タグ:ウラゴマダラシジミ ( 22 ) タグの人気記事

2013年 05月 30日
ウラゴマダラシジミの開翅
5月19日
皆さんのブログに登場し始めたのを見てウラゴマダラシジミを見に自宅近くのポイントに寄ってみました。
ゆっくり探索する時間がないので見られるか分かりませんでしたが・・・・・・
ちょうど発生初期のようでイボタ周りに静止していました。
e0224357_1956018.jpg

食草のイボタが多い場所で、イボタ周りに静止している個体もいました。
e0224357_19574013.jpg

e0224357_20221532.jpg

e0224357_195757100.jpg

どれも新鮮なのでちょうど良い時期なのだと思います。
開翅するとその綺麗さには興奮しますね。
e0224357_2004643.jpg




この蝶は、飛び回るようになるとあっと言う間に翅が傷むので、綺麗な開翅に出会うにはタイミングが難しいですね。
今年は、昨年より1週間くらい早いようでした。
この時も所用の途中だったので、20分ほどしかいませんでしたがラッキーでした。
これから、いよいよゼフのシーズンなので近所でも少し探してみたいと思います。

by konty33 | 2013-05-30 20:19 | Trackback | Comments(10)
2013年 05月 14日
GW中の各種の卵、幼虫、蛹を確認
4月下旬~5月上旬
今回は、趣向を変えてこの間に観察した卵や幼虫の記録を少々記載します。
順不同ですが、まずは、身近なところでウラゴマダラシジミの終齢幼虫や前蛹、蛹の確認です。
GW前半には、夕方立ち寄った産地のイボタノキでは、沢山の終齢幼虫を確認できました。
e0224357_2212142.jpg

この後、GW後半には前蛹や蛹になっているのが確認できました。
e0224357_22132567.jpg

これなら、5/後半には成虫になりそうです。
e0224357_22133820.jpg

この場所では、GW前半にクヌギからミズイロオナガシジミの幼虫も見つかりました。
一連の写真は、どれも夕方撮影なので、夕日で写真が赤っぽくなっています。
e0224357_2217551.jpg

GW前半には、ハンノキ林からミドリシジミの幼虫巣(通称;ギョウザ)も見られました。
逆光にして透かしてみると中の幼虫が見えます。
e0224357_22205372.jpg

失礼して葉を広げて幼虫も撮影させて貰いました。
e0224357_22222463.jpg

違う場所では、ウラジロガシからムラサキシジミの卵も見つかりました。
一瞬、ヒサマツミドリ??かと勘違いします。
e0224357_22235183.jpg

これは、拡大して見るととても綺麗に見える卵なので超接写をしてみました。
e0224357_22253253.jpg

3月にご紹介したベニモンカラスシジミの様子もその後も継続して見守っています。
GWには、どういうワケか圧倒的に数が減少していましたが、2回調査したところ終齢幼虫、前蛹、蛹を見つけることができました。
e0224357_22283681.jpg

e0224357_22285145.jpg

GW後半には、蛹が見られました。昨年は羽化後の抜け殻を撮影しましたが、これは殻ではありません。
e0224357_2229231.jpg

GW後半、諏訪地方では芽吹きが始まるところでコナラのウラミスジシジミは孵化したところでした。
e0224357_22365421.jpg

孵化卵の殻が見つかり・・・・同じ冬芽の裏側を良く見ると小さな穴が・・・・・
まだ芽がふくらみかけたところですが・・・・幼虫がしっかり食い込んでいるのだと思います。
e0224357_22381067.jpg



こうして、同じGW期間中でも孵化したばかりのものから蛹まで、季節の進行が各地で違うことが分かりました。
GWに成虫以外の観察が多かったのは、天候がもう一つで成虫の観察機会が少なかったことの証拠でもありました。

by konty33 | 2013-05-14 22:54 | Trackback | Comments(4)
2013年 02月 10日
越冬卵探し ウラクロシジミほか
2月9日
立春が過ぎて少し暖かいと思ったのもつかの間、この日は寒い日になりました。
昨年は、三重までウラクロシジミを探しに行きましたが、今回はお隣の愛知での挑戦です。
そろそろ黄色いマンサクの花が咲くころですが、このあたりは、花が咲いていないのでマンサクが見つかりません。
それでも、なんとかマンサクを見つけると・・・・いきなりウラクロシジミの卵が見つかりました。
e0224357_0182945.jpg

