<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2016年 07月 31日
スミナガシと遊ぶ
7月30日 
甲信地方も梅雨明けしたので日中は高原でも暑くなりました。
いつも樹液が出ている木では見つからなかったスミナガシを林道で見つけました。
どうも動物の死骸に興味があるようで、周りを飛び回って様子を見ているようです。
その内に地面に止り・・・・・
e0224357_22571053.jpg
目的の場所へ歩いて辿り着きました。
e0224357_22573116.jpg
翅を時々動かすので、横からも・・・・
真っ赤なストロー(口吻)が特徴的ですね。
e0224357_22581896.jpg
上からも・・・・・
e0224357_22585259.jpg
時々、飛び立ってはワラビの上で様子見のようです。
e0224357_23000172.jpg
e0224357_23001371.jpg
e0224357_23003139.jpg
新鮮な個体はすごく綺麗で角度によっていろいろな色に見えます。
e0224357_23014963.jpg
暫くすると忘れられないのか元に戻ります。
e0224357_23025420.jpg
e0224357_23034199.jpg
2頭いましたが、並んだ写真を撮ることが出来ませんでした。
時々木の上にも止ります。
e0224357_23051268.jpg




この時期、時々姿は見かけても、なかなか撮影チャンスは無いですが
今回はスミナガシだけで2時間以上遊んでもらいました。
本当はヤマキチョウの蛹探索や発生状況を調査に行ったのですが嬉しい誤算です。



-



by konty33 | 2016-07-31 23:15 | タテハ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 29日
なんだか豪華に見えるクロヒカゲモドキ
7月24日 続き
早朝の高原でキマダラモドキを楽しんだ後、一路地元にロングドライブです。
地元の知り合いから発生の連絡を貰ったのでクロヒカゲモドキを見に行きました。
いつものポイントでははく初めての場所だったので心配しましたが、林道を歩いていると飛び出しました。
e0224357_21540193.jpg
久しぶりに見る綺麗な個体に感動しました。
e0224357_21550603.jpg
傷一つない個体が開翅しましたが、足元が悪くピンボケの証拠写真しか撮れませんでした。
e0224357_21571664.jpg
セミの抜け殻があちこちにありましたが、抜け殻とのツーショットが撮れました。
e0224357_21574639.jpg
抜け殻だけでなく、羽化直のヒグラシもいました。
e0224357_21591185.jpg
他の個体も見られました。
e0224357_22003884.jpg
e0224357_22011399.jpg
杉の切られた枝の上に動物の排泄物らしきものがあり、吸汁していました。
e0224357_22014577.jpg
e0224357_22030634.jpg
この開翅している♂はやや擦れていました。
e0224357_22034575.jpg
広角で撮影すると周囲の雰囲気もよく分かります。
e0224357_22054790.jpg
枝打ちされた杉の枝が積まれたところに止りました。
e0224357_22073282.jpg
同じような写真ですが、どれだけ撮っても飽きません。
e0224357_22085800.jpg
e0224357_22043003.jpg
e0224357_22050268.jpg



長距離をドライブしてきた甲斐がありました。
個体数は聞いていたより少な目でしたが撮影するには十分でした。
朝から晩までこの辺りをゆっくり観察する機会を持てればと思います。




-


by konty33 | 2016-07-29 23:32 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 28日
キマダラモドキの魅力に嵌まる
7月24日
キマダラモドキの魅力に惹かれて先週に続いてまた様子を見に行きました。
前回は夕方でしたが今回は早朝です。
e0224357_22383191.jpg
今回の狙いは背景のタマボケとなりました。
絞りによってタマボケの大きさが変えられますが、その違いを表現してみました。
e0224357_22394412.jpg
広角で撮影するとこんな感じの背景です。
木漏れ日が上手く入れられるとタマボケができます。
e0224357_22410396.jpg
翅裏の白地が目立つ個体も居ました。
e0224357_22415440.jpg
どれもまだ新鮮です。
e0224357_22424367.jpg
e0224357_22432992.jpg
下草や白樺などの幹に静止することが多いです。
e0224357_22442764.jpg



以前は各種のヒョウモンなどが沢山見られましたが、キマダラモドキ以外の種があまり見られませんでした。
今回は♀が最盛期でしたが、時間に追われてゆっくりできず開翅を見ることはできませんでした。
この後、地元のチョウを狙うため移動時間的に余裕がなく、後ろ髪を引かれながらも早々に帰途につきました。





