<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 25日
ムラサキの輝きを求めて房総へ
11月25日
この時期は、紫色のシジミチョウたちを探して歩くことが唯一の楽しみです。。
天気も良さそうなので地元を少し離れてルーミスシジミを求めて遠征しました。
とても寒い朝でしたが、風もなく雲一つない快晴で期待が膨らみます。

次々と皆さんがお越しになり、谷間に日が差すまでルーミスの休眠個体を探しますが見られません。
林の中で休眠中の2頭のムラサキシジミがいると教えてもらい、撮影もさせていただきました。
e0224357_22104626.jpg


谷間に日が差しても気温が低いためか飛ぶ個体が見あたりません。
仕方なくムサラキシジミを撮影して暇を潰します。
e0224357_2146286.jpg

ルーミスシジミは、時々飛んでも10m以上の木の上でチラチラするだけでしたが・・・・
朝一番から午後まで待って、やっと1頭が降りてきてくれました。
e0224357_21465683.jpg

地面近くに静止した個体は、ゆっくりと開翅してくれました。
e0224357_2148585.jpg

午後まで諦めずに探したのが候を奏し、狙いの「ムラサキの輝き」をゲットできました。
e0224357_2150362.jpg

この時は6人くらいで1頭の蝶を取り囲んでの撮影会でしたが、角度を変えて上からも撮影しました。
e0224357_21524855.jpg

一度、少し飛んですぐ近くに静止し、その後高いところへ飛んでいきました。
e0224357_2153468.jpg



なんとか粘り勝ちでボウズを免れましたが、こんなに苦労するとは思いませんでした。
10人以上の撮影者が来られていたので、警戒して降りてこなかった訳ではないでしょうが・・・・。

ご一緒させていただいた皆さん有り難うございました。

by konty33 | 2012-11-25 22:39 | シジミ類 | Trackback | Comments(18)
2012年 11月 22日
近所の散策 秋の蝶たち
11月18日
天気が良かったので、カメラを持って近所の海岸沿いの公園に散歩に行きました。
朝日が眩しく差し込んだ散歩道を歩いていくとムラサキシジミが飛び出しました。
すぐに、近くの樹上に静止しましたが、ここは陽が当たらないので開翅してくれません。
e0224357_21541739.jpg

陽当たりの良い場所にも静止している個体を見つけましたが、開翅してくれませんでした。
e0224357_21555783.jpg

仕方なく歩いていくとこんどは♀が地面に静止して開翅してくれたので、慎重に近づき-1.0EVで撮影しました。
e0224357_21574353.jpg

広角でも撮影しようと準備していると飛んでいってしまいました。
頭上を見上げると2,3の個体が高い梢で飛んでいましたが、降りてきませんでした。


公園内の違う場所では、落ちていた木の枝で照葉樹を刺激するとウラギンシジミも飛び出しますが、
すぐに葉裏に隠れてしまいます。
e0224357_2263988.jpg

中には、陽当たりの良い場所で開翅している個体もいます。
e0224357_2272195.jpg

天気が良いので青空バックの広角も一枚。少し黄色に色づいた葉が秋らしいですね。
e0224357_2292484.jpg



1時間ほどの散歩道で撮影したのは、この2種だけです。
例年見られるムラサキツバメが見られないのが少し気になりました。
この公園は、昨年より灌木や下草を綺麗に除去したので、その影響もありそうです。

by konty33 | 2012-11-22 22:20 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 17日
チョウセンアカシジミの卵探し
11月15日
今回の目的は、雪が降る前に新潟のチョウセンアカシジミの卵を観察することです。
出張のスケジュールに少しだけ時間が空いたので、目をつけていた場所に直行です。
この日は雨の予報にも拘わらず、仕事中はとても良い天気でしたが、目的地に着いた頃にはどんより曇り空でした。
山の木々は綺麗に紅葉しており多少青空も覗いていますが、日差しがないので発色が悪くて残念です。
e0224357_9464733.jpg

