「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:卵( 69 )

2017年 02月 19日
いつもの越冬卵探しも成果半減?
早咲きの梅は既に終わりかけですが、庭の梅は真っ盛りです。(2/19撮影)
e0224357_20550213.jpg
2月18日
春も間近だと思うのですが、久しぶりに山に行ってみるとやはりまだ冬でした。
なんとか辿り着いた場所でクルミの木からオナガシジミの越冬卵を探しました。
e0224357_19384364.jpg
枝はには氷の結晶もついていますが、気温はそれほどでもなく-3℃でした。
2卵、3卵とついていることもあります。
e0224357_19410539.jpg
e0224357_19411990.jpg
アップで見るとオナガシジミ独特の突起が確認できます。
e0224357_19453790.jpg
続いてクロツバラの枝の分岐に産み付けられたミヤマカラスシジミの卵塊を見つけました。
e0224357_19463768.jpg
ここではこのような卵塊がよく見られます。
逆光気味ですし枝が邪魔して近づけないので証拠写真です。
e0224357_19505858.jpg
トネリコからは綺麗なウラキンシジミの卵塊も見つかりました。
目線の高さなので直ぐに見つかりましたが、ピントが甘くてイマイチです
e0224357_19522343.jpg
ここでは初めてですが、林内にイボタがあったので見てみるとウラゴマダラシジミの卵塊も・・・
地面には雪が結構残っていました。
e0224357_19554649.jpg
ここまでは1時間足らずでしたが、ハルニレでカラスシジミを探したのが間違えで・・・・・
何も成果がないまま昼になってしまいました。
それでも思わぬところで見つけたユキヤナギにはホシミスジの越冬幼虫が沢山見つかりました。
e0224357_20010542.jpg
葉っぱが落ちない様に枝と葉柄がしっかりと糸で括られています。
この丸まった枯葉の中には5mmにも満たない黒い幼虫がいます。


この後、別の山に向かおうとしましたが・・・・・
道路は融けた雪が凍ってスタットレスでもコントロールが効かず、緩やかな斜面も登れません。
諦めて雪のない場所へ移動し色々とチャレンジしましたが全く成果はありません。

帰りに立ち寄った場所ではカシワからハヤシミドリシジミを見つけることが出来ました。
e0224357_20072862.jpg
夕方暗くなるまで頑張りましたが時間切れで他の種は見つけられませんでした。
オリンパスTG-3でも内臓のLEDを使用しここまで綺麗に撮れます。
e0224357_20111787.jpg
GX-7では精孔の中の模様まで綺麗に写せます。
ただ、深度合成では卵の周りが不自然になるのがイマイチです。
e0224357_20155793.jpg



日帰りでしたが・・・雪の中では足が冷たく、風が無くても陽がささないと結構辛く感じました。
足元の防寒対策を考え直した方がよさそうです。

今回はカラスシジミなどの卵が見つからないのが心残りです。
雪が解けてもう少し春らしくなったら、今年未だ見ぬ種の卵を探してみたいと思います。




-

[PR]

by konty33 | 2017-02-19 20:59 | | Trackback | Comments(0)
2017年 02月 06日
立春、汗をかきながら越冬卵探し
2月4日