-


by konty33 | 2016-07-28 21:43 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 07月 27日
オオミスジの産卵とオナガシジミの発生確認
7月23日 続き
コヒオドシなどを観察した午後は別の場所に移動しました。
移動先では産卵しそうなオオミスジを見つけたので暫く観察することにしました。
その内にウメやアンズらしき木を転々と移動しながら産卵を繰り返し始めました。
e0224357_21261578.jpg
産卵シーンを連写したら・・・・ちょうど卵も写っていました。
生みたての卵の色は緑青っぽくて形はコンペイトウ状です。
e0224357_21305651.jpg
このように葉の上にしっかり産卵されれば問題ないですが・・・・
赤の矢印の卵が今生んだものですが、黒の矢印の様にクモの糸の中に以前産卵したものが5卵くらい確認できました。
クモの巣の中に産卵された卵は上手く成長するとは思えませんが・・・・。
e0224357_21332412.jpg
産卵された卵を100mmマクロで撮影しました。(TG-3を忘れたので)
e0224357_21385980.jpg
お尻の先に卵が写ったシーンは他にも何カットか撮れました。
e0224357_21323651.jpg
正面からも撮影しましたが、上手くお尻が見えません。
e0224357_21374180.jpg
産卵がしばらく続くと近くの下草で休憩していました。
e0224357_21394849.jpg

次の狙いは先日まともに撮影できなかったオナガシジミです。
ここに例年行くのはスレた個体ばかりの時期でしたが、今年は発生初期のタイミングだと思います。
e0224357_21440631.jpg
クルミの葉の上で静かに静止していました。
e0224357_21435651.jpg
どの個体も新鮮で文句なしですが、もう少し前翅を立ててくれると良いですね。
e0224357_21435081.jpg
高いところに静止している時は下草まで降りて来てもらいますが・・・・
笹の周りの蔓植物が足に絡んで横から撮る前に逃げられtしまいました。
e0224357_21441577.jpg



例年より早い時期に行ってみるといつもと違う写真が撮れました。
来週からは8月ですから、今シーズンも楽しみは残り少なくなったように感じます。
暑い夏は標高を上げた避暑地でのんびりとしたいところです。






by konty33 | 2016-07-27 21:57 | タテハ類 | Trackback | Comments(1)
2016年 07月 25日
塩ビ管が大好きなコヒオドシほか
7月23日 
いつものように前夜に出られず、早朝出発したのでフィールドに到着したのは8時過ぎでした。
林道を歩いても蝶の数も種類も異常に少なく撮影対象が何か見つかるか不安でした。
コンクリートの壁の周りを飛び回るコヒオドシを見つけました。
e0224357_22101193.jpg
何処に止っているか分かりますか?
この個体は塩ビ管の中がお気に入りなようです。
e0224357_22353987.jpg
これでは自然な絵にならないなと思っていると・・・・
苔むしたコンクリートにも止まってくれました。
e0224357_22131148.jpg
塩ビ管の中以外では意外と敏感でゆっくり撮影できませんでした。
e0224357_22140655.jpg
ヒヨドリバナやクガイソウで吸蜜してくれたら絵になるのですが、こんな写真ばかりでした。

次にこのコンクリートに来たのはエルタテハです。
鉄分が足りない?ようで・・・・・錆びた鉄に執着していました。
e0224357_22162630.jpg
e0224357_22164994.jpg
いつもいっぱいいるはずのヒョウモン類が全く見当たりません。
やっとミドリヒョウモンを見つけました。
e0224357_22194868.jpg
横から見ると飛び立ちそうな感じでした。
e0224357_22195647.jpg
ジョウザンミドリシジミのテリ張が何箇所かで見られましたが、以前とは比較にならない少なさです。
e0224357_22214804.jpg
ヒメキマダラヒカゲすら少ない様でした。
e0224357_22311547.jpg
順不同になりましたが、朝一はイワオウギに吸蜜するこんな写真も撮ってみました。
e0224357_22242739.jpg
近くに来てくれなかったのでトリミングしまくっています。
e0224357_22255135.jpg



この日何とかして撮影したかったコヒオドシは、自然な写真にならず残念でした。
以前は多かったヒョウモン類やキバネセセリ、ツマジロウラジャノメなど期待していた
種類が全く見られなかったので・・・午後は別の探索に移動しました。

