<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2015年 04月 29日
ヒメギフチョウの産卵
4月26日 
この地のヒメギフチョウは既に終盤となり、当然ながら擦れた個体が多くなります。
しかし、最初は結構綺麗な個体がスミレ吸蜜してくれました。
e0224357_22325047.jpg

カタクリ吸蜜シーンを撮影できたのは擦れた個体で、今一つ切れが良くありません。
e0224357_22224390.jpg

何度か飛んできましたが、どうも同じ個体のようです。しかも逆光気味ばかりで・・・・・
e0224357_22241959.jpg

これは多少スレが少なめの別個体のようですが光の周りが良くありません。
e0224357_22254287.jpg

午後になり産卵行動の♀が見られるようになり、注意していると・・・・・産卵が始まりました。
e0224357_22355111.jpg


違う場所でも・・・・・・産卵したばかりの卵も写っています。
e0224357_2239389.jpg

産卵をする前後にはカタクリでよく吸蜜しますが、これも逆光でした。
e0224357_22412634.jpg

産卵された卵は、道沿いでも沢山見つかりました。
e0224357_2242418.jpg

e0224357_22464832.jpg

ここではスギタニルリシジミが沢山いました。
e0224357_22424090.jpg



今回は産卵に焦点を当てて撮影に臨みました。
当初の目的を達成できたのは良かったですが、手前に邪魔があり撮影しにくい場所だったのが残念です。

by konty33 | 2015-04-29 22:50 | ギフチョウ | Trackback | Comments(4)
2015年 04月 28日
本命以外にも楽しみは多い
4月26日
この日もヒメギフチョウ狙いですが、、早朝に目が覚めても飛ぶまでは時間がありました。
そこで、楽しみながら時間を潰すのに・・・・幼虫や卵を探すのも恒例になりました。
まずは、背の低いクルミの芽の近くからオナガシジミの孵化卵が見つかりました。
e0224357_21524138.jpg

しかも珍しく4卵の卵塊です。
e0224357_21552636.jpg

新芽の中には幼虫がいるのでしょうが、ひだの中に隠れた幼虫を潰してしまいそうなので、
もう少し大きくなってから確かめたいと思います。

トネリコの幹の凸凹からはウラキンシジミの卵も見つかりましたが、卵塊は見つかりません。
e0224357_21563877.jpg

大きなトネリコが多すぎて、どこか違うところに産卵するケースが多いのだと思います。
TG-3でアップで撮影してみると特徴的な表面模様が確認できます。
こちらはまだ孵化していませんでした。
e0224357_21591942.jpg

ここでヒメギフに移動しましたが・・・・・・
ヒメギフの撮影を終えてからも、帰るにはもったいないと思ったので少し立ち寄りました。
次に探したのはミドリシジミです。
e0224357_2221795.jpg

幹より枝先で多く見つかる卵は全て孵化していました。
そこで、幼虫を探してみるとまだ1齢幼虫でした。
e0224357_2241934.jpg

クロツバラからはミヤマカラスシジミの卵も見つかります。
こちらは孵化しているものも孵化していないものも見られました。
e0224357_2253675.jpg

この木はトゲが目に刺さりそうになるので気を付けないといけません。
e0224357_2263458.jpg

偶然目に飛び込んできたのはオオミスジの7~8mmの幼虫でした。
e0224357_2284458.jpg

昨年は散々探して見つけられなかった幼虫ですが、今回はアッサリと見つけました。
この位置で越冬したのか、枝には糸が沢山絡まっていました。


本当はヒメシロチョウを探していたのですが見つけられず、どれも他のシロチョウでした。
モンシロチョウモンキチョウが絡んでいたり・・・・
e0224357_22163469.jpg

スジグロシロチョウがヒメオドリコソウで吸蜜したり・・・・・
e0224357_22172082.jpg

狙いのヒメシロチョウは見つからず、次回探し直しです。


日中はヒメギフ狙いでしたが、それ以外の時間帯にもいろいろと楽しみめした。
カラスシジミやウラミスジなども期待していたのですが、時間が足りませんでした。
今回未確認の種も探す機会を作りたいし、継続してそれぞれの成長を確認していく予定です。

by konty33 | 2015-04-28 22:29 | | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 27日
桜ヒメギフ、またしても妄想に終わる
4月25日 
この日はヒメギフチョウの桜吸蜜を狙って遠征しました。
桜の花はちょうど盛でここに来てくれればと・・・・・妄想のひとときが過ぎていきます。
e0224357_2119759.jpg

ヒメギフが飛び出しても滅多にサクラには来てくれません。
やっと来たと思っても遠かったり、角度が悪かったりで思ったような写真は撮れませんでした。
e0224357_21211323.jpg

桜の花にぶら下がるように止まると良いのですが・・・・
上から花に潜り込むばかりで頭が見えず写真になりません。
そこで、吸蜜から飛びたつ瞬間を狙ってみましたが・・・・
e0224357_21453094.jpg