枝の下側から見上げると探しやすく、その後も次々と見つかりました。
e0224357_0203537.jpg

超接写で見てみると長めの突起がよく見えます。
e0224357_0205713.jpg

中には、2卵まとめて産んであるものも見つかりました。
e0224357_023272.jpg

因みに、マンサクの花が見つかったのはごく僅かで開花が始まったところでもあり目立ちません。
e0224357_0235568.jpg

ウラクロの卵は、何カ所かで見つかったので、次にウラナミアカシジミの可能性のあるポイントへ移動です。
ところが、またしても見つかるのはミズイロオナガシジミの卵ばかりでした。
2卵ずつ産んであるところも多く見られました。
e0224357_0265828.jpg

e0224357_0272647.jpg

超接写でも押さえておきました。
e0224357_031298.jpg

昨年?の古い卵殻でしたが、6卵もまとめてあるのも見られました。
e0224357_0311616.jpg

雑木林の北側にあるイボタノキでは、ウラゴマダラシジミの卵も沢山見つかりました。
e0224357_0351553.jpg

冬の卵探しは時間が経つのが凄く早く、あっと言う間に日没を迎えました。
e0224357_0361125.jpg



今回の第1目的のウラクロシジミはマンサクを見つけられれば、簡単に見つかりました。
しかし、ウラナミアカシジミの卵は今回も見つけることができませんでした。
(ウラ○○シジミ3種を狙って見たかったのですが残念です。)
探し方も悪いのでしょうが、諦めずまた場所を変え再挑戦してみたいと思います。

by konty33 | 2013-02-10 00:52 | | Trackback | Comments(8)
2012年 12月 26日
忘年探蝶会 その3 ウラゴマ卵塊
12月23日
この日はとても良い天気でしたから、今年最後になるかも知れないと思いながらフィールドへ出かけました。
なにか成虫が飛ばないかと思いながら何となく走っているといつしか愛知県まで行ってしまいました。
環境が良さそうな場所でイボタノキを見つけたのでウラゴマダラシジミの卵を探してみるとすぐに見つかりました。
e0224357_22231371.jpg

ここは、初めての場所だったのですが、丘陵が近い平野部の林縁なのでイメージにピッタリです。
e0224357_22275240.jpg

いずれも木が大きいので上の方は見ませんでしたが、太めの幹や枝から見つかりました。
e0224357_22284915.jpg

これらの写真は、修理から戻ってきたばかりのGRD-Ⅳで撮影し適当にトリミングしたものです。
これまで、ストロボ撮影が多かったのですが、今回はLEDライトを補助光として使用しました。
やはり、このカメラのシャープな画像はコンデジの中ではピカイチだと思います。

因みに、先日違う場所でデジイチの超接写でも撮ったものはこんな感じです。
e0224357_22363088.jpg

色が赤っぽく写っていますが、卵は確かにかなり赤が強い印象でした。
ストロボ光の使い方のまずさもあり、画像のシャープさはもう一つに感じました。


今回は、これと言った目標がない状態で何となく出かけたのでウラゴマの卵しか見つかりませんでした。
一応初めての場所ですから、kontyにとっては新たな発見ですが、これだけでは淋しいですね。
やはり、この時期の成虫探しは難しそうなので、次回からは当分卵か幼虫探しになりそうです。

by konty33 | 2012-12-26 23:02 | | Trackback | Comments(6)
2012年 07月 17日
信州の高原を駆け巡る ウラキンシジミ編
7月14日
当初の予定は早朝よりゼフィルス観察に行く予定でしたが、所用もあり予定変更です。
昨年撮影機会を逸した新鮮なウラキンシジミに狙いを絞り、午後2時頃に生息地に到着しました。
トネリコの多い林の中や林縁で探しますが見つからないので、叩き出してみました。
すると、数頭のウラキンシジミが飛び出し、1頭の♀が灌木に降りてきてくれました。
ウラキンの♀は、名前通り翅裏が金色に輝いて見えます。
e0224357_2054140.jpg

