<   2017年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2017年 06月 20日
ミズイロオナガがいっぱい・・・
6月14日
この日は滅多にないことに仕事を休んで日帰り遠征に出掛けました。
先日個体数の少なさに気分を落としていたゼフを探して早朝から活動です。
クヌギやコナラの雑木林でペシペシするとミズイロオナガシジミがハラハラ落ちてきました。
e0224357_22493995.jpg
新鮮な個体が次々と落ちてきます。
羽化直で早朝なので殆ど飛ばない感じです。
e0224357_22504488.jpg
下草に上手く降りてくれれば良いのですが、深い草の地面に落ちて潜ってしまうと撮影できません。
e0224357_22515969.jpg
あまりに新鮮なので今回は沢山掲載します。
e0224357_23030068.jpg
次に降りてきたのはウラミスジシジミです。
これも発生初期の様子で綺麗でした。
e0224357_22541004.jpg
飛び立つ瞬間を狙ってみると・・・・翅表が一応写りました。
e0224357_22553353.jpg
ウラゴマダラシジミはやや擦れ気味でした。
e0224357_22584877.jpg

e0224357_22582360.jpg

ウラナミアカシジミも多く飛び出しましたが、先日も掲載したので1枚だけ・・・
e0224357_23004932.jpg

クロミドリシジミは多いはずなんですが・・・今回は1つだけ
e0224357_23013865.jpg

羽化直のように新鮮なメスグロヒョウモン♀が青く輝いていました。
e0224357_23052791.jpg

本来は敏感なチョウですが広角でも撮れました。
e0224357_23063193.jpg



今回は沢山のゼフを見ることが出来ました。
アカシジミが見られなかったのがうそのようです。
次の予定もあるので・・・・サクサク切り上げ移動しました。




-


by konty33 | 2017-06-20 22:10 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 16日
やっとの思いでゼフ3種
6月11日
ミドリシジミの後はアカ系のゼフを見にポイントを移動しました。
ところが昨年沢山いたポイントではミズイロオナガシジミがたった1頭だけ・・・・
クリの花からやっと降りてきた一瞬を切り取りましたが、この直後逃げられました。
e0224357_21273419.jpg
この地は諦め・・・またまた移動しました。
途中で少し立ち寄った雑木林でアカシジミが飛んでいて上手く地面に降ろせましたが・・・・
既にスレが酷く絵になりません。
e0224357_21312028.jpg
少し移動して・・・クヌギやコナラの雑木林を行くと灌木にウラナミアカシジミが降りていました。
e0224357_21323498.jpg
これは絶好のタイミングで新鮮さは抜群でした。
e0224357_21355457.jpg

e0224357_21343483.jpg
見つかったのはたった2頭だけ・・・
でも、とても大人しく良いモデルになってくれました。
e0224357_21372223.jpg
広角と100mmマクロと両方で撮影できました。
e0224357_21384324.jpg
帰りにハッチョウトンボの様子も見てきました。
今年も健在で何よりです。
e0224357_21404942.jpg
久しぶりにみるハッチョウトンボはとても小さく・・・・
アブが飛んでいるのと変わりません・・・と言ったら言い過ぎでしょうか。
e0224357_21410908.jpg
子供の頃の感動がよみがえり、嬉しくなり気持ちが高揚する感覚でした。
小さな湿地で生き延びていくのも大変でしょうが・・・頑張って欲しいものです。


昼頃でも灌木にウラナミアカシジミが降りていたのはラッキーでしたが、
あまりの個体数の少なさにこの先が思いやられます。
満足できるほどの成果ではありませんが、それほど暑くもなく快適な一日でした。



-



by konty33 | 2017-06-16 22:30 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 15日
ウラナミジャノメ見つからず・・・五目撮り
6月11,12日
ゼフィルス以外に撮影した種も記録として少し掲載しておきます。
まず、ミドリシジミを撮影した付近の休耕田で見つけたヒメアカタテハです。
まるで春先に撮影したかのような画像です。
e0224357_22501831.jpg
地元でウラナミジャノメを探して時見つけたミドリヒョウモンです。
ミドリヒョウモンと言えど地元では滅多に見ないので貴重かも・・・。
e0224357_22522209.jpg
e0224357_22532154.jpg

