2017年 07月 16日
充実した一日の締めくくり・・・
7月8日
クロシジミなどを撮影した帰りにミヤマカラスシジミの生息地に立ち寄ることにしました。
到着した時は曇っており時間も少し遅かったですが何とか姿を見ることが出来ました。
e0224357_20571253.jpg
スレた個体の中から比較的綺麗そうな♂の吸蜜を狙いました。
e0224357_20570373.jpg
こちらは新鮮な♀の吸蜜です。
e0224357_20565261.jpg
e0224357_20592215.jpg
葉の上で静止する姿も見られました。
e0224357_21001934.jpg
大きなミズキの花でも吸蜜していました。
e0224357_21010754.jpg
e0224357_21023371.jpg
かぶれない様に気をつけながら・・・広角でも撮影してみました。
e0224357_21031362.jpg
クルミの木ではオナガシジミが見られましたが、100mmマクロでは遠くて・・・
e0224357_21040843.jpg
夕方の活動が始まる前に・・・
1頭だけクズの葉に降りて来てくれました。
e0224357_21052671.jpg



時間が遅かったこともあり心配しましたが、狙いの2種は撮影できました。
ミヤマカラスは食草のクロウメモドキにも静止していましたが・・・
林内は暗すぎて産卵は確認できませんでした。
この場所の様子もわかったので、来年はもう少し早い時間と時期に再訪したいです。

早朝はやや寂しかったですが、ほぼ想定通りの充実した一日の締めくくりとなりました。





-




# by konty33 | 2017-07-16 20:54 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 14日
真夏並みの暑さの中・・・
7月8日
朝のゼフィルスを楽しんだ後は、教えていただいたアサマシジミの様子を見に行きました。
既にピークは過ぎていますが、綺麗な個体も見られました。
e0224357_22351209.jpg
個体数は少なかったですが、1頭の新鮮個体を追います。
e0224357_22363812.jpg
全開翅にはなりませんでした。
e0224357_22371221.jpg
違う場所でも綺麗な個体を見つけたので林道を追いかけました。
ホウの葉上の水滴を吸水したり・・・・
e0224357_22384333.jpg
地面でも吸水・・・・
e0224357_22393969.jpg
シャッターを押すのが遅く・・・飛び立つところが偶然写りました。
偶然にしては良くピントが合っています。
前翅の先が切れていなければ・・・・
e0224357_22402756.jpg
色々な花で吸蜜します。
e0224357_22413040.jpg
このアザミは下向きに曲がる種類のようですが・・・
e0224357_22421425.jpg

次に向かったのはクロシジミの生息地です。
以前と比較し個体数は少な目・・・
e0224357_22441653.jpg
オカトラノオで吸蜜も・・・
e0224357_22445770.jpg
日差しが強く暑いためか・・・なかなか開翅してくれません。
日陰に静止した♀の翅表チラ見せV字開翅がやっと・・・
e0224357_22470604.jpg
翅裏の色合いも個性があります。
e0224357_22462525.jpg
翅裏の色合いが異なり黒っぽい♀も・・・
e0224357_22480579.jpg
アリに襲われそうなシーンですが、まったく気にしていません。
この後足の間をアリが通って行きました。
e0224357_22500958.jpg
広角でも・・・
e0224357_22505523.jpg



ご覧のような晴天でとても暑くて日射病になりそうだったので、短時間で切り上げました。
個体数は少な目に感じましたが、予定の2種を撮影できました。

お世話になった皆さんありがとうございました。




-






# by konty33 | 2017-07-14 20:47 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 12日
少ない機会をものに・・・!!
7月8日
自宅近くではニイニイゼミが鳴き出していよいよ夏本番と言った感じです。
この日は先日撮影できなかったハヤシミドリシジミの開翅などを狙って出掛けました。
まずは早朝の軽い運動で・・・・
カシワの木をペシペシしますが・・・
寂しいことにいつもの付近では無反応・・・・
やっと降りてきた個体は開翅せず・・・・
気温が高いのか日差しが強すぎるのか分かりませんが、そのまま飛び去りました。
e0224357_21341548.jpg
ここで心強い蝶友が登場して・・・・
下草に誘導して・・・・
おまじないの道具を使うと・・・・
ハイ、開翅しました。
・・・・ええ?? 凄技っ!!・・・・
e0224357_21370861.jpg
ワンチャンスだったので角度を変えながら撮影タイムです。
e0224357_21394375.jpg
横からも・・・・
e0224357_21402023.jpg
後にも先にも開翅したのはこの1頭だけ・・・
個体数数も以前と比較し少なかったですが、こんな写真ばかりです。
e0224357_21412241.jpg
早朝の成果はやや期待外れでしたが
蝶友のお蔭で最低限の目的は達成できました。


