カテゴリ:シジミ類( 173 )

2017年 06月 20日
ミズイロオナガがいっぱい・・・
6月14日
この日は滅多にないことに仕事を休んで日帰り遠征に出掛けました。
先日個体数の少なさに気分を落としていたゼフを探して早朝から活動です。
クヌギやコナラの雑木林でペシペシするとミズイロオナガシジミがハラハラ落ちてきました。
e0224357_22493995.jpg
新鮮な個体が次々と落ちてきます。
羽化直で早朝なので殆ど飛ばない感じです。
e0224357_22504488.jpg
下草に上手く降りてくれれば良いのですが、深い草の地面に落ちて潜ってしまうと撮影できません。
e0224357_22515969.jpg
あまりに新鮮なので今回は沢山掲載します。
e0224357_23030068.jpg
次に降りてきたのはウラミスジシジミです。
これも発生初期の様子で綺麗でした。
e0224357_22541004.jpg
飛び立つ瞬間を狙ってみると・・・・翅表が一応写りました。
e0224357_22553353.jpg
ウラゴマダラシジミはやや擦れ気味でした。
e0224357_22584877.jpg

e0224357_22582360.jpg

ウラナミアカシジミも多く飛び出しましたが、先日も掲載したので1枚だけ・・・
e0224357_23004932.jpg

クロミドリシジミは多いはずなんですが・・・今回は1つだけ
e0224357_23013865.jpg

羽化直のように新鮮なメスグロヒョウモン♀が青く輝いていました。
e0224357_23052791.jpg

本来は敏感なチョウですが広角でも撮れました。
e0224357_23063193.jpg



今回は沢山のゼフを見ることが出来ました。
アカシジミが見られなかったのがうそのようです。
次の予定もあるので・・・・サクサク切り上げ移動しました。




-


by konty33 | 2017-06-20 22:10 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 16日
やっとの思いでゼフ3種
6月11日
ミドリシジミの後はアカ系のゼフを見にポイントを移動しました。
ところが昨年沢山いたポイントではミズイロオナガシジミがたった1頭だけ・・・・
クリの花からやっと降りてきた一瞬を切り取りましたが、この直後逃げられました。
e0224357_21273419.jpg
この地は諦め・・・またまた移動しました。
途中で少し立ち寄った雑木林でアカシジミが飛んでいて上手く地面に降ろせましたが・・・・
既にスレが酷く絵になりません。
e0224357_21312028.jpg
少し移動して・・・クヌギやコナラの雑木林を行くと灌木にウラナミアカシジミが降りていました。
e0224357_21323498.jpg
これは絶好のタイミングで新鮮さは抜群でした。
e0224357_21355457.jpg

e0224357_21343483.jpg
見つかったのはたった2頭だけ・・・
でも、とても大人しく良いモデルになってくれました。
e0224357_21372223.jpg
広角と100mmマクロと両方で撮影できました。
e0224357_21384324.jpg
帰りにハッチョウトンボの様子も見てきました。
今年も健在で何よりです。
e0224357_21404942.jpg
久しぶりにみるハッチョウトンボはとても小さく・・・・
アブが飛んでいるのと変わりません・・・と言ったら言い過ぎでしょうか。
e0224357_21410908.jpg
子供の頃の感動がよみがえり、嬉しくなり気持ちが高揚する感覚でした。
小さな湿地で生き延びていくのも大変でしょうが・・・頑張って欲しいものです。


昼頃でも灌木にウラナミアカシジミが降りていたのはラッキーでしたが、
あまりの個体数の少なさにこの先が思いやられます。
満足できるほどの成果ではありませんが、それほど暑くもなく快適な一日でした。



-



by konty33 | 2017-06-16 22:30 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 13日
ミドリシジミを求めて

