<   2017年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2017年 04月 28日
狙いのチョウは見られず・・・卵観察に終わる
4月22日、23日
今年は発生時期がやや遅れているのか狙いの場所ではミヤマチャバネやスギタニに出会えません。

探索途中に野原で見かけたのはベニシジミの産卵です。
産卵位置が雑草の中に生えるスイバの根元付近なので上手く写せませんが、これが産卵シーンです。
e0224357_20031784.jpg
卵は根元付近のいろいろな場所に産み付けられています。
一番多く見つかったのは・・・花穂の茎の根元付近です。
e0224357_20274956.jpg
e0224357_20063093.jpg
アップで見ると独特の形状がわかります。
e0224357_20071878.jpg
枯葉からも見つかりましたし、小さな葉っぱからも見つかります。
e0224357_20084645.jpg
ここでは春一番に発生したベニシジミが一斉に産卵する時期のようでした。
産卵後には吸蜜していました。
e0224357_20154650.jpg
次に見つけたのはツマキチョウの産卵です。
暫くタネツケバナの周りを飛び回り時々産卵していました。
e0224357_20173148.jpg
こちらも卵をアップで撮影すればよかったのですが・・・・忘れておりました。
e0224357_20182572.jpg
次に見つけたのはハルニレに産み付けられたシータテハとみられる卵です。
e0224357_20304981.jpg
緑に輝く宝石のようでした。(7DⅡ+100mmマクロのトリミング)
e0224357_20313400.jpg
序ですが・・・・2月に見つけたトネリコの幹に産まれたウラキンシジミの卵です。
まだ孵化していません。
e0224357_20334866.jpg


今年になって計画通りに成果が出た日は殆どありません。
それでも何かしらのチョウの生態を観察することが出来ているので幸せです。
明日から始まるGWも所要が多く例年のような遠征は厳しい状況なので・・・
今年は近場を中心に楽しみたいと思います。




-



by konty33 | 2017-04-28 21:54 | | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 24日
ヒメギフチョウとの出会い
4月23日
この日は朝から快晴でアルプスの山々がとても綺麗に見えました。
今回はヒメギフを見たくて・・・とある山の中を探索しました。
偶然、林道沿いの崖に咲くスミレにヒメギフチョウが吸蜜に来てくれました。
e0224357_20483122.jpg
ワンチャンスでしたが点々と近くのスミレで吸蜜してくれました。
e0224357_20513068.jpg
このスミレでは少し下向きすぎて翅に陽が当たりません。
e0224357_20523304.jpg
これでもかと吸蜜していってくれましたが土の崖が目立ちます。
e0224357_21044919.jpg
少しアップで・・・
e0224357_21562808.jpg
谷間のポイントでは新鮮な個体が高い木から降りてきました。
e0224357_20581389.jpg
横から見てもとても綺麗です。
e0224357_21000493.jpg
ヒゴスミレの吸蜜シーンは完全に逆光でした。
e0224357_21094493.jpg
ここではスギタニルリシジミも見られました。
e0224357_21023466.jpg
スミレに吸蜜したと思ったら近くに止まっただけでした。
e0224357_21035138.jpg
スジボソヤマキチョウがあちらこちらで産卵しようと枝をタッチしてきます。
時々スミレでも吸蜜しましたが、翅がスケスケでシミが汚くみすぼらしく感じます。
e0224357_22110141.jpg
林道ではニホンカモシカにも出会い・・・・暫くお見合い状態でした。
e0224357_21125485.jpg
麓の里山ではスジグロシロチョウが飛び回っていました。
e0224357_22005796.jpg


今年初めて期待どおりの成果が出せました。
しかし、出会えた個体数は思いのほか少なく殆ど撮影チャンスもありませんでした。
ヒメギフチョウ以外は大したものはありませんが次回少し掲載します。





-


by konty33 | 2017-04-24 22:17 | 春のチョウ | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 20日
新生ヒメシロチョウと越冬シータテハ
4月16日  続き
飛び続けるギフチョウを早々に諦めて、ヒメシロチョウの発生状況を見に行きました。
ところが、移動中に雨に降られ、移動先でもポツリポツリといやな空模様です。
呆然と暫く佇んでいると・・・・日差しが漏れ出し急激に雲が切れていきます。

