<   2014年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2014年 05月 29日
地元の里山にて ウラゴマとアサマイチモンジ
5月下旬 
イボタの花はほぼ満開なのでウラゴマダラシジミの良い時期かと思い、時間を作って見に行きました。
イボタの周りを何頭か飛んでいましたが、既に痛んだ個体ばかりで1週間ほど遅かったようです。
e0224357_22524865.jpg

暫く見ていると綺麗な個体もいることに気が付きました。
e0224357_22534765.jpg

この個体はあまり飛ばず、どうやら今日羽化した個体のようでした。
暫く他の種を撮影して戻ってくると開翅しようとしている個体が目に入りました。
風の為か思うように開翅してくれず、何回か開翅しかけては風に吹かれて閉じてしまいます。
e0224357_22593432.jpg

それでも暫く待ってやっとここまで開翅・・・・・
e0224357_2301372.jpg

産卵場所を探してイボタの枝を這い回っている♀も見られました。
e0224357_231990.jpg

暗い目の林道のイボタで見られる光景です。
e0224357_2315887.jpg

痛んだ個体がほとんどの中、なんとか綺麗そうな個体を探して撮影できました。

いつもの場所では新鮮なアサマイチモンジの♀も見ることが出来ました。
e0224357_2342028.jpg

背景にタマボケを狙いましたが角度が悪く綺麗には行きませんでした。
e0224357_2354389.jpg

そのうちに産卵するのでは・・・・・と期待していると・・・・・期待に応えてくれました。
e0224357_2382097.jpg

スイカズラの葉にぶら下がり産卵しています。
何回か産卵シーンが見られた葉の裏を見てみると・・・・・4卵ありました。
e0224357_23112297.jpg

超接写で撮影するとすごく綺麗な特徴のある卵でした。
e0224357_23124342.jpg


他にもイモのつるの周りを飛び回るダイミョウセセリが産卵していました。
産卵の瞬間は撮影できませんでしたが、毛むくじゃらの卵は見られました。
e0224357_23171922.jpg

葉の中央に1卵ずつ産んであります。
e0224357_2319933.jpg

これも超接写で見ていると凄い毛です。
e0224357_232098.jpg

成虫はウツギの花にも吸蜜に来ていました。
e0224357_2321080.jpg




この時期になると地元の里山でも多くの種類を観察できます。
家と会社の往復では見られませんから少しでもフィールドに出かけたくなりますね。

by konty33 | 2014-05-29 23:33 | | Trackback | Comments(6)
2014年 05月 28日
幼虫探しの楽しさを知る  その2
5月中旬
幼虫探索の続きです。
ゼフィルスのいる林では、クロミドリやウラナミアカ意外にもアカ、ウラミスジがいるはずですが
そう次々には見つかるものではありません。やっと見つかったのがミズイロオナガシジミでした。
e0224357_21143620.jpg

ミズイロオナガの卵はよくありますが、幼虫はなかなか見つからずコナラの葉裏に鎮座しておりました。
横からのアップがとても魅力的な幼虫です。
e0224357_21173437.jpg


オオムラサキは越冬時期しか探したことがありませんでしたが、この時期はエノキの葉の上から見つかります。
e0224357_21203265.jpg

まるまると太った幼虫もいました。
e0224357_21234799.jpg

越冬幼虫と比べると角が立派になっています。
e0224357_21214273.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫も見つかりました。
e0224357_21315149.jpg

写真の赤丸の中に孵化した卵が写っており、幼虫はまだ2mmくらいでした。
これだけ小さいと卵を探してから幼虫を探した方が早いと感じました。

少し場所を変えてウラジロミドリシジミのいるカシワ林にご案内いただきました。
芽吹いたカシワの葉の上から幼虫がにつかりましたが、まだ小さくて探すのが大変です。
e0224357_21361091.jpg

少し大きくなると葉脈の中心に鎮座するのでしょうか。
e0224357_21553124.jpg

このくらいの大きさでは、食痕を目当てに探すのが難しいと思いました。

他にもイチモンジ系やオオミスジなどいろいろと見つけたいと一生懸命探しましたが・・・・
そう簡単には行きませんでした。
その代わりコナラの切り株ではクリストフコトラカミキリがみつかる成果もありました。
e0224357_2139272.jpg