暦の上でも立春ですから、これから少しずつ暖かくなる気配ですね。
自宅を出発した日の出前は氷点下でしたが、日中は汗ばむ陽気になりました。
今年は地元で殆ど見つからなかったので記事にもしなかったウラキンシジミの越冬卵を別の場所で探してみました。
現地について1本目のトネリコで・・・樹皮の裂けめを探すといきなり4卵見つかりました。
e0224357_21581399.jpg
かなりの高確率で卵が見つかりますが、1卵だけのことが多い様です。
e0224357_22012066.jpg
いづれも樹皮の裂けめで横向きに産み付けられていることも・・・・
e0224357_22014499.jpg
時にはツルツルの樹皮の小さな凹凸にも・・・・
e0224357_22051721.jpg
下の写真のような凹凸部分で・・・腰より下の高さで・・・直射日光が当たりにくい場所がポイントです。
赤矢印の部分から卵が見つかりました。
e0224357_22061604.jpg
こんな凹凸部からは卵塊も沢山見つかります。
e0224357_22103691.jpg
裂け目から見える卵は綺麗に一列に並んでいますが、寄生蜂にやられていました。
e0224357_22110434.jpg
根元付近の苔の中からも見つかります。
e0224357_22121202.jpg
もっと大きな卵塊もありました。
e0224357_22124883.jpg
暗いところなので、懐中電灯で照らしながら出ないと見落としが多くなります。
撮影用のライトとしてもLEDの懐中電灯が役立ちました。
e0224357_22131830.jpg
TG3では限界なので、GX7(スタッキング法)でもう少し拡大してみました。
深度合成が上手くいかず卵の輪郭のにじみが気になりますが・・・
e0224357_22171275.jpg
一見、2卵だと思ってよく見るとその奥にも卵が・・・・
e0224357_22194477.jpg
この卵塊も奥の方にいくつか卵が隠れていそうです。
e0224357_22230889.jpg
この卵塊は引いてみるとこんな感じのところにあり、最初は2卵だけに見えました。
e0224357_22271984.jpg
こんな感じでここのウラキンの卵は多く感じました。

次に向かった場所ではマンサクでウラクロシジミの越冬卵を探してみました。
e0224357_22305901.jpg
独特の冬芽の基部に通常は1卵ずつ産みつけられます。
時々複数卵も見つかります。
e0224357_22321481.jpg
何カ所かで探しましたが、あまり多くはないようです。
これも拡大しておきました。
e0224357_22332025.jpg
この後、アカシジミとウラナミアカシジミを狙いましたが、こちらは見つけられず・・・・
今年は今一つ運にも見放されているようです。(実力なんですが・・・・)



立春と言ってもまだまだ寒い日が続きます。
もう暫くはゼフの越冬卵探しが楽しめそうです。



-



[PR]

by konty33 | 2017-02-06 22:36 | | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 29日
久しぶりのプチ遠征
1月22日 
久しぶりにほんの少しだけ早起きして日帰りでプチ遠征してきました。
目的はゼフの越冬卵探しですが、いろいろな種の可能性はあるので五目狙いです。
まず探したのがミズイロオナガシジミです。
e0224357_22022289.jpg
たしか昨年ここではなかなか見つからず苦労しましたが、今回はすぐに見つかりました。
もう少し高倍率の写真も撮りました。
e0224357_22052602.jpg
表面が削れてしまい表面模様が変な卵もありました。
e0224357_22040095.jpg
次はコナラの冬芽でウラミスジシジミを狙いました。
e0224357_22100553.jpg
1卵だけでしたが・・・・
冬芽の間に挟まる様に産み付けられていたので、手前の芽をもぎ取って撮影しました。
高倍率で見てみると・・・・
e0224357_22160051.jpg
長い表面突起や小ぶりな精孔(micropyle ; 中央部 の凹み)の大きさかなどの特徴から種の特定が出来ます。

勿論、コナラの芽をきちんと探せばアカシジミが見つかる可能性もありますが・・・・・、
素早く沢山の冬芽を見ていくため見落としいるのか、今回は見つけられませんでした。

次に探したのは日当りの悪そうなコナラの下枝の分岐部からオオミドリシジミを探しました。
e0224357_22263339.jpg
高倍率で見てみるとウラミスジとは突起の長さなどの特徴が異なりますね。
e0224357_22261722.jpg
結局、かなり数は少なかったように感じました。
いつも見つかるのがこのゾウムシ・・・・寒い中でもしっかり枝に抱き着いていました。
e0224357_22341958.jpg
そしていつも見つかるアオクチブトカメムシらしき卵・・・・
e0224357_22293419.jpg