少し距離があり、アップでは撮影できないのでもう一度刺激を与えると林の向こうに消えてしまいました。
この調子でと・・・叩き出しを続けると・・・・また、近くの灌木に降りてきてくれました。
e0224357_205846100.jpg

脚立を使用してやっと目の高さですが、近くで撮影しても逃げませんので手を伸ばして広角でも・・・。
e0224357_216573.jpg

とても新鮮な個体で、開翅してくれないかと暫く待ちましたが翅をスリスリするだけでした。
更に、続けて探索すると・・・・また♀です。少し傷んでいますが、それでも綺麗です。
e0224357_213966.jpg

背景の雰囲気を入れて広角でも撮影しました。
e0224357_214206.jpg

♀ばかりで♂が見られないかと更に続けると・・・どうも飛んで行ってしまうのが♂のようです。
遠くの草地に飛んで行く個体を目で追うと・・・30mほど離れた荒れ地の中に降りたように見えました。
草をかき分け降りた当たりを丹念に探すとギシギシのような草に♂雄が静止していました。
e0224357_21142761.jpg

♂は♀と比べると随分黒っぽく見えて美しくありません。
しかし、新鮮な個体でしたから光の当たり具合によっては♀ほどではないにしても綺麗にも見えます。
e0224357_21155721.jpg

暫く待ってみましたが、これも開翅はしてくれませんでした。
時間帯なのか?それとも曇り空では難しいのでしょうか?


カラスシジミもこの近くに居るはずですが、成虫も蛹も見られませんでした。
ミヤマカラスシジミの発生場所にも寄り、クロツバラの木を確認してみると終齢幼虫が3頭見つかりました。
葉の裏に静止する幼虫や枝を這い回る幼虫に続き、実の中に頭を突っ込んでいる幼虫も見られました。
e0224357_2123226.jpg



このあたりは、標高が高いためか比較的新鮮なウラゴマダラシジミにも出会いました。
e0224357_21242194.jpg

開翅の様子を連続撮影もしてみました。
e0224357_21252433.jpg


目的のウラキンシジミは新鮮な♂♀とも会うことが出来ました。
夏の高原では、いろいろな蝶たちが撮影できましたので、次回以降、種類毎に紹介したいと思います。
昨日あたりから入道雲が広がり夏らしい空で一段と蒸し暑くなり、今日は、梅雨明けも発表されました。
これから、いよいよ夏の蝶の本番ですね。

by konty33 | 2012-07-17 21:46 | シジミ類 | Trackback | Comments(14)
2012年 06月 03日
愛知のヒメヒカゲの発生状況確認
6月3日
本来なら、クモマツマキチョウを追いかけて遠征するところですが、事情により遠出が出来ません。
午後だけ時間が取れたので、近場のヒメヒカゲの発生を確認にいきました。
自宅を出発するときは雨が心配されましたが、生息地に到着すると晴れ間も見られる良い天気です。
歩き始めるとすぐに草地から新鮮なヒメヒカゲが飛び出しました。
e0224357_237239.jpg

e0224357_2393110.jpg

e0224357_2311132.jpg

e0224357_23111712.jpg

例年並みのそこそこの数の生息を確認できました。
このチョウは曇り空の方が似合いますが、今回は薄日が差して明るい感じの写真になりました。
e0224357_23135560.jpg

e0224357_2314872.jpg
e0224357_23141954.jpg

個体により眼状紋の数などが異なり、新鮮な個体は翅裏の茶色と銀の縁取りが綺麗ですね。
開翅も時々してくれますが、一瞬です。どれも全く無傷の発生初期の様でした。
e0224357_23412419.jpg

今年も例年通りヒメヒカゲが発生していたのでひと安心です。

この場所には他にもいろいろな蝶がいますが、その一部をご紹介します。
まずは、羽化直のミズイロオナガシジミが下草に静止しているのを見つけました。
e0224357_23231038.jpg

