<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2014年 09月 30日
クロツバメシジミの成虫は端境期?
9月下旬
10月初旬になるとツメレンゲの花が咲くのでクロツバメシジミの発生状況を確認に行きました。
ツメレンゲの開花と新鮮な成虫の組み合わせを狙いたくてタイミングの下見と言う訳です。
この日は見られた成虫は2頭だけで、ちょうど端境期のようです。
e0224357_20573154.jpg

そこで幼虫や蛹の様子も見てみることにしました。
すると最初に見つかったのは石の下側の前蛹でした。
e0224357_20595081.jpg

他にも前蛹になる寸前の終齢幼虫もいくつか見つかりました。
e0224357_2115826.jpg

e0224357_2121412.jpg

ツメレンゲを丹念に見ていくと・・・・食痕の横に1~1.5cmの幼虫が見られます。
e0224357_213581.jpg

多肉植物の葉の中に頭を突っ込んでいる感じでしょうか。
蟻が周りに取り付いている幼虫も結構見られます。
e0224357_2164912.jpg

e0224357_211066.jpg

初齢のころは葉の中に入り込んでいるのか小さな幼虫を見つけるのは大変難しいですが、
終齢近くになると食痕の目立つツメレンゲの周りにいるので見つけ易いです。


成虫は殆ど見られませんでしたが、幼虫はいくつか見つかりました。
この分だと2週間くらいで新鮮な成虫が見られるでしょうか。
次回は新鮮なクロツバメとツメレンゲの2ショットと行きたいものです。

by konty33 | 2014-09-30 21:21 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 24日
時期外れのゼフィルスとアオバセセリの幼虫探索
9月21日
天気が回復したので新たな場所でアオバセセリの幼虫探しをしました。
今回は渓谷の河原を歩いてみることにしたのですが、意外な副産物が得られました。
前の週には別の場所でミドリシジミを見かけましたが、今回もゼフィルスを見かけました。
まず見られたのはエゾミドリシジミの♀でした。
e0224357_2161231.jpg

相当傷んでいましたが、吸水しに河原に降りてくるようです。
e0224357_216482.jpg

今頃産卵するのですかね。
そんなことを考えながら歩いていると今度はアイノミドリシジミもいました。
e0224357_2185619.jpg

こちらは一回り大きくて、飛び方も多少活発に飛ぶようです。
尾突もしっかり付いており、意外と綺麗な個体もいます。
e0224357_2193148.jpg

開翅してくれる個体もいましたが、全部A型ばかりで残念でした。(AB型が見たかった~)
e0224357_21103893.jpg

開翅していくところを連続撮影しました。
e0224357_2113899.jpg

e0224357_21132521.jpg

e0224357_21134254.jpg

他にもミズイロオナガシジミがいました。
e0224357_2128233.jpg

翅先が尖ったウラギンシジミの秋型もいました。
e0224357_21174644.jpg


そもそもの目的だったアオバセセリですが、あちらこちらのアワブキを探しても見つからず、
最後に見かけたアワブキから沢山のスミナガシに混じってやっと1つ見つかりました。
まずは、葉先に作られた巣です。
e0224357_21205321.jpg

この巣を開けてみると3cm位のボーダー柄の幼虫が見つかりました。
e0224357_2123236.jpg



新たな場所で目的のアオバセセリの幼虫も見つける事が出来ました。
それより驚いたのが、この時期のゼフィルスの姿です。
フィールドに出ると面白い発見があり楽しいですね。

by konty33 | 2014-09-24 21:32 | シジミ類 | Trackback | Comments(10)
2014年 09月 21日
地元の河原でミヤマシジミの探索
9月15日 続き
河原では局所的にミヤマシジミが生息しているので確認に行きました。
いつもとは違う場所でも比較的新鮮な♂がコマツナギの周りを飛び回っては吸蜜していました。
e0224357_2226976.jpg