6月11日 
昨年は地元でも沢山いたミドリシジミが、昨日殆ど見られなかったので・・・・
久しぶりに少しだけ早起きして隣県にプチ遠征しました。
現地に到着すると既に撮影されていた方が、ここに居ると教えてくれました。

e0224357_22302632.jpg
早朝からカンカンと陽が照ると撮影が大変でしたが・・・・
少し曇り気味で薄日が時々差す天気だったので助かりました。
e0224357_22324402.jpg
ハンノキ上で開翅を狙ったのですが・・・・低い場所では開翅はしてくれません。
e0224357_22345582.jpg
やっとハンノキで開翅してくれましたが、一眼では角度が悪く輝かないので手を伸ばしてコンデジで・・・・
e0224357_22313684.jpg
下草でもあちらこちらで開翅していましたが、近づくと逃げてしまいます。
e0224357_22382393.jpg
♀が撮れなくて苦労していると・・・近くのポイントを教えていただき・・・
撮影できましたが・・・・撮れたのはA型と・・・
e0224357_21154406.jpg
AB型・・・だけでした。
来年は全ての型を制覇したいですね。
e0224357_21151289.jpg

A型の半開翅です。
e0224357_22430600.jpg
AB型の半開翅です。
e0224357_22444156.jpg
♂の半開翅も撮れました。
e0224357_22455178.jpg
葉の表面から吸水中・・・?
e0224357_22483418.jpg
下草に降りた雰囲気を広角で・・・・背景はハンノキ林です。
e0224357_22492119.jpg
最後に綺麗な♂の開翅・・・もう少し正面上から撮れれば・・・
e0224357_22500680.jpg



わざわざ早起きした甲斐がりました。
時期的にはやや遅めかもしれませんが、個体数は多く飽きることがありません。
遠目で見ても♂の翅表はとても綺麗でした。
2時間ほどで開翅しなくなったので次に移動しました。





-


by konty33 | 2017-06-13 12:06 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 06日
翅表が眩しいルリシジミ
6月2日
ヒメヒカゲの前に県西部の平地性ゼフの発生状況を見に行きました。
擦れたウラゴマシジミ以外は全く見つからず、代わりにいたのはルリシジミでした。
e0224357_22291370.jpg
新鮮な♂が沢山いて獣糞に群がるルリシジミの飛翔を撮ってみました。
e0224357_22314980.jpg
やはりルリシジミは翅表の綺麗さが魅力です。
e0224357_22323303.jpg
コマツナギの花にも沢山吸蜜していました。
e0224357_22342628.jpg
♀は花穂に産卵していいて・・・・・
e0224357_22452108.jpg
アップで見ると・・・お尻のすぐ先に今産んだ青っぽい卵が見えます。
e0224357_22351524.jpg
スイカズラにはモンキアゲハが吸蜜に来ていました。
e0224357_22402849.jpg



ここではヒメキマダラセセリやアサマイチモンジなども見られました。
しかし、狙いの平地性ゼフは殆ど飛ばず撮影できませんでした。
また、機会があれば再訪したいところです。



-


by konty33 | 2017-06-06 22:46 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 01日
ベニモンカラスシジミのテリ張と飛翔
5月27日
この日の本当の狙いはベニモンカラスシジミ♂のテリ張でした。
過去に確認しているポイントを回りましたが、1箇所だけで確認できました。
e0224357_21114645.jpg
前翅の性標がハッキリと分かります。
白線が流れ気味の個体も見られました。
e0224357_21152048.jpg
遠目ですが、この白線流れは別個体のようにも見えます。
e0224357_21170540.jpg
性標がない♀も見られました。体を倒すのもこの種の特徴です。
e0224357_21201406.jpg
♂と♀が近くにいれば交尾が期待できますが、見つけられませんでした。
e0224357_21213733.jpg
e0224357_21220088.jpg
特徴のない背景ですが、広角でも撮影しました。
e0224357_21510656.jpg
一通り撮影できると飛翔でも狙いたくなります。(以下は全てトリミング)
躍動感はありますね。
e0224357_21241803.jpg
どれも余りピントは合っていませんが、ベニモンがハッキリと分かる写真が何カットか撮れました。
e0224357_21252393.jpg
e0224357_21255406.jpg
1頭が飛び出すと他の個体が飛び出し絡みますが、2頭を1枚に写しこむのは至難の業です。
写真の隅に偶然写った2頭をトリミング・・・・
e0224357_21582601.jpg
いつ飛ぶのか分からないし、撮影機会はそれほど多くなく・・・ピンボケばかり・・・
ファインダーを覗いていてもハッキリベニモン(紅紋)が見えるのですが・・・・
飛んでいる雰囲気だけでも分かっていただければ幸いです。



