2016年 11月 14日
ヤクシマルリシジミの幼虫探し
11月12日
快晴無風の小春日和になりました。
所要のなか無理やり時間を作り少しだけ先週のヤクシマルリシジミのポイントに立ち寄りました。
成虫の姿は見られず、その代わりの卵だけでは・・・寂しいものです。
e0224357_21195268.jpg
バラ科の新しい葉先の卵の数が増えているように感じました。
複数卵が同じ葉に産れていることも多く見られます。
e0224357_21212565.jpg
孵化していないかと思ってみていると・・・
先週は見つからなかった幼虫もいくつか見られました。
e0224357_21231579.jpg
葉裏の表皮だけを削り取る様に食べています。
卵のすぐ横の葉も食べている幼虫がいました。
e0224357_21241826.jpg
他にも葉の付け根付近でじっと動かない幼虫も・・・・・
e0224357_21253824.jpg
夕日が当たると幼虫が黄色に見えました・・・・
e0224357_21264005.jpg





これらはまだ3~4mm程度の小さな幼虫ですが、成虫になれるのでしょうか?
今後も時々覗いてみたいと思います。




-


# by konty33 | 2016-11-14 22:28 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 10日
時期遅れのヤクシマルリシジミ・・・産卵と卵
11月6日 続き
ムラサキツバメの撮影の合間に今年は未だ見ぬヤクシマルリシジミの状況を確認もしてみました。

何年か前に見かけたことのある場所に立ち寄ると・・・・・
複数のボロボロ個体がテリ張したり、吸蜜したり・・・飛び回っていました。
e0224357_21131390.jpg
荒れ地の奥で飛んでいますが、なかなか近くには来てくれません。
草の密度の濃い荒れ地で気配に敏感なため分け入ってもすぐに逃げられてしまいます。
e0224357_21171467.jpg
比較的綺麗な個体もいましたが、この個体は開翅してくれません。
e0224357_21155561.jpg
暫く見ているとボロボロの♀が2,3頭バラ科のツルに絡み始めました。
e0224357_21185837.jpg
その内の1頭がお尻を曲げて産卵を始めました。
e0224357_21211910.jpg
それにしても凄まじくボロボロですね。
子孫繁栄のために命の限りがんばっている感じです。
e0224357_21225470.jpg
これから伸びようとしている葉先に次々産卵してきます。
いつものようにTG-3で卵も撮影しておきました。
e0224357_21295812.jpg
e0224357_21322609.jpg
e0224357_21325385.jpg
そこらじゅうの新しい葉に産卵してありましたが、残念ながら幼虫は見つかりませんでした。
今回はもう少し解像度の良い新システム(LUMIX GX7 markⅡ)を導入し拡大撮影しました。
e0224357_21343719.jpg
上の写真は以下の記事を参考にして・・・・装備を安価な中古で揃えスタッキング法を試してみました。
fanseabさん大変参考になりました。有難うございます。

TG-3と比較すると多少撮影が面倒ですが、写真の出来はシャープで満足できるものです。
マイクロフォーサーズなので一眼と比べれば装備重量も相当軽く、TG-3より圧倒的に
画質が改善できこれなら使えそうです。




成虫は完全に時期遅れでしたが、新システムで満足のいく卵の試写が出来ました。
今年の冬のシーズンは色々なチョウの卵を試し撮りしてみようと思います。
TG-3との使い分けを考えて上手く活用したいですね。




-


# by konty33 | 2016-11-10 23:11 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 11月 07日
地元でムラサキツバメの観察
11月6日
朝晩は寒いくらいに感じるこの頃ですが、日中は暑いくらいになりました。
小春日和というよりは日差しが強く汗が滲みます。
前夜遅かったので遠征は諦めて近場を探索してきました。
まず狙ったのは地元の公園や街路樹にもいるムラサキツバメです。
e0224357_21284517.jpg
紅葉したマンサクの葉に並んで静止していました。
同じ木の少し高いところには3頭いました。
e0224357_21300028.jpg
日差しがあたり気温が上がると開翅する個体も・・・・・
e0224357_21312426.jpg
ここではあっと言う間に何処かへ飛んで行ってしまいました。


