タグ:アオスジアゲハ ( 7 ) タグの人気記事

2017年 05月 11日
ミヤマカラスアゲハとカラスアゲハの吸水
5月7日
GW最終日は地元の渓流沿いの林道へミヤマカラスアゲハを狙いに行きました。
飛んでいるクロ系アゲハは極端に少なく・・・・
時々、オナガアゲハやジャコウアゲハが飛んで行くだけです。

いつも吸水している付近で・・・・
10m以上向こうに翅を立てて吸水している個体を発見したので・・・・
慎重に一歩一歩足を進めます。
撮影したときはベタ開翅でした。
e0224357_21413195.jpg
いやー綺麗なミヤマカラスアゲハに出会えました。
風があったので時々風にあおられるように羽を立てます。
e0224357_21430925.jpg
徐々に距離を詰めて広角でも撮影しました。
e0224357_21435218.jpg
林道がわかるように角度を変えて再度チャレンジ・・・・
e0224357_21443780.jpg
殆ど翅を全開にしているのでこんな角度になってしまいました。
その内にカラスアゲハが近くに止まったので2ショットで・・・
e0224357_21465437.jpg
カラスアゲハはとても敏感で少しでもこちらが動くとすぐに逃げてしまいます。
e0224357_21480370.jpg
しかし2度,3度と・・・元の場所に戻ってきてくれました。
e0224357_21490864.jpg
e0224357_21501787.jpg
コミスジもだいぶ発生していて、吸水も見られました。
e0224357_21522428.jpg
e0224357_21524690.jpg
ハルジオンにはアオスジアゲハが吸蜜していました。
e0224357_21540427.jpg
最後におまけですが、今年はツマキチョウも激減です。
e0224357_22003346.jpg
相変わらず、♂は少なく止まらないので撮影できず・・・♀の産卵シーンだけです。
e0224357_22010300.jpg


ツツジの花にはオナガアゲハやクロアゲハが吸蜜していましたが、暗がりだったのでブレブレ・・・
花に日があたるようになると吸蜜に来なくなってしまいました。
それにしても個体数が激減です。
かなり翅が痛んだ個体が多いのですが、これから数が増えるのでしょうか。




-


by konty33 | 2017-05-11 22:01 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 16日
谷間の林道のアゲハ類
5月7日 
掲載が遅れていますが、まだGW後半の続きです。
自宅から近い隣町の林道に蝶相の濃い場所があると教えてもらったので様子を見に行ってきました。
ピンポイントのごく狭い範囲に驚くほど多くのアオスジアゲハが飛びまわっていました。
e0224357_2122619.jpg

右の翅に小さな過剰紋が見られる個体もいました。
e0224357_2171631.jpg

e0224357_2193884.jpg

沢山いたのに1枚の絵に配置よく2頭以上入れるチャンスがなかなか来ません。
e0224357_21121566.jpg

落ち着きなく飛び回る印象のアオスジアゲハをこんなに撮影させてもらえるのが良いです。
e0224357_2114843.jpg

さて、次はオナガアゲハですが、今年は何処でも多い印象です。
e0224357_2117332.jpg

こちらは道端のアザミがお気に入りのようでした。
e0224357_21181535.jpg

e0224357_21192136.jpg


クロアゲハですが、こちらもアザミに好んで止まります。
e0224357_21212077.jpg

カラスアゲハも次から次へと飛んできますが、撮影チャンスは少な目でした。
e0224357_21253756.jpg

ジャコウアゲハも多かったですが、こちらは撮影に耐える綺麗な個体は少な目でした。
e0224357_21295263.jpg

あとはツマグロヒョウモンがいました。
e0224357_21303622.jpg





アゲハの仲間がとにかく多く、40分で500枚ほど撮影でき、ほんの短時間でしたが十分楽しめました。
全部100mmマクロで近距離撮影したのもで、道端だけで撮影できるのも良かったです。
本当は、アオバセセリもいるはずでしたが、残念ながらこの日は晴れ間が不安定なためか
見当たりませんでした。来年は、それも含めて再訪したい場所です。