目的地が近くなる頃には、今にも雨が降りそうな天気に・・・・
e0224357_9191823.jpg

近くの山でも雪が見られ、平野部では雪囲いもあちこちで見られました。
静岡では見られない光景なので、ついつい車を止めて撮りたくなります。
e0224357_9245874.jpg

さて、チョウセンアカシジミですが、最初に探した木ですぐに卵が見つかりました。
カメラはコンデジとデジイチ超接写セットしか持っていませんでしたから、まずはコンデジです。
e0224357_9342235.jpg

この時、既に小雨が降り始めていたので、レンズに水滴がついてしまっていました。
超接写にもチャレンジしましたが、手持ち撮影には限界が・・・・・小雨の中、短時間で綺麗な写真は撮れませんでした。
e0224357_9533385.jpg

昨年の卵殻の隣に卵塊があるのは珍しくないようです。
ただ、卵の大きさが随分違うのが気になりました。殻は膨潤したのでしょうか?
綺麗で真っ白な卵を撮りたかったのですが・・・・・アップにしてみると卵の表面にかなりゴミが付着していました。
また、卵塊ばかりではなく、1卵ずつの場合も普通にあるようでした。
e0224357_9564383.jpg

e0224357_1021412.jpg

そのうちに本降りとなり、超接写での撮影は諦めました。
仕方なく、何カ所か寄ってみましたが、どこでも卵は見つかったので、来年も綺麗な成虫が見られると思いました。
幹だけでなく、枝にも卵塊が見られます。
e0224357_10262026.jpg


農家の隣接地や田んぼの周りには、秋に稲を干したりする「ハザ木」があります。
これも静岡では見られない独特の光景だと思いますが、こんな場所もこの蝶の発生源なんですね。
e0224357_10252454.jpg

最後に、成虫の写真がないのも淋しいので、2009年に撮影したものを載せておきます。
e0224357_10301136.jpg

e0224357_10304618.jpg



天気が悪い中、ほんの短時間でしたが、なんとか目的を達成できました。
地元の方に伺うとこの時期になると毎日こんな天気なんだだそうです。
次回は、成虫が見られるときに行けたら良いなと思っています。

by konty33 | 2012-11-17 10:39 | | Trackback | Comments(8)
2012年 11月 12日
三重でイシガケチョウと再会ほか
11月3日 つづき
三重県にサツマシジミやヤクシマルリシジミの観察に出かけたときのことです。
サツマシジミの集まる広場には、イシガケチョウもセイタカアワダチソウの周りで見ることができました。
昨年は違う場所で2頭ほど見られたのですが、今年も再会できてとても嬉しいです。
e0224357_20511018.jpg

ここでは3頭のイシガケチョウがセイタカアワダチソウで吸蜜していましたが、意外と敏感です。
近寄ると逃げられて近くの葉の上に静止します。仕方なく300mmで遠目から撮影しました。
e0224357_2053657.jpg

暫くサツマシジミを撮影していると・・・また、セイタカアワダチソウに吸蜜していました。
e0224357_2055910.jpg

変わり映えのしない写真ばかりなので、イシカケチョウは以上です。


少し、画像が少なく淋しいのでおまけです。
この日、サツマシジミの飛翔写真も撮ったのですが、偶然にも比較的ピントがあった写真が1枚だけありました。
なんとか見られると思いますが、サツマシジミ♂の翅表が綺麗です。
e0224357_20585031.jpg

♀の飛翔写真は全滅でしたので、静止したところでご勘弁を・・・。
e0224357_2143543.jpg


この場所には、ムラサキシジミも何頭か見られセイタカアワダチソウで吸蜜を繰り返していました。
e0224357_2191331.jpg

吸蜜が飽きると近くの葉上で開翅してくれました。
e0224357_21103012.jpg


3回にわたってご紹介した、この日の出来事は全部終了です。
日帰りで、正味の撮影時間は短時間だったわりには色々と楽しめた一日でした。
この後、何処も出かけていないので次の記事はいつになりますやら・・・・?

