<   2011年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011年 02月 26日
2010年回想11 秋の蝶たち
2010年10月16日 
そろそろ時期かとサツマシジミを求めて三重県に行きました。
なぜかサツマもヤクルリもまったく見つかりません。発生が遅れたのでしょうか?
その代わり白いツマグロヒョウモン♂を見つけました。
別に写真を加工して白いわけではありません。私はこんなの初めてみましたがよく見られるのでしょうか?
e0224357_11512649.jpg


2010年10月23日 
千葉県のルーミスシジミの観察に誘っていただきました。
子供の頃から見てみたくても見られなかったチョウですが、初めての出会いに感動しました。
e0224357_10583070.jpg


2010年10月24日
ツメレンゲの花とクロツバメシジミの組み合わせを撮りたくて千葉の帰りに山梨に寄りました。
残念ながら朝から泣き出しそうな曇り空で、その内にパラパラと・・・・。それでもなんとか撮影できました。
e0224357_1135353.jpg


2010年11月6日
前の週末に自宅の近くでサツマシジミを見つけましたが、数も少なく静止しないため撮影できませんでした。 
そこで確実に見られるはずの三重県に再び行きました。
前回、まったく見られなかったのが嘘のように沢山の個体を見ることができました。
やや時期が遅く傷んだ個体が多い中、奇麗なものを選んで撮影しました。
e0224357_1153569.jpg

e0224357_11272910.jpg

e0224357_11282266.jpg


by konty33 | 2011-02-26 11:57 | Trackback | Comments(14)
2011年 02月 22日
2010年回想10 秋風が吹き始めたころ
2010年9月18日 
静岡県内では見られないアカボシゴマダラを一度見てみようと思い神奈川の産地を案内いただきました。
あちこちで普通に見られるので不思議な感じがしました。
e0224357_21221683.jpg


2010年9月19日 
「浜松でカバマダラが大発生」のニュースを知り、遅ればせながらトウワタ畑に行きました。
3日前には乱舞が見られたとのことですが、この日は数が大幅に減っていました。それでもカップルがたくさん見られました。
e0224357_21303189.jpg


2010年10月2日 
渥美半島にヤクシマルリシジミの開翅を狙って行きました。
昨年と比較し大幅に数が少ないと感じましたが、なんとかウバメガシへの産卵や♀開翅を撮影できました。
e0224357_21391710.jpg

♂の開翅も掲載しておきます。
e0224357_2138416.jpg


帰りに天龍川の河川敷に寄ってみました。ボロボロのコムラサキに混じって比較的奇麗なクロコムラサキがいました。
e0224357_2157823.jpg

日暮れ間際に草むらから叩き出したツマグロキチョウ秋型は、日中とは違い鈍感で素直に撮影に応じてくれました。
e0224357_21563374.jpg


by konty33 | 2011-02-22 22:11 | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 17日
2010年回想9 残暑に苦戦
2010年8月29日 この時期になると毎年のように天竜川河川敷にミヤマシジミを見に行きます。
例年と比較し残暑が厳しく河原が乾燥気味でしたが、コマツナギ上で一組のカップルを見つけました。
e0224357_21512091.jpg

♂♀開翅、交尾、産卵といろいろ観察できましたので、まとめて掲載します。
e0224357_2243574.jpg


この河原には、カワラケツメイが多くツマグロキチョウもよく見かけます。この日、夏型の交尾を見つけました。
e0224357_2291272.jpg


2010年9月11日 渥美半島にヤクシマルリシジミを観察に行きました。
この日も残暑が厳しく開翅は見られませんでしたが、多数の生息を確認できました。
e0224357_22131651.jpg

帰りに新城市のウラナミジャノメの第2化の確認に寄ってみました。夕方だったためか開翅をよくしてました。
e0224357_22333569.jpg


2010年9月12日 甲府地方のシルビアシジミを探して見ました。早朝から行ったのに暑さのせいか開翅は撮影できませんでした。
夏のような暑さなのに、雨が少なく日照り続きのためか枯れ草が多く、背景が晩秋らしく見え面白い写真になりました。
e0224357_2224319.jpg


by konty33 | 2011-02-17 22:35 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 11日
2010年回想8 夏休みのころ
2010年8月1日 キリシマミドリは遠すぎた??

