「ほっ」と。キャンペーン
2016年 09月 26日
クロコノマチョウの顔比較
9月17日 続き
帰り道で夕方、クロコノマチョウの幼虫探しをしてみました。
以前から顔の比較をしてみたかったので、秋型が発生する前のこの時期が狙い目です。
この生息地ではジュズダマを食べており、食痕を頼りに探すとすぐに見つかりました。
e0224357_22031170.jpg
沢山あるジュズダマのなかでも特に多い場所があります。
だいぶ小さな幼虫もいました。
e0224357_22042587.jpg
狙いの顔の比較ですが・・・・・
殆ど真黒で真ん中に小さな紋が特徴的なものから・・・・
e0224357_22321882.jpg
紋がもう少し大きく形の面白いもの・・・・
e0224357_22334388.jpg
紋が3つの島に分かれたもの・・・・・
e0224357_22345122.jpg
顔全体に黄緑の紋が広がったもの・・・・
e0224357_22370093.jpg
今回は大きく4つの特徴に分けてみましたが、同様の顔が近くに固まって見られる様に感じました。
取り敢えず、暗くなる前に撮影しようと慌てて撮影した代表的な顔をコラージュにしてみました。
e0224357_22394763.jpg
唐突ですが、この周辺はヤマトシジミがやたらと多くて、交尾も見ることが出来ました。
e0224357_22421350.jpg
これまた序ですが、ツマグロキチョウの生息地付近でクズの花にウラギンシジミの幼虫がいくつか見つかりました。
下の写真は終齢幼虫ですが、角とは反対側に頭が写っているのが分かりますね。
e0224357_22242376.jpg
クズを摂食中?の頭をアップで・・・・・
e0224357_22261454.jpg
摂食中と言えば、ウラナミシジミの幼虫も・・・・・花に頭を突っ込んでいました。
e0224357_22284617.jpg
白っぽい幼虫もいました。
e0224357_22295374.jpg



今年も多くのクロコノマの幼虫を観察することが出来ました。
10月になったら秋型の成虫を見るのが楽しみです。
こうしたジュズダマが自生する湿地環境が引き続き守られていくことを期待します。



-

[PR]

# by konty33 | 2016-09-26 22:09 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 23日
生き残る・・・ムシャクロツバメシジミ
9月17日 続き
午後のひとときは久しぶりにムシャクロツシジミを覗きに立ち寄りました。
以前、一度だけ撮影したことがありましたが、意外と可愛い外来種だと思っていました。
その後どうなったか情報をしりませんでしたが、まだ生き残っているようでした。
e0224357_22565007.jpg
食草(ツルマンネングサ)の上で静止した綺麗な♀のようです。
コンクリートの上よりは絵になりますね。
e0224357_22595317.jpg
開翅するのもクロツバメと同じ感じです。
e0224357_23003706.jpg
この日の観察は短時間だったこともあり、交尾は見られませんでしたが、産卵行動は見せてくれました。
e0224357_23014655.jpg
葉のつけねや新芽の先など様々なところへ産み付けて行きますが、正対することは出来ません。
産卵された卵もTG3で撮ってみました。
e0224357_23033338.jpg
こうなるとツマグロキチョウの様に幼虫も見てみたくなります。
食痕を頼りに目を凝らしてみると・・・・・いました。
e0224357_23051869.jpg
蟻が取り付いています。
もう一回り大きな幼虫もいましたが、頭を葉の中に突っ込んでいるようです。
e0224357_23060113.jpg
探したのはほんの狭い範囲ですが、それなりの数がいるようです。
e0224357_23075067.jpg
こうなると蛹が見たいところですが、流石に蛹は見つかりませんでした。



炎天下で飲み物が少なかったので、熱中症を心配して短時間で切り上げました。
コンビニへ直行して冷たいものを・・・・
一応、生息していることが確認できましたが、外来種だけに喜んでいいのか複雑ですね。




-

[PR]

# by konty33 | 2016-09-23 22:37 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 21日
ツマグロキチョウの卵から蛹、成虫まで
9月17日
前の週末はツマグロキチョウのポイン近くに行きながら、時間がなく見ることが出来ませんでした。
そこで今回は所要の序にツマグロキチョウを見たくて立ち寄りました。
まず見つけたのは綺麗な秋型でした。
e0224357_21522179.jpg
周りを見るとまだ夏型の方が圧倒的に多い様です。
e0224357_21531937.jpg
幸運にも夏型の交尾に出会いました。
e0224357_21535751.jpg
食草のケツメイにぶら下がる姿も絵になります。
e0224357_21544272.jpg
このようなケツメイが周りに沢山あったので幼虫も探してみました。
e0224357_21552858.jpg
食痕を頼りに探してみると・・・・葉の上に幼虫を見つけました。
e0224357_21564199.jpg
終齢幼虫と思われる大きさです。
e0224357_21572794.jpg
まだ小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_21582781.jpg
アップで見ると食事中のようです。
e0224357_21590267.jpg
こうなると蛹も見たくなり・・・・・少しムキになって探すと・・・・・
葉が殆ど食べられたような場所の近くで見つかりました。
e0224357_22011188.jpg
もう一つ緑色した蛹も見つかりました。
e0224357_22015907.jpg
ケツメイが密集した中から見つかったので指で摘まんで撮影しましたから不自然な感じが否めません。
後は卵となりますが・・・・・産卵しそうな飛び方の♀を見つけました。
暫く見ていると・・・・・産卵しました。
e0224357_22053305.jpg
葉の中央葉脈に産卵するのでお尻が写りにくいし、正対して撮れるのも時の運です。
e0224357_22071345.jpg
産卵した卵をアップで撮影しましたが、表面のディテールが上手く表現できずTG3の限界を感じました。
e0224357_22093401.jpg


