<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2012年 08月 30日
ヤマキチョウの♀を求めて
8月26日
前週もヤマキチョウを撮影しましたが、個体が少なかったので雌♀は十分に観察できませんでした。
そこで、今回は個体数の確認に加えて、♀の撮影を目的にヤマキチョウを探して歩きました。
いつもよく見られるポイントを丹念に探しますが見あたらず、少し違うところで♀を見つけることができました。
e0224357_2132884.jpg

この♀は、明らかにアザミに吸蜜したがっており、離れる様子もなくすぐに戻ってきました。
e0224357_2132473.jpg

例によって、逆光狙いの同じような写真の量産です。
e0224357_21334568.jpg

近寄れる時は、思いっきり近寄ってみました。
e0224357_21343040.jpg

これだけ近寄れると広角でも行けそうです。
e0224357_2135547.jpg

写真が、全部チョウの右側からの撮影ですが、左後翅下部が少し傷んでいたのでこうなりました。
e0224357_21361129.jpg

この個体が良いモデルになってくれましたので、満足してしまいました。
しかし、個体数の確認のためもう少し頑張って探索すると更に1♀2♂を確認できました。
歩き回って花の近くに行って確認しないと吸蜜が長いので飛翔を待っていても見つかる確率は低いようです。

ヒョウモン類は、随分と翅の傷みが激しくなり、個体数も少ないようでした。
しかし、日陰では新鮮なキアゲハも吸蜜しており、カラスアゲハも見られました。
e0224357_21465263.jpg

この場所ではスジボソヤマキチョウを見かけたことはありませんが、少し離れたところでは見られます。
面白いですね。棲み分けしているかの様でした。
e0224357_21532011.jpg



2時間程度の探索でしたが、なんとか複数のヤマキチョウに出会えたので良かったです。
あとは、この地の発生木の確認など課題は残りますが、この広さで探すのは難かしそうです。

by konty33 | 2012-08-30 22:03 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 08月 28日
ヒメシロチョウの透けた翅
8月25日と26日
この週末は、夕方と朝の2回にわたり信州のヒメシロチョウを観察しました。
例年は夏型を8月初旬に撮影するのですが、今年は少し遅めのこの時期になってしまいました。
各種高原のタテハを観察した日の夕方に、ヒメシロチョウの生息地に移動しました。
e0224357_20394168.jpg

人家や畑の周囲で場所を替えては生き続けるようですが、この小さな荒れ地では個体数が多いようです。
食草のツルフジバカマに吸蜜する姿も見られました。
e0224357_20444521.jpg

お見合いをするような求愛行動も何回か見かけました。
♂は積極的には行かないようですが、♀は翅をばたつかせて拒否しているように見え交尾は成立しませんでした。
e0224357_20474257.jpg

産卵するところも観察できました。逆さまになってお尻を丸めて産卵します。
e0224357_20492023.jpg

この場所では、よく静止してくれたので色々な場面が撮影できましたが、翅表も偶然・・・。
e0224357_2053518.jpg


この日は、これくらいにして・・・・ 翌朝、夜露をまとった様子を見たくて再訪しました。
ルッキングではなかなか見つからず、結局飛ばしてしまいましたが、少し露がついた姿を見ることができました。
e0224357_20544192.jpg

朝日を浴びての逆光も綺麗でした。
e0224357_20564035.jpg

先に水滴がついたスギナが朝日に輝き綺麗でした。
e0224357_20574528.jpg

シロツメクサには、2頭がお見合いしていました。
e0224357_20584744.jpg


本当に小さな荒れ地で、弱々しく飛翔する姿を見ていると儚さを感じました。
適当に草刈りを行う場所が、食草の育成には必要なようです。
いつまでも、この環境が残されていくと良いのですが・・・・。

by konty33 | 2012-08-28 21:13 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2012年 08月 26日
キベリタテハをはじめ高原のタテハを狙って
8月25日
いよいよ今年の夏も終盤となりました。
この時期にどうしても見ておきたいのが、キベリタテハをはじめとする高原のタテハ達です。
まずは、キベリタテハを狙って標高を上げていくと林道沿いに時々滑空しています。
この蝶は、自然の岩よりコンクリートを好むようで、必ず見るのが水抜きの塩ビ管の下です。ミネラルが豊富なのでしょうか。
e0224357_22304359.jpg