場所を移動して違う公園でも探しましたが・・・・・
日中に気温が上がってからは高いところを飛び回るだけで撮影が困難な状況でした。
e0224357_21352245.jpg
そんな中でも暗がりで静止している個体もいました。
e0224357_21363792.jpg
幼虫はどうなったかと確認してみると・・・・
まだまだ沢山いました。
e0224357_21380046.jpg
根元付近に出ている新芽は殆ど食べ尽されていて、これで蛹になれるのか心配な状況です。
e0224357_21394533.jpg
新芽が出ているところには卵も見つかりました。
e0224357_21445199.jpg
広がった葉の表にも産卵してあります。
e0224357_21405104.jpg
拡大すると・・・・・いつもの綺麗な卵です。(TG-3)
e0224357_21415790.jpg
孵化卵も沢山あり、小さな幼虫も見られました。
これらの若齢幼虫は気温が下がると死んでしまうのでしょうか?
e0224357_21463921.jpg
偶然出会った友達から根元付近の葉の裏に蛹があると教えてもらいました。
残念ながら寄生された死骸殻のようです。
e0224357_22002547.jpg
また移動して・・・・・・
街路樹でも木の根元から生える新芽を見つけました。
e0224357_21482001.jpg
沢山の食痕がある木で探してみると・・・・・すぐに何頭かの幼虫が見つかりました。
卵もついていますが・・・・葉先の丸まったところにいる幼虫がわかりますか?(蟻のところです)
e0224357_21493191.jpg


まだ、集団はすぐに散らばってしまいますが、その内にしっかりとした越冬集団が形成されると思います。
今回見つかった幼虫や卵たちは生き残れるのか不安ですが、今年は数もまずまずのようです。


-



# by konty33 | 2016-11-07 22:41 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 11月 01日
今シーズン最後のミヤマシジミ観察など
10月16日
このところ繁忙な日々が続きどこにも出かけていませんので、少し前のことになりますが・・・・・
いつもの河原に出掛けてミヤマシジミの卵を探した時のことを書きます。
風が強く成虫の写真は上手く撮れませんでしたが新鮮な個体の証拠写真です。

e0224357_21474707.jpg
残り少ないコマツナギの花に吸蜜したシーンは1カットだけで、後は葉っぱ止まりのみ・・・・・
e0224357_21484902.jpg
ここ何回かここに通っては撮影を忘れていた卵の写真も撮れました。(TG-3深度合成)
e0224357_21493897.jpg
蛹も探してみましたが、今回も抜け殻だけ・・・・・タイミングが悪いですね。
e0224357_21492364.jpg

そう言えば、この日はツマグロキチョウも少し撮影したのを忘れていました。
e0224357_22034132.jpg
逆光狙いですが、日差しが弱くてもう一つです。
e0224357_22040984.jpg
セイタカアワダチソウの吸蜜も色がダブってもうひとつですね。
e0224357_22044035.jpg
後はキタテハくらいでした。
e0224357_22035475.jpg
e0224357_22051068.jpg


もう暫く繁忙な日々が続きそうです。
ストレスが溜まりますね。



-


# by konty33 | 2016-11-01 22:01 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 10月 18日
秋のタテハ
10月15日
久しぶりに気持ちよく晴れた休日になったので・・・・・
これと言って狙いもないままフラフラとしてきました。
センダングサがちょうど咲きそろってヒメアカタテハが集まっていました。
e0224357_20564824.jpg
もう少し時期が遅いと種がベタベタと服に着くのですが・・・・まだ大丈夫なようです。
しかし、荒れ地に入ると蚊の猛攻に会いました。(笑)
e0224357_20572267.jpg
e0224357_21141373.jpg
センダングサはタテハ達がお気に入りのようで・・・・キタテハもいました。
e0224357_21161586.jpg
ツマグロヒョウモンは♂ばかり沢山いました。
e0224357_21175315.jpg
e0224357_21181807.jpg
アカタテハは吸蜜よりイラクサの仲間に産卵で忙しそうでした。
e0224357_21192406.jpg
e0224357_21203345.jpg
この産卵シーンの後、卵の確認もしてみました。
何処に卵があるか分かりますか?
e0224357_21211553.jpg
TG3で拡大してみました。
e0224357_21221735.jpg
角度を変えて・・・・・
e0224357_21224455.jpg
エノキの幼木からはゴマダラチョウの幼虫も見つかりました。
e0224357_21350910.jpg
エノキの葉の上に台座を作って静止していました。
e0224357_21353508.jpg


何も目的なくフラフラしてきました。
これと言ったシーンには出会えませんでいたが、秋らしい一日を楽しめました。






-


# by konty33 | 2016-10-18 21:42 | タテハ類 | Trackback | Comments(2)