幼虫探しは成虫と異なり、待っている暇な時間はなく朝から晩までとにかく忙しいです。
どんなところにいるのか生態を想像しながら探すのも醍醐味だと思います。
見つかるようになると楽しくて填まると思います。

by konty33 | 2014-05-28 21:51 | 幼虫 | Trackback | Comments(6)
2014年 05月 26日
幼虫探しの楽しさを知る  その1
5月中旬
この週末は会社や地区の行事で何処にも出られなかったので、今回は先週のネタです。
成虫の撮影は適当にして、幼虫探しに時間の大半を使いましたので、その成果を紹介します。
とは言っても、幼虫探しは経験が少ないのでいろいろ教えて貰いながらの探索です。
まず、最初に探したのはイネ科などを食すオオヒカゲの幼虫です。
e0224357_2019188.jpg

写真のように斜めに切り取られたような食痕が特徴で、これを目当てにすると探し易いとの事でした。
自分でもいくつか見つけることが出来たので自信が付きました。
顔は意外と可愛いです。
e0224357_20193981.jpg

昨年は羽化直の写真データが壊れてしまったので、今年も蛹や羽化直を狙って再訪したいと思っています。
昨年撮影した成虫の写真も載せておきますね。
e0224357_2025723.jpg

次の日は朝からクロミドリシジミの幼虫探しをしました。
終齢幼虫の時期を読むのがポイントですが、運よくピッタリだったようです。
e0224357_20273996.jpg

この種はクヌギの枝先で夜間摂食し、明るくなると幹に降りてきてジッとしているのが特徴です。
幹は勿論のこと横に伸びた低い枝でも見つかりました。
e0224357_20293173.jpg

蛾の幼虫も沢山いますが、クロミドリの幼虫も慣れるとすぐに見つかるようになります。
e0224357_20314667.jpg

魚露目を使って背景も入れてみました。
e0224357_2032964.jpg

写真としての出来はさて置き、魚露目を使用すると周辺の雰囲気が良く分かりますね。
昨年撮影した成虫の写真も載せておきます。
e0224357_20381971.jpg


次は、これまで探したことのないウラナミアカシジミの幼虫の探し方を教わりました。
下の写真のように葉を数枚くしゃくしゃにしたような巣を探すのがポイントのようです。
e0224357_2041536.jpg

上の写真はコナラですが、クヌギでも巣を見つけることが出来ました。
e0224357_20433277.jpg

葉をめくってみると中から幼虫が出てきました。
e0224357_20443384.jpg

これも幼虫だけでは寂しいので昨年撮影した成虫の写真を載せておきます。
e0224357_2048444.jpg



幼虫を探していると時間を忘れてしてしまうくらい面白いものです。
まだまだ幼虫探しは続きますが、残りは次回掲載します。

by konty33 | 2014-05-26 20:58 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2014年 05月 22日
保護地で生き続けるオオルリシジミ
5月18日 
オオルリシジミの発生のニュースをお聞きし、数年ぶりに保護地を訪れることにしました。
まだ発生初期だと思っていましたが、現地でお話を伺うと既に交尾も確認したとのことでした。
と言うことで・・・・・早速撮影です。
e0224357_20494613.jpg

久しぶりにオオルリシジミを見るとやはり大きく感じます。
e0224357_20512599.jpg

このカップルは交尾開始からかなり時間が経っているとの事でしたが、暫く良いモデルになってくれました。
また、交尾に嫉妬した♂が時々ちょっかいを出しに来ます。
e0224357_2053421.jpg