この蝶がいくら塩ビ管が好きでも、これでは絵になりませんね。
そこで、次はもう少し自然な感じの石垣で・・・・
e0224357_2233017.jpg

自然の岩に静止することもありますが、近くでは撮影できませんでした。(トリミングしてあります)
e0224357_22363079.jpg

キベリタテハは、時々凄くフレンドリーになり、広角でも撮影できましたが、背景はイマイチです。
e0224357_22385030.jpg


例年より、キベリタテハは少なかったですが、クジャクチョウは沢山いました。
特にガードレールの柱の上には、何故か沢山集まっていました。
e0224357_22394386.jpg

面白いので、もう1カット・・・・白いところがお好みなのでしょうか?
各柱に複数が静止し、ガードレールの内側にも何頭かいました。
e0224357_22413086.jpg

勿論、いろいろな花で吸蜜します。
e0224357_2243577.jpg

e0224357_22443746.jpg


シータテハも沢山のクジャクチョウに混ざって何頭かいました。
e0224357_22461050.jpg

標高の高いところですが、アカタテハやルリタテハもいました。
e0224357_22483314.jpg


ここでは、どうしてかエルタテハが見られなかったので違うところに寄ってみることに・・・
そこでは、白樺にエルタテハとキマダラモドキが並んで吸汁していました。
e0224357_22504120.jpg

エルタテハを開翅させるためにお尻を刺激してやると開翅しました。少し擦れているのが残念です。
e0224357_2252046.jpg



こうして、高原のタテハ達を狙い通り一通り観察できました。
キベリタテハやエルタテハはもう少し数を期待していたのですが、少し当てがはずれました。
しかし、クジャクチョウは凄い数で驚きました。
午後はヤマキチョウなどの探索モードに・・・・・・夕方はヒメシロチョウも観察できました。

by konty33 | 2012-08-26 23:03 | タテハ類 | Trackback | Comments(18)
2012年 08月 23日
高原のヤマキチョウは健在でしたが・・・
8月19日
朝から良い天気なので、信州の高原のヤマキチョウ生息地に向かいました。
春には沢山の個体が見られた場所ですが、殆ど見られません。
たまに遠くで姿は見れど元気に飛翔し、すぐに見失い写真にはなりませんでした。

そこで、午後は、信州でも違う高原にヤマキチョウを探しに行ってみました。
広い草原の中にアザミの花が咲いており、その周りをヤマキチョウの♀が飛んでいるところに遭遇しました。
慎重に近づき遠目から200mmで撮影しましたが、それ以上近づくと敏感に逃げてしまい戻ってきませんでした。
e0224357_1991298.jpg

すぐ近くで、♂も吸蜜しているのに気づきました。この蝶は、吸蜜に夢中である程度近づけそうです。
e0224357_19121481.jpg

順光では綺麗な黄色が飛んでしまうので、反対側に回り込み逆光気味に翅を透かした写真を狙ってみました。
e0224357_19225519.jpg

よほどお腹が空いていたのか飛んでもすぐに近くのアザミに止まって良いモデルになってくれました。
e0224357_1926866.jpg

しかし、このアザミの周りにはススキなどがあり、それらをなんとかしないとゴチャゴチャしてしまいます。
e0224357_19264285.jpg

慎重に手前のススキをどかしながら、出来るだけスッキリした背景になるように気を使いました。
e0224357_19283916.jpg

しかし、どうしても汚いアザミの枯れた花がバックに入ってしまいスッキリしない絵になってしまいました。
それでも、透けた翅はほぼ狙い通りに撮影できました。
更に広角で撮影できないかと近づいたら、飛ばれてしまいアザミには戻ってきませんでした。
逃げ飛んで止まった先は、草原の葉裏で、こんな感じでじっと隠れてしまうのです。
e0224357_19324637.jpg

