<   2016年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2016年 08月 25日
雨を避けて移動も・・・実らず
8月20日 
天気が良くなることを期待してヤマキチョウを狙ってみましたが、日差しが続かず見られませんでした。
草原で見られたのは綺麗な秋型のキタテハでした。
e0224357_22430278.jpg
フウロなど色々な花で吸蜜していました。
e0224357_22435714.jpg

キアゲハ
はアザミが好みのようで、点々と自生するアザミの間を忙しく飛び回ります。
e0224357_22455569.jpg
茶色のジャノメチョウと黄色の花の組み合わせに魅力を感じました。
まだ、綺麗なジャノメチョウも健在です。
e0224357_22475276.jpg
先ほどのキタテハも裏は茶色ですが、意識しなかったので花が切れてしまいました。
e0224357_22492537.jpg
その後雨模様となりヤマキチョウは諦め移動しました。
山の方は雲の中なのでとりあえず畑の横でヒメシロチョウの3化?を探しました。
e0224357_23004874.jpg
山の天気の回復を期待して登山口に向かうと車にキベリタテハが取り付いていました。
e0224357_23045088.jpg
一生懸命口吻を出して何かを吸っていますが・・・・何が摂れるのでしょうか。
バンパーだけでなくフロントグリルも好きなようです。
e0224357_23061809.jpg
そうこうしていると・・・・完全に雨模様となり下山する羽目に・・・・・
最後にホシミスジの卵を探そうとユキヤナギを見ると・・・・
既に孵化して幼虫になっていました。
e0224357_23094694.jpg
葉を折り曲げて糸で括られていますが、その中に小さな幼虫がいました。
今回は雨が降っていたこともあり酷い写真ですね。
e0224357_23100455.jpg
越冬巣と同様の枯れたものも沢山ありました。
e0224357_23121767.jpg





結局、午前のひと時を除いて雨を避ける事は出来ませんでした。
翌日もヤマキチョウを探す予定でしたが、台風の接近の情報もあり早々に帰途につきました。




-



by konty33 | 2016-08-25 23:21 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 24日
ホソオチョウの卵、幼虫、成虫観察
8月19日 続き
ミヤマチャバネセセリに予想以上に苦戦し、時間が無くなってしまったので・・・・
最近見ていないホソオチョウを近くで探すことにしました。
外来種なのであまり思い入れはありませんが、恐らく5年ぶりの出会いになります。
e0224357_22321824.jpg
たった1頭だけ♂が飛んでいたので・・・・静止するのを待って・・・・土手の下から青空を入れてみました。
横からも1カット・・・・・
e0224357_22343473.jpg
近くを歩きましたが、飛び出す個体もなく何処かで静止しているようです。
暑さのせいでしょうか? この個体もほっておくと静止したままでした。
そこで食草のウマノスズクサは土手に沢山あり・・・・・卵や幼虫は沢山確認できました。
e0224357_22382060.jpg
同じウマノスズクサを食草とするジャコウアゲハとは違って、物凄い卵塊です。
葉の裏だけでなく茎にも産んであります。
e0224357_22400656.jpg
こんな卵塊ですから、孵化した幼虫も数が凄いです。
e0224357_22404747.jpg
しかし、大きくなってくると数が減ってバラバラになるみたいです。
e0224357_22421838.jpg
更に大きくなると色も変わってきます。毒々しい感じです。
e0224357_22424753.jpg
そこら中にあるウマノスズクサですが、ところどころで局所的に幼虫や卵が確認できました。
蛹は探せませんでしたが、幼虫も色々な大きさが一通り確認できました。
あまりに暑いので短時間で観察を切り上げましたが、今回は♀が確認できなかったので2011年に撮影した
♀の写真も追加しておきます。
e0224357_22472355.jpg
e0224357_22474970.jpg


予定を変更してホソオチョウを探してみましたが、外来種なので見つかて良かったのか複雑です。
このチョウの生息地は炎天下なのでいくら水分を摂ってものどが渇きます。
まだまだ残暑が厳しそうなので、もう暫くは標高の高い避暑地での撮影が狙い目ですね。



-


by konty33 | 2016-08-24 23:07 | アゲハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 21日
夏枯れの荒れた草地にて
8月19日
近年はクズやアレチウリが一面に覆ったところが多く環境が悪化していますが、
自宅付近では見ることが出来ないミヤマチャバネセセリを狙ってみました。
後翅の中央の大きな白紋があるだけですが、やけに魅力的に感じます。
e0224357_21064235.jpg
強い日差しを避ける様に草の中のアカツメクサに吸蜜していました。
e0224357_21071480.jpg
3化の発生はこれからのためか、個体数が予想以上に少なかったです。
同じ場所ではチャバネセセリも見られました。
e0224357_21093721.jpg
イチモンジセセリはこの時期かなり数が増えているようです。
e0224357_21121528.jpg
ミヤマチャバネセセリを探して河原を歩ているとツマグロヒョウモンの交尾をみつけました。
背丈より高いススキの中に逃げ込まれましたがなんとか撮影できました。
e0224357_21155650.jpg