この時期にしてはとても暖かな日になり、寒さは全く感じませんでしたが、
年々クヌギやコナラの林が太陽光発電パネルに変わっていくのが気になります。
環境変化の影響もあるのか例年より卵の数は少ないように感じました。



-

[PR]

by konty33 | 2017-01-29 22:43 | | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 19日
小雪降るなかキリシマ探索
1月15日
今年一番の寒気に包まれ、珍しく2日続けて雪でした。
自宅付近では雪が降ることなど滅多にありませんが、日陰では薄っすらと雪が積もっていました。
近くの山に出掛けてみると・・・氷点下3℃・・・風はあまりありませんがとても寒く感じます。

運動不足を解消しようと今回も林道を歩くことにしました。
崖から沁み出した水が飛び跳ね、面白い形の氷が出来ていました。
e0224357_22555719.jpg
今回はいつもと違う場所でキリシマミドリシジミの越冬卵を探してみることに・・・
時々周りのひこばえを探しながら1時間ほど歩いたと思いますが、やっと雰囲気の良い場所に・・・・・
e0224357_22590209.jpg
アカガシの巨木もあり良い感じです。
しかし、簡単には見つかりませんでした。
ひこばえには冬芽が殆どなく・・・産卵に適した木がないのです。
もうダメかと思いましたが、何とか撮影する事ができました。
e0224357_23043059.jpg
e0224357_23052735.jpg
e0224357_23050076.jpg
寄生されている卵もありましたが、見つかって良かったです。
LUMIX GX7のスタッキングでも撮影しておきました。
e0224357_23090753.jpg
e0224357_23085467.jpg


結局、崖との格闘が空振りに終わり時間だけを費やしたため1.3万歩しか歩けませんでした。
この辺りはもう少し広範囲に探索したいので、ボウズ覚悟で歩いてみたいと思います。


[PR]

by konty33 | 2017-01-19 22:02 | | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 22日
コマツナギから見つかるミヤマシジミの越冬卵
11月13日
この日もとてもいい天気なのに時間が取れません。
所要の帰り道に少しだけいつもの河原に立ち寄り・・・
新システムで撮影したくてミヤマシジミの卵を探してみました。
この時期の卵はコマツナギの根元付近を探すと見つかります。
e0224357_22013992.jpg
あまり草が密集していない場所の方がよさそうです。
e0224357_22023252.jpg
太めの茎に産み付けられた卵が見つけやすいです。
TG3で拡大撮影したのが下の写真ですが・・・・
これはこれで気軽に撮影でき、まずまずの画質なので気に入っています。
e0224357_22035066.jpg
茎が裂けたところに産み付けられた卵です。
e0224357_22062321.jpg
この卵を新システム(LUMIX GX7mkⅡ+スタッキング法)で撮影すると・・・
e0224357_22075380.jpg
一段とシャープな写真になりますね。
e0224357_21160147.jpg
しかも、ファームウェアアップデートをダウンロードして自動的に深度合成した写真です。
シャッターを1回押すだけで後は全自動ですからTG3と同じくらい簡単ですが・・・
手持ちでは失敗する確率が高く上手くいきませんでした。
カメラのレンズ前に固定するように工夫して撮影しました。
下の写真はこのシステムを使用した一例(自宅で撮影用)ですが、今回撮影した時はもっと簡単な装備でした。
e0224357_20512477.jpg
前後左右の微調節はRRS社製のスライダ―で行い・・・
野外へこのシステムをこのまま持ち出し・・・
枝先の卵などを手前のクリップで挟めば・・・
ブレずにワンシャッターで撮影完了です。





ファームアップにより深度合成まで自動でやってくれるので大変重宝しています。
今シーズン活用したくてうずうずしていますが・・・・
このところ風邪が酷く、先週金曜から発熱が続き土日も自宅療養でした(笑)
なかなか治らないので体力の衰えを痛感しています。