最初はたった1頭だけでした。
e0224357_22265795.jpg

吸蜜を暫くすると・・・・暫く近くの葉の上で開翅して休憩です。
e0224357_22295779.jpg

フタバムグラでも吸蜜しました。
e0224357_22331762.jpg

♀はいないかと探してみると新鮮な個体が見つかりました。
e0224357_22332651.jpg

こちらはフタバムグラがお気に入りの様子で。コマツナギでは吸蜜してくれません。
e0224357_22355212.jpg

この花では吸蜜時間が短いので意外と撮影が大変です。
e0224357_22363043.jpg

ここでは2♂2♀だけの確認でした。
幼虫を探してみると・・・・・・こちらはそれなりに見つかりました。
e0224357_22382320.jpg

いつもながら蟻が周りに取り付いていました。
e0224357_22392027.jpg

e0224357_2240225.jpg

最後に違う場所でも♂を見つけたので載せておきます。
e0224357_22504797.jpg



個体数が相変われず増えませんが、新鮮な個体も見られたので良かったです。
幼虫もそれなりに見つかったのでもう暫くは見られそうです。
今後もこの地のミヤマシジミを見守り続けたいと思います。

by konty33 | 2014-09-21 22:50 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2014年 09月 19日
ウラギンシジミの卵と幼虫の造形美
9月15日
地元では秋が深まるとウラギンシジミが増えてくるはずです。
この時期なら幼虫や卵が見つけやすいはずなので、河原のクズの花を探してみることにしました。
まず見つけたのは、蕾に産み付けられた卵です。
e0224357_21124016.jpg

白くて大きいのであればすぐに見つかります。
肉眼でもゴルフボールのディンプルのような模様がなんとなく分かります。
超接写で見るとはっきりと分かります。
e0224357_21165278.jpg

幼虫はなかなか見つかりませんが、卵は次々と見つかります。
e0224357_21174861.jpg

OLYMPUSのTG-2は卵を写すのに便利で、コンデジでも表面模様がよくわかりバカにできません。
e0224357_21433839.jpg

卵は蕾についていますが、幼虫探しは花びらの穴(食痕)を探すことがコツのようです。
この花穂の先には孵化した卵殻がついており、花弁には穴が開いていました。
これならいるに違いないと・・・・よく見ると小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_2147790.jpg

幼虫だけを少しアップで写しました。
e0224357_21493029.jpg

角のようなものが2本ありますが、そちらはお尻です。
終齢幼虫も見つかりました。
e0224357_215237.jpg

終齢幼虫がいる花穂は花があらかた先まで終わりかけているのが普通のようです。
綺麗な花が咲きそろっているところでは擬態色で見つけにくくなります。
e0224357_21573819.jpg




暫く探しましたが、卵に比べて幼虫はとても見つけにくいと感じました。
卵も幼虫も特徴のある形なので見つけると嬉しくなります。
この日は、成虫を全く見ることがありませんでしたが、秋が深まると急増すると思います。

by konty33 | 2014-09-19 22:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 17日
アワブキから見つかる幼虫たち 第2弾
9月13日 続き
渓谷の林道を歩きながらどこかで見たような風景に・・・・デジャブ?だと感じました。
ここでもひょっとしてアワブキがあればあの幼虫が見つかるのでは・・・・と感じるほどの光景でした。
すると程なくアワブキが見つかりました。
下から見上げると見覚えのあるシルエットにスミナガシの終齢幼虫だとすぐ分かりました。
e0224357_20405058.jpg

枝を近くに引っ張ると・・・・
e0224357_20453251.jpg

他にもいろいろなサイズの幼虫が見つかりました。
e0224357_20455249.jpg

頭の大きさは殆ど終齢幼虫と同じくらいですが、体は小さく茶色です。
e0224357_2046615.jpg

直接比較できる写真も撮れました。
e0224357_20471682.jpg

もう少し小さくなるとこんな感じで様子が異なります。
e0224357_20474895.jpg

先日見つけた一番小さいものよりは少し大きめ(太め)でした。
e0224357_2048378.jpg

他にも小さなものが見つかりましたが今回は省略します。


次にアオバセセリですが、こちらは少ないようで1つだけしか見つかりませんでした。
アワブキの葉先を綴って下の写真のような巣を作ります。
e0224357_2052296.jpg