この場所は保護地なので背景も入れてみました。横には食草のクララも見えます。
e0224357_20562655.jpg

この交尾のモデルさんは、皆さんを楽しませてくれました。
♀はまだ少い様子でしたが、♂は新鮮からボロまでいろいろです。
新鮮そうな♂を目で追い、吸蜜するのを待ちました。
e0224357_2123294.jpg

e0224357_2131833.jpg

♀探しの♂同士が時々ツーショットになることも・・・・・
e0224357_215184.jpg

間違えて求愛することも・・・・・
e0224357_216343.jpg

花の終わったタンポポの上で佇むことも・・・・・
e0224357_2163177.jpg



たった1時間でしたが、久しぶりのオオルリシジミをたっぷり楽しむことが出来ました。
保護活動をされおられる方には頭が下がりますね。
次回は(来年かもしれませんが)、新鮮な♀の開翅や産卵も見てみたいです。

交尾を教えてくれたmidoriさんやご一緒させていただいた方々ありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-22 21:16 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2014年 05月 19日
南アルプスのクモマツマキチョウ
5月17日
とても綺麗な新緑やアルプスの残雪に加え、澄みきったな青空を眺めながら歩くのは気持ちが良いものです。
寒気が入った前夜は強風でしたが、この日は朝から風も治まり絶好のオレンジ日和でした。
今年の冬は雪も多かったし発生状況を心配しながら、クモマツマキチョウの様子を見に行ってきました。


ポイントに向かう前に少し寄り道して、アルプスを映す池やツツジを撮影しました。
e0224357_21365035.jpg


ポイントに到着しても午前中はキベリ、エル、スジボソヤマキなどの越冬蝶のみで、スジグロシロチョウも飛ばない状況でした。
石灰岩の岩に咲くシナノコザクラを撮影したりして時間をつぶします。
e0224357_21524961.jpg

この花とクモマツマキはいつもセットなんですが・・・・・この日はこれで終わりそうです。
e0224357_215439.jpg

あっという間に午後になり、諦めて帰るかどうか判断に迷っていると・・・・・・
突然飛んで来て目の前の斜面にひとつだけあったハタザオの花で吸蜜してくれました。
e0224357_2155353.jpg

午後は風が強かったのでピントが合わず、そこそこ見られるのはこの1枚くらいです。
一枚だけでは寂しいのでもう少しだけ・・・・・ピントが甘いです。
e0224357_21594732.jpg

この時は吸蜜が終わっていましたが、風が強かったのでしがみついていた感じです。


他に新生蝶はミヤマセセリくらいでしたが撮影もできず、
帰り際にやっとスジグロシロチョウを撮影することが出来たような状況でした。
e0224357_2295981.jpg



気温も高く木々の芽吹きは十分なのに、ハタザオZ(食草)の成長は遅れているように感じました。
結局、このワンチャンスの出会いだけでしたが、気持ちの良い一日でした。
ご一緒した皆さんありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-19 22:16 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(12)
2014年 05月 13日
林道で吸水するクロアゲハなど
5月上旬
GWに地元の里山に出かけた時のことです。
アオバセセリやツマキチョウなどを撮影しながら、アゲハ類のことも気になります。
水が流れる林道ではミヤマカラスアゲハの吸水に気づかず、突然飛び出し驚くことがあります。
このときは、手前で見つけたので撮影できました。
e0224357_2148360.jpg

夢中で吸水していたので広角で撮影しようと近づいたら逃げられてしまいました。
クロアゲハ♂は暫く撮影に応じてくれました。
e0224357_21495887.jpg

同じ場所で静止することはなく、近くを行ったり来たりです。
e0224357_2152834.jpg

こんなチャンスは滅多にないので暫く撮影していました。
e0224357_215303.jpg


林道の崖下ではアオバセセリが飛んでくるので、そちらも気になります。
アオバセセリも来ていたブルーベリーの花にはジャコウアゲハも吸蜜していました。
e0224357_21554751.jpg

e0224357_21562116.jpg




オナガアゲハ、アオスジアゲハ、カラスアゲハは、飛び回るだけで撮影できず、来年の課題となりました。

by konty33 | 2014-05-13 22:13 | アゲハ類 | Trackback | Comments(14)
2014年 05月 09日
ブルーベリーとアオバセセリ
5月4日
GWは遠征の合間に新しいPCに交換し、ソフトのダウンロードや設定に悪戦苦闘しました。
突然インターネットが表示できなくなるトラブルもあり、対策方法もわからず不慣れなPCに向かっています。


