タグ:ウラギンシジミ ( 7 ) タグの人気記事

2016年 09月 26日
クロコノマチョウの顔比較
9月17日 続き
帰り道で夕方、クロコノマチョウの幼虫探しをしてみました。
以前から顔の比較をしてみたかったので、秋型が発生する前のこの時期が狙い目です。
この生息地ではジュズダマを食べており、食痕を頼りに探すとすぐに見つかりました。
e0224357_22031170.jpg
沢山あるジュズダマのなかでも特に多い場所があります。
だいぶ小さな幼虫もいました。
e0224357_22042587.jpg
狙いの顔の比較ですが・・・・・
殆ど真黒で真ん中に小さな紋が特徴的なものから・・・・
e0224357_22321882.jpg
紋がもう少し大きく形の面白いもの・・・・
e0224357_22334388.jpg
紋が3つの島に分かれたもの・・・・・
e0224357_22345122.jpg
顔全体に黄緑の紋が広がったもの・・・・
e0224357_22370093.jpg
今回は大きく4つの特徴に分けてみましたが、同様の顔が近くに固まって見られる様に感じました。
取り敢えず、暗くなる前に撮影しようと慌てて撮影した代表的な顔をコラージュにしてみました。
e0224357_22394763.jpg
唐突ですが、この周辺はヤマトシジミがやたらと多くて、交尾も見ることが出来ました。
e0224357_22421350.jpg
これまた序ですが、ツマグロキチョウの生息地付近でクズの花にウラギンシジミの幼虫がいくつか見つかりました。
下の写真は終齢幼虫ですが、角とは反対側に頭が写っているのが分かりますね。
e0224357_22242376.jpg
クズを摂食中?の頭をアップで・・・・・
e0224357_22261454.jpg
摂食中と言えば、ウラナミシジミの幼虫も・・・・・花に頭を突っ込んでいました。
e0224357_22284617.jpg
白っぽい幼虫もいました。
e0224357_22295374.jpg



今年も多くのクロコノマの幼虫を観察することが出来ました。
10月になったら秋型の成虫を見るのが楽しみです。
こうしたジュズダマが自生する湿地環境が引き続き守られていくことを期待します。



-


by konty33 | 2016-09-26 22:09 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 19日
クズで育つシジミチョウ3種ほか
9月11日 続き
毎年この時期は地元の河原にコムラサキやツマキチョウを狙って出かけます。
今回はいつもと違う場所で探してみましたが、車を降りるとすぐに逆光で綺麗なキタキチョウがいました。
e0224357_22174744.jpg
ヒメクマツヅラの花にはツバメシジミも吸蜜していました。
e0224357_22184297.jpg
河原にはクズが生い茂っているのでウラナミシジミは沢山飛び回っていますがすぐに逃げてしまいます。
e0224357_22193232.jpg
ウラギンシジミも多くなっていましたが多くは葉の裏に静止しています。
e0224357_22415681.jpg
時々葉の上で開翅する姿も見られました。
e0224357_22451179.jpg
前翅の先が尖った秋型も見られました。
e0224357_22454193.jpg
翅表の白い紋が小さな♀もいました。
e0224357_22482948.jpg
この日の一番の成果は可愛いルリシジミの交尾でしょうか。
e0224357_22495689.jpg
少し飛んでは場所を変え、落ち着きがありません。
e0224357_22504417.jpg
クズの花をバックに広角写真も撮ってみました。
e0224357_22513774.jpg
交尾後に♀の開翅も見られました。
e0224357_22534496.jpg
これだけクズの花が多いと幼虫も探すのが大変です。
まずはウラギンシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_22525719.jpg
幼虫の動きを見ていてもツノの方へ進むこと(バック)も多く、ツノの方を頭を振る様に動かすので・・・・
ツノがあるのが前と思えてしまいますが、実はお尻なんですね。
e0224357_22543017.jpg
ツノが白くて長い幼虫も・・・・ (これは下が頭ですよ)
e0224357_22554046.jpg

ウラナミシジミ
と思われる幼虫も・・・・・
e0224357_22574377.jpg
ルリシジミらしき幼虫も・・・・・
e0224357_22551310.jpg
最後にミヤマシジミですが、成虫は見られずアリに囲まれた幼虫だけを見てきました。
e0224357_23045286.jpg