ご一緒させていただいた皆様にはお世話になりありがとうございました。


-


by konty33 | 2016-07-25 22:37 | タテハ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 21日
高原のチョウを楽しむ
7月17日 
この日も朝から曇り空でしたが、アイノミドリシジミのテリ張を期待して山の上に出かけました。
ポイントに到着すると薄日が差すまずまずの空模様で期待が膨らみます。
問題は適期かどうかと低い位置でテリ張してくれるか・・・です。
開演時間がやってくると何処からともなく1頭、2頭と現れました。
飛ぶ姿を見ているとキラキラとアイノ色が綺麗で新鮮そうに見えます。
e0224357_21464405.jpg
少し低い枝先に止りましたが殆ど水平なことが多く撮影機会は殆どありません。
しかし、ワンチャンスだけ間近で撮影させて貰いました。(100mmマクロでトリミングなし)
e0224357_21500409.jpg
e0224357_21502293.jpg
結局、まともな写真はこれだけですが、新鮮でしたしコンディションを考えると仕方ありません。
他にはヒョウモンチョウが見られました。
e0224357_21540600.jpg

e0224357_21553722.jpg
ヒョウモンチョウに交じってコヒョウモンが塊っている場所がありました。
e0224357_22080500.jpg
e0224357_22081613.jpg
ウラジャノメもいましたが既にかなり擦れていたのでカメラを向けませんでした。
この草原ではコキマダラセセリを時々見かけました。
e0224357_22113998.jpg
e0224357_22121373.jpg
撮影を楽しみながら歩いていると・・・突然の雨・・・・徐々に雨が酷くなり全身ずぶぬれでした。
仕方なく山を下り別の場所に移動しました。

次の狙いはオナガシジミです。
何カ所かで探しますが時々飛んでも午後ですからなかなか降りてきません。
この地方ではまだ発生初期でやっと降りてきたのは1頭だけ・・・・撮影直後に飛んでいきました。
e0224357_22153372.jpg
次にヘリグロチャバネセセリを見つけることが出来ました。
e0224357_22150126.jpg
e0224357_22151772.jpg
スジボソヤマキチョウも1頭だけいましたが、カメラを向けると吸蜜をやめてしまい・・・・・
e0224357_22154259.jpg
その直後お眠の時間となり葉裏で休止状態に入りました。
e0224357_22155293.jpg


朝のアイノのテリ張から始まり、昼前に雨に降られたものの一日楽しめました。
7/18に東海地方から西は梅雨明けと見られると発表がありましたから、いよいよ本格的な夏ですね。
こうなると涼しい山の上が一番ですが、今年はタテハ達の姿が少ない気がして・・・
夏枯れ状態が心配です。


-


by konty33 | 2016-07-21 23:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 20日
翅裏模様が魅力的なキマダラモドキ
7月16日 続き 
次に向かったのはキマダラモドキの生息地です。
途中で霧に覆われたり怪しい雲が見られましたが何とか天気はもちました。
このチョウも最近少なくなってきたと思うので毎年1度は確認に行っています。
例年より1週間以上早いですが既に♂は発生していました。
e0224357_22075858.jpg
新鮮な個体ばかりで例年見る♂より綺麗に感じます。
e0224357_22085595.jpg
半開翅までは見せてくれましたが、この後飛んでしましました。
e0224357_22095464.jpg
下草によく止りますが、遠くへ飛ぶと何処に止ったか分からずまた飛ばしてしまいます。
e0224357_22130235.jpg
木の幹に止ると見つけやすいし撮影もバリエーションが出てきます。
背景にタマボケを作ったり・・・・
e0224357_22135051.jpg
広角で背景を入れたり・・・
e0224357_22091951.jpg
e0224357_22092711.jpg
シラカバに静止すると高原の雰囲気が出ます。
e0224357_22152702.jpg


例年7月末にここを訪れることが多いと思いますが、今年の発生は早いと感じました。
まだ♂しか見られなかったので、翅裏が魅力的な♀を見るために再訪したくなりました。
フライングも覚悟していただけに確認できて良かったと思います。



-


by konty33 | 2016-07-20 22:27 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 19日
狙いのオオヒカゲとまさかヤマキチョウ(蛹/幼虫)
7月16日 続き
雨雲レーダーによると雨は降っていないはずなのに、実際には雨が降っていたので・・・・
ネット情報に頼らず空を眺めながら天気の良さそうな場所へ移動しました。
ある地域を離れると霧も晴れ意外と良い天気なので、次の狙いはオオヒカゲとなりました。
e0224357_22114392.jpg

いつもの場所でオオヒカゲを確認しファインダーを覗くと白くぼんやりとなり違和感が・・・・・
確認すると先ほどの雨のせいでフィルターの内側の水滴が原因でした。
しかし、フィルターが外れず拭くことも出来なかったのでオオヒカゲが撮れません。
取り敢えずコンデジで1カット撮ることが出来たのが上の写真です。
結局、車に戻りフィルターを割るハメになりました。(涙)
e0224357_22064142.jpg
ここは初めての場所で一面にスゲの自生する湿地が広がっており素晴らしい環境です。
e0224357_22100188.jpg
スゲの葉に静止するのも撮影できました。

e0224357_22105101.jpg

e0224357_22112143.jpg

蛹も見つかりました。
e0224357_22143770.jpg

まだ発生初期で、これから個体数が増えるものと思われます。
蛹の羽化殻もありました。
e0224357_22152570.jpg



いつもの場所では殆どオオヒカゲが見られなかったので新たな生息地の発見に繋がりました。
とても敏感で周りの斜面の灌木に逃げ込んでしまうのが難点です。
フィルターを割るのは痛手でしたが、まずまずの成果に満足しています。


