タグ:イチモンジチョウ ( 10 ) タグの人気記事

2017年 07月 08日
いつもと違う高原の雰囲気
7月2日
朝のゼフのポイントを後にしてコヒョウモンモドキを狙って移動しました。
今年は発生が遅れているのか、何も飛ばずいつもと様子が違う感じです。
やっと見つけたのがこの個体です。
e0224357_22035710.jpg
何カットか撮影することが出来ました。
e0224357_22061081.jpg
翅裏の模様も綺麗です。
e0224357_22072144.jpg
e0224357_22073736.jpg
後で見ると違う個体もいたようです。
e0224357_22081811.jpg
まだ綺麗なウスバシロチョウがいたので時期が早かったかもしれませんね。
e0224357_22090880.jpg
イチモンジチョウもとても新鮮で綺麗でした。
e0224357_22204059.jpg
一度逃げられましたが再度挑戦・・・・
e0224357_22212404.jpg
こんなシーンも・・・
e0224357_22220350.jpg
ヒメシジミはとても沢山いました。
e0224357_22232047.jpg
e0224357_22240518.jpg
しかし、求愛も交尾もみられず♂も♀もお互いの存在を無視している様でした。

ヤマキマダラヒカゲ
は獣糞の付近に集まっていました。
画面に入らない距離感で周囲に何十頭もいました。
e0224357_22264186.jpg


by konty33 | 2017-07-08 19:00 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 13日
ストレスが溜まる日々・・・
4月13日
やっと近所のソメイヨシノが満開を迎えた様です。
と言っても満開前から葉が出てきたり花の密度が低かったりでイマイチ綺麗ではありません。
冬の気温が中途半端で開花のスイッチがしっかり入らない影響かもしれませんね。

出張帰りのことですが、とある施設のフェンスにスイカズラが絡んでしました。
e0224357_22174349.jpg
こんな場所からイチモンジチョウらしき幼虫が見つかりました。
たまたま車に乗ったままになっていたコンデジを取り出して撮影しておきました。
e0224357_22192246.jpg
枯葉に隠れた越冬幼虫はよく見ますが、だいぶ大きくなった(4齢?)幼虫は初めてです。
スイカズラの葉っぱをボリボリと・・・やっていました。
e0224357_22205464.jpg
風が強くて・・・・幼虫が振り落とされそうになりながらも食い意地が止まりません。
e0224357_22225719.jpg



週末のたびに天気が悪くてアップする蝶の写真がありませんでした。
この時期にこんな幼虫しかアップできないなんて・・・ストレスが溜まりますね。
今週末は天気予報も好転したので、久しぶりに蝶の撮影が出来そうな予感です。






-



by konty33 | 2017-04-13 22:43 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 19日
各種の幼虫や卵の観察
12月18日
週末も色々と用事があり・・・あまりフィールドへは出かけられません。
この日も遠出する時間もなく・・・・遅めの出発で地元の様子を見て回りました。
まずは、スイカズラを食すイチモンジチョウの越冬幼虫を探してみました。

忍冬(ニンドウ)の別名のとおりこちらでは冬でも青々と葉が茂っていますが・・・・・
こんな感じの枯れた葉を探すと小さな幼虫が見つかります。
e0224357_21120060.jpg
矢印の部分に幼虫がいますが・・・・とても小さくて分かりにくいのでアップにしてみましょう。
e0224357_21131657.jpg
すぐ近くにももう一つ・・・・
e0224357_21142938.jpg
少しだけ丸まった枯葉を開いて見易くしています。
大きさは5mmくらいでしょうか。色も枯葉と同系色で分かりにくいですね。