e0224357_2221332.jpg

皆さんに同行させてもらい静岡県内の
キリシマミドリシジミを探しに行きました。
しかし、近くに静止してくれません。
結局、こんな写真しか撮れませんでした。

何処にいるかわかりますか?
こんなこともたまには、いや、よく?あります。

どなたかアップで撮影できるポイントを教えて下さい。







同日、富士山の裾野にあるキマダラモドキのポイントを教えてもらいました。良い感じの疎林です。
e0224357_2227969.jpg


2010年8月7日 山梨方面でクロヒカゲモドキを探したら、日の入り間近に♂のテリトリー行動が見られ、面白い習性を観察できました。
e0224357_22354174.jpg


2010年8月8日 富山県のオオゴマシジミの生息地に案内してもらいました。
環境が変化しているとのことで、残念ながら生息数は少なかったですが、確実に生息しているようです。
e0224357_2242730.jpg


2010年8月9日 長野県北部のムモンアカシジミの生息地を教えていただきました。
交尾も沢山観察できましたが、高いところなので撮影には思いのほか苦労しました。今回は、コラージュで掲載します。
e0224357_2247513.jpg


2010年8月10日 毎年、必ず観察に行くゴマシジミの様子を見に松本市に行きました。
今年も見られましたが、採集者も多く数が減っているようです。
e0224357_2323718.jpg


2010年8月11日 木曽地方のチャマダラセセリの夏型を探しに行きました。
春とは違い、いろいろな花に吸蜜するので春とは違う写真が撮れました。また、産卵行動も観察できました。
e0224357_22502166.jpg


by konty33 | 2011-02-11 23:05 | Trackback | Comments(8)
2011年 02月 08日
2010年回想7 高山蝶に挑戦
2010年7月18日  突然の思いつきでタカネヒカゲを撮影に小蓮華岳を登ってみました。
稜線にタカネヒカゲは飛んでいましたが、思いのほか活発で撮影どころではありません。
しかし、ガスがかかると突然岩の上に静止しワンチャンス?・・・。後は時間が無く走るように下山しました。
e0224357_21453236.jpg

下山途中でライチョウを見かけました。まったく人を怖がりません。
e0224357_2203882.jpg


2010年7月23日 オオイチモンジを観察に上高地に行ってみました。
数日前は沢山いたようですが、この日は少なく、傷んだ個体ばかりでした。
新鮮な♀が飛んでいましたが撮影できませんでした。
e0224357_2115139.jpg

そこで、タイツリオウギを食すアサマシジミ(ヤリガタケシジミ)を探してみました。
いろいろな偶然が重なり、運良く観察することが出来ました。
e0224357_21182983.jpg


2010年7月24日 ミヤマシロチョウを見に烏帽子岳に登ってみました。
複数の個体が飛んでいましたが、天気が良すぎるためかなかなか静止しません。
おにぎりを食べながら飛翔を眺めていると、突然静止し産卵を始めたので撮影できました。
e0224357_21244832.jpg


2010年7月25日 八ヶ岳のミヤマシロチョウも探してみました。
ところが、こちらは発生から日がたったためか分散してしまいほとんどいません。
しかし、これまた幸運にも産卵を始めたところだと教えてもらい2日続けて観察できました。
e0224357_21334842.jpg


同日、帰りにオナガシジミを見てから帰ることにしました。
沢山いましたが、既に時期遅れで傷んだ個体ばかりで残念でした。
e0224357_21583625.jpg


by konty33 | 2011-02-08 22:02 | 高山蝶 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 06日
2010年回想6 夏のはじめに
2010年7月3日 諏訪地方のアサマシジミ、ジョウザンミドリシジミを観察に行きました。
毎年見ていますが、今回はいずれも発生初期で綺麗な個体でした。
e0224357_2122878.jpg

e0224357_2125036.jpg

2010年7月10日 佐久地方のキマダラモドキを見に行きました。この地方に豊産すると聞いていましたがポイントがわからず、さんざん探してやっと撮影できました。(撮影直後に急にどしゃ降りになりました)
e0224357_2175777.jpg


