2017年 07月 06日
ジョウザンミドリのテリ張
7月2日
この日は梅雨前線も少し北上し、晴れ間も多少は期待できそう・・・・
ジョウザンミドリシジミのテリ張を狙って初めての場所に出掛けてみました。
e0224357_21212279.jpg
ここでは広範囲にあちこちでテリ張するようで、綺麗な個体を探して撮影しました。
e0224357_21222691.jpg
シダやイネ科の下草にテリ張しますが・・・意外と上から撮影できた写真が少なく・・・
バリアングルの無いデジイチでは翅と平行に近くなることが多い感じでした。
e0224357_21294438.jpg
コンデジで上から狙うも近づき過ぎて逃げられます。
e0224357_21241725.jpg
見上げる高さに静止すると・・・・・当然翅表は写せません。
e0224357_21253898.jpg
カシワの幼木に静止する場所を見つけて・・・・
e0224357_21270747.jpg
時間が経過すると日差しが強くなり・・・全開翅しなくなりましたが・・・広角でも・・・・
e0224357_21283212.jpg
日当りの良い場所の下草は・・・水滴もなくなっていました。
e0224357_22303318.jpg
♂テリ張場所のすぐ近くの♀を飛ばしてみると・・・・♂が♀を猛追するも・・・・
交尾は確認できず見失いました。飛ばす前の♀です。
e0224357_21334701.jpg
こちらは♂ですね。翅裏の色が違います。
e0224357_21343542.jpg
ウラミスジシジミはルッキングで見つけましたが、近づくと逃げられ・・・・
e0224357_21354869.jpg
撮れたのはこの2枚のみ・・・・たぶんストロボに驚き半開翅したようですが、
この後、殺気を感じたのか・・・すぐに逃げられました。
e0224357_21364640.jpg
ハヤシミドリシジミの開翅も狙っていたのですが、いろいろ反省すべき点が多く・・・・
濡れた草むらを歩いたのでレンズは曇って写真は撮れなくな・・・・
長靴の中は水が溜まるし・・・お腹から下はグショグショで・・・・
ハヤシらしき写真は1カットだけ・・・勿論開翅などある訳もなく・・・・
e0224357_21401629.jpg



時期はバッチリでしたが、取り付いた場所が悪く苦労した割には成果がありませんでした。
雨露対策やレンズ曇り対策もしっかりしなかったなど反省しきりです。
ロストがあまりにも多く・・・ひとりで撮影するにはポイント選びを間違えたのも反省点です。
少し様子が分かりましたので来年リベンジしたいと思います。



-


# by konty33 | 2017-07-06 23:22 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 05日
雨には勝てず・・・幼虫探し
7月1日
雨を避けるために・・・・雨雲レーダーと空とを睨めっこしながら行先を探しました。
悩んだあげく・・・昼頃になってクロツバラが沢山自生する高原に着きました。
狙いは、ヤマキチョウ、ミヤマカラスシジミ、トラフシジミの幼虫です。
まず見つけたのはトラフシジミの幼虫です。
e0224357_21101810.jpg
指が写っているので大きさが想像できると思いますが・・・
こんなに小さい幼虫がよく見つかるものと我ながら感心します。
拡大できるコンデジを忘れたので、100mmマクロで拡大しました。
e0224357_21112685.jpg
次に見つけたのはヤマキチョウの幼虫です。
e0224357_21121618.jpg
こちらも凄く小さくてよく分からないと思うので、もう少し大きいのも見つけました。
e0224357_21132968.jpg
新しい葉をかなり食べた様で・・・軸だけになっています。
こちらも100mmマクロで拡大しました。
e0224357_21145544.jpg
あと残るのはミヤマカラスシジミですが・・・既に蛹になってしまったのかここでは見つかりません。
心当たりの場所へ移動し・・・暗くなる寸前にやっと蛹化直前の終齢幼虫をひとつ見つけました。
e0224357_21195839.jpg
時間を元に戻して・・・・最初の高原では
時々霧雨が降るような天気でしたが、ヒメシジミだけは飛んでいました。
クロツバラに拘って・・・枝先に静止した♀を掲載しておきます。
e0224357_21211666.jpg
あとはヒョウモンチョウが時々飛ぶ程度・・・手前の草が邪魔でした。
e0224357_21244188.jpg
この高原で2時間ほど散歩した後は・・・
クロツバメの様子を確認しに生息地に立ち寄りました。
ところが全てボロボロで写真になりません。
e0224357_21310206.jpg
一番右の個体はヤマトシジミですが・・・隣のクロツに交尾を迫っていました。
e0224357_21322291.jpg
勿論、交尾は成立しません。
比較的綺麗そうな♀を目で追うと産卵していました。
e0224357_21330833.jpg
お尻の先は見えませんが、確かに卵が産んでありました。
e0224357_21335400.jpg
1頭だけ新鮮な個体も撮影できましたが、すぐに見失ってしまいました。
e0224357_21351996.jpg