-

[PR]

by konty33 | 2016-11-22 20:59 | | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 19日
ムモンアカシジミの越冬卵
3月12日 続き
この日の最後の狙いはムモンアカシジミの越冬卵です。
夕方、日暮れに間に合うかギリギリでしたが、意外と簡単に見つける事が出来ました。
e0224357_22503582.jpg

同じ木を探すと所々から1卵ずつ見つかります。
e0224357_2251289.jpg

造形は独特でとても魅力的なのが遠目にもわかるくらいです。
e0224357_225143100.jpg

近くの木も探してみると・・・・・別の木からも1卵見つかりました。
e0224357_22533683.jpg

いつものようにTG-3で目いっぱい拡大してみました。
e0224357_2254973.jpg

割とクリアーに拡大することが出来き、ディテールまでよくわかると思います。
ある程度満足できたので、もう1種欲を出そうとしましたが日没で終了です。



次の日は夜中に雪が降ったようで木の枝まで真っ白でした。
これでは卵探しはムリですね。
e0224357_22591065.jpg

午後に所要があったので諦めて帰る事にしましたが・・・・
帰り道でオオミドリを探そうと少し道草しましたが・・・・見つかりません。
ミズイロオナガシジミはありました。
e0224357_2343632.jpg

オオミドリがありそうな小枝の横の枯れ枝からアカシジミの卵が見つかりました。
e0224357_2391297.jpg

これもTG-3でアップで撮りました。
毛が少なかったのかカモフラージュは中途半端です。
e0224357_2394992.jpg

アカシジミとムモンアカシジミは卵の造形が全く違うことがよく分かります。



ムモンアカシジミの卵探しは初めての場所でも見つかったので嬉しかったです。
幼虫観察が出来たら面白いのですが・・・・
この夏の成虫シーズンも楽しませてくれそうです。




-
[PR]

by konty33 | 2016-03-19 23:23 | | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 14日
ジョウザンとハヤシは平年並み
3月12日
今年の越冬卵探しも終盤です。
不作の場所が多いので、もう少し各地を回ってみることにしました。
久しぶりに訪れた場所ですが、大きなミズナラから張り出した枝をチェックし
アイノミドリを探しましたが、高い場所まで届かず見つかるのはジョウザンミドリばかりでした。
e0224357_19395362.jpg

アイノを探すには貧弱な冬芽ですね。
e0224357_19402825.jpg

今年は何処へ行っても多いはずのジョウザンミドリシジミすらまだ見ていなかったので・・・・
見つかるのは嬉しいですが・・・・ジョウザンばかりでは・・・・。
e0224357_19415153.jpg

やはりこの場所でアイノが見てみたいと思い出来るだけ高く張り出した枝先を見るのですが・・・・
木が大きすぎて届くところは一番下の枝ばかり・・・・
若いことなら木登りもするのでしょうが今はムリです。
と言うことで・・・・またしてもジョウザンです。
e0224357_19435581.jpg

綺麗な卵を少しアップして写してみました。
e0224357_1944381.jpg

仕方なくコナラでウラミスジでもと思って探すのですが・・・・
コナラからもジョウザンばかりです。
e0224357_194749100.jpg

今シーズン初のジョウザンでしたが、アイノもウラミスジも見つからないと少しガッカリです。
もともとこれらは少ないポイントですから仕方がないかもしれません。


気を取り戻して・・・・カシワもあるのでハヤシミドリシジミも探してみました。
探しやすい幼木を見てみるとこちらはすぐに見つかりました。
e0224357_20142757.jpg

