2011年 10月 22日
愛知のクマソ その後
10月16日
リュウキュウムラサキやヤクシマルリシジミを観察した帰りにクロマダラソテツシジミの様子を見に行きました。
ソテツには以前より沢山の幼虫が見られ食害もひどくなっていました。
e0224357_23262954.jpg

近くの花を探すと・・・・ 傷んだ個体の中に綺麗なクマソ♂がいました。翅表に裏の模様が透けて見え綺麗です。
e0224357_232810100.jpg

吸蜜の合間に、時々近くの葉上で開翅することがありました。
e0224357_2339844.jpg

以前よりスレた個体が多い中、綺麗な個体も見られますが、時間が遅いのか数は少ないようです。
そんな中、少し「翅裏の模様に異常」が見られる個体が見つかりました。
e0224357_23303497.jpg

まるで別種のようなのですが、低温期型でしょうか?初めて見ました。まだ、そんなに寒くはないのですが・・・・。
e0224357_23322573.jpg

比較に通常の個体も載せておきます。やはり上の個体の模様とは明らかに違います。
e0224357_2346565.jpg

その後、もう少し探してみると♀も見つかりました。
e0224357_2336562.jpg



最後に、ソテツの固い新芽に潜り込もうとしていたかなり立派なノコギリクワガタを見つけました。
夏にクヌギなどで見られますが、ソテツとは縁遠いように思いですよねぇ・・・。
e0224357_2356227.jpg

ソテツの新芽から隣にあった椰子の切り株に移ってもらい撮影しました。こんな時期に珍しいところで見つかったと思います。
e0224357_2359514.jpg


今回は、クマソの幼虫も数多く見つかりましたから、2週間ほどで成虫の数が増えることも期待できます。
クマソが増えることが嬉しいことかどうかは微妙なのですが、観察を楽しめる間は楽しみたいと思います。

# by konty33 | 2011-10-22 12:19 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2011年 10月 19日
センダングサに吸蜜するヤクシマルリシジミ♀
10月16日
秋も深まったこの日は、前日の雨が朝まで残り、風が強い朝になりました。
愛知のポイントに到着するとセンダングサが花を咲かせ良い感じでいろいろな蝶が吸蜜に来ていました。
目的のヤクシマルリシジミを探すと早速1♂が見つかりましたが、シャッターを押す前に高いところへ逃げていってしまいました。
その後、他を探しても見つからず、センダングサのポイントに戻ってみると♀が居ました。
e0224357_22391032.jpg

綺麗な♀が半開翅してくれますが、風が強くピント合わせには苦労しました。
e0224357_2243396.jpg

その後何頭かの♀がどこからともなくセンダングサ畑に下りてきました。逆光で見ると羽根が透けて綺麗です。
e0224357_22445197.jpg

葉上で開翅するところも撮影できました。
e0224357_22464324.jpg

広角でも撮影しましたが、周りのセンダングサがあまり写り込まない角度になってしまいました。
e0224357_22492213.jpg

e0224357_22531570.jpg

結局、♀ばかりで♂は2回ほど来ましたがカメラを向けるだけで何処かへ逃げてしまいここでは撮影できませんでした。
そこで、別の場所に移動してテリ張りする♂個体をやっと撮影することができました。
e0224357_2255983.jpg

あまり新鮮な個体ではありませんでしたが、逆光気味で陽が差し羽根が透けて綺麗でした。
テリ張りの♂は数が少なく、撮影できる位置に静止してくれたのは、この1個体だけでした。
とても風が強くピント合わせには苦労しましたし、半開翅もなかなか出来ない状態でしたから、満足の1枚です。


次回は、帰りに撮影したクロマダラソテツシジミを掲載予定です。

# by konty33 | 2011-10-19 23:28 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2011年 10月 16日
リュウキュウムラサキ またやって来た!?
10月16日
渥美半島のクマソとヤクルリの観察に行ってきましたが、今回は「迷鳥」のリュウキュウムラサキ再発見の紹介です。
前日に前線が通過し、早朝まで雨が残りましたが、現地に到着するころには風が強いものの良い天気になっていました。

前回(9/8)見つけた場所の近くですが、今回はピークの広場ではなく山腹の登山道の小さな日溜まりでした。
証拠写真はこの1カット(下)だけで、一度飛んだらフワフワと暗い森の中に消えていってしまいました。
e0224357_21392418.jpg

