「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:幼虫( 31 )

2017年 02月 15日
近所の公園でベニシジミの幼虫探し
2月12日
この時期の遠州地方は風の強い日が多くなりますが、この日も晴天ながら冷たい西風が吹いていました。
時間が空いたのが午後2時過ぎだったので遠出も出来ず近くの公園に行って・・・・・
陽だまりの斜面に生えるスイバでベニシジミの幼虫を探してみました。

幼虫はすぐに見つかりましたが、不用意にスイバの葉を動かすと・・・・・
株の根元や雑草の中に落下して見失ってしまいます。
e0224357_22353011.jpg
何度かトライしてやっと撮影できたのが上の写真です。
その後は・・・・・慎重に・・・・陽のあたる葉の上に移動させて撮影しました。
e0224357_22383926.jpg
葉には表面だけをそぎ取ったような食痕が目立ち・・・
大小さまざまな大きさの幼虫が見つかりました。
e0224357_22400071.jpg
いくつか見つけて・・・葉の上に並べて・・・・まとめて撮影です。
大きさの違いもよく分かりますね。
大きな方は終齢幼虫のようです。
e0224357_22404653.jpg
1時間も探しませんでしたが、風が冷たく寒くなったので終了としました。
e0224357_22413219.jpg



流石にこの気温で風吹く中、この時間では葉上で活動している幼虫は見つかりませんでした。
どれも根元付近でじっとしているか転げ落ちた幼虫ばかりで・・・
生きいきと活動している様子は撮れませんでした。

成虫が見られるようになるのももう直ぐです・・・・楽しみですね。





-

[PR]

by konty33 | 2017-02-15 21:33 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 10日
各種探索による運動不足解消作戦
2017年1月1日

遅ればせながら・・・
謹んで新年のお慶びを申し上げます。
今年も宜しくお願い致します。


元日の午後は市内のウラゴマ探索しましたが不作なのか大した成果もなく・・・・
e0224357_21472876.jpg
e0224357_21480189.jpg
1月9日 
食べ過ぎと運動不足で体重が大変なことになってしまったので
久しぶりにフィールドに出て車を離れ積極的に歩くことにしました。

林道を歩きながらモミジを見つけると探したくなるのがミスジチョウの越冬幼虫です。
運良く1発目でビンゴでした。
e0224357_21091585.jpg
ひとつ見つかると気になってどんどん探したくなりますが・・・そうは見つかりません。
e0224357_21105279.jpg
こんなのを探していると歩数が進まないと思われるかもしれませんが・・・・結構歩き回りました。
下の写真は葉が小さくなっていますが・・・・幼虫がどこにいるか分かりますか?
e0224357_21124821.jpg
幼虫は葉の色に合わせているようです。
e0224357_21143457.jpg

もう一つの狙いはヒサマツミドリシジミの越冬卵です。
こちらはウラジロガシの冬芽の成長が悪くあまり探していませんが、とても少ない印象でした。
e0224357_21200949.jpg
TG3での拡大です。(LED使用、深度合成)
e0224357_21211127.jpg
更にGX7スタックシステムで自動深度合成しました。
このシステムで撮影するとTG3より格段に綺麗で感動的です。
e0224357_21221796.jpg


歩いていると風も穏やかでとても暖かく気持ちのいい一日になりました。
約2万歩に達し目標をなんとかクリアしましたが、驚くような発見もなく・・・・
急には体重も減りませんね。(笑)





-

[PR]

by konty33 | 2017-01-10 22:03 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2016年 12月 19日
各種の幼虫や卵の観察
12月18日
週末も色々と用事があり・・・あまりフィールドへは出かけられません。
この日も遠出する時間もなく・・・・遅めの出発で地元の様子を見て回りました。
まずは、スイカズラを食すイチモンジチョウの越冬幼虫を探してみました。

忍冬(ニンドウ)の別名のとおりこちらでは冬でも青々と葉が茂っていますが・・・・・
こんな感じの枯れた葉を探すと小さな幼虫が見つかります。
e0224357_21120060.jpg
矢印の部分に幼虫がいますが・・・・とても小さくて分かりにくいのでアップにしてみましょう。
e0224357_21131657.jpg
すぐ近くにももう一つ・・・・
e0224357_21142938.jpg
少しだけ丸まった枯葉を開いて見易くしています。
大きさは5mmくらいでしょうか。色も枯葉と同系色で分かりにくいですね。