少しアップで見てみると綺麗な卵です。
e0224357_2015229.jpg

1年枝や冬芽付近で見つかることが多い印象ですが、意外と多く木の幹からも見つかります。
e0224357_20181852.jpg

数年枝の分岐にも多く見られます。
e0224357_20204445.jpg

e0224357_20211923.jpg

コンデジ(TG-3)にしては綺麗に撮れた卵です。
e0224357_20221883.jpg

こんな感じでハヤシミドリもジョウザン以上に沢山見つかりました。


ハヤシとジョウザン以外は全く成果なしでしたが、ここは平年並みだと思われ一安心です。
昼過ぎにはお腹も減って疲れたのでコンビニ経由で次の場所に移動しました。




-
[PR]

by konty33 | 2016-03-14 20:55 | | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 06日
ウラ〇〇シジミ3種の越冬卵探し
3月5日
とても暖かな日になり花粉が心配でしたが、この日も卵探しに出掛けました。
今回の狙いは・・・・マンサクの花も咲く頃なのでウラクロシジミです。
確実に見られると高を括っていましたが・・・・どう言う訳か見つかりません。
やっと見つけた貴重な卵です。
e0224357_2121115.jpg

マンサクは早春に黄色い可憐な花を咲かせるので今がマンサクを見つけやすいのですが・・・
雑木林の中では花も少なくこんな枯葉が目印になるかもしれませんね。
特徴のある冬芽を確認すれば他の種とは区別がつきます。
e0224357_2165784.jpg

マンサクの花と一緒に卵を撮影するのが狙いでしたが、肝心の花も卵も殆どありません。
e0224357_21161147.jpg

この分だと今シーズンは成虫の姿が見られるか心配になります。


次はトネリコの幹の凹凸部に卵塊で産卵するウラキンシジミの状況を見に行きました。
探しやすいのは手首~二の腕くらいの太さの木で、地面近くに凹凸がある木です。
e0224357_21272954.jpg

こんなところで見つかりますが、下の写真の下側の矢印は古い卵塊です。
e0224357_21322279.jpg

1~3卵ばかりで大きな卵塊はなかなかありません。下の写真は3卵です。
e0224357_21342954.jpg

老眼で細かなところは見えないので撮影して画像で確認していますが・・・・
こちらは暗くて写真の出来も悪く・・・4卵かな?
e0224357_2136437.jpg

木の根元付近には苔も生えていますが、そんな中にもあります。
e0224357_21412023.jpg

もう終わろうと思った時に大きな卵塊を見つけました。こんな綺麗で大きな卵塊は初めてです。
e0224357_21443448.jpg

拡大するとこんな感じですが、15卵あるように見えます。
e0224357_2147028.jpg


ウラクロ、ウラキンとくれば・・・今年探せてないウラナミアカを探すしかありませんね。
探していると良く見つかるのがミズイロオナガシジミです。
e0224357_21534884.jpg

e0224357_2154181.jpg

ウラナミアカシジミは難度が高いですが、それでも西日が傾きかけたころやっと1卵見つけました。
e0224357_21595842.jpg

クヌギの比較的小さな木でやせた枝でした。
e0224357_22252245.jpg

角度を変えるとカモフラージュの下の卵表面の点々も少し見えます。
e0224357_22263052.jpg

最後に古い寄生卵も見つけました。2つありますが何処にあるか分かりますか?
ヒント;毛に覆われていますよ。
e0224357_22111265.jpg




今回はウラ系?平地性ゼフ3種を探しました。
特にウラキンシジミの大卵塊は見事でした。
近場の日帰りとしてはまずまずの成果だったと思います。
花粉が飛ばなければもっと良かったのですが、帰宅したら目が真っ赤でした。



-
[PR]

by konty33 | 2016-03-06 22:29 | | Trackback | Comments(2)
2016年 03月 03日
ゼフの越冬卵探しを楽しむ
2月28日
前夜は少し雪が降りましたが、朝からはとても良い天気に恵まれました。
林道を抜けてそれらしきポイントに着くと・・・・この日も卵探し開始です。
まずは、前日不発に終わったオナガシジミで景気をつけようとクルミの枝を引っ張ります。
e0224357_21254311.jpg

初めての場所でしたが、意外とあっさり見つかりました。
毛が生えた1年枝の途中や冬芽の付近に産んであります。
e0224357_21281321.jpg

次にサクラに産卵するメスアカミドリシジミを探してみることにしました。
林内の小さなサクラを中心に探しますが、メスアカはそう簡単には見つかりませんでした。
e0224357_21302446.jpg

