カテゴリ:春のチョウ( 16 )

2017年 05月 03日
スミレ吸蜜から交尾、産卵と・・・ヒメギフを堪能
4月30日
上空の寒気も抜けて安定した天気となり、風も穏やかで気温も高め・・・
絶好のヒメギフチョウ日和と思い2週連続で同じポイントへ出かけました。

この天気なら早い時間から飛ぶと信じていましたが・・・・
いつもの時間になっても飛ばないので焦っていると・・・・
10時になって突然飛び始めました。

まず興味を示したのは1輪だけ目立つアケボノスミレで・・・・
何回か通り過ぎた後、吸蜜してくれました。
e0224357_19024198.jpg
このスミレは花の色も濃く写り映えがします。
また、花茎(花軸)が長く丈夫なので、ぶら下がってもビクともせず・・・
尾状突起の先まで地面から浮くのが良いですね。

そうこうしていると・・・・もう1頭飛んできていきなり撃墜・・・交尾です。
e0224357_20240233.jpg
しかし、高いところだったので思いっきりトリミングしてあります。
e0224357_20245114.jpg
そのうちにもう一組の交尾が目の前で成立しました。
e0224357_19041255.jpg
個体数は決して多くないのですが・・・タイミングが良かったのでしょう。
前を横切る枝が邪魔だと思い、ちょっかい出したら高い所へ逃げてしまい・・・万事休す。

その後も粘りますが、時々飛んできてもなかなかスミレで吸蜜してくれません。
すると突然チャンスが・・・・・
複数のアケボノスミレに次々と吸蜜していきました。
e0224357_19073752.jpg
大きなアケボノスミレで吸蜜したと思ったら、隣のヒゴスミレへ・・・
e0224357_19110274.jpg
このモデルは♀の未交尾のようでした。
e0224357_19202815.jpg
次々とスミレで吸蜜していったので、広角でも・・・・
e0224357_19123179.jpg
これだけ良いモデルになってくれることは滅多になく、まさに千載一遇のチャンスでした。
e0224357_19171052.jpg
こちらはマルバタチツボスミレ?でしょうか。
一気にいろいろなスミレで写真が撮れました。
e0224357_19142160.jpg
少し離れた土の斜面のアケボノスミレで良いモデルになってくれました。
e0224357_19190892.jpg
一番多くみられるヒナスミレ?でも・・・・
e0224357_20312648.jpg
交尾が見られるということは、産卵も確認したくなります。
産卵モードの♀を見つけて遠くからそっと見ていると・・・・
産みごろのウスバサイシンを見つけ産卵を始めたので、そっと近づいて撮影しました。
e0224357_19241787.jpg
私が探しても殆ど見落としてしまいそうな小さなウスバサイシンなのに・・・
♀はタッチしながら確実に新芽を見つけます。
少し大きくなった新芽からは卵塊も確認できました。(これなら私でもわかります)
e0224357_19252857.jpg



スミレの種類はとても多く名前はよくわかりませんので・・・
そこにいた詳しそうな人に教えてもらったのですが・・・・
メモしたのに・・・どれが何だか分からなくなってしまいました。(笑)

スミレも最盛期を迎え新鮮な個体とのマッチングが絵になります。
いつまでも残しておきたい光景ですね。



-



by konty33 | 2017-05-03 16:16 | 春のチョウ | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 24日
ヒメギフチョウとの出会い
4月23日
この日は朝から快晴でアルプスの山々がとても綺麗に見えました。
今回はヒメギフを見たくて・・・とある山の中を探索しました。
偶然、林道沿いの崖に咲くスミレにヒメギフチョウが吸蜜に来てくれました。
e0224357_20483122.jpg
ワンチャンスでしたが点々と近くのスミレで吸蜜してくれました。
e0224357_20513068.jpg
このスミレでは少し下向きすぎて翅に陽が当たりません。
e0224357_20523304.jpg
これでもかと吸蜜していってくれましたが土の崖が目立ちます。
e0224357_21044919.jpg
少しアップで・・・
e0224357_21562808.jpg
谷間のポイントでは新鮮な個体が高い木から降りてきました。
e0224357_20581389.jpg
横から見てもとても綺麗です。
e0224357_21000493.jpg
ヒゴスミレの吸蜜シーンは完全に逆光でした。
e0224357_21094493.jpg
ここではスギタニルリシジミも見られました。
e0224357_21023466.jpg
スミレに吸蜜したと思ったら近くに止まっただけでした。
e0224357_21035138.jpg
スジボソヤマキチョウがあちらこちらで産卵しようと枝をタッチしてきます。
時々スミレでも吸蜜しましたが、翅がスケスケでシミが汚くみすぼらしく感じます。
e0224357_22110141.jpg
林道ではニホンカモシカにも出会い・・・・暫くお見合い状態でした。
e0224357_21125485.jpg
麓の里山ではスジグロシロチョウが飛び回っていました。
e0224357_22005796.jpg