この個体は前回発見した3個体とは明らかに違い、前翅も後翅も白帯もない新たなタイプのでした。

リュウキュウムラサキはこの写真だけですから、それ以外の蝶をご紹介します。
秋が深まり、センダングサの数が増し、キタテハがたくさん吸蜜に来ていました。
e0224357_21455117.jpg

e0224357_21483927.jpg


ツマグロヒョウモンもあちこちで見ました。
e0224357_21495793.jpg

裏から見ると前翅はこんなに赤かったのですね。
e0224357_21503480.jpg


イチモンジセセリも沢山いて、交尾も見られました。
e0224357_2214926.jpg

ヤマトシジミも多くこれは♂ですが、翅裏が少し茶色っぽくなり紋も薄い感じの個体もいました。
e0224357_2254295.jpg



これ以外にアカタテハ、ヒメアカタテハもスレた個体が複数吸蜜に来ていました。
次回は、同日に撮影しましたヤクシマルリシジミをご紹介します。

# by konty33 | 2011-10-16 22:28 | タテハ類 | Trackback | Comments(12)
2011年 10月 13日
アサギマダラほか秋の五目撮り
10月8日
朝から晴天で穏やかな感じの気持ちの良い日でした。クマソ探しの途中で見かけた秋の蝶たちです。
まずは、クマソと紛らわしくセンダングサで吸蜜するウラナミシジミ♀です。
e0224357_23583760.jpg

ウラナミシジミはかなり数が多く、あちこちで姿を見ます。交尾も見つかりました。
e0224357_042588.jpg

交尾が終了したら♂はその場所で開翅して静止していました。
e0224357_051844.jpg

センダングサには、多くのイチモンジセセリに混じり、チャバネセセリも吸蜜に来ていました。
e0224357_071477.jpg

e0224357_0142328.jpg

勿論、ヤマトシジミも沢山いて紛らわしいですが、赤い落ち葉が秋を感じさせますね。
e0224357_22115247.jpg


近くの畑で地面に落ちたナシにキタテハが吸汁に来ていました。5,6頭いたのですが、ラフに近づいたら逃げてしまいました。
e0224357_0155831.jpg

木になっている腐ったナシにもキタテハがいました。
e0224357_0181160.jpg

近くの公園のアベリアには、アサギマダラの姿も見られました。
e0224357_21452992.jpg

e0224357_2235158.jpg

青空をバックに悠々と滑空する姿が綺麗でしたが、今回は撮影できませんでした。下は開翅した状態で静止していた個体です。
e0224357_2201476.jpg


綺麗なので驚いたのがカラスアゲハ♀です。公園の林縁で静止していました。
e0224357_2212615.jpg

他にもアゲハ、キアゲハ、モンキアゲハ、ナガサキアゲハが数が少ないながら見られました。
どの種もクマソ探しのついでに時間を掛けずに撮ったでのすが、思いのほか多種類を撮影できました。

# by konty33 | 2011-10-13 21:02 | Trackback | Comments(12)
2011年 10月 09日
愛知のクロマダラソテツシジミ  第2弾
10月8日
自宅近くで数箇所ソテツを探しましたがクマソは発生している様子はないようです。
そこで、先週の場所の再探索を行いがてら新たな発生地を探して静岡から愛知にかけて回りました。
ところが、何処へ行っても食痕のない綺麗なソテツがあるだけです。
仕方なく先週の場所へ行ってみることにしました。幼虫は大きくなり数が増えていましたが、まだ成虫になる時期ではありません。
しかし、近くの荒れ地のセンダングサで吸蜜しているクロマダラソテツシジミを見つけました。
e0224357_202526.jpg

しかし、アッと言う間に何処かへ飛んでいってしまい、沢山いるウラナミシジミと区別がつきません。
その近くの畑脇に咲いていた赤い花にもウラナミシジミに混じって複数のクマソが見つかりました。
e0224357_20274252.jpg


別の海岸沿いにあるソテツを見てみると台風の影響か随分葉が傷んでいました。
e0224357_20303333.jpg

このソテツに食痕はありませんが、周りにはどこで発生したのか綺麗なクマソ♂が何頭かいました。
e0224357_20352485.jpg

枯れたソテツの葉に静止する個体が次々と開翅します。
e0224357_20382284.jpg

♂が多いのですが♀も複数いるようで大きな個体が開翅してくれました。
e0224357_20403358.jpg

下の写真の♀は小型で綺麗な個体ですが、高いところに静止して近くには来てくれませんでした。
e0224357_21112786.jpg

青々とした葉にも比較的新鮮な個体が静止してくれました。
e0224357_2042370.jpg

近くにひっそりと咲いていた花(クコでしょうか?)にも吸蜜しに来ます。
e0224357_20474773.jpg

何頭か飛んでいるので時々求愛する場面も見ることができました。
e0224357_205136.jpg

その後、違うソテツも見て回りましたが、発生した様子はありませんでした。
帰りに、もう一度先ほどの海岸のソテツに寄ってみると運良く交尾のカップルを見つけることが出来ました。
静止していた葉を摘んで海をバックに写してみました。
e0224357_2055279.jpg

アップにしてみるとこんな感じです。
e0224357_21323641.jpg

良く見ると2時間ほど前にも求愛されていた♀でした。(左前翅が掛けています)
この場所のソテツには卵も幼虫も食痕も見つかりませんでしたから、何処で発生したのかわかりません。
先週の場所では幼虫が大きくなり、沢山いましたのでまだこれから成虫が増加しそうです。

# by konty33 | 2011-10-09 22:00 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)