メスグロヒョウモンも同じ場所で見つかりました。

e0224357_22530476.jpg
ミズイロオナガを見つけた付近ではヒメウラナミジャノメの新鮮な個体もいたので・・・・・
これではウラナミジャノメは発生していない訳かな?

e0224357_22560588.jpg

ヒメジャノメは・・・・少し傷んでしました。

e0224357_22572598.jpg
獣糞にはウラギンシジミが集まっていました。
e0224357_22595683.jpg

狙っていたウラナミジャノメはいませんでしたが、こうした五目撮りも楽しいものです。
この時期は種類も増え天気が良いといろいろと楽しめますね。



-



by konty33 | 2017-06-15 22:40 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 13日
ミドリシジミを求めて

6月11日 
昨年は地元でも沢山いたミドリシジミが、昨日殆ど見られなかったので・・・・
久しぶりに少しだけ早起きして隣県にプチ遠征しました。
現地に到着すると既に撮影されていた方が、ここに居ると教えてくれました。

e0224357_22302632.jpg
早朝からカンカンと陽が照ると撮影が大変でしたが・・・・
少し曇り気味で薄日が時々差す天気だったので助かりました。
e0224357_22324402.jpg
ハンノキ上で開翅を狙ったのですが・・・・低い場所では開翅はしてくれません。
e0224357_22345582.jpg
やっとハンノキで開翅してくれましたが、一眼では角度が悪く輝かないので手を伸ばしてコンデジで・・・・
e0224357_22313684.jpg
下草でもあちらこちらで開翅していましたが、近づくと逃げてしまいます。
e0224357_22382393.jpg
♀が撮れなくて苦労していると・・・近くのポイントを教えていただき・・・
撮影できましたが・・・・撮れたのはA型と・・・
e0224357_21154406.jpg
AB型・・・だけでした。
来年は全ての型を制覇したいですね。
e0224357_21151289.jpg

A型の半開翅です。
e0224357_22430600.jpg
AB型の半開翅です。
e0224357_22444156.jpg
♂の半開翅も撮れました。
e0224357_22455178.jpg
葉の表面から吸水中・・・?
e0224357_22483418.jpg
下草に降りた雰囲気を広角で・・・・背景はハンノキ林です。
e0224357_22492119.jpg
最後に綺麗な♂の開翅・・・もう少し正面上から撮れれば・・・
e0224357_22500680.jpg



わざわざ早起きした甲斐がりました。
時期的にはやや遅めかもしれませんが、個体数は多く飽きることがありません。
遠目で見ても♂の翅表はとても綺麗でした。
2時間ほどで開翅しなくなったので次に移動しました。





-


by konty33 | 2017-06-13 12:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日
ヒカゲの一日
6月10日
先日梅雨入りが発表されましたが、朝からとてもいい天気になりました。
本来なら平地性ゼフを狙うところですが、今年は地元では殆ど見られません。
と言うことで・・・・
ハンノキ林の林床でヒメジャノメ(ひょっとしたらコジャノメ)が
クルクルと卍していたので・・・暗かったですが撮影してみました。
e0224357_22383074.jpg
2頭を画面に入れるだけでもたいへんで・・・・
e0224357_22392564.jpg
木漏れ日が少し漏れる程度の林床ですから、暗くてシャッター速度も遅めです。
しかし、ゼフの様に早く飛ばないので・・・・なんとか・・・・
e0224357_22395500.jpg
ピントは相変わらず・・・ですが・・・・雰囲気だけはわかると思います。

次に登場したのはヒカゲチョウです。
暗がりの葉の上に静止していました。
e0224357_22450853.jpg
ウラナミジャノメもそろそろ出ると思いましたが見つけられず・・・
ヒメヒカゲは綺麗な♀がいました。
e0224357_22482264.jpg
こちらは随分お腹が大きい様です。
e0224357_22491404.jpg
この個体を暫く見ていると・・・・いきなり細い葉に産卵しました。
e0224357_22504722.jpg
産卵の直後の卵も写っています。
e0224357_22514314.jpg
コンデジを持っていなかったので100mmマクロで卵を撮影しました。
表面に薄く縦じまが入っているのが分かります。
e0224357_22532855.jpg
このチョウは杜松の木が良く似合います。
e0224357_22523654.jpg
この個体は眼状紋が沢山あって魅力的に見えてきました。
e0224357_22551287.jpg


天気が良いからか♂は飛び回って静止しません。
♀は比較的よく静止してくれるので交尾を期待しましたが・・・・・残念ながら・・・

地元のゼフは絶不調で嘘のように見られません。
ウラナミジャノメはあちこちで探しましたがまだ見ていません。
数日以内には出ると思うのですが・・・・ひょっとして、こちらも絶不調???