広い草原で、こんなところに静止されては、いてもなかなか見つかりませんね。
近くまで行くと逃げますが、また近くの葉裏に静止していました。

この近くでは、ヒョウモン類も結構いましたが、特に新鮮で綺麗だったのはウラギンスジヒョウモン♀でした。
草原の真ん中より、林縁の日陰が好きなようです。
e0224357_19384346.jpg

アザミでも良く吸蜜していました。
e0224357_19391952.jpg

やはりミドリヒョウモンが多いのですが、メスグロヒョウモン、クモガタヒョウモンなどもいました。


少なくなったのか探す場所が悪いのか、1日がかりでやっとヤマキチョウを撮影できた感じです。
もう少し多くの個体に囲まれて楽しみたいところですが、個体数が少なく物足りなさが残ります。
でも、今年もなんとかヤマキチョウが撮影できたし、他にもそれなりの成果があったので良しとしましょう。

by konty33 | 2012-08-23 20:40 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(14)
2012年 08月 21日
ベニヒカゲとミヤマシロチョウ卵などの観察
8月18日
デジカメでの撮影を始めた頃以来でしょうか、久しぶりにベニヒカゲを観察に行ってみました。
あちこちのポイントに立ち寄りながら向かったので、現地に到着したのは午後1時すぎでした。
駐車場に到着した頃、雲行きが妖しくなってきたので、傘を手に慌ててポイントへ向かいます。
手近な第1ポイントではフウロに吸蜜するベニヒカゲが観察できました。
e0224357_19495645.jpg

曇ってきたためか個体数が少なかったですが、新鮮な個体だけを狙って撮影しました。
e0224357_19513694.jpg

暫く撮影した後、少し晴れ間も見られるようになったので第2ポイントにも行ってみました。
こちらにはマルバタケブキにベニヒカゲが吸蜜していました。
e0224357_19573955.jpg

乾燥した牛の糞にも何頭か吸汁していましたが、近寄ったら逃げてしまいました。
e0224357_1959361.jpg

黒い雲が空を覆うと花に吸蜜していた沢山の蝶たちは何処かへ行ってしまいます。
それでも笹の上にはベニヒカゲがところどころに静止していました。
e0224357_2031743.jpg


この場所では、今年多かったミヤマシロチョウの卵を探すのが、もう一つの目的でした。
メギを探すとすぐに綺麗な黄色の卵塊が見つかりました。
e0224357_2071131.jpg

ちょうど孵化が始まった卵塊もありました。
e0224357_2072422.jpg

幼虫の巣も見つかりました。
e0224357_2074229.jpg

かように沢山の卵塊や幼虫がいるのかと驚きましたが、死んでいる幼虫もいました。
自然に淘汰されて数がコントロールされて行くのでしょうが、来年も沢山の成虫の発生を願いました。

このあたりには、ヒョウモン類も多いのですが、時期遅れのためレンズを向けませんでした。
ヒメキマダラヒカゲもボロボロの個体が殆どですが、中に新鮮な個体もいました。
e0224357_20211619.jpg

e0224357_20214749.jpg


他にはオオチャバネセセリがとても多く、これも新鮮な個体を狙ってみました。
e0224357_20232431.jpg

ヤナギランに訪花していました。
e0224357_2024291.jpg

ヒヨドリバナにもよく来ます。
e0224357_2025715.jpg


雨はなんとか降らずにすみましたが、空が暗くなったので早々に駐車場に戻りました。
今回は、到着が遅くなったため慌ただい観察でしたが狙いのものを観察できたので良かったです。

by konty33 | 2012-08-21 20:37 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(4)
2012年 08月 19日
遂にキマダラモドキ♀の開翅に出会う
8月12日
夏休みの信州2日目にキマダラモドキの新ポイントを教えてもらったので♀の探索に行ってみました。
ここは、白樺が並び高原らしい雰囲気でキマダラモドキが見られるようです。
ポイントが広範囲のようなので朝から林内を歩いて探索です。
1時間くらいかかってやっとキマダラモドキが数頭いる場所を見つけることが出来ました。
e0224357_20291768.jpg