今年初めて期待どおりの成果が出せました。
しかし、出会えた個体数は思いのほか少なく殆ど撮影チャンスもありませんでした。
ヒメギフチョウ以外は大したものはありませんが次回少し掲載します。





-


by konty33 | 2017-04-24 22:17 | 春のチョウ | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 05日
天候不順の週末に心が折れる
4月2日
東京ではソメイヨシノが満開とのことですが、ここ静岡では開花宣言があったものの
自宅付近では開花しているソメイヨシノは見当たりません。
晴天の予報だったので出かけましたが日差しも殆ど差さず・・・・気温も上がらず・・・・何も飛ばず・・・
転戦先のミヤマセセリも殆ど飛ばず・・・・今年は春先から天候に恵まれません。
e0224357_21570853.jpg
曇り基調で気温も上がらない中・・・柔らかな日差しだけが頼りです。
e0224357_21581910.jpg
一応メスも見られましたが数は2,3頭のみ・・・・
e0224357_22001919.jpg
蝶が少ない中、ベニシジミの飛翔撮影を新調したカメラで試し撮りしてみました。
e0224357_22025691.jpg
飛び上がる前は下の写真です。
e0224357_22035498.jpg
あまりに蝶が飛ばないので・・・・幼虫探しに切り替えです。
日陰のイボタを狙ってウラゴマダラシジミの幼虫を探してみました。
まずは孵化卵探しですが、あっさりと見つかりました。
e0224357_22414721.jpg
枝を上に辿っていくと・・・・居ました。
e0224357_22455421.jpg
e0224357_22442851.jpg
次々と見つかりましたので、まとめてコラージュで・・・
e0224357_22445862.jpg
ソメイヨシノは咲いていても1分咲きくらいですが、モクレンは真っ盛りでした。
e0224357_22474528.jpg

一日中、曇り基調で薄日が時々差す程度では、蝶も飛びませんね。
ギフチョウも発生していると聞いていますが、こんな天気では行く気がしません。
今週末も最悪の天気予報で期待できそうにありません・・・・トホホ。





by konty33 | 2017-04-05 22:54 | 春のチョウ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 22日
新生蝶 第2弾
3月19日
前日よりも気温が上がる予報だったので、この日も近場に新生蝶を探しに出かけました。
まずは前日見られなかったコツバメ狙いですが、やっと1頭みられました。
e0224357_21053956.jpg
枯草の荒れ地で見られる午前のテリ張に間に合いました。
e0224357_21060044.jpg
アセビでの吸蜜シーンは1チャンスだけで証拠写真です。
e0224357_21073592.jpg
午後になると姿が見られなくなってしまいました。
ベニシジミは数が増えた様子です。
e0224357_21103679.jpg
飛翔撮影の練習も・・・・・
e0224357_21111973.jpg
モンシロチョウも時々飛んでいましたが、撮影するチャンスが来ません。
帰りに立ち寄った菜の花畑でやっと撮影できました。
e0224357_21133835.jpg
他に見かけたのは、アカタテハ、キタテハ、テングチョウ、キチョウ、ルリタテハなどの越冬蝶だけです。
吸水中のルリタテハを掲載しておきます。
e0224357_21150271.jpg



この日はロスタイムが多くてロクに撮影できませんでしたが、何とか狙いのコツバメを撮影できました。
来週に掛けてドンドン数が増すことを期待しています。
次回はコツバメの飛翔にもチャレンジしたいと思います。








by konty33 | 2017-03-22 22:51 | 春のチョウ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 18日
やっと見られた新生蝶
3月18日
自宅のソメイヨシノの蕾は膨らみませんが、モクレンは満開近くなりました。
側溝でヒキガエルが3匹・・・・ゲロゲロと鳴いていました。