-

by konty33 | 2016-05-16 21:44 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 04日
アオスジアゲハの吸水と吸蜜
4月29日~5月2日  
今回はアオスジアゲハを狙って撮ってみました。
とても忙しく飛び落ち着きのない印象ですから、なかなか構図を考えて撮影する事は出来ません。
しかし、この時はゆっくりとV字開翅で吸水してくれました。
e0224357_21141861.jpg

翅を閉じるとこんな感じになります。
e0224357_2120468.jpg

翅表から見る青筋もとても綺麗です。
e0224357_21151361.jpg

逆光になると青筋が透けてとても綺麗ですが、写真ではこれが限界で上手く表現できません。
e0224357_21221055.jpg

複数の個体が並んでくれるのを期待していましたが、個体数が少ないのでムリでした。
道端のシロツメクサでも暫く夢中で吸蜜していました。
e0224357_21272493.jpg

花から花へと忙ししく飛び回ります。
e0224357_2128518.jpg

e0224357_21291158.jpg

たまたま飛翔が撮れたので翅表の美しさが表現できました。
e0224357_21295988.jpg

草原のハルジオンにも暫く吸蜜していました。
e0224357_21325640.jpg

e0224357_21343820.jpg



この時期はアゲハ類が一斉に羽化し楽しませてくれます。
なかでも新鮮なアオスジアゲハはその特有な美しさが魅力的です。
普段は、花に絡んでいるのを見ると撮影するくらいで、
狙って撮ったのは滅多にないのでとても嬉しく思いました。

by konty33 | 2016-05-04 21:49 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 24日
ミカドアゲハの吸蜜
5月20日
雲が多い天気だったので、心配しながらもミカドアゲハを見に知多半島に行きました。
ミカドアゲハがよく吸蜜するトベラやミカンの近くへ行くと昨年もお会いした地元のHさんがいらっしゃいました。
二人でミカドアゲハの飛来を待ちますが、アオスジアゲハやモンキアゲハも飛んできません。
地元の方々が、近くで騒々しく草刈りをしていたのですが、皆さんがいなくなり静かになるとミカドアゲハが登場しました。
e0224357_23134079.jpg

一度、ミカンの花で吸蜜が始まると暫く落ち着いて吸蜜してくれました。
e0224357_23155223.jpg

最初は、少し高い場所で吸蜜していたのですが、突然目の前の花に来てくれました。
e0224357_23171449.jpg

e0224357_23173310.jpg

暫く、吸蜜すると飛んでいってしまいましたが、この日は違う個体が何回か吸蜜に来てくれました。
e0224357_23185499.jpg

e0224357_23192093.jpg


昨年は、田んぼに吸水に来てくれたのですが、この日は、日差しが弱いためか吸水は見られませんでした。
e0224357_23204711.jpg


ミカドアゲハ以外の蝶は、殆ど吸蜜しませんでしたが、アオスジアゲハだけは時々やって来ました。
しかし、ミカドアゲハと比べると同じ場所に静止する時間が短く、撮影は大変です。
e0224357_23243254.jpg


それ以外にも今年初撮影のヒメジャノメがいました。
e0224357_2328294.jpg

イチモンジセセリも忙しそうに飛んでいました。
e0224357_2329452.jpg

ヤマトシジミは、♂はボロでしたが、♀は新鮮な個体がいました。
e0224357_23332010.jpg


これ以外にも、ツマグロヒョウモン、ナガサキアゲハ、モンキアゲハなどが時々姿を見せてくれました。
目的のミカドアゲハは、何回か吸蜜に来てくれたので、昼前に撮影を終えました。
今回は、モラルのない採集者に嫌な思いをしましたし、採集者の数が増える一方なのは残念です。
地元のHさん、途中から来られた「蝶の観察日記」のUさん、どうもありがとうございました。

by konty33 | 2012-05-24 23:51 | アゲハ類 | Trackback | Comments(15)
2012年 05月 08日
庭でジャコウアゲハとアオスジアゲハなどの観察
5月上旬
ゴールデンウィークの後半は、東名の渋滞もひどいようなので自宅や周辺の探索を行いました。
以前、庭の「ジャコウアゲハの蛹」をご紹介しましたが、今回は、ジャコウアゲハの産卵の観察をしました。
風のない晴天に、自宅庭のウマノスズクサを前足でタッチし確認しながら産卵をしようとしていました。
すると程なく産卵が始まりました。
e0224357_2128777.jpg