この近くにはクロツバラがあり、局所的にヤマキチョウの幼虫や蛹も観察できました。
昨年は2つ蛹を見つけましたが、今回は3つ見つかりました。
まさか2年連続で見つかるとは思いませんでした。
e0224357_22205851.jpg

e0224357_22215502.jpg

終齢幼虫も居ました。
e0224357_22224219.jpg

e0224357_22223189.jpg


今年は産卵シーンも撮影しており、卵は沢山産んであるのを確認していますが、
最終的には殆どが鳥に食べられたりしていなくなります。
蛹が見つかったのでぶら下がり個体も見てみたいところです。




-



by konty33 | 2016-07-19 22:56 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 17日
早朝から雨の中のゼフ五目撮り
7月16日 
曇り空は覚悟していましたが、目覚めると生憎の雨模様・・・・・
小雨ならば大丈夫と頑張って早朝からゼフ探しを決行しました。
ミズナラをペシペシすると・・・・まず出て来てくれたのはエゾミドリシジミでした。
e0224357_21574943.jpg
野原のススキに静止しました。
歩き回るので角度を変えて何カットか撮影しました。
e0224357_21590859.jpg
他にも何頭か降りてきました。
e0224357_21595900.jpg
針葉樹の枝先に止りましたが、葉先の水滴が雨の様子を表しています。
e0224357_22025890.jpg
時々大粒の雨に変わりますが、めげずに頑張っているとアイノミドリシジミも1頭だけ笹の上に降りてくれました。
e0224357_22011227.jpg
翅裏の色が黒っぽくて新鮮な様子がよくわかります。
天気が良ければ開翅が期待できるのですが・・・・・。
e0224357_22075640.jpg
例年見られる場所でウスイロオナガシジミがでないので少し場所を移すと・・・・・居ました。
e0224357_22103940.jpg
ミズナラの葉の上で静かに佇んでしました。
e0224357_22113654.jpg
アイノかと思ってよく見たら・・・こちらはミドリシジミでした。

e0224357_22124407.jpg

写真では良くわからないと思いますが、物凄く小さなウラキンシジミもいました。
例えるとヤマトシジミくらいの大きさです。
煤けて新鮮には見えませんが・・・♂はこんな色でしょうか?
e0224357_22142918.jpg



カッパを着て早朝から2時間ほど遊ばせてもらいました。
雨でカメラが心配でしたが、この後ハプニングが・・・・(次回記載します)
薄日でもさせば♀の開翅やテリ張なども望めたのですが・・・この時期は仕方ありませんね。
今年は個体数が物凄く少ないようですが、なんとか五目撮りが叶いました。




-



by konty33 | 2016-07-17 22:43 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2016年 07月 14日
タカネキとの嬉しい出会い
7月10日 続き 
オオイチモンジ以外にもいろいろと期待していたのですが、密かに狙っていたのがタカネキマダラセセリです。
こんなところに?と言った感じでしょうか、意外なところで嬉しい出会いがありました。
e0224357_21445539.jpg
フウロの花がお気に入りのようです。
e0224357_21443279.jpg
飛んでもまたフウロの花に戻ってきます。
e0224357_21441373.jpg
多少擦れていますが翅裏の模様も魅力的です。
e0224357_21433910.jpg
e0224357_21431801.jpg
クガイソウにも吸蜜します。
e0224357_21472077.jpg
クガイソウにはコヒョウモンも吸蜜していました。
e0224357_21483027.jpg
e0224357_21490296.jpg
e0224357_21495520.jpg
e0224357_21502774.jpg
この日もヒメシジミの交尾を観察しました。
♀にアリがちょっかいを出しています。
e0224357_21512672.jpg
嫌がって飛んでしまいました。

e0224357_21524277.jpg






タカネキを見られたのはラッキーでした。
他にもいろいろと期待していましたが、例年より蝶の種類も数も少なく感じました。
ツマジロウラジャノメはボロボロの個体しか撮影できなかったので掲載を見送ります。




-



by konty33 | 2016-07-14 22:04 | セセリ類 | Trackback | Comments(4)