風もなく暖かな日になりそうなので、今日こそはと新生蝶を探してみました。
まず、ベニシジミの幼虫を沢山見つけた場所に行ってみましたが全く飛びません。
2カ所目でやっと数頭のベニシジミを見つける事が出来ました。
e0224357_21422854.jpg
真っ赤なスイバの葉の上に止りました。
e0224357_21431204.jpg
どれもとても新鮮です。
e0224357_21441060.jpg
飛翔にもチャレンジしました。
e0224357_21451423.jpg
2頭写ると嬉しくなります。
e0224357_21454348.jpg
地元ならではのお茶畑を背景に飛び回ります。
e0224357_21463114.jpg
コツバメを狙って移動しましたが、ここでもベニシジミだけ・・・・
e0224357_21443824.jpg
e0224357_21445349.jpg
新生蝶ではありませんが、越冬明けのタテハがいました。
ルリタテハはコツバメを狙ったアセビの花で吸蜜中でした。
e0224357_21494632.jpg
キタテハもいました。
e0224357_21502163.jpg
テングチョウは沢山いました。
e0224357_21511621.jpg
コツバメはまだ見られなかったので、ミヤマセセリのポイントに移動しました。
こちらは時々周回してきますが、飛び回ってばかり・・・・・
暫く待って、やっと止まってくれました。

e0224357_21532892.jpg

短時間でしたが、スミレで吸蜜してくれました。
こんな目立たないスミレをよく見つけるものだと感心します。
e0224357_22053261.jpg


これから・・・と言う時に陽が陰り始めてしまいました。

e0224357_22034354.jpg





やっと2種の新生蝶を撮影できましたが・・・・モンシロチョウは撮影させてもらえませんでした。
まだ個体数は少ないですが、春の蝶たちの羽化ラッシュが始まりそうな予感です。
そろそろ気の早いギフチョウが飛びそうです。



-



by konty33 | 2017-03-18 22:22 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)
2016年 03月 28日
美しい春型のトラフシジミの翅裏模様
3月27日
この週末はやや気温が低めですが、静岡ではやっとソメイヨシノの開花宣言がありました。
ギフチョウが飛ぶにはやや気温が低く、悩みましたが近県のギフチョウの生息地へ様子見に・・・・
花も咲いておらず・・・・撮影者は多いのですが前日まで発生は確認されていないとのこと。
と言うことで直ぐに地元に戻り・・・・キブシに吸蜜するトラフシジミを狙うことにしました。


今年はキブシが随分大きくなって沢山の花をつけていました。
e0224357_21321151.jpg

新鮮なトラフシジミが2,3頭吸蜜していますが、近くには中々来てくれません。
しかも逆光でストロボ必須です。縁毛が輝くのが唯一の狙いですが・・・・
e0224357_21334353.jpg

そんな訳で300mmで狙いましたが、1頭がいきなり目の前に降りて来てくれました。
e0224357_21361539.jpg

やはり100mmマクロで撮影できると嬉しいです。
しかもやっと順光で撮影できました。
トラフシジミの春型はとても綺麗で魅力的ですね。
e0224357_2138153.jpg

長い間吸蜜してくれましたが、枝被りや向きが悪く、思うような写真は上手く撮れません。
e0224357_21404123.jpg


このキブシにはコツバメも吸蜜に来ていました。
e0224357_21422146.jpg

地味な翅裏ですが、白い部分を背景に合わせてチョウを浮き立たせてみました。
e0224357_21424195.jpg

コツバメは地面で吸水したり・・・・
e0224357_21443941.jpg

枯草に静止し体を傾けて日光浴したり・・・・・してました。
e0224357_2145487.jpg


この場所では珍しくスギタニルリシジミも見ることが出来ました。
e0224357_21462488.jpg

ここで撮影したのは初めてですが、新鮮なのが嬉しいですね。
e0224357_2147437.jpg

翅表のブルーは飛翔撮影でチャレンジしましたが、撮影機会はほんの一瞬だけでした。
e0224357_21473286.jpg

その内に陽が陰り高い梢に飛んで行ってしまいました。

それ以外には・・・・
テングチョウはとても多く見られました。
e0224357_2152756.jpg

ムラサキシジミもかなり多い様子でした。
e0224357_21524291.jpg

他にも、キチョウ、キタテハ、ルリタテハ、アカタテハなど多くの蝶が見られましたが、
ここではミヤマセセリは何故か見られません。



今回は半日ムダな移動に使ってしまいましたが、午後は短時間に効率よく狙いのトラフシジミが撮れました。
地元もなかなか捨てたものではありません。
今年は地元のポイントもしっかりマークしておきたいと思います。