さて、アオバセセリが見られる場所を教えてもらったので地元の里山に出かけました。
谷あいの林道や畑に隣接する花にやってくるとのことで、めぼしい花の前でジッと待ちました。
そこは、放置して荒れ果てた畑にブルーベリーが数本あり、諦めかけた時飛んできてくれました。
e0224357_2139517.jpg

最初は高い場所だったので真黒なシルエットしか撮影できず焦りましたが・・・・
その内に目の高さにも来てくれたので100mmマクロで撮れました。
e0224357_21421499.jpg

花も最盛期を過ぎていたので今ひとつですが、アオバセセリは新鮮でした。
e0224357_2144849.jpg

なるべく綺麗な花に吸蜜している写真だけを選んでいますが、半分くらい花が終わっていました。
e0224357_21453143.jpg

たった1頭だけなので見失わないように必死ですが、ファインダーから突然消えると焦ります。
逆光だと殆ど真黒にしか写りませんが、ストロボを使用して露出を補正するとなんとか絵になります。
e0224357_21471949.jpg

青空バックでも撮影してみました。
e0224357_21495986.jpg

暫くお利口にモデルになってくれましたが、突然姿を消し2度と戻ってきませんでした。


ここ数年アオバセセリを撮影したいと思っていましたが、やっと新鮮な個体の撮影が叶いました。
たった1頭だけだったのは残念でしたが、タイミングが合えば違う花でも吸蜜する姿を撮影できそうです。
この付近には食樹のアワブキもあったので幼虫探しもチャレンジできたらと思います。

by konty33 | 2014-05-09 22:01 | セセリ類 | Trackback | Comments(16)
2014年 05月 08日
ツマキチョウも魅力的
5月上旬
今年のGWは遠征の合間に地元の里山に出かけて、身近なチョウ達と遊ぶことができました。
一番最初に遊んでもらったのがツマキチョウです。
いつも飛び回り静止しない印象のこのチョウもマツバウンランによく吸蜜していました。
e0224357_212556.jpg

コウゾリナのような黄色い花でもよく吸蜜していました。
e0224357_21305270.jpg

e0224357_21312131.jpg

タンポポに吸蜜する♀も長い間吸蜜していました。
e0224357_21362260.jpg

産卵シーンも多くみられました。
e0224357_2137875.jpg

違う種類の草でも産卵していました。
e0224357_21385281.jpg

e0224357_21392158.jpg

卵もコンデジで撮影しておきました。
e0224357_214217100.jpg

もう少しアップで・・・・。
e0224357_21465523.jpg

すぐ横ではキチョウが産卵していました。
産卵シーンは逃しましたが、ツマキチョウとの卵の違いを確認しました。
e0224357_21471398.jpg


サカハチチョウの春型もウツギで見ることができました。
e0224357_21524653.jpg

トラフシジミもタニウツギに来ていました。
e0224357_21545135.jpg

アザミにはアカタテハが吸蜜していました。
e0224357_21564436.jpg

コミスジも発生しているようで、各所で見られました。
e0224357_2204863.jpg



身近なチョウですが、随分種類も数も増えてきました。
遠征ばかりしないで、今年は少し地元にも目を向けたいと思っています。

by konty33 | 2014-05-08 22:10 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(12)
2014年 05月 06日
目の前を飛翔するクモマツマキに感動
5月3日
少し気が早いかもしれませんがクモマツマキチョウの様子を見に行きました。
朝から暖かく天気が良かったのでアルプスの山々や風景写真を撮りながらのんびりと移動しました。
e0224357_226836.jpg

e0224357_2282962.jpg

ゆっくりし過ぎてしまい、現地に到着したのは10時ごろでした。
ポイントに到着すると「ネイチャーKENDAMARの歳時記」のKENDAMARさんにお会いすることができました。
いろいろとこの地の状況をお聞きし、クモツキの撮影は殆ど諦めモードで待っていると・・・・・
クモマツマキチョウが谷を降りていくのが見えました。
何回目かにスジグロシロチョウと戯れてくれたので、100mmマクロで飛翔を撮影できました。
e0224357_22102624.jpg