この巣を開けてみると中から可愛い幼虫が見つかりました。
e0224357_20532055.jpg

この場所は暗いのでLEDライトを使用しましたが、上手く撮影できませんでした。


帰り道にスイカズラを見かけたのでイチモンジチョウの幼虫を探してみると1つ見つかりました。
(アサマイチモンジかもしれません)
葉の根元を半分だけ綴って越冬準備の状態のようでした。
e0224357_20562655.jpg


幼虫だけでは嫌われるので・・・・・記録として他のチョウも少しだけ掲載します。
サカハチチョウはボロが多かったのですが、比較的綺麗な個体も見られました。
e0224357_2194842.jpg

ミドリシジミは突然現れすぐに飛び立ちました。
e0224357_2110155.jpg

スジグロシロチョウは逆光で綺麗でした。
e0224357_21101868.jpg




本命のツマジロウラジャノメ以外にもいろいろな楽しみがあり忙しいフィールドでした。
ここではアオバセセリやスミナガシの成虫は見たこともないので、成虫探索も楽しみです。
次回は別の場所でもっと大きなアオバセセリの幼虫を見つけたいと思っています。

by konty33 | 2014-09-17 21:14 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2014年 09月 14日
もうキノコの時期? いや、ツマジロの時期でした
9月13日
天然の崖などに自生するノガリヤスを食すことから崖をイメージするツマジロウラジャノメですが、
今年は夏に撮影するチャンスがなかったので、あらためて3化を狙って出かけてきました。
山道を歩いていると・・・・・キノコがやたらと目につきました。
大きな傘をつけることで有名なカラカサダケです。比較としてペットボトルを置いてみました。
e0224357_21575349.jpg

きのこの同定には全く自信がありませんが、ハナイグチらしいです。
e0224357_21592167.jpg

いずれも食べられるようですが、怖くてダメですね。
さて、ツマジロウラジャノメですが・・・・崖を探しても全く現れません。
諦めかけた時、ブットレアの花に吸蜜する新鮮な♀を見つけることが出来ました。
e0224357_2223793.jpg

e0224357_2244176.jpg

AFではピントが甘く、忙しく動くので被写体ブレし易く、ストロボを使うと反応するし、
思うような角度になってくれず・・・・ブレやボケの量産です。
e0224357_22103843.jpg

長時間吸蜜してくれたので助かりました。
e0224357_22121589.jpg

吸蜜の途中で何度か近くの岩に静止して休みました。
e0224357_22171269.jpg

天然の崖とはイメージが合わないツルツルの岩の上では今一つです。
少し雰囲気のある岩の上にも静止しました。
e0224357_23299.jpg

ヒヨドリバナなどでも吸蜜していましたがすぐに飛び立ちます。
e0224357_22202023.jpg

しかし、ブットレアはよほど気に入ったようで吸蜜に夢中でした。
普段は敏感なのにこの時は近づいても逃げませんでした。
そこで、広角で山の雰囲気を入れてみました。
e0224357_2224448.jpg

今回はこれしかありませんから、もう少し載せておきましょう。
e0224357_22285318.jpg

e0224357_22292577.jpg



新鮮な♀に出会えたので良かったですが、外来種のブットレアではしっくり来ませんね。
多数の個体を期待しましたが、もう1頭ボロボロの個体が見られただけでした。

by konty33 | 2014-09-14 22:36 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(10)
2014年 09月 10日
アワブキから見つかった幼虫たち
9月6日 続き 
午後はアオバセセリの生息情報をもとに各地を探しました。
しかし、谷間は意外と日差しが届かず薄暗く、吸蜜の場面に出会うことがありませんでした。
仕方なく幼虫探しでもしてみようと・・・・何の当てもなく食樹のアワブキを探しました。
すると・・・・何と言うことでしょう・・・
たった1本見つけたアワブキの葉先にスミナガシの小さな幼虫がいるではありませんか。
e0224357_21382721.jpg