ひとつ見つかると付近にもあるような前向きな気持ちが出てきます。
細い枝の途中や・・・・
e0224357_21334069.jpg

枝も分岐も見なくてはいけません。
e0224357_21345760.jpg

いくつか見つけることが出来たので・・・少し春を楽しむことに・・・・
畑の土手にフクジュソウが咲いていました。
e0224357_21371266.jpg

今年は例年より相当早いと地元の方から話を聞けました。

次にジョウザンやオオミドリを探そうとコナラやミズナラを探しますが見つかりません。

そこで場所を少し移動しハヤシミドリシジミを探してみることにしました。
カシワの幼木を探すとこちらはすぐに見つかりました。
e0224357_21495684.jpg

オナガシジミと産卵位置が似ていますが、毛が生えた1年枝の途中や冬芽付近から見つかります。
e0224357_21501251.jpg

少し拡大すると綺麗な卵だと分かります。
e0224357_21513237.jpg

短時間に複数卵を撮影できました。
e0224357_21554570.jpg



まだ陽が高かったのでもう少し探そうかとも思いましたが、花粉症らしき症状が・・・・
酷くならないうちに帰途につきました。
例年より成果は低迷していますが、ギフチョウが飛ぶまでもう少し探してみたいと思います。




-
[PR]

by konty33 | 2016-03-03 22:02 | | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 01日
ゼフ卵探し不調に終わる
2月27日
今年はとても雪が少ないので、例年この時期には通れないような林道にも行けます。
今回はそんな山奥の産地でゼフ卵探しをしてみました。
朝から良い天気でとても気持ちが良いのですが、探し始めて1時間以上全く見つかりません。
林の中の空間に張り出したミズナラの枝先で・・・やっとアイノミドリシジミを見つけることが出来ました。
e0224357_21482595.jpg

さらにアップみると魅力的な造形が確認できます。
e0224357_2149881.jpg

こんな写真がコンデジで撮れるのですからカメラ技術も進んだものだと感心してしまいます。
この後暫く全く見つからなかったので場所を移動しましたが、途中の山並みがとても綺麗で目に沁みます。
e0224357_21535752.jpg


次のポイントはユキヤナギからホシミスジの越冬幼虫が沢山見つかりました。
枯れた葉しか写っていませんが、たたまれた巣の中に小さな幼虫がいます。
e0224357_21553034.jpg

ハンノキの幼木からはミドリシジミの卵も見つかりましたが、卵塊は見られませんでした。
e0224357_21572710.jpg

トネリコの幹の凹部からは少ないながらウラキンシジミの卵も見つかりました。
e0224357_223139.jpg

陽が当たらない影の暗いところなので写真が鮮明さに欠けますが魅力的な表面造形です。
e0224357_2233318.jpg

クロツバラからはミヤマカラスシジミの大卵塊も見つかりました。
e0224357_2265388.jpg

さらに場所を移動して・・・・
コナラの幼木からはウラミスジシジミの越冬卵が見つかりました。
e0224357_229677.jpg

綺麗な白い卵だったので・・・拡大すると特徴的な長い突起がよくわかります。
e0224357_22115712.jpg

面白いことに冬芽の基部ではなく、小枝の分岐部からも見つかりました。
e0224357_22132778.jpg

証拠の拡大写真です。突起の長さでそれとわかります。
e0224357_22153610.jpg



アッと言う間に一日が終了となりました。
個体数が多いと期待していたポイントで殆ど見つけられず夏の発生が心配されます。
各地を転々として、数は少ないながら5種類の卵と1種の幼虫が確認できました。
これだけ回れば本当は10種はいけたはずですがね・・・・トホホ・・・・


-
[PR]

by konty33 | 2016-03-01 22:26 | | Trackback | Comments(2)