「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2016年 09月 30日
コマツナギとミヤマシジミ
9月25日 続き
地元の河原のチョウと言えば・・・・・ミヤマシジミは外せません。
拙ブログの見出し交尾写真を掲載しているので、久しぶりにミヤマシジミも探してみました。
以前と比較し相当数が減っていますが、保全活動も進んでいるようです。
食草のコマツナギの花の上で♂♀が並んだシーンです。
(実は羽化直個体がいたので花に乗せました・・・)
e0224357_22224902.jpg
見つけた時の♀は地面近くの葉の裏でぶら下っていました。(♂も同様なので省略します)
e0224357_22495476.jpg
羽化直がぶら下がっているならば・・・・蛹殻もあるはずです。
コマツナギの枝の下の方を見てみると・・・・・ありました羽化殻です。(他にも茶色の殻が3つありました)
e0224357_22513741.jpg
次回は羽化する前の蛹が見てみたいですね。
幼虫はたいてい蟻が周りにいるので見つけ易いです。
e0224357_22524150.jpg
お尻からアンテナのようなもの(伸縮突起)が出ています。
この突起から蟻に蜜を与えながら、蟻に外敵から守ってもらう「相利共生」と言われていました。
しかし、神戸大学、琉球大学、ハーバード大学の研究チームが面白い発表をしています。
端的に言うと・・・蟻にはあまりメリットがないことから蟻は幼虫に操られている・・・・・とのことです。

突起をアップで見てみるとこんな感じです。
e0224357_22532853.jpg
この幼虫は小さめですが蟻が沢山群がっていたので分かりました。頭が花に食い込んでいます。
e0224357_23093209.jpg

e0224357_22541158.jpg
枝に小さな幼虫もいました。(蟻の大きさと比較するとその大きさの想像がつきます)
e0224357_22550655.jpg
花を食している幼虫が多いのですが、葉にも食痕があり幼虫が見つかります。
e0224357_22565092.jpg
卵も沢山ありましたが今回は撮影するのを忘れていました。
近いうちにもう一度覗いてみようと思います。
成虫は少なく心配になるほどでしたが、新鮮な♀は青い紋が光り輝き綺麗でした。
e0224357_22590263.jpg
e0224357_23000581.jpg

e0224357_22594003.jpg
♂は擦れ個体しか撮影できませんでしたが、開翅した時の青は綺麗です。
e0224357_22591655.jpg

e0224357_23101544.jpg
冒頭の♂♀は・・・・向き合って・・・・・何やらお話し中?
e0224357_23011451.jpg
他にはヒメアカタテハがアカツメクサで吸蜜していました。
e0224357_23055754.jpg



近日中に再訪し、幼虫のその後を観察したり、蛹でも探したいと思います。
また、新鮮な成虫の開翅や撮り忘れた卵も撮りたいと思います。




[PR]

by konty33 | 2016-09-30 22:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 28日
秋の河原
9月25日
相変わらず天気が不安定で遠出する気になりません。
自宅近くの様子を回りながら・・・これといった成果もなく・・・・
いつもの河原に辿り着きました。
地面に落ちた鳥の糞にウラナミシジミなどが多数集まっていました。
e0224357_21275041.jpg
集団の中にはツバメシジミも見られます。
e0224357_21282541.jpg
コンデジの広角も撮影しましたが、全く飛び立つ素振りを見せません。
e0224357_21301255.jpg
すぐ横にはキタキチョウもいました。
e0224357_21322939.jpg
この河原ではツマグロキチョウも多いのですが、先日の川の増水で生息地のカワラケツメイが壊滅状態です。
一部で被害の少ない場所もあり何頭かの成虫が見られました。
e0224357_21341537.jpg
この花はフタバムグラでしょうか吸蜜も見られました。
e0224357_21354483.jpg
綺麗な秋型ですが敏感で狙っていた広角写真は撮れませんでした。
e0224357_21372581.jpg
雲が厚くなり暗くなると吸蜜もしなくなり、飛ばなくなりましたが
静かに静止している個体を見つけました。
e0224357_21463119.jpg
秋型の交尾も期待しましたが、求愛行動だけに終わりました。
e0224357_21394617.jpg
交尾していたのはキタキチョウだけでした。
e0224357_21413772.jpg
新鮮なツバメシジミも可愛くて良いですね。
ここでは鳥の糞らしきものもありませんでしたが、地面でミネラル吸収していました。
e0224357_21433673.jpg


