タグ:イチモンジセセリ ( 6 ) タグの人気記事

2017年 08月 31日
人が守るクロツバメ生息環境
8月26日
久しぶりのフィールドですが日帰りです。
朝一は、最近見ていないクロツバメシジミの様子を見に行きました。
e0224357_19431010.jpg
ちょうど新鮮か個体も飛んでいて・・・・
ヘクソカズラに吸蜜する姿が印象的でした。
e0224357_19444002.jpg
しかし、このヘクソカズラなどの蔓植物が増えると食草のツメレンゲを覆ってしまいます。
e0224357_19454729.jpg
クズも生息地に広がりつつあります。
人が草刈りをしないと・・・
ツメレンゲはクズに覆われてしまい枯れてしまうのです。
e0224357_19490143.jpg
毎年、誰かが草刈りをしてくれているのですが・・・今年は・・・

朝日がまだささない時間は石止まりが目立ちました。
e0224357_19495000.jpg
夕方、もう一度行ってみると朝とは違ってツメレンゲに止る姿が多くなっていました。
e0224357_19533925.jpg
様子を観察していると・・・上から下まで歩き周り産卵場所を探していました。
e0224357_19552521.jpg
時々お尻を曲げますが、なかなか産卵しません。
やっと産卵したシーンですが、お尻は隠れてしまっています。
e0224357_19563838.jpg
卵を確認すると・・・ありました。
e0224357_19571607.jpg
この後も産卵を続けていましたが・・・
お尻をアップすると緑色の卵が・・・
枯草に・・・???
e0224357_19592100.jpg
この付近にはキタテハもいました。
e0224357_20004845.jpg
アカツメクサがお気に入りのようでした。
e0224357_20014755.jpg
イチモンジセセリも数が増えつつあるようです。
e0224357_20083020.jpg



なんとなく秋の気配を感じながら、晩夏のフィールドを楽しみました。
ちょうど新鮮な個体もいましたから、一日中観察すれば交尾も見られたかもしれません。
毎年草刈りをしてくれているのですが・・・・今年は未だ・・・
クズなどの蔓植物が生息環境に広がり、草刈りが必要と感じました。








-



by konty33 | 2017-08-31 21:41 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 03月 12日
蝶が飛ばない春
3月11日 
暖かい日なら遠征するつもりでしたが、前夜が遅かったのに加え・・・・
朝起きるとどんより曇り空・・・・その内にみぞれまで降ってくる始末です。
これでは空振りに終わると・・・・遠征を諦めて自宅近くの公園に行くことにしました。
 
ところが日差しが足りないのか・・・気温が低いのか何一つ飛びません。
成虫は諦めて・・・草地でセセリの幼虫を探してみました。
e0224357_21133777.jpg
こんな感じに糸で括った中に幼虫が隠れています。
ちょっと失礼して中を見てみると・・・・まだ小さな幼虫がいました。
e0224357_21145551.jpg
これは2,3本の草がまとめて括られています。
e0224357_21155137.jpg
中には少し大きめの幼虫がいました。
e0224357_21165220.jpg
その後も沢山見つかりました。
e0224357_21172732.jpg
こんな時期でも少しずつ食事をするようで、新鮮な食痕を目当てに探します。
e0224357_21191773.jpg
恐らく全部イチモンジセセリの幼虫だと思います。
e0224357_21193499.jpg
ベニシジミの成虫が飛ぶはずの場所を訪れましたが・・・・
空気が冷たく日差しも続かないので全く成虫は飛びませんでした。
仕方なく幼虫を探してみますが、前回の様にすぐには見つかりません。
恐らく蛹か羽化してしまったのでしょう。
やっと2,3見つけた幼虫を撮影しておきました。
e0224357_21231729.jpg
葉っぱの上で食事中の幼虫もいました。
e0224357_21241656.jpg

今年はタイミングが合わず未だに新生蝶に出会えません。
繁忙続きでとにかくフィールドに出られる日が限られるので仕方ありませんね。
撮影に使用したカメラは今回初トライのLUMIX GX7mkⅡ+45mmマクロでしたが、
細い草にピントが合わず苦労したので、成虫には不向きと感じました。

目薬とマスク着用で、花粉症は何とか酷くならずに済みました。ホッ!






-









by konty33 | 2017-03-12 21:41 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 21日
夏枯れの荒れた草地にて
8月19日
近年はクズやアレチウリが一面に覆ったところが多く環境が悪化していますが、
自宅付近では見ることが出来ないミヤマチャバネセセリを狙ってみました。
後翅の中央の大きな白紋があるだけですが、やけに魅力的に感じます。
e0224357_21064235.jpg
強い日差しを避ける様に草の中のアカツメクサに吸蜜していました。
e0224357_21071480.jpg
3化の発生はこれからのためか、個体数が予想以上に少なかったです。
同じ場所ではチャバネセセリも見られました。
e0224357_21093721.jpg
イチモンジセセリはこの時期かなり数が増えているようです。
e0224357_21121528.jpg
ミヤマチャバネセセリを探して河原を歩ているとツマグロヒョウモンの交尾をみつけました。
背丈より高いススキの中に逃げ込まれましたがなんとか撮影できました。
e0224357_21155650.jpg

セセリの写真をよく見ると後翅中央の白紋はミヤマチャバネだけでなく・・・・
イチモンジセセリやチャバネセセリにも小さいながら白紋がありました。
これまであまり気にしていませんでしたが、個体差なんですね。
それにしても日差しを遮るものがない草地での観察なので熱中症になりそうでした。