次に探した幼虫はゴマダラチョウでした。
こちらも地元の公園ですが、ここでは初めて探しました。
e0224357_21193742.jpg
エノキの根元の枯葉をひっくり返すと見つかります。
e0224357_21203804.jpg
次はこの時期でも産卵を続けているウラナミシジミですが、幼虫は見当たらず・・・・
卵だけが山の様に産んでありました。(TG-3深度合成)
e0224357_21221607.jpg
上の写真は公園の花壇に植えられたクロタラリアというインド原産の花穂の先端部分ですが・・・・
花の蕾、豆のさや、茎・・・・そこら中で卵がみつかります。
e0224357_21324582.jpg
この時期でも産卵しているのには驚きですが、風が強く撮影できず逃げられました。
9月に別の場所でクロタラリアの豆のさやに産卵したものを掲載しておきます。
e0224357_21384191.jpg


次にヤナギの幹にいるはずのコムラサキの幼虫を探してみましたが・・・
この日は見つからずに時間切れです。
次回、チャンスがあれば再チャレンジしたいと思います。






[PR]

by konty33 | 2016-12-19 21:45 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 26日
クロコノマチョウの顔比較
9月17日 続き
帰り道で夕方、クロコノマチョウの幼虫探しをしてみました。
以前から顔の比較をしてみたかったので、秋型が発生する前のこの時期が狙い目です。
この生息地ではジュズダマを食べており、食痕を頼りに探すとすぐに見つかりました。
e0224357_22031170.jpg
沢山あるジュズダマのなかでも特に多い場所があります。
だいぶ小さな幼虫もいました。
e0224357_22042587.jpg
狙いの顔の比較ですが・・・・・
殆ど真黒で真ん中に小さな紋が特徴的なものから・・・・
e0224357_22321882.jpg
紋がもう少し大きく形の面白いもの・・・・
e0224357_22334388.jpg
紋が3つの島に分かれたもの・・・・・
e0224357_22345122.jpg
顔全体に黄緑の紋が広がったもの・・・・
e0224357_22370093.jpg
今回は大きく4つの特徴に分けてみましたが、同様の顔が近くに固まって見られる様に感じました。
取り敢えず、暗くなる前に撮影しようと慌てて撮影した代表的な顔をコラージュにしてみました。
e0224357_22394763.jpg
唐突ですが、この周辺はヤマトシジミがやたらと多くて、交尾も見ることが出来ました。
e0224357_22421350.jpg
これまた序ですが、ツマグロキチョウの生息地付近でクズの花にウラギンシジミの幼虫がいくつか見つかりました。
下の写真は終齢幼虫ですが、角とは反対側に頭が写っているのが分かりますね。
e0224357_22242376.jpg
クズを摂食中?の頭をアップで・・・・・
e0224357_22261454.jpg
摂食中と言えば、ウラナミシジミの幼虫も・・・・・花に頭を突っ込んでいました。
e0224357_22284617.jpg
白っぽい幼虫もいました。
e0224357_22295374.jpg



今年も多くのクロコノマの幼虫を観察することが出来ました。
10月になったら秋型の成虫を見るのが楽しみです。
こうしたジュズダマが自生する湿地環境が引き続き守られていくことを期待します。



-

[PR]

by konty33 | 2016-09-26 22:09 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 07日
フジの花を食す幼虫たちなど
9月3日
ウラナミジャノメを探している時にウラギンシジミが飛んでいたので・・・・・
クズの花を見てみるとウラギンシジミの幼虫が見つかりました。
角が特徴的な形態でフジの花の色に似ています。
e0224357_21401778.jpg
ひとつの花房に2頭の幼虫がついていることもあります。
e0224357_21371665.jpg
花や蕾に穴が空いているとその近くから見つかりますが、この幼虫はだいぶ小さめでした。
e0224357_21415405.jpg
ウラギンシジミの卵はかなり大きくて目立つのですぐに分かります。
e0224357_21434021.jpg
ゴルフボールより深めのディンプル模様が特徴的です。
e0224357_21444001.jpg
フジの花にはウラナミシジミの幼虫もいました。
沢山のアリが周りにいたのですぐに分かりました。
e0224357_21453917.jpg
ウラナミシジミらしき卵も見られました。
秋が深まるころはベタベタに産んでありますが、この時期は少なく感じます。
e0224357_21545327.jpg
大移動して違う河原でもフジの花からウラナミシジミやウラギンシジミの卵が見つかりました。
ツバメシジミが産卵しているのが目に入りカメラを向けました。
e0224357_22025406.jpg
産卵の後は開翅することも・・・・
e0224357_22040764.jpg
暫くするとまた産卵していました。
e0224357_22044458.jpg
産したての緑がかった卵も確認できました。
e0224357_22055659.jpg