その後、少し離れた場所で個体数が多い場所も見つかりました。
白樺の白い樹皮とのコントラストが綺麗です。下の方に静止すると前に障害物が多くて・・・・。
e0224357_2030660.jpg

少し高いところだ障害物はないのですが、遠目の斜めからになってしまいます。
e0224357_20314064.jpg

ちょうど撮影しやすい高さに静止したときは、慎重に近づき広角撮影です。
e0224357_20383780.jpg

下草にも良く静止しますが・・・見つけるのと障害物を避けての撮影が大変です。
e0224357_20372639.jpg

しかし、この日は下草や幹に静止するときは開翅しないようで、腰の高さの葉の上に静止する個体が狙い目のようです。
数回開翅のチャンスがあったのですが・・・・近づくと逃げたり翅を閉じてしまい、全開翅はこれだけでした。
e0224357_20405660.jpg

もう少し正面上から撮影したかったのですが、叶いませんでした。
しかし、横からの半開翅は何度かチャンスがありました。

e0224357_20454710.jpg

以上は全て雌♀のみです。
雄♂はスレた個体ばかりで数も少なくなっているようですが、タカトウダイで吸蜜する♂を観察しました。
e0224357_20491765.jpg


キマダラモドキ以外にもいろいろ見られました。
ジャノメチョウやヒメキマダラヒカゲも紛らわしいですが、クロヒカゲも飛び出します。
e0224357_20553347.jpg

ヒョウモン類はとても多く、ミドリヒョウモンは交尾も見られました。
e0224357_20585489.jpg

ミドリヒョウモンは、交尾状態でもかなり飛び回ります。
何回も飛ばれて5,6mの白樺の上にも逃げられましたが、遂にシシウドの花上に静止しました。
e0224357_2123823.jpg

オオウラギンスジヒョウモンもいました。
e0224357_215529.jpg

メスグロヒョウモンも多いです。
e0224357_2154355.jpg

林内に木漏れ陽がさし込みキアゲハが綺麗でした。
e0224357_2174844.jpg




狙いのキマダラモドキ♀の開翅は観察できましたが、画像はイマイチ満足できない感じです。
このポイントは、林内に適当に陽が差し込み林床に花が多いので、沢山の蝶たちが舞う蝶の天国でした。
今年は、既に♀も擦れた個体が多くなっているので、来年に期待です。

by konty33 | 2012-08-19 21:32 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(10)
2012年 08月 16日
オオゴマシジミの産卵
8月11日 つづき
午前中、ゴマシジミを観察した後は、欲張ってオオゴマシジミを見に行くことにしました。
時期がやや遅いのですが、オオゴマシジミは今年見ていないのでこちらも楽しみです。
ポイントの入口に着くと少し雲行きが妖しい感じでしたが、なんとか天気は持ちそうです。
曇り空のせいか林道は静かで蝶の姿も殆ど見られませんでしたが、やはりオオゴマシジミは健在でした。
e0224357_1858566.jpg

林道沿いのクロバナヒキオコシで産卵をする個体を見つけることができました。
e0224357_18594166.jpg

本当に産卵したか確かめると・・・・白い卵が見つかりました。少し平たく表面の凹凸もなんとか確認できます。
超接写のレンズを持っていなかったので100mmマクロのトリミングです。
e0224357_19185.jpg

広角でも撮影できますが、背景の山々があまり見えない写真を掲載します。
e0224357_1952431.jpg

e0224357_1955096.jpg

カメバヒキオコシに産卵する個体もいました。
どちらのヒキオコシでも関係なく産卵するようです。
e0224357_1961093.jpg

こうして、かなり擦れた♀ですが、産卵するところを何回か観察出来ました。
曇り空が幸いしたのか開翅も少しだけ見ることができました。
e0224357_19112736.jpg

林道沿いのクガイソウは殆ど終わりなのですが・・・・
帰りに一度だけまだ辛うじて咲いているクガイソウに吸蜜する姿を見かけることが出来ました。
e0224357_19125123.jpg