次に探した幼虫はゴマダラチョウでした。
こちらも地元の公園ですが、ここでは初めて探しました。
e0224357_21193742.jpg
エノキの根元の枯葉をひっくり返すと見つかります。
e0224357_21203804.jpg
次はこの時期でも産卵を続けているウラナミシジミですが、幼虫は見当たらず・・・・
卵だけが山の様に産んでありました。(TG-3深度合成)
e0224357_21221607.jpg
上の写真は公園の花壇に植えられたクロタラリアというインド原産の花穂の先端部分ですが・・・・
花の蕾、豆のさや、茎・・・・そこら中で卵がみつかります。
e0224357_21324582.jpg
この時期でも産卵しているのには驚きですが、風が強く撮影できず逃げられました。
9月に別の場所でクロタラリアの豆のさやに産卵したものを掲載しておきます。
e0224357_21384191.jpg


次にヤナギの幹にいるはずのコムラサキの幼虫を探してみましたが・・・
この日は見つからずに時間切れです。
次回、チャンスがあれば再チャレンジしたいと思います。







by konty33 | 2016-12-19 21:45 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 11日
キタテハの幼虫から蛹、成虫
9月3日 続き +一部9月10日
ヤマキチョウが葉の裏で休止モードに入ったのを確認した後・・・・・
まだ、帰るのももったいないので、もうひと遊びしました。
今回の狙いはキタテハで、まずは成虫を撮影しました。
e0224357_21245598.jpg
e0224357_21253291.jpg
e0224357_21481047.jpg
e0224357_21483582.jpg
キタテハの代表的な食草でるカナムグラが小山の様になった場所です。
e0224357_21504422.jpg
この中から幼虫を探してみました。
幼虫は葉を少し内側に曲げた巣?のところにいます。(下写真;指で摘まんだ葉と左となりの葉にいます)
写真をよく見ると下の葉に糞がこぼれているのが分かります。
e0224357_21522173.jpg
葉をめくり上げるとキタテハの幼虫がいました。
e0224357_21543251.jpg
色には個体差があるようです。
e0224357_21574284.jpg
e0224357_21582592.jpg
今年の6月に見つけたルリタテハの幼虫と比較してみましょう。
e0224357_22214548.jpg
似たようなトゲトゲはありますが模様が違います。こちらの方が綺麗です。
e0224357_22223657.jpg
キタテハの蛹も見つかりました。
e0224357_21590513.jpg
この蛹も幼虫と同じような葉の内側にいました。
e0224357_22001686.jpg
葉をめくると・・・蛹がありました。
e0224357_22020877.jpg
すぐ近くにはスイカズラからイチモンジチョウかアサマイチモンジの卵や幼虫も見られました。
卵は黄色くコンペイトウに似たような形状が特徴です。
e0224357_22074377.jpg
幼虫は葉の先から主葉脈を残し食べていくので見つけ易いです。
e0224357_22034355.jpg
幼虫はとても小さいですが、数は固まって沢山見られました。
e0224357_22072415.jpg
e0224357_22121407.jpg




キタテハやイチモンジの幼虫探しも楽しいです。
コツが掴めると意外と簡単に見つかるようになります。
これからも様々な種の幼虫を見てみたいと思います。





by konty33 | 2016-09-11 22:28 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2014年 09月 17日
アワブキから見つかる幼虫たち 第2弾
9月13日 続き
渓谷の林道を歩きながらどこかで見たような風景に・・・・デジャブ?だと感じました。
ここでもひょっとしてアワブキがあればあの幼虫が見つかるのでは・・・・と感じるほどの光景でした。
すると程なくアワブキが見つかりました。
下から見上げると見覚えのあるシルエットにスミナガシの終齢幼虫だとすぐ分かりました。
e0224357_20405058.jpg

枝を近くに引っ張ると・・・・
e0224357_20453251.jpg

他にもいろいろなサイズの幼虫が見つかりました。
e0224357_20455249.jpg

頭の大きさは殆ど終齢幼虫と同じくらいですが、体は小さく茶色です。
e0224357_2046615.jpg

直接比較できる写真も撮れました。
e0224357_20471682.jpg

もう少し小さくなるとこんな感じで様子が異なります。
e0224357_20474895.jpg

先日見つけた一番小さいものよりは少し大きめ(太め)でした。
e0224357_2048378.jpg

他にも小さなものが見つかりましたが今回は省略します。


次にアオバセセリですが、こちらは少ないようで1つだけしか見つかりませんでした。
アワブキの葉先を綴って下の写真のような巣を作ります。
e0224357_2052296.jpg