残念ながら卵を産んでいるところは写っていませんが、卵を確認したので産卵したようです。
産卵が終わると暫く近くで静止して休みます。
e0224357_212918.jpg

10分くらい休んだ後、また、産卵場所を探し始めました。今度は産卵する様子がしっかり写せました。
e0224357_21323298.jpg

産卵が終わると また、しばらく休憩です。
e0224357_21332218.jpg

暫くすると・・・・また、産卵が始まります。今度は、繁みの中だったので地面近くから狙いました。
e0224357_21345799.jpg

産卵場所は、日陰の繁みの中が多く、必ず障害物があったり、蝶がぶら下がり葉の向きが変わったりと産卵の瞬間が写せませんでした。
こんな産卵と休憩の繰り返しを2時間以上繰り広げていました。


普通は、葉の表面に産むのですが、縦に3つ積み上げて産んでしまいました。こんなの見たことがありません。
一番下の卵は色が違うので今産卵された物ではないようです。下の卵が孵化したら、上の卵は脱落してしまいそうですが、大丈夫でしょうか?
e0224357_21484775.jpg

近くでは、羽化したての♂も静止していました。(因みに、庭の蛹はまだ半分しか羽化していません。)
e0224357_21535458.jpg


次は、アカメガシの花に吸蜜するアオスジアゲハです。
e0224357_2212125.jpg

隣の家にある小さなクスノキでは、以前も沢山の卵や幼虫を確認しており、自宅にもよく飛来します。
しかし、素早く飛ぶアオスジアゲハの撮影機会はなかなかありません。
e0224357_2264546.jpg

この日は、ちょうど花の最盛期でゆっくりと吸蜜してくれました。
e0224357_2273697.jpg

アオスジアゲハが吸蜜する時は忙しなく動くことが多いのですが、この時は比較的ゆっくり撮影させてくれました。
自宅で、こんな写真が沢山撮れるのも珍しいことですが、そのうちスズメが来たのでアオスジアゲハは逃げてしまいました。

アゲハも良く飛んできます。ポピーの花に吸蜜していました。
e0224357_22205748.jpg

e0224357_2221536.jpg

庭にある小さなミカンの木には沢山の卵と小さな幼虫がついていました。


たまには、ゆっくりと自宅に飛来する蝶たちを撮影するのも良いものです。
今年も、ナガサキアゲハやモンキアゲハ達がやって来るのが楽しみです。

by konty33 | 2012-05-08 22:35 | アゲハ類 | Trackback | Comments(6)
2011年 10月 02日
神戸観光の合間に蝶を探す  
9月30日
家内と一緒に1泊で神戸観光に行って来ました。
1日目はベイエリアと南京町に行きましたが天気が悪かったので蝶は見られませんでした。
代わりにハロウィーンのカボチャさん達を写しました。
e0224357_21272755.jpg

10月1日
2日目は、晴れ間も見られ涼しく気持ちの良い朝でした。まずは、ホテルから北野の異人館街へ歩きました。
イノシシの鼻を触ると幸せになるとか・・・・。(うろこの家にて)
e0224357_23303834.jpg

観光の合間についつい目にとまってしまう可愛い蝶たちを撮影せずにはいられません。
北野の異人館街で見かけたアオスジアゲハです。
e0224357_21175817.jpg