今回は狙いの場所では見られず、生息が心配していた場所では確認できました。
他にも確認したい場所があったのですが・・・・時間切れでした。




-



by konty33 | 2017-06-01 20:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 15日
コツバメとツバメシジミ
4月15日
朝から快晴でしたが予報では下り坂と言うことで・・・・近場でチョウを探すことにしました。
とても暖かな陽気だったので里山では色々なチョウ達が見られました。
湿った草地を歩くと越冬明けのクロコノマチョウが何回か飛び出しました。
e0224357_21461482.jpg
ボロボロの個体から写真の様に綺麗な個体まで様々でした。
ベニシジミ、ヤマトシジミ、モンシロチョウ、キチョウが飛び交う横ではコツバメの姿も・・・・
1ヵ月前から飛んでいましたが、まだ綺麗な個体がいるとは少々驚き・・・
e0224357_21480510.jpg
飛翔もチャレンジしますが相変わらずのピントの甘さです。
1頭だけしか見られずシャッターチャンスは少なかったと・・・言い訳しておきます。
翅表が綺麗なのはなんとかわかりますね。

e0224357_21493649.jpg

トラフシジミがシキミで吸蜜していましたが潜り込んで見えません。
花から出てきたところを撮影しました。
e0224357_22041642.jpg
直ぐ近くではツバメシジミの交尾が見られました。
最初はシキミの葉の上で・・・
e0224357_21563584.jpg

次にはカキドオシの上へ移動して・・・・
e0224357_21541781.jpg

広角でも・・・
e0224357_21595779.jpg

♀の開翅がとても綺麗でした。
青い鱗粉がのっているのも良いですが、テールのオレンジがアクセントになります。
e0224357_22010305.jpg

今年初見のヒメウラナミジャノメもシキミで吸蜜していました。
e0224357_22082869.jpg

e0224357_22092495.jpg

今年は遅れていた地元のソメイヨシノもピークが過ぎて散りはじめです。
e0224357_22245448.jpg


昼過ぎになると突然空が暗くなり、雨がポツポツと落ちてきました。
午前中は晴れて気温が高かったこともあり、今年一番多くのチョウを見ることが出来ました。




-


by konty33 | 2017-04-15 22:33 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 24日
ムラサキツバメ開翅とムラサキシジミ集団越冬
12月18日
暖かな日差しに誘われて飛び出すムラサキツバメの様子を見に行きました。
e0224357_22293408.jpg
尾状突起がなかったり、擦れていたりと・・・なかなか綺麗な個体がいませんが・・・
こちらはまずまず綺麗な♀です。
e0224357_22304741.jpg
♂も綺麗な個体は少なく良い角度での撮影チャンスもありません。
それでもなんとか翅表が渋く青みがかってくれました。
e0224357_22322430.jpg
サザンカに来た個体は擦れており良い色が出ませんでした。
e0224357_22344436.jpg
越冬集団は場所が変わったり、小さくなったりしているようです。
暗い場所で2頭だけ撮影しましたが・・・・風が強くブレまくりです。
e0224357_22362575.jpg
ムラサキシジミの集団越冬場所を教えてもらったのでこちらも見に行きました。
ヤマモモの枯葉が集まった中に5頭いますが・・・・・
あそこっ・・・と言われてもムラサキシジミがいるとは気づきません。
少し高いところなので・・・いつものように柄の先にコンデジを取り付け撮影しました。
e0224357_22411447.jpg
縦になっている個体もあり、分かりにくいですね。
公園を一回りしてくると位置が少し変わったので・・・・少し近づいてもう一度撮影しました。
e0224357_22435943.jpg
ムラサキシジミの5頭並びは初めてでした。
この中から1頭だけ飛び出しましたが・・・見失い・・・開翅は撮影できませんでした。
風は多少あるものの日中は暖かだったのでとても気持ちよく過ごせました。