下から見上げる様に撮影した飛び立つシーンも不自然で・・・・・
逆光気味になるので翅の色も綺麗に見えません。
e0224357_2124554.jpg


午後になると産卵が楽しみです。
♀が食草を探して飛び始めると見失わない様に目で追います。
ちょうど撮影しやすい近くで産卵を始めました。
e0224357_2127026.jpg

まだウスバサイシンの葉は枯葉に隠れていましたが、親蝶の食草探し能力は大したものだと感心させられます。



桜ヒメギフは、妄想だけで終わり今年も満足のいく写真は撮れませんでした。
既に擦れた個体が多かったので、この日は早めに諦めて、違うポイントの様子を見ながら帰りました。
林内や道路脇には例年より残雪が多めの様子で、発生時期が読みにくい状況のようです。
お会いした皆さん有難うございました。

by konty33 | 2015-04-27 21:46 | ギフチョウ | Trackback | Comments(4)
2015年 04月 22日
幼虫探しなど・・・暇つぶしも楽しい
4月18日 続き
朝、ヒメギフチョウが飛び出す前にはホシミスジの幼虫探しをしました。
車で走行中にたまたま見つけたユキヤナギから見つかるのですから嬉しくなります。
e0224357_2044438.jpg

新芽が膨らんで蕾も見られますが、枯れた葉が越冬幼虫の巣です。
中を見るために少し広げてみました。
少し寒くてかわいそうですが、そろそろ摂食が始まる時期ですから大丈夫でしょう。
e0224357_20461049.jpg

幼虫の大きさは計測していませんが、5,6mm位でとても小さいです。
枯葉はしっかりと糸で括りつけられているのが分かります。
ここならよく通る場所なので、今後の経過観察が楽しみです。


次にご紹介するのは、ウスバシロチョウの幼虫です。
清楚な成虫のイメージとはかけ離れていますが、横のラインが特徴的です。
e0224357_20525517.jpg

普通はムラサキケマンをイメージしますが、ここではエンゴサクを食しているようです。
花も一生懸命食べていました。
e0224357_20542144.jpg

食欲は旺盛で、集団に生えている一帯の葉や花は食痕が凄まじく半分くらいなくなっていました。
花の房を食べ終えそうなシーンも見られました。
e0224357_2056093.jpg

この幼虫はたいへん敏感で、驚くとすぐに地面に落ちてしまいます。
摂食中の写真を撮るには、ジッと上がってくるのを待つ「ゆとり」も必要でした。


ヒメギフチョウを撮影しているときスギタニルリシジミがカタクリに止まってくれました。
e0224357_20364148.jpg

ボロボロのスジボソヤマキチョウも夢中に吸蜜する姿が見られました。
e0224357_20394098.jpg

産卵行動の♀を暫く観察してみましたが、近くには食草がないらしく産卵シーンの撮影はできませんでした。


テングチョウは沢山いました。
e0224357_20404021.jpg

それ以外にもシータテハ、ルリタテハ、ヒオドシチョウなどが見られました。





例年より1週間くらい早く、今日は会社のツツジが満開になっていました。
この分だとギフチョウシーズンはアッと言う間に終わってしまいそうで、なんとなく気が焦ります。
後悔しない様に今週末も何処かへ行きたいと思っています。

by konty33 | 2015-04-22 21:15 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2015年 04月 19日
いろいろな吸蜜を見せてくれたヒメギフチョウ
4月18日
2週続けてギフチョウだったので、今回はヒメギフチョウを追いかけることにしました。
朝方はやや冷えましたが、風もなく天気は最高で期待に胸が膨らみます。
スミレなどは遅れているようで極端に吸蜜源が少ない様子でしたが・・・・
高く舞い上がった個体が行きつく先にキブシが咲いていました。
e0224357_13391978.jpg

逆光でしかも裏向きでしたが、感動的な出会いでした。
その内に少しずつ移動して角度が悪いながら翅表も見ることが出来ました。
e0224357_13412513.jpg

しかし、手前の枝などが邪魔してなんともなりません。
e0224357_1342489.jpg

道端にほんの少し咲いているスミレにも1度だけ吸蜜に来ました。
e0224357_13464268.jpg

まだ発生直後なのか擦れた個体は殆どいません。
e0224357_1346977.jpg

カタクリがごく僅かですが咲いていたので昼食を食べているとやって来ました。
e0224357_1352364.jpg


この個体は赤上がりで綺麗でした。
e0224357_13513310.jpg

この♀はやや擦れていましたが何回も吸蜜してくれました。
e0224357_13541186.jpg

一時は次々吸蜜する時間があり大忙しでしたが・・・・・
逆光になることも多く、翅の色の鮮やかさがイマイチ表現できていません。
しかも絞り優先のf=6.3で撮影するのが多いですが、いつの間にかf=3.2にズレており大失態でした。
e0224357_13562617.jpg