陽が差すとすぐにヒメシロチョウが何処からか飛び出しましたが・・・・今度は全く止まりません。
だいぶ粘ってやっと静止したところを撮影しました。
e0224357_22133581.jpg
翅裏が黄色くとても魅力的な春型です。
まだ早い時間ですが、暫くすると急にススキの枯葉の中で休眠モードになりました。
コンデジ(DSC-RX100M5 24mm相当)でススキの枯草の中に手を伸ばしカメラを入れてみました。
e0224357_22172437.jpg
障害物だらけですが、何とか枯ススキの中で休止する雰囲気を表現できました。
気温も約18℃と高く日差しもあるのに・・・・飛ばなくなってしまいました。
逆光で翅を透かすととても綺麗です。
e0224357_22191506.jpg
残念ながら吸蜜シーンは見られませんでしたが、夜寝る場所のイメージが分かりました。
e0224357_22212125.jpg
同じような写真ですが、手前の邪魔な草を片手でかき分けながら夢中で撮りました。
e0224357_22214506.jpg
他に飛んでいたのはシータテハです。翅裏は地味で枯草の中では目立ちません。
e0224357_22231755.jpg
タンポポの上で開翅してくれました。
e0224357_22235651.jpg
春先には里で見かけることがよくある気がします。
e0224357_22250628.jpg




新生蝶のヒメシロチョウと越冬蝶のシータテハが対称的でした。
まだ、周囲のサクラの蕾も固く完全に春になり切れない感じですが・・・・
確実に春の足音が聞こえました。



-


by konty33 | 2017-04-20 22:26 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 18日
やっと初見のギフチョウ証拠写真
4月16日
今回こそはとギフチョウを狙って出かけました。
朝一番の登場はやはりミヤマセセリからでショウジョウバカマに吸蜜していました。
e0224357_21381876.jpg
いつものように地面に止ることも少なく飛び回ってばかりいました。
e0224357_21412525.jpg
肝心のギフチョウはなかなか飛ばず、今年は随分少ない様でした。
e0224357_21422763.jpg
やっと飛び出したと思ったら、気温が高いせいか飛び回ってなかなか静止しません。
e0224357_21432089.jpg
まだ比較的新鮮な♂です。
e0224357_21445646.jpg
どれも証拠写真の領域で、ツツジにきても絵になる写真は撮れませんでした。
撮影チャンスはとても少なく、全く満足いく写真は撮れませんでした。
e0224357_21473200.jpg
ツツジの花にはコツバメも訪れていました。
e0224357_21481127.jpg

ギフチョウは例年と比較すると明らかに少なすぎ、人の方が多い状況なので早々に諦めて移動しました。
続きは次回です。


今年は週末の天候に恵まれず、所要も多いので仕方がありませんが・・・・
例年より1カ月遅れのギフチョウ撮影になります。
撮影機会はとても少なかったですが、飛び回る姿はとても愛おしく目に焼き付きました。



-


by konty33 | 2017-04-18 22:06 | 春の風景 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 15日
コツバメとツバメシジミ
4月15日
朝から快晴でしたが予報では下り坂と言うことで・・・・近場でチョウを探すことにしました。
とても暖かな陽気だったので里山では色々なチョウ達が見られました。
湿った草地を歩くと越冬明けのクロコノマチョウが何回か飛び出しました。
e0224357_21461482.jpg
ボロボロの個体から写真の様に綺麗な個体まで様々でした。
ベニシジミ、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウが飛び交う横ではコツバメの姿も・・・・
1ヵ月前から飛んでいましたが、まだ綺麗な個体がいるとは少々驚き・・・
e0224357_21480510.jpg
飛翔もチャレンジしますが相変わらずのピントの甘さです。
1頭だけしか見られずシャッターチャンスは少なかったと・・・言い訳しておきます。
翅表が綺麗なのはなんとかわかりますね。

e0224357_21493649.jpg

トラフシジミがシキミで吸蜜していましたが潜り込んで見えません。
花から出てきたところを撮影しました。
e0224357_22041642.jpg
直ぐ近くではツバメシジミの交尾が見られました。
最初はシキミの葉の上で・・・
e0224357_21563584.jpg