こうして成虫だけでなく幼虫、蛹、そして卵シーン、卵、交尾と一通りの生態写真が撮れました。
もう少ししたら、秋型の交尾や逆光吸蜜シーンなどの写真も撮れたらと考えています。





-


[PR]

# by konty33 | 2016-09-21 22:50 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 19日
クズで育つシジミチョウ3種ほか
9月11日 続き
毎年この時期は地元の河原にコムラサキやツマキチョウを狙って出かけます。
今回はいつもと違う場所で探してみましたが、車を降りるとすぐに逆光で綺麗なキタキチョウがいました。
e0224357_22174744.jpg
ヒメクマツヅラの花にはツバメシジミも吸蜜していました。
e0224357_22184297.jpg
河原にはクズが生い茂っているのでウラナミシジミは沢山飛び回っていますがすぐに逃げてしまいます。
e0224357_22193232.jpg
ウラギンシジミも多くなっていましたが多くは葉の裏に静止しています。
e0224357_22415681.jpg
時々葉の上で開翅する姿も見られました。
e0224357_22451179.jpg
前翅の先が尖った秋型も見られました。
e0224357_22454193.jpg
翅表の白い紋が小さな♀もいました。
e0224357_22482948.jpg
この日の一番の成果は可愛いルリシジミの交尾でしょうか。
e0224357_22495689.jpg
少し飛んでは場所を変え、落ち着きがありません。
e0224357_22504417.jpg
クズの花をバックに広角写真も撮ってみました。
e0224357_22513774.jpg
交尾後に♀の開翅も見られました。
e0224357_22534496.jpg
これだけクズの花が多いと幼虫も探すのが大変です。
まずはウラギンシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_22525719.jpg
幼虫の動きを見ていてもツノの方へ進むこと(バック)も多く、ツノの方を頭を振る様に動かすので・・・・
ツノがあるのが前と思えてしまいますが、実はお尻なんですね。
e0224357_22543017.jpg
ツノが白くて長い幼虫も・・・・ (これは下が頭ですよ)
e0224357_22554046.jpg

ウラナミシジミ
と思われる幼虫も・・・・・
e0224357_22574377.jpg
ルリシジミらしき幼虫も・・・・・
e0224357_22551310.jpg
最後にミヤマシジミですが、成虫は見られずアリに囲まれた幼虫だけを見てきました。
e0224357_23045286.jpg


昨年に引き続き幼虫観察も楽しんでいますが、探すコツが少しわかる様になってきました。
今年はコムラサキやゴマダラチョウを見ていないので寂しいですが、
秋までにツマグロキチョウは撮影したいと思います。




-

[PR]

# by konty33 | 2016-09-19 23:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 17日
ウラナミジャノメの発生数確認
9月11日
少し消化不良だったので地元のウラナミジャノメをもう一度確認に行きました。
今回は個体数も多少増えていましたが、スレも目立つようになっていました。
e0224357_22470083.jpg
縁毛が擦れており新鮮とは言えませんが、姿が見られて安心しました。
場所を少しずつ変えてみますが、同一個体か別個体か区別がつきにくく個体数が不明確です。
e0224357_22513006.jpg
キツネノマゴに吸蜜する姿も見られました。
e0224357_22520298.jpg
藪の中に逃げ込まれ見失うことも多いのですが、とにかく敏感で近寄るのも気を使います。
こちらは縁毛が綺麗な明らかに別個体ですね。
e0224357_22542904.jpg
周りにはヒメウラナミジャノメも多く、いちいち見分けるのも大変です。
e0224357_22565898.jpg
こちらは新鮮そうで眼状紋が大きく綺麗なウラナミジャノメです。
e0224357_22593730.jpg
ところがすぐに藪の中に逃げ込んでしまいます。
覗き込める場所が1ポイントだけありました。
e0224357_23011166.jpg
ヒメウラナミジャノメはすぐに開翅しますが、ウラナミジャノメはあまり開翅してくれません。
それでも何回かチャンスがありました。
e0224357_23024278.jpg
上の写真では分かりにくいですが、翅表の後翅下方の眼状紋が1つなのが特徴です。
e0224357_23051236.jpg


今年は週末のたびに台風の影響などで天気が今一つ・・・・
おまけに発生タイミングも掴めず、新鮮な個体の撮影が思うようにできませんでした。
それでも複数の個体を広範囲で確認できたので良しとしましょう。




-

[PR]

# by konty33 | 2016-09-17 22:51 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)