by konty33 | 2012-11-12 22:08 | タテハ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 11月 08日
ヤクシマルリシジミの産卵と卵
11月3日
サツマシジミを撮影に行った日に、現地に到着して車を降りた直後に見つけたのがヤクシマルリシジミでした。
最初、サツマシジミだと思い込んでいたのですが、良く見るとノバラに絡んでいたのでヤクルリだと気づきました。
カメラを用意しているとすぐに産卵が始まりました。
e0224357_215306.jpg

この日は3箇所で産卵が見られました。
e0224357_2171472.jpg

e0224357_21102135.jpg


産卵場所だけ確認して、サツマシジミを撮影し終わった帰りがけに卵をゆっくり撮影しました。
卵は逃げませんからね・・・・。
e0224357_2112304.jpg

少し横からも撮影してみました。
e0224357_21162839.jpg

卵は複数見つかり、卵を探しているときに孵化まもない幼虫も見つかりました。
ご丁寧に葉先には孵化卵が2つついていました。産卵したときは葉がもっと小さかったのでしょう。
e0224357_2114717.jpg

食痕が沢山あったので、もう少し大きな幼虫もいると思い探してみると・・・8mmくらいの幼虫が1頭だけ見つかりました。
e0224357_21153058.jpg

ゆっくりと探せばまだまだ見つかったと思います。

産卵は連続的には行われず、食草の近くで開翅して休みながら行われているように思いました。
産卵と産卵の間にイバラ?で見せた開翅シーンです。
e0224357_21183911.jpg

食草周りの灌木の葉の上でも開翅し、産卵または産卵動作し、また休みます。
e0224357_21194186.jpg

翅裏が見えるように角度を変えて見るとこんな感じになります。
e0224357_21233088.jpg

ヤクルリ♀は、何回か見かけたのですが、どういうワケか♂は殆ど見られませんでした。
一度だけ見かけた♂の半開翅です。
e0224357_21235198.jpg




サツマシジミを狙っていったポイントですが、ヤクシマルリシジミは毎年見かけますし、産卵も良く見ます。
しかし、これまで産卵シーンの撮影枚数は少なかったし、卵や幼虫まで撮影できて良かったです。
ヤクシマルリシジミ♀は、どれも食草の近くで産卵しそうな個体ばかり目につきましたから、
ちょうど産卵に適した日よりだったのかも知れません。

by konty33 | 2012-11-08 21:55 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2012年 11月 04日
ほんのひとときのサツマシジミ観察
11月3日
体調が悪く仕事をしていても辛い日々が続いていましたが・・・・久しぶりに蝶の観察に出かけました。
今年は、サツマシジミの当たり年との情報を伺ったので、遅ればせながら少し無理して三重まで遠征です。
高速道路が思いのほか混雑しており、到着したのは昼近くでした。
ポイントには多くのサツマシジミが飛んでいましたが、やはり10日ほど遅いようでした。綺麗そうな個体を狙うのは骨が折れます。
e0224357_20342890.jpg

既にピークを過ぎたセイタカアワダチソウやセンダングサに吸蜜に来ます。
逆光だとこの蝶の特徴の翅が透けて綺麗です。
e0224357_20334735.jpg

新鮮な個体も少しはいましたが、他の個体と混じってすぐに見失ってしまいます。
e0224357_20461654.jpg

e0224357_20485383.jpg

日中で日差しが強いせいか、綺麗な個体の開翅は殆ど見られず残念でした。
e0224357_20524248.jpg

e0224357_2111152.jpg

♂の開翅シーンでは、もう一つ開度が足りません。
e0224357_20532125.jpg

e0224357_2110871.jpg

帰りがけに付近を車で流しているとあちらこちらでサツマシジミが飛んでいました。
最後に、道端のセンダングサで吸蜜している個体を撮影して、ほんのひとときの観察を切り上げ帰途につきました。
e0224357_2113627.jpg

e0224357_2194268.jpg



久しぶりの遠征でしたが、例年以上の沢山のサツマシジミを見ることができ楽しめました。
帰宅が遅くならないように早々に帰途につきましたが、途中で疲れて寝ていたら渋滞が25kmに・・・・疲れました。
サツマシジミ以外の蝶たちは、次回紹介します。

by konty33 | 2012-11-04 21:16 | シジミ類 | Trackback | Comments(6)