この巣を開けてみると中から可愛い幼虫が見つかりました。
e0224357_20532055.jpg

この場所は暗いのでLEDライトを使用しましたが、上手く撮影できませんでした。


帰り道にスイカズラを見かけたのでイチモンジチョウの幼虫を探してみると1つ見つかりました。
(アサマイチモンジかもしれません)
葉の根元を半分だけ綴って越冬準備の状態のようでした。
e0224357_20562655.jpg


幼虫だけでは嫌われるので・・・・・記録として他のチョウも少しだけ掲載します。
サカハチチョウはボロが多かったのですが、比較的綺麗な個体も見られました。
e0224357_2194842.jpg

ミドリシジミは突然現れすぐに飛び立ちました。
e0224357_2110155.jpg

スジグロシロチョウは逆光で綺麗でした。
e0224357_21101868.jpg




本命のツマジロウラジャノメ以外にもいろいろな楽しみがあり忙しいフィールドでした。
ここではアオバセセリやスミナガシの成虫は見たこともないので、成虫探索も楽しみです。
次回は別の場所でもっと大きなアオバセセリの幼虫を見つけたいと思っています。

by konty33 | 2014-09-17 21:14 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2014年 07月 07日
久しぶりのフィールドを楽しむ
7月5日
ハードなスケジュールで体調を崩した上に諸事情が重なり、1ヵ月フィールドに出かけられない状況でした。
この日は午前中に用事を済ませ、夕方のテリ張に間に合うか心配しながらキマダラルリツバメの生息地に向かいました。
到着時間が遅れテリ張も少なく傷んだ個体でしたが、証拠写真は撮影できました。
e0224357_213465.jpg

脚立に乗っても厳しい高さで1頭だけテリ張していたので、枝を引き寄せコンデジで・・・・
e0224357_2153610.jpg

翅表は痛んでいましたが、開翅も・・・・・
e0224357_2164433.jpg

ここで毎年見かけるキボシカミキリですが、今年も見ることが出来ました。
e0224357_2184642.jpg

今年は幼虫も気にして探していますが・・・・
スイカズラの葉先から偶然イチモンジチョウらしき幼虫を見つけました。
e0224357_21154482.jpg

2mmほどしかない幼虫でしたが食痕が特徴的なのでわかります。
アサマイチモンジかイチモンジかはわかりませんのでどなたかご教示いただけると助かります。
e0224357_2117887.jpg




1時間くらいでしたが、久しぶりのフィールドを楽しむことができました。
出かけるときは雨だったので心配されましたが天気が持ってくれてよかったです。
やはりチョウを見ると元気が出ますね。

by konty33 | 2014-07-07 21:32 | シジミ類 | Trackback | Comments(12)
2014年 06月 05日
ウツギに集まるチョウや産卵シーン
6月1日 
この日はベニモンの探索に出かけましたが、それらしきチョウが飛ぶ姿(幻想?)を見ただけで午前中は成果なく・・・
待ち時間に見られた他の蝶をご紹介します。
ウツギの花にはイチモンジチョウが何頭か飛来して吸蜜していました。
e0224357_22301176.jpg

クモガタヒョウモンもウツギに来ていました。
e0224357_2231138.jpg

オナガアゲハも良く飛んできますが、吸蜜してくれるのはボロばかりでした。
e0224357_22333740.jpg

ふと見ると足元にウスバシロチョウが歩いています。
e0224357_22364475.jpg

産卵だなと思い、暫く様子を見ていると・・・・落ちていた細い枝につかまり産卵が始まったようです。
しかし、肝心なチョウの姿は草に邪魔され上手く撮れず、お尻のアップだけになってしまいました。
e0224357_22374449.jpg