ツマグロキチョウが河原を飛ぶシーンや吸蜜シーンの広角写真、逆光に翅が透ける姿をイメージしていましたが・・・・
イメージ通りの写真は一枚も撮れませんでした。
今週も雨模様の日が続きそうで河原のチョウは生き残りをかけて必死でしょうね。




-


[PR]

by konty33 | 2016-09-28 23:16 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 26日
クロコノマチョウの顔比較
9月17日 続き
帰り道で夕方、クロコノマチョウの幼虫探しをしてみました。
以前から顔の比較をしてみたかったので、秋型が発生する前のこの時期が狙い目です。
この生息地ではジュズダマを食べており、食痕を頼りに探すとすぐに見つかりました。
e0224357_22031170.jpg
沢山あるジュズダマのなかでも特に多い場所があります。
だいぶ小さな幼虫もいました。
e0224357_22042587.jpg
狙いの顔の比較ですが・・・・・
殆ど真黒で真ん中に小さな紋が特徴的なものから・・・・
e0224357_22321882.jpg
紋がもう少し大きく形の面白いもの・・・・
e0224357_22334388.jpg
紋が3つの島に分かれたもの・・・・・
e0224357_22345122.jpg
顔全体に黄緑の紋が広がったもの・・・・
e0224357_22370093.jpg
今回は大きく4つの特徴に分けてみましたが、同様の顔が近くに固まって見られる様に感じました。
取り敢えず、暗くなる前に撮影しようと慌てて撮影した代表的な顔をコラージュにしてみました。
e0224357_22394763.jpg
唐突ですが、この周辺はヤマトシジミがやたらと多くて、交尾も見ることが出来ました。
e0224357_22421350.jpg
これまた序ですが、ツマグロキチョウの生息地付近でクズの花にウラギンシジミの幼虫がいくつか見つかりました。
下の写真は終齢幼虫ですが、角とは反対側に頭が写っているのが分かりますね。
e0224357_22242376.jpg
クズを摂食中?の頭をアップで・・・・・
e0224357_22261454.jpg
摂食中と言えば、ウラナミシジミの幼虫も・・・・・花に頭を突っ込んでいました。
e0224357_22284617.jpg
白っぽい幼虫もいました。
e0224357_22295374.jpg



今年も多くのクロコノマの幼虫を観察することが出来ました。
10月になったら秋型の成虫を見るのが楽しみです。
こうしたジュズダマが自生する湿地環境が引き続き守られていくことを期待します。



-

[PR]

by konty33 | 2016-09-26 22:09 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 23日
生き残る・・・ムシャクロツバメシジミ
9月17日 続き
午後のひとときは久しぶりにムシャクロツシジミを覗きに立ち寄りました。
以前、一度だけ撮影したことがありましたが、意外と可愛い外来種だと思っていました。
その後どうなったか情報をしりませんでしたが、まだ生き残っているようでした。
e0224357_22565007.jpg
食草(ツルマンネングサ)の上で静止した綺麗な♀のようです。
コンクリートの上よりは絵になりますね。
e0224357_22595317.jpg
開翅するのもクロツバメと同じ感じです。
e0224357_23003706.jpg
この日の観察は短時間だったこともあり、交尾は見られませんでしたが、産卵行動は見せてくれました。
e0224357_23014655.jpg
葉のつけねや新芽の先など様々なところへ産み付けて行きますが、正対することは出来ません。
産卵された卵もTG3で撮ってみました。
e0224357_23033338.jpg
こうなるとツマグロキチョウの様に幼虫も見てみたくなります。
食痕を頼りに目を凝らしてみると・・・・・いました。
e0224357_23051869.jpg
蟻が取り付いています。
もう一回り大きな幼虫もいましたが、頭を葉の中に突っ込んでいるようです。
e0224357_23060113.jpg
探したのはほんの狭い範囲ですが、それなりの数がいるようです。
e0224357_23075067.jpg
こうなると蛹が見たいところですが、流石に蛹は見つかりませんでした。