セセリの写真をよく見ると後翅中央の白紋はミヤマチャバネだけでなく・・・・
イチモンジセセリやチャバネセセリにも小さいながら白紋がありました。
これまであまり気にしていませんでしたが、個体差なんですね。
それにしても日差しを遮るものがない草地での観察なので熱中症になりそうでした。



-


by konty33 | 2016-08-21 22:05 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 18日
ヤマキチョウの羽化後の活動
8月6日
この時期の日中はヤマキチョウの探査が多くなります。
先日撮影した場所では発生してから暫くすると夏眠に入るのか見られなくなりました。
そこで各生息地を回ってその生態を自分なりに確認したいと思うようになりました。
この日訪れた生息地では羽化したばかりと思われる個体が多く確認できました。
例によって逆光で翅を透かせると綺麗ですね。
e0224357_20090257.jpg
アップで見ても綺麗です。
e0224357_20584088.jpg
アザミは定番ですが、ここでは昼顔を好んで吸蜜する♀も見られました。
草原のところどころに咲いている昼顔だけを狙って飛び回っていました。
e0224357_20095470.jpg
同じような色のフウロにも吸蜜していました。
e0224357_21001242.jpg
この日の活動が始まったのが11時ごろですが、すぐに葉裏に静止する姿も見られました。
活発なのか不活発なのかよくわからない行動で、起こすとまた吸蜜します。
葉裏の休止中は同化しており見つけにくいです。
e0224357_20155290.jpg




この地の個体数がある程度把握できたので撮影は適当にして次の目的地に向かいました。
今年は変則的な夏休みですが、再訪して様子を確認したいと思います。




-


by konty33 | 2016-08-18 21:12 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 15日
涼しい早朝の露ゴマ観察
8月7日
時間が前後しますが、早朝の5時半にゴマシジミを見に行きました。
知り合いの皆さんともお会いでき朝の涼しい時間だけ楽しいひと時を過ごしました。
皆さん沢山見られる場所をよくご存じで・・・・・そこへご案内いただくと・・・・
ワレモコウに翅に露をまとったいわゆる「露ゴマ」が沢山いました。
e0224357_17584858.jpg
少し霧のような雲がかかり陽がさすのは当分後だと安心していると・・・
気温が高いためか近づいただけけで飛び立ってしまう個体も沢山います。
e0224357_18025777.jpg
同じような写真ですが、新鮮そうな個体だけを撮影しました。
e0224357_18031952.jpg
ワレモコウの花が多く写り込むのも良い感じです。
e0224357_18285771.jpg
陽がさしてくると急に気温が上がった感じがします。
暫くすると産卵行動も見られるようになりました。
e0224357_18293674.jpg
まだ若い花穂にとまり、クルクルと回りながら産卵に適した場所を探っているようです。
e0224357_18294447.jpg
このチョウを撮影するには日向にいるしかなく、
高原と言えども暑くなる前に撮らないと熱中症になりそうです。
定番のハギの吸蜜ですが、写真を見ただけで強い日差しを感じます。(ジリジリ・・・)
e0224357_18355481.jpg
吸蜜している個体に求愛する様子も見られました。
e0224357_18344750.jpg
綺麗な個体ですが、翅表は残念ながら真黒でした。


他に見たかったのがアカセセリですが、発生が早かったのか既にスレた個体ばかりでした。
e0224357_18402655.jpg
比較的綺麗そうな♀でしたが、一瞬で見失いました。
e0224357_18403994.jpg


地元の農家の方々のご理解とご協力で畑の斜面などのワレモコウが残されるようになり
採集も禁止されたのでゴマシジミの生息については暫くは安心な様子でした。
ムモンアカシジミもゆっくりと見たかったのですが、時間に追われ次の目的地へと急ぎました。