いずれも普通種ですが幼虫や卵を探すのも楽しみですね。
これからの時期は成虫も少なくなるので幼虫や卵探しも楽しみたいと思います。




-

[PR]

by konty33 | 2016-09-07 22:44 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 16日
念願のオオミスジ越冬幼虫
3月12日 続き
午後はゼフ卵ではなくオオミスジの越冬幼虫を探すことにしました。
実は、昨年5月に沢山の大きな幼虫や蛹を見ることが出来ましたが、
越冬幼虫は見たことがなく、今年こそと意気込んでの捜索です。
心当たりの木を探し2本目でビンゴでした。
e0224357_2133754.jpg

思っていたより小さかったですが、枝の分岐部にしっかりと糸で台座を作って鎮座しておりました。
e0224357_21332882.jpg

顔も撮ってみましたが、あまり可愛いとは言いがたい?ですね。
大きさは5~6mmくらいでしょうか、ホシミスジと変わらないくらい小さく思えます。
ふと、近くの枝に目をやるともうひとつ見つかりました。
e0224357_21471217.jpg

これも細い枝先だったので見つかりましたが、樹皮に凹凸があるような部分ではそんなに簡単に見つかる訳ではないと思います。
拡大すると幼虫の周りには糸が沢山見えますね。
e0224357_21491758.jpg



ここ3年ほどゼフ卵探しの序に探しても見つからなかった念願のオオミスジの越冬幼虫を
やっと見つける事が出来ました。
今回見つけられたことで大きさもコツも分かったので今後も各地で探せる気がします。
ホシミスジ、ミスジチョウ、オオミスジとくれば次はフタスジチョウを探さなければ・・・・・
産卵風景を見たこと無いし、生息地も限定されるのできっと難しいでしょうね。





-
[PR]

by konty33 | 2016-03-16 22:02 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2016年 02月 29日
オオムラサキ越冬幼虫
2月21日  続き
狙いだったクロミドリの越冬卵を探し終えると午後はオオムラサキの越冬幼虫が見たくて
夏にオオムラサキが絡んでいたエノキの根元を探しました。
e0224357_20432753.jpg

e0224357_2044120.jpg

e0224357_20475398.jpg

積もった枯葉の中から掘り出して撮影していると風が強くて吹き飛ばされてしまうので
早々に元通り枯葉の中に返してやりました。
夏にはこの林道でミヤマカラスシジミも目にしたので越冬卵を探しました。
クロツバラが何本かあったので探してみるとすぐにいくつか見つかりました。
e0224357_20542416.jpg

多くは枝の分岐近くに産まれていますが・・・・
e0224357_20552781.jpg

いつも同じパターンではないようです。
e0224357_20562323.jpg

この地域では大きな卵塊は見られず、殆どが1,2卵ずつ産まれています。
卵表面の凹凸も小さく、産卵直後の様に綺麗ではないのであまり魅力的ではありません。



この日は風が強いものの天気も良く久しぶりの遠征を楽しみました。
しかし、夜に予定があったので夕食に間に合うようにいつもよりは相当早く帰宅しました。


-
[PR]

by konty33 | 2016-02-29 21:13 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)
2016年 02月 15日
ベニシジミの幼虫は寒くない?
2月13日
雨の予報でしたが目覚めると意外と晴れていたのでベニシジミの幼虫を探すことに・・・
自宅周辺の畑や荒れ地では見つからなかったので、近所の池の畔の荒れ地に行ってみました。
e0224357_211976.jpg

河津桜が咲き始めた池の土手やある程度雑草が刈られた荒れ地にギシギシやスイバが沢山ありました。
一番最初に見つけたのはスイバの葉の裏に静止した1cmにも満たない小さな幼虫でした。
e0224357_2151251.jpg

食痕や糞が見つかっても幼虫は見つからないことがあります。
葉を裏返すときなどに幼虫が警戒して葉からコロッと落ちてしまうからでしょう。
食痕を見つけたら・・・触らないでまずはルッキングが良いようです。
e0224357_2192785.jpg

このように葉の軸でじっとしている幼虫も多く見られました。
大きい幼虫ほど警戒心が強いのかカメラを近づけただけで転がってしまい撮影に至りません。
やっと撮影できても摂食中の撮影は難しいです。惜しい・・・
e0224357_21123810.jpg