炎天下で飲み物が少なかったので、熱中症を心配して短時間で切り上げました。
コンビニへ直行して冷たいものを・・・・
一応、生息していることが確認できましたが、外来種だけに喜んでいいのか複雑ですね。




-

[PR]

by konty33 | 2016-09-23 22:37 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 21日
ツマグロキチョウの卵から蛹、成虫まで
9月17日
前の週末はツマグロキチョウのポイン近くに行きながら、時間がなく見ることが出来ませんでした。
そこで今回は所要の序にツマグロキチョウを見たくて立ち寄りました。
まず見つけたのは綺麗な秋型でした。
e0224357_21522179.jpg
周りを見るとまだ夏型の方が圧倒的に多い様です。
e0224357_21531937.jpg
幸運にも夏型の交尾に出会いました。
e0224357_21535751.jpg
食草のケツメイにぶら下がる姿も絵になります。
e0224357_21544272.jpg
このようなケツメイが周りに沢山あったので幼虫も探してみました。
e0224357_21552858.jpg
食痕を頼りに探してみると・・・・葉の上に幼虫を見つけました。
e0224357_21564199.jpg
終齢幼虫と思われる大きさです。
e0224357_21572794.jpg
まだ小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_21582781.jpg
アップで見ると食事中のようです。
e0224357_21590267.jpg
こうなると蛹も見たくなり・・・・・少しムキになって探すと・・・・・
葉が殆ど食べられたような場所の近くで見つかりました。
e0224357_22011188.jpg
もう一つ緑色した蛹も見つかりました。
e0224357_22015907.jpg
ケツメイが密集した中から見つかったので指で摘まんで撮影しましたから不自然な感じが否めません。
後は卵となりますが・・・・・産卵しそうな飛び方の♀を見つけました。
暫く見ていると・・・・・産卵しました。
e0224357_22053305.jpg
葉の中央葉脈に産卵するのでお尻が写りにくいし、正対して撮れるのも時の運です。
e0224357_22071345.jpg
産卵した卵をアップで撮影しましたが、表面のディテールが上手く表現できずTG3の限界を感じました。
e0224357_22093401.jpg


こうして成虫だけでなく幼虫、蛹、そして卵シーン、卵、交尾と一通りの生態写真が撮れました。
もう少ししたら、秋型の交尾や逆光吸蜜シーンなどの写真も撮れたらと考えています。





-


[PR]

by konty33 | 2016-09-21 22:50 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 19日
クズで育つシジミチョウ3種ほか
9月11日 続き
毎年この時期は地元の河原にコムラサキやツマキチョウを狙って出かけます。
今回はいつもと違う場所で探してみましたが、車を降りるとすぐに逆光で綺麗なキタキチョウがいました。
e0224357_22174744.jpg
ヒメクマツヅラの花にはツバメシジミも吸蜜していました。
e0224357_22184297.jpg
河原にはクズが生い茂っているのでウラナミシジミは沢山飛び回っていますがすぐに逃げてしまいます。
e0224357_22193232.jpg
ウラギンシジミも多くなっていましたが多くは葉の裏に静止しています。
e0224357_22415681.jpg
時々葉の上で開翅する姿も見られました。
e0224357_22451179.jpg
前翅の先が尖った秋型も見られました。
e0224357_22454193.jpg
翅表の白い紋が小さな♀もいました。
e0224357_22482948.jpg
この日の一番の成果は可愛いルリシジミの交尾でしょうか。
e0224357_22495689.jpg
少し飛んでは場所を変え、落ち着きがありません。
e0224357_22504417.jpg
クズの花をバックに広角写真も撮ってみました。
e0224357_22513774.jpg
交尾後に♀の開翅も見られました。
e0224357_22534496.jpg
これだけクズの花が多いと幼虫も探すのが大変です。
まずはウラギンシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_22525719.jpg
幼虫の動きを見ていてもツノの方へ進むこと(バック)も多く、ツノの方を頭を振る様に動かすので・・・・
ツノがあるのが前と思えてしまいますが、実はお尻なんですね。
e0224357_22543017.jpg
ツノが白くて長い幼虫も・・・・ (これは下が頭ですよ)
e0224357_22554046.jpg