こんな翅を畳んだ横向きの写真ばかり沢山撮れました。
e0224357_1424121.jpg




夕方には所要があり早々に撮影を終えましたが、満足できる遠征となりました。
その他の被写体は、別の機会に掲載します。

by konty33 | 2015-04-19 14:25 | ギフチョウ | Trackback | Comments(12)
2015年 04月 15日
桜に飛来するギフチョウ
4月12日
土日続けてフィールドに出られたのは今年初です。
この日も引き続き場所を変えてのギフチョウ狙いで、天気も最高なので期待が広がりました。
早朝に現地に到着したので気温が上がるのを待ちましたが、一向に飛び出しません。
9時過ぎにやっと桜の花の上に静止する綺麗な♀を見つけていただき撮影させて貰いました。
e0224357_2022375.jpg

残念ながら吸蜜シーンでなかったので、何とか吸蜜シーンを撮れないかと
サクラの前で粘ること1時間以上・・・・11時近くなって一瞬吸蜜個体が現れました。
e0224357_202751.jpg

少し遠くて角度も悪いですがストローが見えます。
その後更に待つこと1時間以上・・・・やっとチャンスが来ました。
e0224357_2030577.jpg

とは言っても・・・・とても遠いです。
e0224357_20311933.jpg

雰囲気だけは、気に入ったシーンが撮れました。
300mmでもギフチョウが小さく、それなりにトリミングしてあります。
e0224357_20323758.jpg

綺麗な個体ですし、背景にも桜の花のボケが点在し何とも春らしいシーンです。
本当は結構遠くて・・・・小さいんですよ。
e0224357_2034437.jpg

思いっきりトリミングすると結構良い感じに見えたりします。
きっと気のせいですが・・・・
e0224357_20353459.jpg

これでもか・・・・のトリミング画像です。
e0224357_20361417.jpg

連写したりピントを何回も合わせ直したり結構時間に余裕があったので・・・・、
こんなトリミングにもなんとか耐えられました。
花から花へ移動しながらも、こんなに長く吸蜜に集中した個体を見るのは久しぶりでした。


帰りに道に寄りたいところもあったので、桜ギフに満足し早目に帰宅の途につきました。

番外編ですが・・・・早朝に林内で見つけた卵塊は朝露が付いています。
環境を荒らさないように細心の注意を払って歩きました。
これを見た時は、交尾や産卵シーンもあるかなと期待してしまいました。
e0224357_20421118.jpg

林床にはシュンランが綺麗な花を咲かせていました。
e0224357_20431893.jpg

また、ギフチョウを追い回していたミヤマセセリも沢山いました。
追いかけるシーンは撮影できなかったので定番の静止シーンです。
e0224357_20471896.jpg

e0224357_20473325.jpg



結果的にサクラ吸蜜のギフチョウだけを狙って、他のシーンは全く撮れませんでした。
交尾や産卵シーンも夢見ていたのですが、そう簡単には行きませんね。
時期は最盛期と言って良かったと思いますが、例年より個体数が少ないように思いました。
ご一緒いただいた皆さんにはお世話になり有難うございました。

by konty33 | 2015-04-15 20:56 | ギフチョウ | Trackback | Comments(10)
2015年 04月 12日
雨からの回復早くカタクリ吸蜜
4月11日 
早朝は雨模様でしたが天気の回復を信じて西に向かいました。
久しぶりにフィールドに出られるので多少のリスクは仕方ありません。
狙いのポイントに到着して暫くすると雲が切れはじめ待っていると陽がさし始めました。

すると何処からかギフチョウが飛んできて地面に止まりました。
綺麗な♀です。
e0224357_213436100.jpg

暫くすると綺麗な♂も個体が飛んできました。
e0224357_21362295.jpg

狙いのカタクリ吸蜜はなかなかしてくれません。
やっとチャンスが来ても逆光で発色もイマイチです。
e0224357_2137211.jpg

その後も粘りに粘ってみましたが、今度は下に向き過ぎです。
e0224357_2139488.jpg

やっとそこそこの雰囲気の写真が撮れました。
e0224357_21395994.jpg

新鮮な♀も長い時間吸蜜してくれました。
e0224357_21591068.jpg

最後にもう一枚・・・・
e0224357_220396.jpg

やや雲が多くなりカタクリ吸蜜シーンは諦めてツツジに立ち寄りました。
陽がさすと何処からか飛んできます。
e0224357_222077.jpg

e0224357_22213100.jpg

この日はトラフシジミも見ることが出来ました。
e0224357_2232164.jpg



朝はどうなるかと心配した天気ですが、回復も早く満足の一日でした。
このところ少し寒い日が続いていたのでカタクリの鮮度もギリギリ間に合った感じです。
今年は桜が早目だったのでギフチョウの発生が早いのか・・・・例年並みに戻ったのか・・・・
よくわからない状況ですが、♂も♀も概ね綺麗な個体でした。

by konty33 | 2015-04-12 22:11 | ギフチョウ | Trackback | Comments(2)