幼虫の色は緑っぽいのから赤っぽいのまで色々ですが・・・・
食べている葉っぱの色とは関係ないのでしょうか?
真っ赤な葉を食べている?緑の幼虫が見つかりました。
e0224357_21155226.jpg

葉の表面を食べるようで、代表的な食痕はこんな感じです。
e0224357_21173951.jpg

この写真の株からは矢印の箇所から2つ見つかりました。
左の矢印の葉の裏と真ん中の矢印は幼虫が見えると思います。
e0224357_21184362.jpg

真ん中の矢印の幼虫を違う角度から撮影しました。
ちょうどお尻から糞が落ちるところです。
e0224357_2121983.jpg

大きな糞や食痕があると1株に3つ見つかることもありました。
1枚の写真に入れることは難しかったので・・・・
e0224357_21263568.jpg

この枯れ草に静止している幼虫は蛹化が近いのでしょうか?
e0224357_21245295.jpg



朝方の青空が嘘のように暗くなり、雨が落ちてきたので終了としました。
日差しはなくても比較的暖かでしたが、この時期に活動しても幼虫たちは寒くないのでしょうか?
[PR]

by konty33 | 2016-02-15 21:42 | 幼虫 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 11日
幼虫探しに填まり気味?
5月30日 続き
この日の夕方は少し移動して幼虫探索を楽しみました。
昨年は上手く見つけられなかったムモンアカシジミを探しました。
やっと見つけた幼虫は、まだ思ったより小さかったのですが、アリが周りにいたので分かります。
e0224357_213604.jpg

シャッター速度が上げられずいくら撮ってもブレるので思ったようには撮れません。
暗くて幼虫が小さかったので撮影は難しい状況でした。
LEDライトとストロボを併用したりしてやっとそれなりの写真が撮れた感じです。
e0224357_2139328.jpg

次に探したのはカラスシジミ、オナガシジミですが、残念ながら見つけられず・・・・・
仕方なくホシミスジのその後の成長ぶりを観察することにしました。
まだ、越冬幼虫からあまり成長していない10mm以下のものから・・・・
e0224357_21435780.jpg

随分大きくなった(20mm以上)もの・・・・・
e0224357_21455689.jpg

前蛹になりそうな大きさのものまで見られました。
e0224357_2146514.jpg

e0224357_21471078.jpg

この日は、これで暗くなってきたので終了にして、1週間後に再訪しました。


6月6日 順不同
1週間も経過するとホシミスジは幼虫に混ざって蛹も沢山見られました。
e0224357_21535351.jpg

先週見つけられなかったカラスシジミの幼虫もハルニレから見つかりました。
e0224357_21561176.jpg

横から見ると背中のダンダンが特徴的です。
e0224357_21562554.jpg


ハルニレにはエルタテハの幼虫もついていました。
e0224357_21585258.jpg

タテハの幼虫は個人的にはそんなに好きになれませんが・・・・よく見るとそれなりです。
e0224357_22363943.jpg

序にウスバシロチョウもハルニレに静止してました。
e0224357_22594127.jpg

あとはヤマキチョウの卵をいくつか見つけましたが、産卵の♀は見られません。
ここではミヤマカスシジミの幼虫も見つけられず、タイムアップとなりました。



午後3時過ぎからの探索にしては出来過ぎです。
この時期、成虫だけでなく幼虫も沢山いるので・・・
成虫が飛ばない時間でも明るいうちは探せるのでお勧めです。
[PR]

by konty33 | 2015-06-11 22:16 | 幼虫 | Trackback | Comments(4)
2015年 05月 24日
各種シジミチョウの幼虫探し
5月16日 つづき
幼虫探索の続きです。
この日のもともとの目的であったクロミドリシジミの終齢幼虫を探しました。
e0224357_167459.jpg

この時期はクヌギの大木の下の方に降りて来てくれるので、容易に見つかります。
e0224357_1673169.jpg

卵は産まないと思われる下の方の横枝にもいました。
e0224357_167515.jpg

コナラからはミズイロオナガシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1653273.jpg

コナラから巣もないのにウラナミアカシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_16104662.jpg


クロツバラからはミヤマカラスシジミの幼虫が見つかりました。
e0224357_1612455.jpg

ひとつ見つかると次々に見つかりました。
e0224357_1613121.jpg




本来ならば、ウラミスジやアカシジミなども見つけたかったのですが、見つけられませんでした。
平野部では既にゼフの成虫が発生していますが、幼虫探しも楽しいものです。
[PR]

by konty33 | 2015-05-24 16:31 | 幼虫 | Trackback | Comments(0)