大きなイボタがあり、ちょうど花が綺麗に咲いており、何頭かのウラゴマダラシジミが飛び回っていました。
開翅も見られましたが、遠くて証拠写真程度しか撮影できませんでした。
e0224357_2326953.jpg

アサマイチモンジも毎年ここで見られます。
e0224357_23265832.jpg

e0224357_23281241.jpg

他にもヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ、ジャコウアゲハ、カラスアゲハなどが見られました。
もう少ししたらこのあたりでウラナミジャノメの発生も確認してみたいところです。

by konty33 | 2012-06-03 23:46 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(20)
2012年 05月 31日
自宅近くのウラゴマダラシジミ
5月27日
朝から、地域の奉仕活動で半日潰れたので、午後から近所のウラゴマダラシジミの様子を見に行きました。
食草のイボタの花が咲き始めており、何頭かのウラゴマダラシジミが発生しているのを確認できました。
e0224357_22294828.jpg

ちょうど羽化のピークのようで、どれもそこそこ新鮮です。
e0224357_2231374.jpg

e0224357_22315195.jpg

開翅しそうになったので期待しましたが、待ちきれず残念でした。
e0224357_2232649.jpg

自宅近くのウラゴマダラシジミは、明るい色合いなので、開翅を撮影してみたいのですが・・・・残念でした。

イボタを探してみるとまだ蛹がいくつか見つかりました。
葉の裏にしっかり糸を吐き台座を作り、蛹がついています。
e0224357_22343788.jpg

序でに、4月末頃撮影した終齢幼虫をご紹介しておきます。
e0224357_22365476.jpg


いよいよゼフィルスのシーズンが始まり、これからが楽しいですね。
しかし、暫く都合により遠出が出来なくなりました。
ブログの更新も少なくなると思いますが、今後とも宜しくお願いします。

by konty33 | 2012-05-31 22:46 | シジミ類 | Trackback | Comments(14)
2012年 04月 05日
ウラゴマダラシジミの幼虫観察
4月初旬
先日の台風の様な暴風雨を耐えたソメイヨシノは、5分から8分咲きになってきました。
自宅近くで3月中旬に孵化を確認したウラゴマダラシジミの幼虫がその後どうなったか2回ほど確認に行っています。
薄暗くなってから確認したときは新芽の基に静止ししている2齢幼虫が見つかりました。
e0224357_213153.jpg

しかし、懐中電灯を頼りに探しても簡単には見つかりません。
後日、明るい時間に再訪しもう一度探すと2つ見つかりましたが、以前の場所では見つからないので、移動しているようでした。
e0224357_21135163.jpg

幼虫をアップで撮影することはあまりなかったのですが・・・まだ5mm程度の幼虫ですが、背中の赤いスジが消えているので3齢になったのでしょうか?
e0224357_21191444.jpg

これまでの経験と比較して、イボタの葉の成長に対し、幼虫の成長がやや遅いような気がしましたが元気に成長しているようです。
夕日がさし込むところでは探しやすいですが、陽が照らない部分にもまだ幼虫がいるかもしれません。
e0224357_21251411.jpg

e0224357_21254366.jpg



食痕がかなり多く見られましたが、ネバネバした何かの幼虫が沢山ついており、ウラゴマの幼虫は少ないようです。
もう少し大きくなると探すのも楽になるので終齢、蛹、成虫と観察を続けたいと思います。

by konty33 | 2012-04-05 22:03 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2012年 03月 17日
ウラゴマダラシジミの孵化
3月中旬
このところ週末ごとに雨が降ります。今日(3/17)も朝からの雨でフィールドへは行きませんでした。
そこで、3/9~観察した近所のウラゴマダラシジミの孵化の様子をご紹介します。

この日(3/9)も小雨が降っていましたが、以前ご紹介した大きな卵塊を見てみると既に全部孵化していました。
この木は芽吹きが早く数日前に孵化したようです。
e0224357_22194992.jpg

夕方でうす暗く雨も降っていたので、この日は幼虫を探すことを諦め出直すことにしました。
帰り道、池の横の道では10匹くらいのヒキガエルが道路を占拠していました。
e0224357_22245168.jpg