林道には、多くの蝶が見られるはずですが、この日はアサギマダラだけが多く見られました。
e0224357_19175930.jpg

時期遅れのため随分と翅が破れていましたが、嬉しいことにツマジロウラジャノメも見ることができました。
e0224357_19222588.jpg


ここには、毎年1度は必ず訪問しますが、今年は遅くなってしまいました。
それでも、なんとかオオゴマシジミを見られたので安心しました。
出来ればコヒオドシも見たかったのですが、残念ながら見ることができませんでした。

by konty33 | 2012-08-16 19:31 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2012年 08月 14日
ゴマシジミの訪花と産卵
8月11日
毎年、夏休みはゴマシジミを見に行くのを楽しみにしています。
昨年は、早朝に「ダイヤモンドゴマシジミ」が見られましたが、今年は曇りの予報なので遅めの到着です。
こんな天気は開翅を期待させます。
まずは、生息地に隣接するソバ畑に佇むゴマシジミを見つけましたが、完全な逆光でストロボをあてました。
e0224357_15294966.jpg

例年、個体数が多いあたりを探しましたが、ワレモコウの花が少なく個体数も少ないようです。
真っ黒な個体に混じり、蒼の強い個体も見られましたが、日差しが予想以上に強く開翅してくれません。
ゲンノショウコに吸蜜したので慌てて駈け寄りましたが、吸蜜をやめてしまいました。
e0224357_15335568.jpg

少し場所を替えて移動すると「風任せ自由人」のmaximiechanさんにお会いしました。
黒い個体でしたが、見つけていただいた個体を撮影させていただきました。
e0224357_15372341.jpg

この後暫く探しましたが、あまり数が見られないので移動です。
次に訪れた場所も草刈りが遅かったのか、ワレモコウの育ちが悪いのか花があまり見られません。
ワレモコウの花が少ないためか、いろいろな花に訪花することがわかりました。
まず、ハギの花は毎年吸蜜が見られます。
e0224357_15472963.jpg

次に、クルマバナにも頻繁に来ました。
e0224357_1549722.jpg

アザミの花にも1度来ました。
e0224357_15501592.jpg

アカツメクサにも2,3度来ましたが、撮影したときは吸蜜をやめてしまいました。
e0224357_1551295.jpg

例年普通に見られるワレモコウで吸蜜する姿を見ませんでしたが、産卵行動は見られました。
e0224357_1553923.jpg

産卵が始まると近づいても逃げませんので広角撮影しましたが、青空がないので絵としてはイマイチです。
e0224357_1554247.jpg

アリがワレモコウに沢山見られたので、ゴマシジミと一緒に写してみましたが、アリにはピントが合っていません。
このアリが育ててくれるクシケアリかどうかは勉強不足で知りません。
e0224357_162395.jpg

このあたりには、この時期アカセセリが見られます。
e0224357_1682029.jpg

♂♀とも撮影が出来ました。(上が♂、下が♀)
e0224357_1610350.jpg

e0224357_16101590.jpg



こうして半日ゴマシジミを観察しましたが、またしても青ゴマの開翅はお預けです。
個体数も少なめで、新鮮な個体ばかりだったので、これからが発生のピークでしょうか。

by konty33 | 2012-08-14 16:21 | シジミ類 | Trackback | Comments(8)
2012年 08月 09日
信州の林道でスミナガシとの出会い
8月5日 つづき
今回の狙いは、翅の青緑色が魅力的なスミナガシです。
この蝶は、時々見かけることはありますが、ゆっくり撮影したことがありません。
本種が良く見られるとお聞きした林道を走っていると何処かで見たことのある車を見かけました。
それは、「My favorite butterflies of japan」のkenkenさんで、「蝶の生態写真」のS氏もいらっしゃいました。
ご挨拶をすると、林道にて獣糞に来ているスミナガシがいたと教えていただき、行ってみると早速、撮影できました。
e0224357_20224369.jpg