-


by konty33 | 2017-06-11 20:09 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 08日
モデルになってくれたオレンジに感謝
6月3日
朝起きると快晴・・・気温は8℃でしたがそれほど寒さは感じませんでした。
山々の残雪もだいぶ減り、緑が濃くなった印象です。
南アルプスのクモマツマキチョウを狙って有名ポイントに向かいました。
最初に撮影できたのは♀でした。
e0224357_21452821.jpg
慌てて連写すると飛び立つ瞬間も写っていました。
e0224357_21461149.jpg
暫くすると♂も姿を見せ良く吸蜜してくれたので何カットか撮影できました。
e0224357_21475109.jpg
こちらも飛び立つ瞬間を捉えました。
e0224357_21492117.jpg
お気に入りの構図ではなかなか撮影させてもらえませんが・・・
背景のハタザオがなんとなく映り込み、スッキリとしたまずまずの構図です。
e0224357_21505066.jpg
同じシーンを少しだけ角度を上からに変えるとこんな感じです。
e0224357_21533562.jpg
この時は随分長い間吸蜜してくれましたので、少しずつ角度を変えて撮影できました。
e0224357_21564655.jpg
こんな時間的に余裕がある撮影は滅多にありません。

これだけ撮れただけで気持ちに余裕が・・・・
それにとても清々しい気候で・・・
また飛んでくるのを待つ間も・・・気分は最高でした。

その後も何度か2頭が入れ替わりながら吸蜜を繰り返し良いモデルになってくれました。
e0224357_21585552.jpg
下の写真を後から確認したら蕾の茎に卵(矢印)が付いていることに気づきました。
e0224357_22003960.jpg
♂は吸蜜に夢中で♀と出会ってもしつこく求愛することはなく・・・・
この日の♂は色恋より食欲の方が勝っているようでした。
e0224357_22325239.jpg
このチョウは半開翅が似合うと思うのですが・・・・
強い風が吹くときは翅を閉じたり横倒しになり好みの絵になりません。
e0224357_22103826.jpg
雲が日差しを遮ると・・・・
2本の触覚をピンと揃えて翅を固く閉ざし完全休止モード・・・・
どんなに風が吹いても必死に掴まっていました。
e0224357_22262506.jpg
雲が移動し陽が差すと日光を体いっぱいに浴びる様に開翅し、触覚も広がりますが・・・
ストロー(口吻)はたたんだままで・・・暫くすると飛び立ちました。
e0224357_22135043.jpg
違うシーンですが・・・上からの写真も掲載しておきます。
e0224357_22150969.jpg


この日は風が強めだったので揺れて写真の歩留まりは最悪でしたが・・・
シャッターだけは沢山切ることが出来ました。
目の前を悠々と飛翔するオレンジが目に焼き付いて離れません。
昼過ぎに雲が広がってきたので成果に満足して早々に帰途につきました。

現地でご一緒した皆さん・・・どうもありがとうございました。


-


by konty33 | 2017-06-08 20:47 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 06日
翅表が眩しいルリシジミ
6月2日
ヒメヒカゲの前に県西部の平地性ゼフの発生状況を見に行きました。
擦れたウラゴマシジミ以外は全く見つからず、代わりにいたのはルリシジミでした。
e0224357_22291370.jpg
新鮮な♂が沢山いて獣糞に群がるルリシジミの飛翔を撮ってみました。
e0224357_22314980.jpg
やはりルリシジミは翅表の綺麗さが魅力です。
e0224357_22323303.jpg
コマツナギの花にも沢山吸蜜していました。
e0224357_22342628.jpg
♀は花穂に産卵していいて・・・・・
e0224357_22452108.jpg
アップで見ると・・・お尻のすぐ先に今産んだ青っぽい卵が見えます。
e0224357_22351524.jpg
スイカズラにはモンキアゲハが吸蜜に来ていました。
e0224357_22402849.jpg