次にはカキドオシの上へ移動して・・・・
e0224357_21541781.jpg

広角でも・・・
e0224357_21595779.jpg

♀の開翅がとても綺麗でした。
青い鱗粉がのっているのも良いですが、テールのオレンジがアクセントになります。
e0224357_22010305.jpg

今年初見のヒメウラナミジャノメもシキミで吸蜜していました。
e0224357_22082869.jpg

e0224357_22092495.jpg

今年は遅れていた地元のソメイヨシノもピークが過ぎて散りはじめです。
e0224357_22245448.jpg


昼過ぎになると突然空が暗くなり、雨がポツポツと落ちてきました。
午前中は晴れて気温が高かったこともあり、今年一番多くのチョウを見ることが出来ました。




-


by konty33 | 2017-04-15 22:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 13日
ストレスが溜まる日々・・・
4月13日
やっと近所のソメイヨシノが満開を迎えた様です。
と言っても満開前から葉が出てきたり花の密度が低かったりでイマイチ綺麗ではありません。
冬の気温が中途半端で開花のスイッチがしっかり入らない影響かもしれませんね。

出張帰りのことですが、とある施設のフェンスにスイカズラが絡んでしました。
e0224357_22174349.jpg
こんな場所からイチモンジチョウらしき幼虫が見つかりました。
たまたま車に乗ったままになっていたコンデジを取り出して撮影しておきました。
e0224357_22192246.jpg
枯葉に隠れた越冬幼虫はよく見ますが、だいぶ大きくなった(4齢?)幼虫は初めてです。
スイカズラの葉っぱをボリボリと・・・やっていました。
e0224357_22205464.jpg
風が強くて・・・・幼虫が振り落とされそうになりながらも食い意地が止まりません。
e0224357_22225719.jpg



週末のたびに天気が悪くてアップする蝶の写真がありませんでした。
この時期にこんな幼虫しかアップできないなんて・・・ストレスが溜まりますね。
今週末は天気予報も好転したので、久しぶりに蝶の撮影が出来そうな予感です。






-



by konty33 | 2017-04-13 22:43 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 05日
天候不順の週末に心が折れる
4月2日
東京ではソメイヨシノが満開とのことですが、ここ静岡では開花宣言があったものの
自宅付近では開花しているソメイヨシノは見当たりません。
晴天の予報だったので出かけましたが日差しも殆ど差さず・・・・気温も上がらず・・・・何も飛ばず・・・
転戦先のミヤマセセリも殆ど飛ばず・・・・今年は春先から天候に恵まれません。
e0224357_21570853.jpg
曇り基調で気温も上がらない中・・・柔らかな日差しだけが頼りです。
e0224357_21581910.jpg
一応メスも見られましたが数は2,3頭のみ・・・・
e0224357_22001919.jpg
蝶が少ない中、ベニシジミの飛翔撮影を新調したカメラで試し撮りしてみました。
e0224357_22025691.jpg
飛び上がる前は下の写真です。
e0224357_22035498.jpg
あまりに蝶が飛ばないので・・・・幼虫探しに切り替えです。
日陰のイボタを狙ってウラゴマダラシジミの幼虫を探してみました。
まずは孵化卵探しですが、あっさりと見つかりました。
e0224357_22414721.jpg
枝を上に辿っていくと・・・・居ました。
e0224357_22455421.jpg
e0224357_22442851.jpg
次々と見つかりましたので、まとめてコラージュで・・・
e0224357_22445862.jpg
ソメイヨシノは咲いていても1分咲きくらいですが、モクレンは真っ盛りでした。
e0224357_22474528.jpg

一日中、曇り基調で薄日が時々差す程度では、蝶も飛びませんね。
ギフチョウも発生していると聞いていますが、こんな天気では行く気がしません。
今週末も最悪の天気予報で期待できそうにありません・・・・トホホ。





by konty33 | 2017-04-05 22:54 | 春のチョウ | Trackback | Comments(0)