産卵が終わったのを見計らい小枝を拾ってみると4卵産んでありました。
e0224357_22385132.jpg

産卵直後は、随分ピンクっぽくて表面には細かな凹凸があります。
コンデジの写真では今一つなので、デジイチで撮り直すともう少しはっきりと凹凸が確認できましt。
少し時間が経っているので、ピンク色が薄くなり白っぽく見えます。
e0224357_22414617.jpg

ウツギにめを戻すとヒメキマダラセセリも綺麗な姿を見せてくれました。
e0224357_22462814.jpg

e0224357_22534741.jpg

更に午後になってテングチョウの産卵も撮影できました。
e0224357_22482118.jpg

暗がりに生える小さく痩せたエノキでしたが、何回も産卵シーンが見られました。
e0224357_22484514.jpg

新芽の中に産まれた卵も撮影しましたが、あまり特徴のない感じに見えました。
e0224357_22504563.jpg




ベニモンが見られなくても十分楽しむことが出来ました。
この時期ともなると撮影対象の蝶の種類が増加し、忙しく撮影を楽しめました。

by konty33 | 2014-06-05 22:59 | | Trackback | Comments(4)
2013年 06月 04日
南信のウツギ周りで五目撮り
6月1日  
ベニモン狙いで出かけた日のことです。
この時期になると他にもいろいろな蝶たちが飛び回っているので、空いた時間に撮影しました。
絶滅危惧種のベニモンとは対照的ですが、モンシロチョウの産卵姿が目立ちました。
e0224357_2232343.jpg

勿論、吸蜜するモンシロチョウもやたらと多かったです。
e0224357_2241089.jpg

いろいろな花に吸蜜していましたが、ウツギの花はまさに蝶々天国です。
e0224357_2251746.jpg

ウツギの花には、イチモンジチョウも沢山来ていました。
e0224357_225287.jpg

翅裏も綺麗ですが、翅表から裏が透けて見えるのも良い感じです。
e0224357_2283656.jpg

e0224357_229122.jpg

サカハチチョウも吸蜜していました。下側にはツマキチョウもぶら下がっていました。
e0224357_2217589.jpg

セセリも多く、その殆どがヒメキマダラセセリのようです。
e0224357_22173690.jpg

ヒメキマダラセセリは、イボタの花でも吸蜜していました。
e0224357_2222393.jpg

スジグロシロチョウも綺麗でした。
e0224357_22255382.jpg


他にも、カラスアゲハやクロアゲハ、オナガアゲハも飛んできますが、吸蜜は撮れませんでした。
黒系アゲハとの相性が悪く、今年は全く撮影できていません。(涙)

スミナガシもいましたが、こちらは花ではなく・・・・臭い?kontyのザックでミネラル補給でしょうか。
トレードマークの赤いストローを伸ばして、暫く静止していました。
e0224357_22324572.jpg


久しぶりにカミキリにも目を向けてみました。
キスジトラカミキリでしょうか。倒木の上に這っていました。
e0224357_22341081.jpg

クビアカトラカミキリも近くに複数見られました。子供の頃なら興奮したと思います。
e0224357_22354234.jpg



今回は、記録として撮影した殆どの種類を掲載しました。
こんなの撮っている暇があったら、「もっとしっかりベニモンの調査をしろ」と怒られそうですが・・・
これらの撮影には殆ど時間はかけていません。(笑)

by konty33 | 2013-06-04 22:44 | タテハ類 | Trackback | Comments(8)
2013年 05月 26日
アサマイチモンジの産卵と卵
5月19日
この日も遠征する時間がなく、家から20分ほどの里山に買い物の序でに立ち寄りました。
モンキアゲハやナガサキアゲハが撮りたかったのですが、吸蜜する花がないので飛ぶだけでした。
家内を車に待たせていたので、諦めて車に戻ろうとしたところ・・・・アサマイチモンジが目に留まりました。
e0224357_20154851.jpg

飛んだと思ったら・・・近くのスイカズラの葉にお尻を曲げて産卵を始めました。
遠目からだったのでトリミングしてあり写真の出来が悪いですがご勘弁下さい。
e0224357_20193660.jpg