昨年に引き続き幼虫観察も楽しんでいますが、探すコツが少しわかる様になってきました。
今年はコムラサキやゴマダラチョウを見ていないので寂しいですが、
秋までにツマグロキチョウは撮影したいと思います。




-


by konty33 | 2016-09-19 23:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 07日
フジの花を食す幼虫たちなど
9月3日
ウラナミジャノメを探している時にウラギンシジミが飛んでいたので・・・・・
クズの花を見てみるとウラギンシジミの幼虫が見つかりました。
角が特徴的な形態でフジの花の色に似ています。
e0224357_21401778.jpg
ひとつの花房に2頭の幼虫がついていることもあります。
e0224357_21371665.jpg
花や蕾に穴が空いているとその近くから見つかりますが、この幼虫はだいぶ小さめでした。
e0224357_21415405.jpg
ウラギンシジミの卵はかなり大きくて目立つのですぐに分かります。
e0224357_21434021.jpg
ゴルフボールより深めのディンプル模様が特徴的です。
e0224357_21444001.jpg
フジの花にはウラナミシジミの幼虫もいました。
沢山のアリが周りにいたのですぐに分かりました。
e0224357_21453917.jpg
ウラナミシジミらしき卵も見られました。
秋が深まるころはベタベタに産んでありますが、この時期は少なく感じます。
e0224357_21545327.jpg
大移動して違う河原でもフジの花からウラナミシジミやウラギンシジミの卵が見つかりました。
ツバメシジミが産卵しているのが目に入りカメラを向けました。
e0224357_22025406.jpg
産卵の後は開翅することも・・・・
e0224357_22040764.jpg
暫くするとまた産卵していました。
e0224357_22044458.jpg
産したての緑がかった卵も確認できました。
e0224357_22055659.jpg



いずれも普通種ですが幼虫や卵を探すのも楽しみですね。
これからの時期は成虫も少なくなるので幼虫や卵探しも楽しみたいと思います。




-


by konty33 | 2016-09-07 22:44 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 28日
ムラサキツバメの開翅
12月5日
この時期はムラサキツバメの観察が楽しみです。
陽がさしてくると活動が始まり、♀が陽をいっぱいに浴びるように開翅しました。
e0224357_2294520.jpg

e0224357_2210250.jpg

♂もいました。
e0224357_22112199.jpg

e0224357_22114212.jpg

この日はなかなか集団の活動が始まらず、開翅個体は少なめでした。
e0224357_22131752.jpg

e0224357_22134568.jpg

ウラギンシジミも仲良く並んで越冬していました。
e0224357_22145859.jpg



12月28日午後
自宅近くの公園でも越冬集団を探してみました。
e0224357_22164851.jpg

e0224357_22213251.jpg

6頭が実の周りに固まっていましたが、高い場所で上手く撮れません。
朝日は当たりますが風当たりが強そうな場所でした。
すぐ隣では2頭だけ・・・・・
e0224357_22191596.jpg

11月29日には3頭だったのですがね。
e0224357_22211769.jpg

こちらでもウラギンシジミが葉の裏にいました。
e0224357_22195288.jpg




既に冬休みに入っていますが、何かと忙しい毎日で思うように出歩けられません。
時間を見つけて地元のゼフ卵探しでもしてみたいです。

by konty33 | 2015-12-28 22:29 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 19日
ウラギンシジミの卵と幼虫の造形美
9月15日
地元では秋が深まるとウラギンシジミが増えてくるはずです。
この時期なら幼虫や卵が見つけやすいはずなので、河原のクズの花を探してみることにしました。
まず見つけたのは、蕾に産み付けられた卵です。
e0224357_21124016.jpg

白くて大きいのであればすぐに見つかります。
肉眼でもゴルフボールのディンプルのような模様がなんとなく分かります。
超接写で見るとはっきりと分かります。
e0224357_21165278.jpg

幼虫はなかなか見つかりませんが、卵は次々と見つかります。
e0224357_21174861.jpg

OLYMPUSのTG-2は卵を写すのに便利で、コンデジでも表面模様がよくわかりバカにできません。
e0224357_21433839.jpg

卵は蕾についていますが、幼虫探しは花びらの穴(食痕)を探すことがコツのようです。
この花穂の先には孵化した卵殻がついており、花弁には穴が開いていました。
これならいるに違いないと・・・・よく見ると小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_2147790.jpg