ウラナミシジミ
と思われる幼虫も・・・・・
e0224357_22574377.jpg
ルリシジミらしき幼虫も・・・・・
e0224357_22551310.jpg
最後にミヤマシジミですが、成虫は見られずアリに囲まれた幼虫だけを見てきました。
e0224357_23045286.jpg


昨年に引き続き幼虫観察も楽しんでいますが、探すコツが少しわかる様になってきました。
今年はコムラサキやゴマダラチョウを見ていないので寂しいですが、
秋までにツマグロキチョウは撮影したいと思います。




-

[PR]

by konty33 | 2016-09-19 23:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 17日
ウラナミジャノメの発生数確認
9月11日
少し消化不良だったので地元のウラナミジャノメをもう一度確認に行きました。
今回は個体数も多少増えていましたが、スレも目立つようになっていました。
e0224357_22470083.jpg
縁毛が擦れており新鮮とは言えませんが、姿が見られて安心しました。
場所を少しずつ変えてみますが、同一個体か別個体か区別がつきにくく個体数が不明確です。
e0224357_22513006.jpg
キツネノマゴに吸蜜する姿も見られました。
e0224357_22520298.jpg
藪の中に逃げ込まれ見失うことも多いのですが、とにかく敏感で近寄るのも気を使います。
こちらは縁毛が綺麗な明らかに別個体ですね。
e0224357_22542904.jpg
周りにはヒメウラナミジャノメも多く、いちいち見分けるのも大変です。
e0224357_22565898.jpg
こちらは新鮮そうで眼状紋が大きく綺麗なウラナミジャノメです。
e0224357_22593730.jpg
ところがすぐに藪の中に逃げ込んでしまいます。
覗き込める場所が1ポイントだけありました。
e0224357_23011166.jpg
ヒメウラナミジャノメはすぐに開翅しますが、ウラナミジャノメはあまり開翅してくれません。
それでも何回かチャンスがありました。
e0224357_23024278.jpg
上の写真では分かりにくいですが、翅表の後翅下方の眼状紋が1つなのが特徴です。
e0224357_23051236.jpg


今年は週末のたびに台風の影響などで天気が今一つ・・・・
おまけに発生タイミングも掴めず、新鮮な個体の撮影が思うようにできませんでした。
それでも複数の個体を広範囲で確認できたので良しとしましょう。




-

[PR]

by konty33 | 2016-09-17 22:51 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 15日
ツマジロウラジャノメ3化は時期を読めず
9月10日
崖のチョウを撮影しようと思い、この時期に実績のある生息地に出かけました。
まず、目に飛び込んできたのはサカハチチョウです。
e0224357_22073360.jpg
本来なら崖のチョウ(ツマジロウラジャノメ)が静止する予定の崖でミネラルを吸収していました。
e0224357_22084433.jpg
変わりばえのしない絵を何とかしようと広角にチャレンジ・・・・・
e0224357_22094489.jpg
林道のところどころにサカハチチョウがいましたが、どれも傷みが激しかったです。
狙いの場所に行ってみてもツマジロウラジャノメは飛びません。
仕方なく戻って来る道すがらでやっと見つけましたが、かなり傷んでいました。
e0224357_22123892.jpg
しかもとても暗い場所・・・且つ敏感でシャッターを押す前に逃げてしまいます。
そんな訳でロクなシャッターチャンスもなく・・・・・
e0224357_22135916.jpg
フワフワ飛び回る雰囲気だけを目に焼き付けてきました。
道端のツユクサに吸蜜した時の証拠写真です。
e0224357_22154373.jpg
殆どシャッターを押すこともなく林道トボトボと歩いていると・・・・・
産卵しようとしているツマジロウラジャノメを見つけました。
ゆっくりと驚かさない様に近づいたのですが、逃げられてしまい写真は撮れませんでした。
卵が無いか探していると卵の代わりにクロコノマチョウらしき幼虫を見つけました。
e0224357_22195883.jpg
写真をよく見るとわかるように脱皮したばかりのようです。
抜け殻の頭と比べると・・・・急に大きくなるんですね。
e0224357_22204661.jpg
ここでは痩せた小さなススキを食べていました。