ここではヒメキマダラセセリやアサマイチモンジなども見られました。
しかし、狙いの平地性ゼフは殆ど飛ばず撮影できませんでした。
また、機会があれば再訪したいところです。



-


by konty33 | 2017-06-06 22:46 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 04日
銀色の縁取りがお洒落なヒメヒカゲ
6月2日
久しぶりに地元のヒメヒカゲを見に行く事にしました。
林道ではミズイロオナガやアカシジミが降りていることが多いのですが・・・
この日は朝から風がとても強いためか、いつもと勝手が違います。

それでもポイントに着くとすぐにヒメヒカゲを確認できました。
e0224357_21201017.jpg
しかしとても敏感で近づくとすぐに逃げてしまいます。
羽化して間もないと思われるフレンドリーな個体を見つけて暫く遊んでもらいました。
e0224357_22310623.jpg

トネリコ、シダ、杜松などの上に止るとこの場所の雰囲気が分かります。
e0224357_21245601.jpg
開翅も時々しますが、♂の翅表はこげ茶で綺麗でした。
e0224357_21253051.jpg
イネ科の草や笹に止ることが多いのですが、強風のため茂みに逃げ込んでしまいます。
陽が差すと写真の色合いも明るくなり、後翅の銀の縁どりもいっそう目立ちます。
e0224357_21304120.jpg
e0224357_21433632.jpg
一瞬見せる全開翅の瞬間をすかさず撮影しました。
e0224357_21334332.jpg
広角撮影もできました。
雲が多くて陽も陰ることが多かったので、一瞬の青空バックです。
e0224357_21363989.jpg
この時も青空待ちでしたが、杜松の上だと背景が抜けますね。
e0224357_21392982.jpg
次はシダの密集地にて・・・
e0224357_21423875.jpg
まだ発生初期なのか例年よりかなり数は少な目でしたが♀もいました。
e0224357_21321132.jpg



今年の発生状況ですが、今のところ数は少な目で新鮮な♂ばかりでした。
久しぶりに地元でも発生確認が出来たので良かったです。
それにしても天気が目まぐるしく変わり、風が強かったので撮影は大変でした。




-



by konty33 | 2017-06-04 22:36 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 01日
ベニモンカラスシジミのテリ張と飛翔
5月27日
この日の本当の狙いはベニモンカラスシジミ♂のテリ張でした。
過去に確認しているポイントを回りましたが、1箇所だけで確認できました。
e0224357_21114645.jpg
前翅の性標がハッキリと分かります。
白線が流れ気味の個体も見られました。
e0224357_21152048.jpg
遠目ですが、この白線流れは別個体のようにも見えます。
e0224357_21170540.jpg
性標がない♀も見られました。体を倒すのもこの種の特徴です。
e0224357_21201406.jpg
♂と♀が近くにいれば交尾が期待できますが、見つけられませんでした。
e0224357_21213733.jpg
e0224357_21220088.jpg
特徴のない背景ですが、広角でも撮影しました。
e0224357_21510656.jpg
一通り撮影できると飛翔でも狙いたくなります。(以下は全てトリミング)
躍動感はありますね。
e0224357_21241803.jpg
どれも余りピントは合っていませんが、ベニモンがハッキリと分かる写真が何カットか撮れました。
e0224357_21252393.jpg
e0224357_21255406.jpg
1頭が飛び出すと他の個体が飛び出し絡みますが、2頭を1枚に写しこむのは至難の業です。
写真の隅に偶然写った2頭をトリミング・・・・
e0224357_21582601.jpg
いつ飛ぶのか分からないし、撮影機会はそれほど多くなく・・・ピンボケばかり・・・
ファインダーを覗いていてもハッキリベニモン(紅紋)が見えるのですが・・・・
飛んでいる雰囲気だけでも分かっていただければ幸いです。



今回は狙いの場所では見られず、生息が心配していた場所では確認できました。
他にも確認したい場所があったのですが・・・・時間切れでした。




-



by konty33 | 2017-06-01 20:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)