-

by konty33 | 2016-03-28 22:11 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)
2015年 05月 02日
地元の里山で春のチョウを追う
4月30日と5月2日
地元の里山ではちょうどフジの花が綺麗に咲く季節となりました。
e0224357_21464099.jpg

地元で春のチョウを探すのも楽しみです。
ツマキチョウは朝一だけ止まってくれました。
e0224357_2149116.jpg

次々と色々な花に止まっていきました。
e0224357_21493638.jpg

今年は数がとても少なく♂は1回だけ撮影できました。
e0224357_21511290.jpg

次は地面で吸水するカラスアゲハです。
e0224357_21533844.jpg

まだ数が少ない様でしたが、新鮮な個体に出会えました。
e0224357_21535142.jpg

チョットした動きで逃げてしまうので、300mmで慎重に撮影しました。
e0224357_2155391.jpg

e0224357_21553332.jpg

近くに2頭いたのですが、2頭を一画面に入れるのはこれが限界でした。
e0224357_21561550.jpg

吸水中はよくお尻から排水しますが、排水の瞬間を狙ってみました。
トリミングすると見えますが、排出に勢いがないので、面白い絵にはなりませんでした。
e0224357_2383430.jpg



番外編ですが・・・・
遠州には行興寺の「熊野の長藤」と言う有名なフジがあります。
長さが180cm位になるそうで、冒頭の山のフジとはだいぶ違います。
写真の木は推定樹齢が300年だそうです。
e0224357_225775.jpg




今年は木や草が切られたり微妙に環境が変わり、ツマキチョウも少なかったです。
カラスアゲハには出会えましたが、こちらも数は少なめでした。
オナガやアオスジも見られましたが吸水してくれず、ミヤマカラスは出会えませんでした。
次回へ続きます。

by konty33 | 2015-05-02 23:09 | 春のチョウ | Trackback | Comments(6)
2014年 04月 11日
コツバメの卵の綺麗さに感動
4月8日 つづき  
ギフチョウを満喫した日には、他の蝶たちも少しだけ撮影しました。
コツバメが産卵したところを見つけた方が、その場所を覚えていて下さったので卵を撮影出来ました。
先週もアセビの花を探したのですが見つからず、コツバメの卵は初めてだったので感激です。
e0224357_1958321.jpg

コンデジで撮っても拡大すると結構模様がよく分かりますが、超接写だと更にクッキリとよく分かります。
それととっても綺麗で緑に輝いています。
e0224357_1958541.jpg


皆さんがツマキチョウを撮影されている様なので、帰り道に探してみると運よく♂♀共に撮影出来ました。
あまり良いカットではありませんが、飛び回るチョウを追いかけてやっと撮影した今年初のツマキチョウです。
e0224357_2022952.jpg

田んぼの中のレンゲには♂が吸蜜に来ていました。
e0224357_2032142.jpg

近寄るとすぐに逃げられ一度は戻ってきましたが、数カットしか撮影出来ず・・・・・。
e0224357_2042678.jpg

その後、戻ってくることはありませんでした。
e0224357_2061052.jpg


時間は前後しますが、朝一番にはトラフシジミが林道脇の崖で吸水?(吸ミネラル?)していました。
e0224357_2084742.jpg

e0224357_209365.jpg



アセビの周りにはコツバメが見られましたし、畑周りではベニシジミやヤマトシジミなども多く
ウラギンシジミ、ルリタテハ、アカタテハ、テングチョウなど越冬蝶もかなり見られました。
この時期の里山では気温が上がると蝶相が濃くなり、ギフチョウ以外にも目を向けなければと思いました。

by konty33 | 2014-04-11 20:29 | 春のチョウ | Trackback | Comments(14)
2014年 03月 26日
キブシに集まる蝶たち
3月23日
朝から暖かで良い天気になりましたから、ギフチョウに再挑戦する事も考えましたが・・・・・
個体数より撮影者の方が多いだろうと思い、皆さんの邪魔にならぬように別の場所に行きました。
谷間にひっそりと咲くキブシを半日眺めていると・・・・いろいろな蝶たちが吸蜜に訪れます。
まず来たのはアカタテハでした。
e0224357_21484393.jpg