ご一緒いただいた皆様には色々とご教示いただきありがとうございました。



-



by konty33 | 2016-08-15 22:36 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2016年 08月 13日
今年は少ないヒョウモン達
8月7日 
ヤマキチョウを探索しましたが、この日は見られなかったので狙いをヒョウモン達に絞りました。
とにかく今年はヒョウモン達もたいへん少ないのでゆっくり撮影したのは今年初めてで貴重な写真だと感じるほどです。
まず目に留まったのがメスグロヒョウモンでした。
e0224357_16170857.jpg
新鮮な♀を撮影できたのは久しぶりな気がします。
♂は少し翅が破損していました。
e0224357_16182206.jpg
e0224357_16185247.jpg
ウラギンスジヒョウモンも時々飛んできます。
この個体は♀の中でも黒紋が小さめで明るい色合いに見えました。
e0224357_16203433.jpg
こちらは後ろからしか撮れませんでしたが、黒っぽい♀です。
e0224357_16221515.jpg
♂は・・・・少しスレていました。
もう少し綺麗なアザミで吸蜜して欲しかったのですが・・・・・
とにかく撮影機会が少なくて・・・・・
e0224357_16231553.jpg
ミドリヒョウモンは一番多く見られましたが、例年の3分の1以下です。
例年なら2頭止まりは普通に見られますが、今年は滅多に見られません。
e0224357_16263691.jpg
これでも飛べるのか・・・・? と思うほどの♀も懸命に吸蜜していました。
どうやってここまで翅が破損したのか・・・・・?
e0224357_16285160.jpg
キチョウが交尾していましたが、近づくと飛んでしまいます。
落ち着くのを待って最接近して撮影しました。
e0224357_16315003.jpg




ここでは、ウラギンヒョウモンなどもいますが今回は未撮影です。
あまり満足できる写真が撮れなかったのとヤマキチョウが見られなかったので再訪の予定です。



by konty33 | 2016-08-13 17:49 | タテハ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 09日
ゴイシシジミの求愛と交尾
8月6日、7日
いつも序に撮影する事の多いゴイシシジミをじっくり観察する機会を得ました。
例年見ているポイントではなぜか姿が見られなかったので・・・・
初めての場所ですが、個体数も多く求愛から交尾まで観察しました。
e0224357_21273296.jpg
右が♂で左が♀ですが、通常と異なり♂の方が大きいパターンです。
上の写真は絞りをいつもより開けて(f=3.5)背景をスッキリとさせてみました。

広角で撮影すると針葉樹林の下草として笹の広がる環境が分かります。
(左右が入れ替わっています)
e0224357_21302254.jpg
この交尾が成立するまでの過程は・・・・足元での出来事でした。
まず、笹の上に静止した♀の後ろに♂が寄り添い静止しました。
e0224357_21340364.jpg
その後、後ろの♂から仕掛けました。
連続写真でご覧ください。
e0224357_21345939.jpg
足元の状況を上から撮っているのでお尻を曲げて仕掛ける様子がよくわかります。
交尾が成立してからも少しの衝撃で自分から飛びました。
e0224357_21431278.jpg
林内に陽がさすと高原といえども暑く感じました。
ゴイシシジミも眩しいのか暑いのか笹の葉裏に移動しました。
その途中で葉の裏表に♂♀が分かれちょうど「振り分け荷物」のようになりました。
e0224357_21445686.jpg
完全に葉裏に移動してしまいました。
e0224357_21454300.jpg
広角でも・・・・・
e0224357_21460900.jpg
こんな感じで滅多に見られないゴイシシジミの交尾を堪能しました。
e0224357_21464577.jpg
交尾の個体も新鮮でしたが、他も殆ど新鮮な個体ばかりでした。
こちらは翅の形が丸みをおびているので♀です。
e0224357_21484915.jpg
これは上の写真と比べて前翅が尖っているので♂ですね。
e0224357_21500735.jpg
開翅してくれるのを楽しみにしていましたが、叶わずこれが限界でした。
e0224357_21505706.jpg


今回は2箇所の生息地で沢山の個体を観察しました。
求愛は2回観察できアブに邪魔されなければもう一組のカップルが誕生していたかもしれません。
足に毛を蓄えた新鮮個体は翅裏の模様も含めてとても魅力的です。





-


by konty33 | 2016-08-09 22:04 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 08月 08日
毎年1回は見ておきたいムモンアカシジミ
7月31日
毎年1回は見ておきたいのがムモンアカシジミです。
今年は有名産地ながらこれまで一度も訪れたことのない場所の様子を見に行ってみました。
畑仕事のおじさんに声をかけて・・・・探してみると・・・・・下草に降りていた個体が見つかりました。
e0224357_21395232.jpg
木の上にはそれなりの数が確認できたので、続いて発生木を確認してみました。
コナラやクリの樹皮を見ると古い卵が確認できました。
e0224357_21575889.jpg
卵を拡大してみました。
e0224357_21594334.jpg
卵の周りには沢山のアリが列を作って歩いています。(矢印が卵)
e0224357_21584915.jpg
次にいつものポイントへ移動しましたが、木が茂り過ぎ個体数が年々減少傾向のようです。
e0224357_22024229.jpg
一応近距離でも撮影出来ましたが降りる適当な灌木や空間が無くて木から木へ平行移動が殆どです。
e0224357_22024882.jpg
交尾も何組か確認できましたが、降りて来てくれず証拠写真をトリミングしています。
e0224357_22025720.jpg