2010年7月17日 安曇野のカシワの疎林に生息するゼフたち
ハヤシミドリ、ウラジロミドリ、ウラミスジなどを紹介しますが、ブログ先輩の皆さんにはたいへんお世話になりました。
e0224357_21223145.jpg

e0224357_21225418.jpg

e0224357_21231854.jpg

ゼフに混じってクロシジミも撮影できました。
e0224357_21275237.jpg

小谷地方のエビラフジを食草とするアサマシジミにもチャレンジしました。
冒頭(諏訪地方)のアサマシジミとは随分違います。
e0224357_21373814.jpg


by konty33 | 2011-02-06 21:40 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 05日
2010年回想5 あこがれの蝶たち
2010年6月5日 安曇野のオオルリシジミ保護地区に寄ってみました。
e0224357_19354172.jpg

2010年6月6日 あこがれのクモマツマキチョウを求めて北アルプス渓谷深くへ
実は、この年あちこち行きましたが、どこも発生数が少くなんとか撮影できて良かったです。
e0224357_19404210.jpg

2010年6月12日 これまで見たことのないベニモンカラスシジミに大興奮 長野県南部にて
皆さんにお世話になりながら撮影できました。 
e0224357_19515119.jpg


2010年6月13日  豊田市で皆さんにクロミドリシジミの撮影もさせてもらいました。
e0224357_21463820.jpg

帰りに新城市のヒメヒカゲ、ウラナミジャノメの様子を見に行きました。
少ないですが例年通り生息が確認でき安心しました。
e0224357_20183194.jpg

e0224357_20185487.jpg

これら6月の蝶は、今年も観察に行きたいと思います。

by konty33 | 2011-02-05 20:28 | Trackback | Comments(4)
2011年 02月 03日
2010年回想4  身近な蝶と絶滅危惧種
昨年のギフチョウの後は・・・。
2010年5月14日 ミカドアゲハを狙って知多半島へ行きました。
ところが例年より発生遅れか数が少なく、採集者も多いためうまく撮影できませんでした。
代わりに静岡でも身近に見られるナガサキアゲハとモンキアゲハを撮影してました。
e0224357_21564844.jpg

e0224357_2245632.jpg

2010年5月15日 木曽谷へ最近めっきり数が減ったチャマダラセセリを探しに行きました。
確実に生息しているポイントもまったくわからず、早朝からそれらしき場所を探し回りました。
なんとか2箇所で見つけ、見つけたときは興奮しましたが、ファインダーを除いているとき飛び立たれ
あっという間に見失い悔しい思いをしました。
e0224357_2252159.jpg

e0224357_225381.jpg


e0224357_2150538.jpg
2010年5月29日 もう一度ミカドアゲハを狙って知多半島へ。
しかし、時期遅れで羽根が傷んでおり、証拠写真になってしまいました。今年に期待です。
今はまだ静岡では見られませんが、その内に身近な蝶になるのでしょうか?

以上が5月の蝶たちです。

by konty33 | 2011-02-03 22:15 | Trackback | Comments(2)
2011年 02月 02日
2010年回想3 春先によく見る蝶たち
ギフチョウを追いかけて野山を歩くといろいろな蝶たちに出会えます。
代表的な蝶たちの登場です。

まずは、トラフシジミ春型です。アセビの花に吸蜜に来ていました。静岡引佐郡にて
e0224357_17582726.jpg

2010年4月17日 ミヤマセセリがとても多かったです。飯田市にて
e0224357_1726488.jpg

2010年4月25日 ツマキチョウもこの時期どこでも見られます。茅野市にて
e0224357_17293177.jpg

同日 コツバメにも出会いました。気温が低いとじっと静止し飛びませんが、
陽が差す時は、傾いて静止し日光浴し、良く飛び回るのも特徴です。
e0224357_17245691.jpg

2010年 4月30日 スギタニルリシジミは局地的に多いようでした。甘利山にて
e0224357_17304671.jpg

2010年5月9日 ヒメシロチョウ春型もポイントを教えて頂き撮影できました。安曇野にて
e0224357_17455755.jpg

他にも越冬明けのスジボソヤマキチョウやヒオドシチョウ、テングチョウなどもよく見られますが、今回は割愛します。

by konty33 | 2011-02-02 18:32 | 春のチョウ | Trackback | Comments(2)