遠くに止まるアカタテハを小さく撮っても雰囲気が出て良い感じです。
e0224357_21494075.jpg

すると突然もう1頭が現れツーショットとなりました。
e0224357_21504461.jpg

アカタテハの次には、コツバメが登場しました。
e0224357_21525825.jpg

どうしても逆光になってしまうので、ストロボ使用しています。
e0224357_21531956.jpg

コツバメは、近くの広場でも1頭だけが良いモデルになってくれました。
e0224357_21543396.jpg

1カットだけですが広角でも・・・・ 体を傾けて枯れ草の上で日光浴のようです。
e0224357_2155968.jpg


キブシにはこの後トラフシジミも来てくれました。
e0224357_21572659.jpg

近い位置で望むような角度では吸蜜してくれず、イライラ・・・・チャンスは少なかったです。
e0224357_2223280.jpg

順光で撮影出来ると良いのですが、近づこうと焦って枝に触れてしまい飛ばしてしまいました。
その他には、テングチョウも吸蜜していました。
e0224357_2243757.jpg

ここではキブシに集まる蝶たちを存分に楽しむことが出来ました。


前日に撮影したミヤマセセリの吸蜜を撮り直したくて、少しだけ立ち寄ると・・・・
農家の庭先に咲いていた紫色の花に吸蜜しているミヤマセセリを見つけました。
e0224357_228271.jpg

e0224357_22112574.jpg



この日は、近場で春を感じながらの撮影でしたが・・・・
キブシの花では様々な蝶が吸蜜にやってくるのを楽しめました。
この他には、スギタニルリシジミやツバメシジミなどもみられ、本格的な春の訪れを感じることができました。
偶然出会ったKさんには、いろいろとご指導いただき感謝いたします。

by konty33 | 2014-03-26 22:22 | 春のチョウ | Trackback | Comments(12)
2014年 03月 16日
越冬蝶と新生蝶を追いかけて・・・
3月15日
やっと春本番を感じさせる暖かさになりました。
庭のモクレンも咲き始めたので、越冬蝶や新生蝶たちを探しに近場に散策に出かけました。
畑の一画に菜の花が咲いている場所がありました。
e0224357_22222997.jpg

菜の花にはミツバチが沢山いて、忙しそうに花粉を集めていました。
e0224357_22191584.jpg

ボーッと見ているとモンシロチョウが飛んできました。
菜の花では吸蜜せず、地面にしか止まってくれないので単なる証拠写真となりました。
e0224357_22164360.jpg

里山の奥の林道では、越冬明けのテングチョウをあちらこちらで見かけます。
e0224357_22183131.jpg

e0224357_22184314.jpg

畑脇の切株の上にルリタテハを見つけました。
e0224357_2228596.jpg

少しだけ翅表の青さを見せてくれましたが、一瞬だったのでピントが・・・・。
e0224357_22295727.jpg

すぐ横のアセビの花でコツバメも見ましたが、シャッターを切る直前に飛び立たれてしまいました。

3月16日
一日晴れて15℃近くまで気温は上がりましたが、ポカポカ陽気とは行かず風が強い日になりました。
谷間の部落に咲くアセビの花で、越冬明けのアカタテハが5,6頭吸蜜していました。
e0224357_2239237.jpg

e0224357_22392098.jpg

白いチョウが飛んだので、追いかけるとヤマトスジグロシロチョウ?がタンポポに止まりました。
シーズン始めで蝶に近づく感覚が掴めませんが、新蝶に近づき1カットだけ撮影できました。
e0224357_22482770.jpg

この時期テングチョウは少し山に行くと見かけることが多く、この日も時々見かけました。
e0224357_22502223.jpg

風が強くギフチョウは期待出来ないと思いましたが、生息地に下見に行ってみるとヒオドシチョウだけが多くいました。
e0224357_2301756.jpg

ロープにもよく止まります。
e0224357_2305776.jpg

早い時間にはギフチョウやコツバメも見られた様です。


メガネが曇りにくい花粉症用マスクで完全防備でしたが・・・・、
今日は晴天で強風だったので、防ぎきれなかったようです。
例年よりやや遅れているようですが、来週はギフチョウも飛んでくれるでしょう。

by konty33 | 2014-03-16 23:16 | 春のチョウ | Trackback | Comments(10)