カテゴリ:セセリ類( 31 )

2017年 08月 08日
久しぶりのセセリ天国
7月30日
時々雨が降るような安定しない空模様の中・・・
あちらこちらを転戦するも成果なしです。
前週にはヘリグロチャバネセセリがみられた高原の草地をのぞくと・・・
天気も回復してきて・・・・スジグロチャバネセセリが発生していました。
e0224357_20432259.jpg
オレンジ色が美しく目立ちますが、とても小さく目で追うのが大変です。
e0224357_20462799.jpg
少し飛んでは吸蜜・・・また飛んでは葉の上で静止します。
e0224357_20453407.jpg
すぐに開翅してしまい・・・翅裏を撮るのに苦労しました。
e0224357_20500809.jpg
やっと裏が撮れました。
e0224357_20504098.jpg
e0224357_21050793.jpg
広角でも・・・
e0224357_21531354.jpg
スジチャの♀はまだ少ない様子でした。
e0224357_22072570.jpg
e0224357_22081058.jpg
広角でも・・・
e0224357_20525958.jpg
ヘリグロチャバネセセリもまだ比較的綺麗でした。
e0224357_20541276.jpg
この1週間あまり天気が良くなかったので翅の傷みも進まないのでしょうか。
e0224357_20580324.jpg
ここでは珍しくアカセセリも見られました。
e0224357_20593049.jpg
キマダラセセリも綺麗でした。
e0224357_20595595.jpg
e0224357_22090656.jpg
e0224357_21001331.jpg
ヒメキマダラセセリやコキマダラセセリはボロボロでした。





天気も多少回復したので沢山のセセリに遊んでもらいました。
狙い通り新鮮なスジグロチャバネセセリの発生を確認でき良かったです。







by konty33 | 2017-08-08 21:20 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 27日
草原周辺の五目撮り
7月21日
ウラキンシジミの不調を払拭しようと次に向かったのは、カラスシジミの生息地でした。
ところがこちらも全く期待外れ・・・生息すら確認できませんでした。

仕方なくもう一つの狙いのヘリグロチャバネセセリを探します。
やっとヒメジョオンで吸蜜する♀を見つけましたが・・・・
個体数は意外と少なく感じました。
e0224357_21564685.jpg
♂はなかなか見つかりませんが、♀はどれも新鮮でした。
e0224357_21573392.jpg
まずまずの鮮度の♂だと思ったらコキマダラセセリでした。
大きさが一回り大きいのでおかしいと思いました。
e0224357_21590221.jpg
こちらはヘリグロの♀ですね。
♀は大抵新鮮でした。
e0224357_22012966.jpg
2頭並びも・・・
e0224357_22050198.jpg
草に潜り込むように飛ぶ・・・産卵モードの個体も見られました。
e0224357_22024367.jpg
草の生い茂る中なのである程度の草被りは仕方ありません。
e0224357_22031253.jpg
基本的に敏感ですが・・・広角でもなんとか撮影できました。
こちらは縁毛が擦れた♂です。(アップには耐えられません)
e0224357_21561534.jpg
この付近ではスジボソヤマキチョウだけは多く見られました。
e0224357_22075638.jpg
e0224357_22081469.jpg
道路沿いでは特定外来種であるオオキンケイギクでも・・・
e0224357_22091845.jpg
イケマに吸蜜するミヤマカラスアゲハは翅表が撮れず・・・
角度が悪すぎですね。
すぐに飛んで行ってしまいました。
e0224357_22102273.jpg
オカトラノオではミドリヒョウモンだけが吸蜜していました。
e0224357_22114119.jpg
e0224357_22153402.jpg
密かに楽しみにしていたルリボシカミキリは今年も同じ場所にいました。
e0224357_22165732.jpg