ピントは甘いですが、kontyにとってはこれでも上手くいった方なのでお許しください。
e0224357_22124451.jpg

これらの飛翔写真は、全てトリミングしてあります。
e0224357_22131413.jpg

この時だけしかチャンスがなかったので同じような証拠写真ばかりですが、背景にキブシが写っていたものもありました。
e0224357_22142624.jpg

これまでここでは残雪が多かったり、寒過ぎたりとクモツキを見られなかったので今回は良かったです。
しかし飛翔を撮るなら・・・広角を持っていくべきだったと少し後悔しています。


ここはスギタニルリシジミも多く、クモツキを待っている間に撮影しました。
e0224357_22193410.jpg

何頭か給水に集まってこないかと思いましたが、意外と落ち着きがなくルリシジミとの2ショットが限界でした。
e0224357_2221663.jpg

キブシに吸蜜するスギタニも見られましたが、狙った感じには撮れませんでした。
e0224357_22221527.jpg

キブシにはシータテハも吸蜜に来ていました。
e0224357_2223144.jpg

e0224357_22232992.jpg

下から見上げる角度で少し青空を背景に入れてみましたが・・・・これも面白いと思います。
e0224357_22251781.jpg



帰りの道中も6時間以上はかかるので早々に帰途につきました。
吸蜜こそ撮れませんでしたが、今年は早い時期に運よくクモツキが見られて嬉しかったです。
KENDAMARさんには色々とご指導いただきありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-06 22:42 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(14)
2014年 05月 05日
ギフチョウとヒメギフチョウの混生地にて
5月2日
信州のギフチョウとヒメギフチョウの混生地に行ってみることにしました。
晴れて気温も上がる予報で期待していましたが、目的地が近づくにつれて雲が多くなり、現地は完全に曇り空でした。
これでは飛ばないので、周りを散策しながら天気の回復を待ちました。
e0224357_20275823.jpg

e0224357_20374631.jpg

10時を過ぎてやっと青空が広がりましたが、個体が少なめで良い場所で吸蜜してくれません。
少し気温が低めの林内のスミレの前で待っていると12時過ぎにやっとチャンスが来ました。
突然ヒメギフチョウが吸蜜を始めました。
e0224357_20415584.jpg

林内にはひとりだけで・・・・暫くは至福の時でした。
e0224357_20453672.jpg

カタクリにも来てくれました。どうやら同じ個体のようです。
e0224357_2047598.jpg

次に、弱弱しくギフチョウが飛んできて目の前のスミレで吸蜜してくれました。
e0224357_2050170.jpg

新鮮な個体が場所を変えながらじっくりと吸蜜してきました。
e0224357_20503241.jpg

いつもの林内のカタクリには中々来てくれまず、ヒメギフが枝先に静止するだけでした。
e0224357_20542089.jpg

皆さんがいらした場所にも行ってみると・・・・ここにもヒメギフチョウがカタクリ吸蜜していました。
e0224357_20591231.jpg

遠目から一枚撮影して・・・・
e0224357_210056.jpg

近寄ってさらに撮影できました。
e0224357_2111812.jpg

産卵や交尾も撮影された方もいたようですが、ひとり離れた林内にいたのでチャンスを逃してしまいました。


この後ヒメシロチョウの生息地にも立ち寄りました。
e0224357_2172172.jpg

逆光に翅を透かして見るととても綺麗ですね。
つくしにも静止してくれました。
e0224357_2193112.jpg

花が少なかったのですが、崖にスミレを見つけて吸蜜してくれました。
e0224357_21103733.jpg

今回は逆光の写真のみにしてみました。


朝はどうなることかと思っていましたが・・・・・
贅沢にもギフチョウとヒメギフチョウの両種に加えてヒメシロチョウまで撮影できました。
撮影をご一緒させていただいた皆様にはお世話になりありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-05 21:18 | ギフチョウ | Trackback | Comments(14)