結局、新鮮なツマジロウラジャノメもその幼虫も見つけることが出来ませんでした。
今年は時期を読むのがとても難しく、個体数も非常に少ない様子で残念な結果でした。
午後はヤマキ探索をしましたがこちらも見つけることが出来ませんでした。



-

[PR]

by konty33 | 2016-09-15 22:35 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 11日
キタテハの幼虫から蛹、成虫
9月3日 続き +一部9月10日
ヤマキチョウが葉の裏で休止モードに入ったのを確認した後・・・・・
まだ、帰るのももったいないので、もうひと遊びしました。
今回の狙いはキタテハで、まずは成虫を撮影しました。
e0224357_21245598.jpg
e0224357_21253291.jpg
e0224357_21481047.jpg
e0224357_21483582.jpg
キタテハの代表的な食草でるカナムグラが小山の様になった場所です。
e0224357_21504422.jpg
この中から幼虫を探してみました。
幼虫は葉を少し内側に曲げた巣?のところにいます。(下写真;指で摘まんだ葉と左となりの葉にいます)
写真をよく見ると下の葉に糞がこぼれているのが分かります。
e0224357_21522173.jpg
葉をめくり上げるとキタテハの幼虫がいました。
e0224357_21543251.jpg
色には個体差があるようです。
e0224357_21574284.jpg
e0224357_21582592.jpg
今年の6月に見つけたルリタテハの幼虫と比較してみましょう。
e0224357_22214548.jpg
似たようなトゲトゲはありますが模様が違います。こちらの方が綺麗です。
e0224357_22223657.jpg
キタテハの蛹も見つかりました。
e0224357_21590513.jpg
この蛹も幼虫と同じような葉の内側にいました。
e0224357_22001686.jpg
葉をめくると・・・蛹がありました。
e0224357_22020877.jpg
すぐ近くにはスイカズラからイチモンジチョウかアサマイチモンジの卵や幼虫も見られました。
卵は黄色くコンペイトウに似たような形状が特徴です。
e0224357_22074377.jpg
幼虫は葉の先から主葉脈を残し食べていくので見つけ易いです。
e0224357_22034355.jpg
幼虫はとても小さいですが、数は固まって沢山見られました。
e0224357_22072415.jpg
e0224357_22121407.jpg




キタテハやイチモンジの幼虫探しも楽しいです。
コツが掴めると意外と簡単に見つかるようになります。
これからも様々な種の幼虫を見てみたいと思います。




[PR]

by konty33 | 2016-09-11 22:28 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 09日
ヤマキ観察も終盤戦
9月3日 続き
地元から一気に移動して午後は高原にいました。
平野部と比べるとかなり涼しいのでしょうが、日差しはきつくまだまだ暑く感じます。
狙いはヤマキチョウの探索ですが、少ないながら各地で姿を見ることが出来ました。
e0224357_21415831.jpg
逆光で見るのがとても好きですが、綺麗に透ける角度で撮る余裕がありませんでした。
e0224357_21430638.jpg
スジボソヤマキチョウも夏眠から覚めたようです。
こちらは♂も見られ逆光が綺麗でした。
e0224357_22164278.jpg
ヤマキチョウと比べると翅の質感が薄く感じられます。
e0224357_22175777.jpg
でも、♂の逆光は黄色く輝いて見えました。
e0224357_22192983.jpg
e0224357_22195138.jpg
ヒョウモン達もまだまだ飛んでいましたが、かなり擦れが目立ちます。
メスグロヒョウモン♀が特に多く目立ちました。
e0224357_22212710.jpg


一応、今年のヤマキチョウの観察もそろそろ終わりが近づいてきたようです。
まだまだ暑い日が続きますが、今シーズンも終盤戦ですね。




-


[PR]

by konty33 | 2016-09-09 22:46 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)