午後まで粘ってみましたがヘリチャは発生が早いようで新鮮な♂は見られませんでした。
次週はスジチャを狙ってみたいと思います。




-


by konty33 | 2017-07-27 21:07 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 01日
やっと出会えたミヤマチャバネセセリ
4月29日
GWの初日となったこの日は朝から快晴でした。
先日出会えなかったミヤマチャバネセセリをもう一度狙ってみました。
3か所目でやっとホトケノザで吸蜜する個体に出会えました。
e0224357_22255030.jpg
後翅の中央の白斑があるだけでとても魅力的に感じます。
花から花へゆっくり飛ぶときはいいのですが、急に反転すると確実に見失います。
e0224357_22282011.jpg
カラスノエンドウでもよく吸蜜していました。
e0224357_22285462.jpg
何カットか撮影できたので、思い切って広角でも狙ってみました。
e0224357_22310250.jpg
e0224357_22311683.jpg
昼頃には吸蜜時間が終わったのか・・・葉の上でせ静止する時間となりました。
e0224357_22295910.jpg
翅を開いていつもの恰好です。
e0224357_22332008.jpg
♂はボロで♀は新鮮な感じでした。
個体数が少なく見失うと暫く目を皿のようにして探しますが中々見つかりません。
途中に見つけたのはハタザオに産卵を狙っているツマキチョウでした。
e0224357_22370610.jpg
狙いをつけた花穂の周りを飛び回り・・・・・そのうちに産卵しました。
e0224357_22375664.jpg
急に風が強くなり・・・雲行きが怪しくなってきました。
上空の寒気のせいで午後から天気が急変・・・・です。
強風の中で1頭だけですがホソオチョウを見つけました。
e0224357_22424687.jpg
e0224357_22432181.jpg
この時はまだ青空もありましたが、風はかなりきつく撮影は厳しい状況でした。
e0224357_22443851.jpg

午後は天気の急変もあり、一日ゆっくり撮影・・・とはなりませんでした。
とりあえず地元では出会えないミヤマチャバネセセリに出会えたので良かったです。
翌日はヒメギフに再挑戦となりました。




-



by konty33 | 2017-05-01 22:58 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 21日
夏枯れの荒れた草地にて
8月19日
近年はクズやアレチウリが一面に覆ったところが多く環境が悪化していますが、
自宅付近では見ることが出来ないミヤマチャバネセセリを狙ってみました。
後翅の中央の大きな白紋があるだけですが、やけに魅力的に感じます。
e0224357_21064235.jpg
強い日差しを避ける様に草の中のアカツメクサに吸蜜していました。
e0224357_21071480.jpg
3化の発生はこれからのためか、個体数が予想以上に少なかったです。
同じ場所ではチャバネセセリも見られました。
e0224357_21093721.jpg
イチモンジセセリはこの時期かなり数が増えているようです。
e0224357_21121528.jpg
ミヤマチャバネセセリを探して河原を歩ているとツマグロヒョウモンの交尾をみつけました。
背丈より高いススキの中に逃げ込まれましたがなんとか撮影できました。
e0224357_21155650.jpg

セセリの写真をよく見ると後翅中央の白紋はミヤマチャバネだけでなく・・・・
イチモンジセセリやチャバネセセリにも小さいながら白紋がありました。
これまであまり気にしていませんでしたが、個体差なんですね。
それにしても日差しを遮るものがない草地での観察なので熱中症になりそうでした。



-


by konty33 | 2016-08-21 22:05 | セセリ類 | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 07日
草原のセセリ五目撮り
7月30、31日
山の上の草原に行ってみましたがヒョウモン類が殆ど見られません。
そこで今回の狙いをセセリ達に絞ってみました。
やや時期遅れの種が多い中、この時期発生するのは体のわりに翅が小さなアカセセリです。
しかし、ここでは個体数が少なく草原を自由には歩けない場所なので撮影は困難を極めました。
e0224357_21453158.jpg
コキマダラセセリは既に時期が遅くスレ気味で、綺麗そうな個体を選んで撮影しました。
e0224357_21470212.jpg
コキマダラセセリは♀も見られました。
e0224357_21481654.jpg
先週、本降りの雨に阻まれたので、遅ればせながらホシチャバネセセリのリベンジです。
目を凝らして探しますが、見つけても風が吹いたら一瞬で見失います。
2頭目を見つけてやっと撮れました。
先週なら新鮮だったのでしょうが、この日は既にスレており残念でした。
e0224357_21525141.jpg
スジグロチャバネセセリはこの場所でも生息しているはずですが見つからず・・・・・
少し場所を移して探しました。
e0224357_21542023.jpg
こちらも遅すぎたのでスレが多い中から選んで撮影しました。
e0224357_21543462.jpg
時期遅れでしたが、ピンポイントの狭い場所に意外と多くの個体を確認できました。
こちらは♀ですね。
e0224357_21563529.jpg
明るい青色が魅力的なルリボシカミキリも久しぶりに見つかりました。
e0224357_22031118.jpg
こちらはまた別の場所ですが・・・・・
森の中の物凄く小さな草地ですが、少ないながら毎年見られるのがホソバセセリです。
e0224357_22002586.jpg
こんなセセリ達と一緒の草原で見られるのはジャノメチョウの交尾でした。
ジャノメの交尾はとても敏感で飛ぶ確率が高いです。
e0224357_22014567.jpg