産卵しているお尻が全く分かりませんが・・・産卵しているところです。
お腹を曲げているところがもう少し分かる写真がありましたので付け加えておきます。
e0224357_20234895.jpg

スイカズラは、こんな白い花が咲くつる植物ですが、その葉裏に産卵します。
e0224357_20244035.jpg

産卵を確認したので、コンデジで卵を写しましたが、表面の微妙な造形までは分かりません。
e0224357_2035589.jpg

今回も卵の超接写のチャンスですが、少し高い位置だったので、家に持ち帰り撮影しました。
ゴルフボールのディンプルのような凹みに加え、細くて長い突起が沢山あるのが分かります。
e0224357_20384382.jpg

撮影後は、自宅近くにあるスイカズラにホッチキスで留めておきました。
その後育つか時々確認したいと思いますが・・・自宅付近ではクモや鳥に食べられてしまうかも知れません。


ほんの短時間の撮影でしたが、こんな近くでアサマイチモンジを見るのは滅多にないことです。
以前は、この付近をくまなく探したつもりだったのですが、嬉しい発見でした。


今回は写真が少ないので、この前日に別の場所でみつけたイチモンジチョウも付け加えておきます。
いつかチャンスがあったら、イチモンジチョウの卵も超接写して、アサマイチモンジと卵の比較をしてみたいです。

e0224357_20501041.jpg


by konty33 | 2013-05-26 21:15 | タテハ類 | Trackback | Comments(8)
2013年 05月 18日
コチャバネセセリなど・・・地元で五目撮り
5月11日
天気予報が急に晴れに変わったので、地もと(遠州)で黒系アゲハでも探してみようと出かけました。
ちょくちょく見かけることはあっても確実に撮影できる場所は知らないので、蝶相が濃い場所を教えてもらいました。
ポイントに行く途中、雨上がりの田舎道ではコチャバネセセリが土手のササに産卵していました。
e0224357_6534959.jpg

お腹を曲げながら、下に向かって歩いているところですが、産卵した瞬間は上手く撮影できませんでした。
地面近くに産まれた卵を確認してみると、ゼフの卵と比べて凄く大きく感じました。
e0224357_6563919.jpg

肉眼ではただ薄黄色の球体にしか見えませんでしたが、良く見ると綺麗なスジが入っていることが分かります。
e0224357_659869.jpg

さて、本題と行きたいところですが・・・・ポイントに到着してもウツギの花には何も来ません。
谷筋ではオナガアゲハが時々飛んできますが、高い場所のツツジに頭を突っ込んでもすぐに飛んでいきます。
雲が多く日差しが少ないためか、地面に降りてきても吸水には至りませんので、下手な飛翔を1枚載せておきます。
e0224357_782164.jpg

カラスアゲハは破れた右翅を見えないように・・・・・
e0224357_7124268.jpg

アオスジアゲハも時々飛んでいますが、こちらは日照りの時に吸水のチャンスがありました。
e0224357_7141884.jpg

撮影機会はありませんでしたが、ナガサキアゲハやモンキアゲハも見られ良いところでした。
その他では、朝方はイチモンジチョウも吸水していましたが、敏感で近寄れず300mmで遠目から狙いました。
e0224357_7174241.jpg

イチモンジと言えば、イチモンジセセリは沢山いました。
e0224357_7222679.jpg

他にはダイミョウセセリも居ましたが、少し期待していたアオバセセリは見られませんでした。


本当なら、白馬のイエローバンドを見に行きたいところでしたが・・・・雨上がりで天気を信じ日帰りはきつ過ぎます。
たまには地元で・・・と黒系アゲハを狙いましたが、飛ぶだけで撮影機会がなく時期も遅い感じでした。
その代わり、滅多に撮影しない地元のチョウ達を撮影できたので良しとしましょう。

by konty33 | 2013-05-18 07:42 | Trackback | Comments(10)