-


by konty33 | 2016-08-21 22:05 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 30日
セセリの幼虫の巣作り観察
12月29日
自宅近くの草むらでセセリの幼虫を探してみました。
秋口に産卵しているイチモンジセセリを見た場所です。
すぐにいくつか見つかりましたが、固く糸で括られた巣の中の幼虫が写せません。
そこで、巣をひとつ分解し新しい葉に幼虫を移動させて巣づくりを観察することにしました。
移動直後・・・落ち着かない様子で葉の幅を測るような動きをしていました。
e0224357_21393492.jpg

約1時間後・・・糸を1本掛けました
e0224357_2143598.jpg

約1cmなので3齢幼虫でしょうか。
約2時間後・・・糸を2本張ったところで葉先に移動して食事のようです。
e0224357_21573519.jpg

e0224357_2146011.jpg

2時間半後・・・まだ食事中です。
e0224357_2147177.jpg

約4時間後・・・上を向いたり、下を向いたりしていましたが、5本の糸を張りました。
e0224357_21495181.jpg

家の前なので時々様子を見に行きました。
約5時間後・・・7本の糸を張って一応巣は完成した様子ですが、前の巣より葉の隙間が広いので
風をまともに受けそうです。
e0224357_21514521.jpg



このセセリ幼虫は産卵風景から恐らくイチモンジセセリだと思っていますが、
個体差もあるでしょうし、齢数によって模様も異なるようなので確信が持てません。
昨年はチャバネセセリも産卵していたし・・・・
このまま大きくなれば分かるかもしれませんが、風も強い地域なので寒さに耐えられるか心配です。

by konty33 | 2015-12-30 22:06 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 19日
イチモンジセセリの産卵と卵
9月15日
台風接近で予報では雨でしたが、朝から雨が降る気配はありません。
風はやや強く吹くときがありましたが、午前中に所用をすませて午後から近所の里山で例のセセリの探索です。
産卵を見つけなくてはいけないのですが・・・・・・、まずは、なんでも良いのでチャバネセセリを探しました。
圧倒的に多いイチモンジセセリの中にチャバネセセリが1頭だけ見つかりました。
e0224357_21581075.jpg

しかし、ファインダーを覗いているとき視界から消えてしまい、二度と見つかりませんでした。


草刈りあとの斜面では、イチモンジセセリが産卵していました。
e0224357_222089.jpg

産卵したか確認すると・・・・イネ科の植物に直接産んだわけではないようですが、やや緑がかった卵が見つかりました。
e0224357_2234865.jpg

練習も兼ねて産卵シーンを何回か撮影してみましたが、数秒の産卵を上手く撮影するのは意外と難しいです。
100mmマクロの距離に近づくと逃げられることが多く、イメージ通りの絵にはなりません。
e0224357_2265634.jpg

イネ科の草にも産むことはありましたが、草が刈られて短いせいか、近くの草に産むケースが多いようです。
e0224357_22924100.jpg

この時の卵もアップで撮影してみましたが、枯れかけた近くの草でした。
こちらの産卵直後の卵は、やや茶色がかった色合いでした。
e0224357_2210813.jpg

枯れた草だろうが、食草でなかろうが、稲刈りが終わった田んぼの藁だろうが、産卵場所は適当な感じがしました。
e0224357_221505.jpg

狙いのチャバネセセリの産卵は見られませんでしたが、本番?に備えイメージトレーニングが出来ました。



今回の卵撮影は、スーパーマクロでかなり拡大できるオリンパスTG-2 Toughで撮影してみました。
それぞれ、トリミングはしていますがEOS+MP-E65とは比べものにならない気軽さで撮影が出来ます。
写真の出来もそこそこ我慢できるレベル?でしょうか。

by konty33 | 2013-09-19 22:35 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 09日
センダングサに集まる秋の蝶たち
10月6日
ヤクシマルリシジミを狙って訪れた場所では、センダングサに集まる秋の蝶たちが観察できました。
一番多かったのは、やはりイチモンジセセリです。
e0224357_2230219.jpg

センダングサで吸蜜しては近くの草の上で休憩しているようでした。
e0224357_22302837.jpg

イチノンジセセリに混じってチャバネセセリもいました。
e0224357_22322895.jpg

後翅の翅表にはまったく紋が無く、イチモンジセセリとは一目瞭然です。
こちらも吸蜜の合間に草の上で翅を広げて休憩中です。
e0224357_22305129.jpg

イチモンジの中でチャバネセセリの確率が高く、新鮮な個体も多かったので、いろいろ撮影してしまいました。
e0224357_22374196.jpg

e0224357_22382823.jpg

e0224357_22415786.jpg


10mくらいの狭い範囲に、セセリ以外にもツマグロヒョウモンが3、4頭見られました。
♀もいましたが、ボロボロだったので、♂だけ掲載します。
e0224357_22445564.jpg


キタテハも時々飛んできました。
e0224357_22475683.jpg


アサギマダラは、まだ数がいませんでしたが、センダングサに集まってきました。
もう暫くすると沢山のアサギマダラが見られると思います。
e0224357_22485152.jpg


秋の里にはウラナミシジミが普通にいますが、ここにも吸蜜に来ていました。
e0224357_2251579.jpg


今回は、どこでも普通に見られる蝶たちでしたが、1時間弱の撮影を楽しみました。
チャバネセセリは久しぶりに新鮮な個体を見たので少し一生懸命撮ってみました。
他にも、ヒメアカタテハ、ルリシジミ、アゲハの仲間がいましたが吸蜜することなく飛んでいってしまいました。

by konty33 | 2012-10-09 23:10 | Trackback | Comments(6)