草原のヒョウモン達も撮りたかったのですが、撮影機会は殆どなく残念でした。
セセリの五目撮りとなりましたが、どれもすぐに飛んで見失うので撮影には意外と時間がかかりました。
一番うれしかったのはスジグロチャバネの多い場所を見つけたことかもしれません。




-




by konty33 | 2016-08-07 21:32 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 07月 14日
タカネキとの嬉しい出会い
7月10日 続き 
オオイチモンジ以外にもいろいろと期待していたのですが、密かに狙っていたのがタカネキマダラセセリです。
こんなところに?と言った感じでしょうか、意外なところで嬉しい出会いがありました。
e0224357_21445539.jpg
フウロの花がお気に入りのようです。
e0224357_21443279.jpg
飛んでもまたフウロの花に戻ってきます。
e0224357_21441373.jpg
多少擦れていますが翅裏の模様も魅力的です。
e0224357_21433910.jpg
e0224357_21431801.jpg
クガイソウにも吸蜜します。
e0224357_21472077.jpg
クガイソウにはコヒョウモンも吸蜜していました。
e0224357_21483027.jpg
e0224357_21490296.jpg
e0224357_21495520.jpg
e0224357_21502774.jpg
この日もヒメシジミの交尾を観察しました。
♀にアリがちょっかいを出しています。
e0224357_21512672.jpg
嫌がって飛んでしまいました。

e0224357_21524277.jpg






タカネキを見られたのはラッキーでした。
他にもいろいろと期待していましたが、例年より蝶の種類も数も少なく感じました。
ツマジロウラジャノメはボロボロの個体しか撮影できなかったので掲載を見送ります。




-



by konty33 | 2016-07-14 22:04 | セセリ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 05月 11日
渓谷の盛り場
5月2日 
この日はミツバウツギに集まるアオバセセリを見に行ってきました。
林道にひっそりと咲く白く可憐な花ですが、まさに蝶の天国と言った感じで各種の蝶が次から次へと訪花します。
e0224357_21463529.jpg

今年は意外と開花時期が遅く、まだ1,2分咲きくらいでした。
e0224357_2148969.jpg

e0224357_21494754.jpg

既にスレ気味の個体も見受けられましたから、綺麗そうなのを狙って撮影しました。
e0224357_21512492.jpg

同じような写真になってしまうので、飛翔にもチャレンジしてみました。
e0224357_21551747.jpg

4000分の1のシャッター速度で翅は止まっても翅表の輝きはなかなか表現できません。
e0224357_21565127.jpg

やはり吸蜜している方が撮影し易いです。(この個体は少しスレ気味です)
e0224357_220582.jpg


他にはサカハチチョウの春型が沢山来ていました。
e0224357_2221366.jpg

e0224357_2242121.jpg

ここでもオナガアゲハは特に多く常に何頭か吸蜜していました。
e0224357_22762.jpg





新鮮なアオバセセリが昨年より多く見られて満足しています。
他にもミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、クロアゲハ、トラフシジミなどが代わる代わる
飛んできて、たいへん賑やかな「蝶の社交場」と言ったところでしょうか。
楽しい一日になりました。




-

by konty33 | 2016-05-11 22:19 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 08日
ブルーベリーに集まるアオバセセリ
4月30日 
今年こそはブルーベリーの花とアオバセセリのタイミングが合いますようにと願っていましたが、
残念ながら前週にはアオバセセリが見られず、今年も花の終わりかけの撮影となりました。
e0224357_2120983.jpg