スミナガシの小さな幼虫は、独特の食べ方で小さく刻んだ葉を綴って、先の葉脈に鎮座しています。
e0224357_21405297.jpg

この幼虫の大きさは1cm程度でよく見ないと分かりませんが、葉の綴ったものは目立つのでいくつか見られました。
谷間の暗い場所なのでシャッター速度が遅く少しブレていますが、様子はお分かり頂けると思います。
葉の上では終齢幼虫も見つける事が出来ました。
e0224357_2145146.jpg

前から見ると「ナメクジ怪獣・スミゴン」とでも呼びたくなるような形です。
e0224357_21474798.jpg

カッコいいカラーリングと形をしていると思いました。
e0224357_21492939.jpg


さて、こんな感じで喜んで夢中に撮影していたのですが・・・・・

そう言えば目的はアオバセセリでした。
下の方の枝からは見つからず、見つけやすいスミナガシの食い跡だけが目にとまります。
そんな中で、遂にアオバセセリの巣を見ることが出来ました。
e0224357_21532263.jpg

2齢くらいの小さな幼虫で、葉先が丸く綴った巣になっていましたが、開かせてもらいました。
e0224357_21552753.jpg

こんな小さなうちからボーダー柄なんですね。

谷間に咲く花は少なく・・・・こんな感じのアオバセセリの吸蜜が見たかったのですが、
見つけたのはヒメキマダラセセリでした。
e0224357_2201916.jpg

e0224357_2264189.jpg




この時期にアオバセセリの成虫が吸蜜するとの情報をもとに各地を探索しましたが、残念ながら成虫はダメでした。
しかし、代わりに今年2回目のボーダー柄の可愛い幼虫を見ることができ喜んでいます。
おまけに独特の形のスミナガシの幼虫まで見られるとは思っていませんでした。
暫くしたら再訪し、蛹なんかも探してみたいと思います。

by konty33 | 2014-09-10 22:27 | セセリ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 07日
なんとなく消化不良のウラナミジャノメ
9月6日
1週間前に発生を確認していたウラナミジャノメの様子を見に行きました。
生息地に到着するとすぐに飛んでいるのが目にとまりました。
縁毛も綺麗で新鮮な様子です。
e0224357_18434416.jpg

笹が多い草地を歩いていくとまた新鮮な個体が飛び出しました。
e0224357_18443836.jpg

まだ朝の8時前でしたが、チャバネセセリの交尾が飛び出しました。
e0224357_1848268.jpg

少し驚かすとすぐに飛び花にも静止してくれました。
e0224357_18483551.jpg

ツルボの花では逆光でしか撮れませんでしたが、こんなことってあるのですね。
e0224357_1852326.jpg

涼しかったのは朝のほんの一時で、少し歩くとすぐに汗がにじみ出てきます。
歩き回ってウラナミジャノメを探しましたが、思いのほか発生数が少なそうでした。


違う場所でもウラナミジャノメを見ることができましたが、こちらはやや擦れ気味です。
e0224357_18565397.jpg

ここでは、シダが多いので感じの違った写真が撮れました。
e0224357_18574696.jpg

シダの先に付いていた鳥の糞がお気に入りの様子でした。
e0224357_18593183.jpg

e0224357_1994519.jpg

順光で撮影すると感じが変わります。
e0224357_1915455.jpg

日陰でストロボを軽くあてると一番綺麗かなと思います。
鳥の糞がないところでも何か美味しいものがあるのでしょうか。
e0224357_1924199.jpg

少し場所を移すと違うタイプのシダの上にも止まってくれました。
e0224357_1955043.jpg




1週間前から発生しているのでスレタ個体も見られるのですが、個体数が少なすぎます。
なんとなく消化不良で満足できない感じなので、もう1か所の生息場所も見に行こうか迷いましたが・・・・・
午後からは狙いを変えることにしました。

by konty33 | 2014-09-07 19:27 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 04日
荒れ地で見られたチョウたちの五目撮り
8月30日 続き
ギンイチモンジセセリの生息する場所には、いろいろなチョウ達が見られました。
荒れ地に生えるヒメクマツヅラのような花が人気のようで、ベニシジミが多く見られました。
e0224357_21302669.jpg