獣糞がよほどお気に入りなのか、飛んでもすぐにもとの場所に戻ってきます。
e0224357_20242231.jpg

暫くこの個体の撮影を楽しみましたが、林の中では多くの種類が吸蜜に集まる「森の食堂?」が見つかりました。
e0224357_20402153.jpg

スミナガシの他にルリタテハやスズメバチ、カブトムシも写っています。
カブトムシの向こうには、新鮮なオオムラサキ♀、写っていませんがシータテハやアオカナブンも集まっており、
虫好きの小学生なら大興奮の光景ですね。
e0224357_20432524.jpg

今回の狙いの新鮮なスミナガシがいたので、まずは自然光で撮影しました。
e0224357_20485821.jpg

林の中は、意外と薄暗くシャッター速度が1/30ですから、ブレ防止機能がありがたいですね。
e0224357_20503925.jpg

同じ個体でストロボを使用して撮影してみました。青緑色が強調され綺麗ですが、なんだか不自然です。
e0224357_2052615.jpg

スミナガシの特徴でもある赤いストローとモノトーンの翅裏もシックですね。
e0224357_20543693.jpg

更に、青さが眩しいルリボシカミキリとの嬉しい出会いがありました。
e0224357_2122149.jpg


それ以外に付近で見かけたのはサカハチチョウです。
このチョウも久しぶりに近くでレンズを向けました。
e0224357_2143283.jpg

日中は蒸し暑かったためかムモンアカシジミが、林の中の灌木で佇んでいました。
e0224357_2110252.jpg



この日は、狙い通り新鮮なスミナガシに出会えたのでとても嬉しかったです。
子供の頃大好きだったルリボシカミキリも久しぶりの出会いが新鮮でした。
また、こんな信州の山奥の林道で偶然出会ったkenkenさん、Sさん どうもありがとうございました。

by konty33 | 2012-08-09 21:36 | タテハ類 | Trackback | Comments(12)
2012年 08月 07日
オオヒカゲの生息確認など
8月5日
今年はまだオオヒカゲを見ていなかったので、昨年と同じ場所(信州)に生息確認に行きました。
発生状況の確認と開翅を撮影するのが今回の目的です。
ポイントに到着すると木の幹に頭を突っ込んで夢中に吸蜜する♂を見つけました。
e0224357_20215713.jpg

昨年より、1週間早いのにも拘わらず、既に新鮮ではありませんでした。
e0224357_20243213.jpg

やっと見つけた♀を藪こぎしながら追いかけ何度か撮影できました。
e0224357_2026640.jpg

e0224357_21254325.jpg

この個体は、草の中に隠れてしまい、とても見つけにく、この後見失ってしまいました。
結局、個体数が昨年より少なく(3頭)、目的の開翅シーンは見られませんでした。

目的達成のためオオヒカゲの産地開拓も行いましたが・・・・・。
たまたま妖しいと睨んだ川沿いで、オオヒカゲを2頭見つけただけで、写真が撮れませんでした。
と言うことで、開翅の残存課題に加え、別産地での撮影の課題が増えました。

このあたりでは、今年未撮影のホソバセセリが何頭か見られました。
e0224357_20361723.jpg

e0224357_20363719.jpg


オオヒカゲ探索の途中で見かけた蝶たちを少しだけ掲載します。
セイタカアワダチソウが咲いている一角では、メスグロヒョウモン♂♀が吸蜜していました。
e0224357_20492148.jpg

e0224357_20493855.jpg

このセイタカアワダチソウには、オオウラギン、ミドリ、ギンボシ、ウラギンヒョウモンも訪花していました。

ヒヨドリバナには、ジャノメチョウが沢山いました。
e0224357_20501715.jpg

スジグロチャバネセセリでしょうか?開翅していないとよく分かりません。
e0224357_20513337.jpg

e0224357_20594152.jpg

幹に静止したキマダラモドキも木漏れ日の中で開翅していました。
e0224357_20522946.jpg



オオヒカゲは、目の前を飛ぶと凄く迫力が感じられ、なんとも魅力的なチョウです。
今回は、狙い通りには行きませんでしたが、なんとか生息確認は出来ました。
この週はとても忙しく、週末も1日だけのフィールドでしたが、寝不足と暑さで少々疲れ気味です。

by konty33 | 2012-08-07 21:34 | ヒカゲ類 | Trackback | Comments(2)