後日、ウラゴマの卵を片っ端からチェックしてみると孵化直後と思われる幼虫が見つかりました。
e0224357_2228221.jpg

イボタは木によって芽吹き具合に差があり、芽吹いた木では芽に食いつく小さな幼虫もいました。
凄く小さく、食痕も目立たないので卵を探すより難度が高いです。
e0224357_223012100.jpg

半分孵化しかけた卵塊も見つかりました。2卵は小さな穴が空いており暫く待ちましたが孵化の瞬間は見られませんでした。
e0224357_22335389.jpg


今日は雨でしたが、随分気温が上昇したので、急に庭のモクレンの蕾が白く膨らんできました。
また、菜の花畑も綺麗に花を咲かせていました。雨で霧が掛かっていましたが、晴れていればモンシロチョウが舞いそうです。
e0224357_22484816.jpg

明日は、晴れの予報なので地元の山にギフチョウの様子でも見に行ってみましょうか。
まだ、1週間ほど先の方が確実だと思いますが・・・・。

by konty33 | 2012-03-17 23:05 | | Trackback | Comments(8)
2012年 01月 23日
近所の散策 ムラツとウラゴマ
1月22日
この週は静岡中部では山沿いで雪が少し積もりました。雪が降ることは年に何回もあることではありません。
寒い日が続いた後、雨が続きましたが、この日は徐々に雲がとれ午後は久しぶりの晴天でとても暖かくなりました。
風もなく気温は14℃ほどだったと思いますが、日溜まりでは上着を必要としませんでした。

そこで、シュロのムラサキツバメの集団がどうなったか見に行ってみました。
12月にもご紹介しましたが、その時より1頭減ったものの7頭の集団が確認できました。
e0224357_20465923.jpg

暖かなので体を立てて起きているようですが、集団から飛び出して開翅する個体は見られませんでした。
この集団は足場の悪い場所の地上から約4mのところにあり、釣り用の玉の柄の先にコンデジを取り付けていますが・・・・。
e0224357_20515225.jpg

これだけ高い位置だと被写体をうまく捉えるのには手元でモニターを確認しながらが確実です。
e0224357_20544519.jpg

取り付け金具はなかなか見つからず、ある方からいただきました。
市販の捕虫網用+マイク用の変換ネジが使えるようです。
外部モニターは秋葉原で入手した物ですが、これも教えていただきました。
コンデジは、この写真ではリコーGX100が写っていますが、1枚目の写真はリコーGR DIGITAL Ⅳを使用しました。
GX100と比較するとシャープさが断然違います。
いずれにしてもムラツの集団越冬の観察を引き続き行いたいと思います。


さて、ムラサキツバメも確認できたのですが、午後だったので日暮れまで時間ありません。
そこで、前回に続いて近くのウラゴマダラシジミの卵を探索してみることにしました。
ある小さな谷を詰めていくと杉の林縁にあるイボタノキで大きな卵塊(21卵)を見つけることが出来ました。
e0224357_21111372.jpg

昨年の卵塊も見つかりましたが、寄生蜂にやられたり孵化率は悪そうです。
e0224357_21201498.jpg

暗くて綺麗に撮れていませんが、この暗さでブレずに撮れたのはGR Ⅳのf=1.9と手ブレ補正機能の効果ですね。

他にも近くでいくつかの卵塊を見つけることが出来ました。
そこで、4卵を持ち帰り自宅のイボタノキに付けて成長を観察してみようと思います。
とりあえず、三脚に取り付けて高倍率の接写撮影も試してみました。
e0224357_21271457.jpg

こちらはデジイチでリングストロボとの組み合わせで撮影しています。

ムラサキシジミと思われる孵化卵を見つけたのでこれも持ち帰り試し撮りしてみました。
e0224357_21304022.jpg

高倍率でも意外と満足のいく出来映えに撮れました。

春までにもう少し色々な種類も試してみたいのですが・・・・。
冬用タイヤを持ち合わせていないので山に出かけるチャンスがあるか分かりません。

by konty33 | 2012-01-23 21:53 | | Trackback | Comments(10)