イチモンジセセリは随分数が増えてきました。
e0224357_2132072.jpg

時々オレンジ鮮やかなキマダラセセリも飛んできます。
e0224357_2134995.jpg

e0224357_21342223.jpg

モンシロチョウも吸蜜していました。
e0224357_21351638.jpg

ヒメアカタテハはたった1頭だけでした。
e0224357_21361666.jpg

吸蜜シーンを撮り忘れましたがチャバネセセリもたくさん吸蜜していました。
e0224357_21373971.jpg



帰り道に立ち寄った場所ではヒカゲチョウが多く見られました。
e0224357_21385437.jpg

それにメスグロヒョウモンもいました。
e0224357_21394298.jpg

近くではウラナミジャノメも発生を確認できました。証拠写真ですが・・・。
e0224357_2146727.jpg




普通種も綺麗に撮ってあげたいと思うのですが、ギンイチが気になって拘って撮れませんでした。
この時期でも思いのほかいろいろ撮れたのは良かったです。
いよいよウラジャノメ2化の時期になりましたので、今週末の狙いは決まりです。

by konty33 | 2014-09-04 21:54 | セセリ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 09月 02日
ギンイチモンジセセリの産卵と吸蜜
8月30日 
このところ朝晩はめっきり涼しくなり、夜の虫の声も大きくなり秋を感じるようになってきました。
平野部のフィールドでも高原のような爽やかさで、ひと頃より過ごし易くなりました。
と言うことで、今回はギンイチモンジセセリ(3化)の様子を見に行ってきました。
e0224357_21592096.jpg

夏のこの時期は緑いっぱいの草むらが背景になるので春とは感じが違います。
e0224357_2113952.jpg

それに、翅裏の銀の帯が少し目立たないのも特徴でしょうか。
e0224357_21152147.jpg

♂は飛び回ってばかりですが、時々静止すると開翅ことが多い様でした。
e0224357_21161784.jpg

飛んでばかりなので、飛翔にも少しだけチャレンジしました。
e0224357_21175412.jpg

地面近くを飛び回るチョウを追うのは腰に来ますし、3分と持ちませんでした。
e0224357_21194273.jpg

翅裏の銀の帯の少し目立つ個体もいます。
e0224357_21213097.jpg

広角でも撮影してみましたが・・・・草むらの中だということしかわかりませんね。
e0224357_21225726.jpg

同じような写真ばかりで恐縮ですが、折角なのでもう一枚・・・・
e0224357_21243175.jpg

交尾や産卵を探しましたが、なかなか見つかりません。
やっと1シーンだけ産卵シーンが撮れました。(お尻に卵が見えます)
e0224357_2126525.jpg

早ければ1秒で産卵が終わるので、目の前で産卵を始めないと撮影は難しいです。
この時の産卵は3秒くらいで、卵を草に押し付ける感じで1秒くらい静止していました。
産卵後の卵も撮影しました。(100mmマクロ)
e0224357_21304851.jpg

これではチャバネセセリと言われても分かりませんね。
超接写では・・・・。中心に凹みが見えますが特徴的ではないように感じます。
e0224357_21325224.jpg

産卵シーンを見ていないと何の卵か同定は困難でした。
飛び回る♂は時々吸蜜することもありました。
e0224357_2139515.jpg

e0224357_21392616.jpg




2週間ほど前から発生が確認されているとのことですが、まずまず新鮮な個体も見られました。
河原の環境の変化は激しいので来年以降の発生が心配されますが、引き続き見守っていきたいと思います。

by konty33 | 2014-09-02 21:45 | セセリ類 | Trackback | Comments(6)