この日はクロツバラに拘って幼虫探しをしてみましたが、思うようには見つかりません。
ヤマキチョウはこの場所では初めて探したので、見つかったのは成果です。

当初狙っていたゼフは諦め予定を変更しましたが、雨には勝てませんね。




-



# by konty33 | 2017-07-05 21:17 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 03日
またもミヤマカラスの集団吸水に出会えず
6月24日
前の週に出会えなかったミヤマカラスアゲハの集団を狙って心当たりの場所へ移動しました。
良い天気になったので期待していましたが・・・
e0224357_21272589.jpg
新鮮な個体は1頭だけ・・・なかなか開翅しないのでヤキモキしました。
e0224357_21282309.jpg
殆どが翅を閉じたこんな状態なので綺麗な絵になりません。
e0224357_21294288.jpg
近くでボロボロの♀も給水していましたが、またしても集団は見られませんでした。
e0224357_21343730.jpg
ここではコチャバネセセリが沢山見られ・・・吸い戻し行動も観察できました。
e0224357_21375368.jpg
アカタテハと一緒に・・・コチャバネセセリは小さな集団吸水も・・・
e0224357_21392670.jpg
サカハチチョウも含めて、上手く集団を写すのは意外と難しいですね。
e0224357_21410328.jpg
他にはクモガタヒョウモンが何頭か吸水に来ていました。
e0224357_21472411.jpg
ミスジチョウは最初沢山見られましたが・・・暫くしたら全部いなくなってしまい・・・
笹に絡んで何かを吸収している証拠写真しかありません。
e0224357_21545394.jpg
帰宅時間も気にしながら、帰りに立ち寄った場所では・・・
今年もアサマシジミが辛うじて確認できましたが・・・
ゆっくり撮影している時間もなく帰途につきました。
e0224357_21573561.jpg


時間のない日帰り遠征でしたが、今回もミヤマカラスアゲハの集団には出会えませんでした。
夏型に期待してまた出かけたいと思います。



-


# by konty33 | 2017-07-03 13:01 | アゲハ類 | Comments(0)
2017年 06月 30日
輝くゼフには会えず
6月24日
ゼフの撮影の続きです。
この日、ここでは初めて撮影できたのがオオミドリシジミでした。
e0224357_21301894.jpg
残念ながら♀で・・・♂のテリ張は見られませんでした。
e0224357_21311047.jpg
♀だからか・・・・意外と高いところは飛ばず、灌木に静止してくれます。
葉の上でストロー(口吻)を伸ばしていました。
e0224357_21314792.jpg
クヌギの幼木に絡んで・・・・良いモデルになってくれました。
e0224357_21335361.jpg
ウラゴマダラシジミも意外と多かったですが、比較的綺麗なのはこの1頭だけでした。
e0224357_21390617.jpg
少し開翅すると前翅が透けて綺麗でした。
e0224357_21423848.jpg
脚立をお借りしてやっと翅表が撮影できました。
e0224357_21383774.jpg
ジョウカイとの2ショット??
e0224357_21401138.jpg
その他のゼフはスレたアカシジミくらいでした。
e0224357_21450181.jpg
ウラミスジ、アイノ、メスアカ、ミヤマカラスシジミは見られず少し残念です。
ゼフ以外も少しづつ種類が増えつつあり・・・ウラギンヒョウモン♂や・・・・・

e0224357_21510214.jpg
メスグロヒョウモン♂などが撮影できました。
e0224357_20573282.jpg
スジボソヤマキチョウも発生していました。
敏感ですがあまり遠くへは飛ばず、すぐに葉の裏に隠れます。
e0224357_21501255.jpg
クロヒカゲも普通に見られる季節になりました。
e0224357_22044380.jpg


翅表が青く輝くゼフには出会えませんでしたが、
思いのほかゼフの数は多く、ここでは6種を確認し半日楽しめました。

そんなに暑い日ではありませんでしたが・・・早朝から頑張り過ぎたのか
急に膝の裏の筋が吊りかけ・・・気分が悪く・・・脂汗が・・・軽い熱中症のようでした。
スポーツドリンクを飲んで少し休んだらすぐに回復しましたが、
これから暑くなるので体調には気を付けたいですね。




-


# by konty33 | 2017-06-30 20:38 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 28日
クロミドリシジミの開翅ほか
6月24日
早朝からクロミドリシジミの開翅を狙ってクヌギ林へ出かけました。
下草には水滴が少なく・・・薄曇りで・・・この種の撮影にはちょうど良い天気でした。
クヌギを軽くペシペシすると・・・・すぐに♂が飛び出し草地に降りてきました。
e0224357_22183101.jpg
暫くすると草の上に登り・・・・・
e0224357_22192098.jpg
また、暫くすると開翅してくれました。
e0224357_22201472.jpg
別の個体もすぐに降りて来て・・・暫くすると・・・・開翅しました。
上の写真の様に薄日がさしている状態と・・・下のように薄日もささない状態では色合いが変わります。
e0224357_22232181.jpg
小飛びして近くでまた開翅したので・・・・広角でも撮ってみました。
e0224357_22211560.jpg
♀も降りてきました。
e0224357_22241590.jpg
そして開翅・・・・残念ながらこちらは左前翅の先が羽化不全のようです。
e0224357_22254132.jpg
その後各種のゼフを撮影した後・・・・陽が高くなっても撮影機会がありました。
e0224357_22270627.jpg
この日は♂が圧倒的に多く、♀はこれからの様子でした。
e0224357_22291457.jpg
この日一番多かったのは、ウラナミアカシジミでした。
e0224357_21114438.jpg
ほとんどが新鮮で、今年は何処でも良く見ます。
e0224357_21124922.jpg
もう1カット載せておきます。
e0224357_21135383.jpg
同じくらい多かったのはミズイロオナガシジミでした。
e0224357_21155380.jpg
黒帯の太さが個体により多少変わります。
e0224357_21174162.jpg
最も多く見られたのが下の写真の太さでしょうか。
e0224357_21192488.jpg
黒帯の直線性にも個性があります。
e0224357_21205220.jpg




この日一番の狙いだった新鮮なクロミドリ♂の開翅が撮影できました。
ウラナミアカやミズイロオナガも新鮮で個体数もまずまずでした。
やはりこの時期の早朝はゼフの撮影が楽しいですね。

ご一緒いただいた皆さんありがとうございました。



-


# by konty33 | 2017-06-28 22:05 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)