アオスジアゲハは街のあちらこちらでよく見られ、元町近くのちょっとした花壇にも吸蜜に来ます。
e0224357_21203695.jpg

どれも花壇の花で、それぞれ場所が違います。
e0224357_2121433.jpg

ヒメアカタテハも町中で普通に見られるんですね。
e0224357_21362292.jpg

この時期、山の手の街のあちこちでは、どこからともなくキンモクセイの良い香りが漂ってきます。
e0224357_22492131.jpg

キンモクセイがあればギンモクセイもありました。香りは同じです。
e0224357_22521774.jpg


六甲山が迫った住宅街でキアゲハの綺麗な個体が何頭か飛んでいました。
e0224357_21385162.jpg

e0224357_21454050.jpg

e0224357_21495492.jpg

この付近では、ナガサキアゲハやクロアゲハも綺麗な個体が飛んでいましたが撮影は出来ませんでした。
観光の合間の短時間では思ったようにはいきません。
クロマダラソテツシジミのポイントを教えていただき少しだけ探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。


最後に旅の思い出を少しだけ紹介します。まずは、異人館の室内で撮影したものをまとめてみました。
e0224357_23345780.jpg

神戸港のモザイクでは、大八車の車輪をイメージする椅子が目にとまりました。
e0224357_2337172.jpg

蝶や自然を紹介するブログなので、旅の思い出はこれくらいにしておきます。

by konty33 | 2011-10-02 23:40 | Trackback | Comments(6)
2011年 05月 21日
ミカドアゲハ第2弾 吸水
5月21日
そろそろ発生のピークを迎えると思い、先週に続いて知多半島のミカドアゲハを観察に行ってみました。
ミカンの花の前で暫く待っていると田んぼで吸水するミカドアゲハを撮影する人影が見えたので、慌てて駈け寄り撮影させていただきました。
e0224357_21304483.jpg

吸水するのは、昼頃からかと思っていましたが、この日は8時前から吸水していました。
最初は、閉翅していましたが、半開翅するようになり、徐々に全開翅へと変化していきました。
e0224357_21313541.jpg

全開翅するととても綺麗で新鮮な個体だとわかります。
e0224357_21385069.jpg

e0224357_21392190.jpg

先週と違い、少し青みがかった綺麗な翅表色が表現できたと思います。
e0224357_2139457.jpg

驚かせると移動しますが、真剣に吸水が始まると近寄っても逃げません。
運良く畦道から手が届きそうな距離で吸水を始めたので、落ち着くのを待って、コンデジの広角でも撮影しました。
田植えが終わったばかりの田んぼの片隅で吸水している様子がよくわかると思います。
e0224357_2141952.jpg

その内、アオスジアゲハもやって来ました。
e0224357_21435637.jpg

ミカドアゲハは2頭飛来しすぐ近くで吸水することはありましたが、ツーショットは、残念ながら観察出来ませんでした。
その代わり、ミカドアゲハとアオスジアゲハとのツーショットは観察できました。
e0224357_21445225.jpg

モンキアゲハもすぐ近くで吸水しており、排水する瞬間を狙ってみましたが、拡大すると辛うじて小さな水滴が見える程度でした。
e0224357_2149382.jpg

他にも、ここでは、ナガサキアゲハ、モンシロチョウなどが吸水していて、賑やかな田んぼでした。
ただ、採集者が非常に多く、田んぼから離れて飛んでいる個体は全てネットに吸い込まれていきます。
下の写真のバック(右後方)にはネットマンが写っていますが、結局、今回撮影した2頭も我々が撮影を終えると採集されてしまい、何ともやりきれない気分です。
e0224357_2271017.jpg

吸水撮影の後、ミカンの花、トベラの花の前で次々とネットインされていく姿を見て、残念な気持ちで早々に帰途につきました。


帰りに磐田のトンボの池に寄ってみたら、ベッコウトンボが沢山いたので驚きました。
上手く撮れませんでしたが、証拠写真を掲載します。
e0224357_22162570.jpg


by konty33 | 2011-05-21 22:37 | アゲハ類 | Trackback | Comments(20)