時間もなく撮影機会は少なかったですが、新鮮な個体ばかりでした。
例年は交尾も沢山降りて来てくれますが、今回は最悪でした。
今年の夏休みは変則的で、産地に行けそうもなくムモンアカはこれでおしまいになりそうです。



-



by konty33 | 2016-08-08 22:38 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 07日
草原のセセリ五目撮り
7月30、31日
山の上の草原に行ってみましたがヒョウモン類が殆ど見られません。
そこで今回の狙いをセセリ達に絞ってみました。
やや時期遅れの種が多い中、この時期発生するのは体のわりに翅が小さなアカセセリです。
しかし、ここでは個体数が少なく草原を自由には歩けない場所なので撮影は困難を極めました。
e0224357_21453158.jpg
コキマダラセセリは既に時期が遅くスレ気味で、綺麗そうな個体を選んで撮影しました。
e0224357_21470212.jpg
コキマダラセセリは♀も見られました。
e0224357_21481654.jpg
先週、本降りの雨に阻まれたので、遅ればせながらホシチャバネセセリのリベンジです。
目を凝らして探しますが、見つけても風が吹いたら一瞬で見失います。
2頭目を見つけてやっと撮れました。
先週なら新鮮だったのでしょうが、この日は既にスレており残念でした。
e0224357_21525141.jpg
スジグロチャバネセセリはこの場所でも生息しているはずですが見つからず・・・・・
少し場所を移して探しました。
e0224357_21542023.jpg
こちらも遅すぎたのでスレが多い中から選んで撮影しました。
e0224357_21543462.jpg
時期遅れでしたが、ピンポイントの狭い場所に意外と多くの個体を確認できました。
こちらは♀ですね。
e0224357_21563529.jpg
明るい青色が魅力的なルリボシカミキリも久しぶりに見つかりました。
e0224357_22031118.jpg
こちらはまた別の場所ですが・・・・・
森の中の物凄く小さな草地ですが、少ないながら毎年見られるのがホソバセセリです。
e0224357_22002586.jpg
こんなセセリ達と一緒の草原で見られるのはジャノメチョウの交尾でした。
ジャノメの交尾はとても敏感で飛ぶ確率が高いです。
e0224357_22014567.jpg



草原のヒョウモン達も撮りたかったのですが、撮影機会は殆どなく残念でした。
セセリの五目撮りとなりましたが、どれもすぐに飛んで見失うので撮影には意外と時間がかかりました。
一番うれしかったのはスジグロチャバネの多い場所を見つけたことかもしれません。




-




by konty33 | 2016-08-07 21:32 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 08月 04日
ヤマキチョウの求愛行動の観察
7月30日 続き
ヤマキチョウの♂と♀が近くで吸蜜していたので求愛行動を見られないかと期待していました。
しかし、お互いに吸蜜に夢中でその気は全くない様でした。
「気づけ・・気づけ・・」と呟きながら暫く観察していると突然♂が♀に気づきアタックしました。
e0224357_20232402.jpg
e0224357_20230941.jpg
こんな感じの求愛行動が暫く続きました。
e0224357_20242736.jpg
♀はお尻を上げて完全交尾拒否のスタイルです。
e0224357_20244580.jpg
この後、一瞬♂が離れた時に♀が翅をたたんでしまうと・・・・・♂は♀を見失ったかのようでした。
すぐ近くに♀は静止しているのですが、その周りを♂は飛び続けるだけでした。
暫くすると♂は諦めた様子で少し離れましたがが、♀が飛び出すと♀に気づいた♂はまた飛びつきました。
e0224357_20254299.jpg
その後暫くお見合い状態で静止していました。(左が♂で右が♀です)
e0224357_20294878.jpg
その後は♀が逃げる様に飛んで行ってしまいました。
久しぶりに観察できた求愛行動ですが、交尾は5月~6月にするので新生蝶はその練習時期でしょうか。

翌日、この近くでスジボソヤマキチョウが吸水していましたが、ヤマキチョウとは翅の質感が違うようです。
e0224357_20382994.jpg




この時期に複数個体を確認し、求愛行動まで観察できたのは最速記録です。
例年は8月のお盆のころの観察が多いですから、今年の季節感はやはり狂っているように思います。
今期は、産卵、卵、幼虫、蛹、求愛行動が撮影できたので、後は交尾を狙いたいですね。




-


by konty33 | 2016-08-04 21:12 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)