ここを諦めて、ジョウザンミドリシジミのテリ張場所へ移動しました。
e0224357_21434102.jpg
ここは数が多いので卍行動を中心に撮影してみました。
相変わらずの歩留まりの悪さで、翅表も輝かないような写真ばかり・・・
e0224357_21452712.jpg
ピントがそこそこ良いと1頭した画面に入っていないとか・・・
e0224357_21474865.jpg
ロクな写真がありませんが、雰囲気だけ・・・
e0224357_21491327.jpg
e0224357_21500553.jpg
e0224357_21510115.jpg
テリ張りの終盤に林道上で吸水行動も確認しました。
e0224357_21531358.jpg
逆光ですが・・・軽くストロボを使用して・・・
e0224357_21534684.jpg
♂が一生懸命テリ張する中、♀は葉の上で知らん顔を決めていました。
e0224357_21550115.jpg
近くではメスアカミドリシジミの♀も佇んでいました。
e0224357_22253948.jpg
林道では今年よく見るニホンカモシカの姿も・・・・
e0224357_22270647.jpg

ウラジロミドリ、ウラミスジ、ウスイロオナガ、ウラクロなども期待してましたが、
残念ながら今回は見られませんでした。
冬には雪が多かったようですから、まだ発生が遅れているかもしれません。

ご一緒していただいた皆さんありがとうございました。





# by konty33 | 2017-07-12 22:31 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日
キマダラルリツバメ最盛期
7月2日
午後は恒例のキマダラルリツバメを狙って探索モードです。
以前見られた場所など心当たりを探しましたが見られず・・・・
ひょっとしてフライング??・・・・と嫌な予感がよぎります。
晴れ間もみられたので、やや早めに本命の場所へ行ってみると・・・
e0224357_21071929.jpg
ちゃんと発生していました。
チラチラと小さいのが飛びまわっており、ヒメジョオンに止ります。
先行の蝶友との挨拶もそこそこに撮影に夢中になりました。
e0224357_21210352.jpg
花の上に静止していますが吸蜜ではなく・・・
既にテリ張時間のようです。
e0224357_21215851.jpg
まだ発生して間もない様子で、かなり新鮮な個体も見られました。
e0224357_21235135.jpg
桑の葉の上で・・・
e0224357_21250385.jpg
シダの葉の上で・・・・
よく見ると翅裏の模様にも個性が見られます。
e0224357_21253228.jpg
開翅すると青が広がった翅表が綺麗です。
e0224357_21512333.jpg
沢山ある写真をコラージュにしてみました。
e0224357_21270663.jpg
e0224357_21272590.jpg
横から開翅していく様子も撮影しました。
e0224357_21280925.jpg
このモデルはサービスが良く・・・・向を変えてくれました。
e0224357_21521979.jpg
翅表の青の広がりが少な目の個体も・・・・
e0224357_21284839.jpg
この時期の天気はたいへん変わり易く・・・
その内に小雨が降り始め・・・・
いつの間にか何処かへ行ってしました。
暫くして陽が差しましたが、時間は早いのに活性が急に落ちてしまいました。
e0224357_21403127.jpg
最後に広角写真も1枚だけ・・・・
e0224357_22484877.jpg




10年分の撮影が楽しめたと感想を言い合いながら、満足と興奮のひと時を過ごせました。
ご一緒していただいた皆さんありがとうございました。




-




# by konty33 | 2017-07-10 12:13 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日
いつもと違う高原の雰囲気
7月2日
朝のゼフのポイントを後にしてコヒョウモンモドキを狙って移動しました。
今年は発生が遅れているのか、何も飛ばずいつもと様子が違う感じです。
やっと見つけたのがこの個体です。
e0224357_22035710.jpg
何カットか撮影することが出来ました。
e0224357_22061081.jpg
翅裏の模様も綺麗です。
e0224357_22072144.jpg
e0224357_22073736.jpg
後で見ると違う個体もいたようです。
e0224357_22081811.jpg
まだ綺麗なウスバシロチョウがいたので時期が早かったかもしれませんね。
e0224357_22090880.jpg
イチモンジチョウもとても新鮮で綺麗でした。
e0224357_22204059.jpg
一度逃げられましたが再度挑戦・・・・
e0224357_22212404.jpg
こんなシーンも・・・
e0224357_22220350.jpg
ヒメシジミはとても沢山いました。
e0224357_22232047.jpg
e0224357_22240518.jpg
しかし、求愛も交尾もみられず♂も♀もお互いの存在を無視している様でした。

ヤマキマダラヒカゲ
は獣糞の付近に集まっていました。
画面に入らない距離感で周囲に何十頭もいました。
e0224357_22264186.jpg


# by konty33 | 2017-07-08 19:00 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)