幼虫だけを少しアップで写しました。
e0224357_21493029.jpg

角のようなものが2本ありますが、そちらはお尻です。
終齢幼虫も見つかりました。
e0224357_215237.jpg

終齢幼虫がいる花穂は花があらかた先まで終わりかけているのが普通のようです。
綺麗な花が咲きそろっているところでは擬態色で見つけにくくなります。
e0224357_21573819.jpg




暫く探しましたが、卵に比べて幼虫はとても見つけにくいと感じました。
卵も幼虫も特徴のある形なので見つけると嬉しくなります。
この日は、成虫を全く見ることがありませんでしたが、秋が深まると急増すると思います。

by konty33 | 2014-09-19 22:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2012年 11月 22日
近所の散策 秋の蝶たち
11月18日
天気が良かったので、カメラを持って近所の海岸沿いの公園に散歩に行きました。
朝日が眩しく差し込んだ散歩道を歩いていくとムラサキシジミが飛び出しました。
すぐに、近くの樹上に静止しましたが、ここは陽が当たらないので開翅してくれません。
e0224357_21541739.jpg

陽当たりの良い場所にも静止している個体を見つけましたが、開翅してくれませんでした。
e0224357_21555783.jpg

仕方なく歩いていくとこんどは♀が地面に静止して開翅してくれたので、慎重に近づき-1.0EVで撮影しました。
e0224357_21574353.jpg

広角でも撮影しようと準備していると飛んでいってしまいました。
頭上を見上げると2,3の個体が高い梢で飛んでいましたが、降りてきませんでした。


公園内の違う場所では、落ちていた木の枝で照葉樹を刺激するとウラギンシジミも飛び出しますが、
すぐに葉裏に隠れてしまいます。
e0224357_2263988.jpg

中には、陽当たりの良い場所で開翅している個体もいます。
e0224357_2272195.jpg

天気が良いので青空バックの広角も一枚。少し黄色に色づいた葉が秋らしいですね。
e0224357_2292484.jpg



1時間ほどの散歩道で撮影したのは、この2種だけです。
例年見られるムラサキツバメが見られないのが少し気になりました。
この公園は、昨年より灌木や下草を綺麗に除去したので、その影響もありそうです。

by konty33 | 2012-11-22 22:20 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2011年 11月 21日
御前崎の公園散歩 ウラギンシジミなど
11月20日
大荒れの土曜日でしたが、日曜日は予想に反して良い天気になりました。
この時期、ムラサキシジミやムラサキツバメが見られる自宅近くの公園を散策してみました。
朝8時ごろ、散策路に陽が当たる前に静止している灌木の繁みを探してみるとムラサキツバメが1頭静止していました。
繁みの中なので正面からしか写せません。
触角が開いているので休眠状態ではないようですが前の葉をガサガサしても動きません。
e0224357_22132100.jpg

すぐ横ではウラギンシジミも葉裏に静止していました。
e0224357_22155557.jpg

ウラギンシジミは、ツバキの生垣に局所的(3mほどの範囲)に5頭いましたが、全部♀でした。
その内に付近に朝日が当たりだしましたが、この2頭はまったく動く気配がありません。
e0224357_2219675.jpg

少し先に進むと陽が当たってる場所でウラギンシジミが何頭か開翅していましたが、全て♀でした。
e0224357_2223452.jpg

e0224357_20123929.jpg


先に進んでもムラサキ系がまったく見当たりません。
そこで、最初の場所に戻って動く気配のないウラギンシジミのいる灌木を刺激するとムラサキシジミが3頭ほど飛び出しました。
その内の1頭だけが近くの日向で静止してくれました。
e0224357_22272225.jpg

暫くするとゆっくりと開翅しました。朝日に輝きとても綺麗です。
e0224357_22282471.jpg

しかし、広角で撮影しようと近づいたら飛び去ってしまいました。

例年この時期には、何頭かのムラサキシジミなどが低いところで開翅しますが、この日は思うようになりません。
暫く待ちましたが、この日は活動を開始した後、高いところから下りてこないようなので、早々に帰宅しました。

この時期は身近な場所でムラサキ系を見るのが楽しみなのですが、今年はなかなか楽しむチャンスがありません。

by konty33 | 2011-11-21 20:23 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)