-



by konty33 | 2016-12-24 21:07 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 15日
初冬のヤクルリの様子
12月4日 続き
ムラサキツバメの越冬幼虫を確認した後は・・・・
ヤクシマルリシジミのその後の様子を確認に行きました。
すると・・・比較的新鮮な♀が飛んでいました。
e0224357_17452267.jpg
縁毛まで綺麗に揃っていて静止すると必ず開翅します。
e0224357_17471776.jpg
下草に止ってはくれますが・・・意外と敏感でした。
e0224357_17483838.jpg
e0224357_17534942.jpg
その内にイバラに絡むように飛び始め、草の奥の新芽に産卵しました。
e0224357_17502748.jpg
1卵産卵するたびに近くの葉の上で休みます。
e0224357_17523831.jpg
産卵しているのですから当然ですが・・・卵は相変わらずあちこちで見られました。
こんな開いた葉の表にも産卵してあります。
e0224357_20541571.jpg
TG3で拡大撮影・・・・
e0224357_20544687.jpg
前回も沢山産みつけられていた卵は幼虫になっているはずでしたが・・・・あまり見られません。
e0224357_17543544.jpg
葉が食べられた付近の軸に静止していました。
e0224357_20560921.jpg
小さな幼虫も葉裏に居ました。
e0224357_21001374.jpg
ボロボロの♀もいて産卵しては開翅していました。
e0224357_20590422.jpg
別の場所ではウバメガシから卵が見つかりました。
e0224357_21032149.jpg
GX7のスタッキングシステムでも撮影しました。
e0224357_21050473.jpg
e0224357_21051404.jpg
拡大すると卵表面の造形だけでなく葉脈や茎の毛までよく見えますね。



こんな時期なのにアサギマダラがまだ飛んでいました。
e0224357_21070837.jpg





朝晩はかなり気温が低下してきましたが、まだヤクルリは飛んでいました。
卵や幼虫もいたのでもう少し継続観察が必要なようです。





-


by konty33 | 2016-12-15 22:49 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 12月 11日
地元のムラサキツバメ集団越冬
12月4日
先週のことですが地元でムラサキツバメの集団越冬の情報を戴いたので見てきました。
まずは食樹のマテバシイで・・・・3mくらいの高さに8頭いました。
e0224357_15033271.jpg
他にも近くで小さな集団がいくつかありました。
e0224357_15055850.jpg
e0224357_15070445.jpg
暗がりのモチの木にも・・・・8頭くらい・・・・
木漏れ日しか当たらないような場所です。
e0224357_15050024.jpg
陽がさす前は8℃くらいでしたが・・・・
陽が当たると間もなく飛び出し、殆ど高いところへ行ってしまいます。
それでも1頭だけ降りてきました。
e0224357_15395016.jpg
このままもう少し待てば山茶花に吸蜜するとのことでしたが、ヤクルリのことも気になったので・・・・
今回はムラツはこれだけですが、地元でももう少し探す必要がありそうです。




ムラサキツバメは愛知や神奈川で大きな集団を撮影したことがありますが、
地元ではこのくらいの集団があれば良いところです。


今週はつい先程までPCがWi-Fiに繋がらずアップが遅れてしまいました。
そもそも連日の宴会でアップする時間もPCを修理に出す時間もなかったのですが・・・・
自動で再起動したと思ったら・・・・・・・ 突然、PC、治りました。(笑)





-


by konty33 | 2016-12-11 20:51 | シジミ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 14日
ヤクシマルリシジミの幼虫探し
11月12日
快晴無風の小春日和になりました。
所要のなか無理やり時間を作り少しだけ先週のヤクシマルリシジミのポイントに立ち寄りました。
成虫の姿は見られず、その代わりの卵だけでは・・・寂しいものです。
e0224357_21195268.jpg
バラ科の新しい葉先の卵の数が増えているように感じました。
複数卵が同じ葉に産れていることも多く見られます。
e0224357_21212565.jpg
孵化していないかと思ってみていると・・・
先週は見つからなかった幼虫もいくつか見られました。
e0224357_21231579.jpg
葉裏の表皮だけを削り取る様に食べています。
卵のすぐ横の葉も食べている幼虫がいました。
e0224357_21241826.jpg
他にも葉の付け根付近でじっと動かない幼虫も・・・・・
e0224357_21253824.jpg
夕日が当たると幼虫が黄色に見えました・・・・
e0224357_21264005.jpg





これらはまだ3~4mm程度の小さな幼虫ですが、成虫になれるのでしょうか?
今後も時々覗いてみたいと思います。




-


by konty33 | 2016-11-14 22:28 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)