはキタキチョウもよく来ます。逆光のショットを狙ってみました。
e0224357_21574194.jpg


他にはアカタテハも吸蜜に来ていました。
e0224357_22125435.jpg

シジミチョウ達とは違って体が重いので、逆さまになるケースが多いようでした。
e0224357_22135074.jpg





今回は、ヤクシマルリシジミの拡大状況を確認しようと思ったのですが、簡単にはいきませんでした。
それでも、なんとか初めての場所で1頭見つけられたので良しとしましょう。

午後はkontyも出品している豊橋の写真展の最終日に顔を出しましたが、沢山の皆さんに見て頂けたようです。
何もお手伝いしていないので心苦しいですが、出品者の皆さんにお会いできて嬉しかったです。

by konty33 | 2013-10-28 22:24 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2011年 10月 13日
アサギマダラほか秋の五目撮り
10月8日
朝から晴天で穏やかな感じの気持ちの良い日でした。クマソ探しの途中で見かけた秋の蝶たちです。
まずは、クマソと紛らわしくセンダングサで吸蜜するウラナミシジミ♀です。
e0224357_23583760.jpg

ウラナミシジミはかなり数が多く、あちこちで姿を見ます。交尾も見つかりました。
e0224357_042588.jpg

交尾が終了したら♂はその場所で開翅して静止していました。
e0224357_051844.jpg

センダングサには、多くのイチモンジセセリに混じり、チャバネセセリも吸蜜に来ていました。
e0224357_071477.jpg

e0224357_0142328.jpg

勿論、ヤマトシジミも沢山いて紛らわしいですが、赤い落ち葉が秋を感じさせますね。
e0224357_22115247.jpg


近くの畑で地面に落ちたナシにキタテハが吸汁に来ていました。5,6頭いたのですが、ラフに近づいたら逃げてしまいました。
e0224357_0155831.jpg

木になっている腐ったナシにもキタテハがいました。
e0224357_0181160.jpg

近くの公園のアベリアには、アサギマダラの姿も見られました。
e0224357_21452992.jpg

e0224357_2235158.jpg

青空をバックに悠々と滑空する姿が綺麗でしたが、今回は撮影できませんでした。下は開翅した状態で静止していた個体です。
e0224357_2201476.jpg


綺麗なので驚いたのがカラスアゲハ♀です。公園の林縁で静止していました。
e0224357_2212615.jpg

他にもアゲハ、キアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハが数が少ないながら見られました。
どの種もクマソ探しのついでに時間を掛けずに撮ったでのすが、思いのほか多種類を撮影できました。

by konty33 | 2011-10-13 21:02 | Trackback | Comments(12)