花が落ちて軸だけ残っているところを避けて撮影が必要です。
花の綺麗そうなところで吸蜜したシーンだけを厳選してみました。
e0224357_2164377.jpg

しかも最初の個体は破損が酷く、2番目の個体はスレて青さが足りません。
3番目に来た綺麗そうな個体を狙って撮影しました。
e0224357_21214273.jpg

e0224357_21222811.jpg

全体の80%以上の花は終わっていますが、これらだけ見るとそんな状況とはわかりませんね。
e0224357_21243913.jpg

同じような写真はこれくらいにして、その他のチョウも少し紹介します。
アザミの花にはアゲハが戯れていました。
e0224357_213269.jpg

e0224357_21322223.jpg

ツマキチョウは数が減っていましたが♀を見かけました。
e0224357_2133672.jpg

川沿いのタニウツギにはカラスアゲハが来ていました。
e0224357_21383351.jpg

クロアゲハも・・・・・(後翅が破損しているように見えますが、花の影でした)
e0224357_2140235.jpg





アオバセセリはほんの一部で咲いていたブルーベリーの花で何とか撮れました。
既に擦れ個体もいたことから、もう3日くらい早めに行ければ最適だったと思います。
ウツギ吸蜜のアオバセセリもその内にアップ予定です。



-

by konty33 | 2016-05-08 21:52 | セセリ類 | Trackback | Comments(4)
2015年 12月 30日
セセリの幼虫の巣作り観察
12月29日
自宅近くの草むらでセセリの幼虫を探してみました。
秋口に産卵しているイチモンジセセリを見た場所です。
すぐにいくつか見つかりましたが、固く糸で括られた巣の中の幼虫が写せません。
そこで、巣をひとつ分解し新しい葉に幼虫を移動させて巣づくりを観察することにしました。
移動直後・・・落ち着かない様子で葉の幅を測るような動きをしていました。
e0224357_21393492.jpg

約1時間後・・・糸を1本掛けました
e0224357_2143598.jpg

約1cmなので3齢幼虫でしょうか。
約2時間後・・・糸を2本張ったところで葉先に移動して食事のようです。
e0224357_21573519.jpg

e0224357_2146011.jpg

2時間半後・・・まだ食事中です。
e0224357_2147177.jpg

約4時間後・・・上を向いたり、下を向いたりしていましたが、5本の糸を張りました。
e0224357_21495181.jpg

家の前なので時々様子を見に行きました。
約5時間後・・・7本の糸を張って一応巣は完成した様子ですが、前の巣より葉の隙間が広いので
風をまともに受けそうです。
e0224357_21514521.jpg



このセセリ幼虫は産卵風景から恐らくイチモンジセセリだと思っていますが、
個体差もあるでしょうし、齢数によって模様も異なるようなので確信が持てません。
昨年はチャバネセセリも産卵していたし・・・・
このまま大きくなれば分かるかもしれませんが、風も強い地域なので寒さに耐えられるか心配です。

by konty33 | 2015-12-30 22:06 | セセリ類 | Trackback | Comments(2)
2015年 09月 12日
クロセセリの吸蜜
9月12日
お誘いいただいたので、久しぶりに日帰り遠征に行ってきました。
今回の狙いはミョウガで育つクロセセリです。
かつては九州以南にしか生息しなかったのですが、今は生息範囲を四国や中国地方にも拡大しています。
今回は人為的な移入と言われている地域で今回初めて撮影に挑みました。
e0224357_2282012.jpg

新鮮な個体も時々見られますが・・・・・
少し傷んだ個体が殆どでした。
e0224357_2293451.jpg

ムクゲの花?がお好みのような・・・・・
長い口吻を目いっぱい伸ばして吸蜜します。
e0224357_22105526.jpg

♀だと思いますが、吸蜜の合間にも花の中で休憩していました。
e0224357_22115779.jpg

アベリアにも吸蜜に来ていました。
e0224357_2223317.jpg

ここでも長い口吻を伸ばしていました。
e0224357_22234990.jpg

葉の上で休止する姿はよく見られますが、目線より高くて・・・・・
e0224357_22264664.jpg

時々低い場所に止まってくれました。
e0224357_21385895.jpg

翅をたたんだ状態で横から見ると前翅の白紋も殆ど見えないので魅力半減です。
e0224357_21365627.jpg



少し遠いと感じましたが、初めてのクロセセリを堪能できました。
機会があればミョウガにいる幼虫や卵も観察してみたいですね。

by konty33 | 2015-09-12 22:32 | セセリ類 | Trackback | Comments(8)