カテゴリ:シロチョウ類( 41 )

2014年 10月 08日
ツマグロキチョウの秋型と夏型
10月上旬
台風が来る前にツマグロキチョウを撮影しようと出かけました。
秋型が少しだけ見られましたが、午後だったためか吸蜜はあまり見られず思うような絵にはなりませんでした。
e0224357_21431023.jpg

逆光から翅を透かして写したかったのですが、陽が弱すぎてダメでした。
春でもないのにタンポポとの組み合わせが面白くて撮影しました。
e0224357_21455834.jpg

葉の上に静止する面白味のない写真しか撮れずガッカリです。
e0224357_21465790.jpg


9月中旬には夏型が飛んでいました。
e0224357_21473372.jpg

この時は翅を透かして撮影できたのですが、個体の傷みが残念です。
e0224357_21482469.jpg

e0224357_2149734.jpg

この時はモンシロチョウの交尾も見られました。
e0224357_2152272.jpg

キタキチョウの交尾も見られ、交尾シーン好きなのでこれも載せておきます。
e0224357_21524131.jpg



ツマグロキチョウの秋型はとても好きなチョウですが、思うような写真になりませんでした。
個体数も少なく時間もなかったので撮影機会は少なかったです。
いよいよ本格的な秋の蝶のシーズンですが、今週末も台風が来るようで・・・・困ったものです。

by konty33 | 2014-10-08 22:02 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2014年 08月 21日
信州の高原でヤマキチョウに興奮
8月13日 続き
この時期になるとヤマキチョウの姿を見ない訳にはいきません。
この日は天気が回復したので絶好のチャンスと思い、例年とは違う場所で探索しました。

ヤマキチョウはアザミに取り付くと夢中で吸蜜しますが、ここはアザミが少なく1カットのみ。
e0224357_20394180.jpg

コウゾリナが圧倒的に多かったので、こちらは沢山撮影できました。
e0224357_20404914.jpg

逆光で撮れると美しいと思うのですが、日差しが弱めだったり角度が悪かったりで上手くいきません。
e0224357_20433823.jpg

逆光気味には撮れるのですが・・・・思うような角度では止まってくれず・・・・難しいですね。
e0224357_2047745.jpg

コンデジを使用してシラカバを背景に広角も撮れました。
e0224357_21391518.jpg

オトギリソウにも吸蜜するのですが、撮影機会は少ないです。
e0224357_20491821.jpg

そのうちに雲が多くなり、吸蜜モードから休止モードに急変です。
e0224357_2051849.jpg

何回驚かして飛ばしても他の葉裏に隠れてしまいます。
ここまでは♂ばかりでしたが、♀を探すと曇り空の下でも吸蜜してくれました。
e0224357_20531966.jpg

オニユリに吸蜜しろと願ったら・・・・意志が通じたようでした。
e0224357_20534369.jpg

しかし、流石に曇り空が続くと♀も休止モードになってしまいました。


場所を移動したら天気が回復し、そこでもヤマキチョウを見ることができ驚きました。
♀を追いかけるように飛ぶ♂です。
e0224357_20584583.jpg

トリミングしていますが、♂は♀の上に乗るようになったので交尾するかと思いましたが・・・・
♀はお尻を上げて求を愛拒否しているようです。
e0224357_2103758.jpg

こんなシーンを目の前で2回も見ることが出来ました。
目の高さを♂♀が暫く飛んでいましたが、♀がいきなり下草に降り、そこへ♂が上から乗りました。
下の写真は、この状態で暫く静止していた珍しいシーンです。(100mmマクロでほぼノートリ)
e0224357_214282.jpg

♂も♀もこの後どうしていいのか困ってしまい、固まっているように感じました。
当然かもしれませんが、交尾には至りませんでした。
ここでもユリの吸蜜が観察できましたが、ボタンズルの吸蜜は初めて撮影しました。
e0224357_2171496.jpg


8月11日 続き
さて、以前ヤマキチョウの幼虫を紹介しましたが、蛹の探索にも注目しておりました。
幼虫を観察した場所で、遂に蛹が見つかりました。
しかも、翅の模様が浮き出ているではありませんか。
翌日(12日)に羽化するのではと雨の中見に行きましたが、羽化しませんでした。
e0224357_21171291.jpg

もう一つ蛹が見られましたが、こちらはまだ模様が見えませんね。
e0224357_21194370.jpg

結局、羽化シーンは見ることが出来ず残念です。



今回は初めての場所(しかも2箇所)でヤマキチョウの成虫を見ることができ、その美しさを堪能しました。
通常の吸蜜シーン以外に、珍しい求愛シーンの写真も撮れたので大変満足するとともに興奮しました。
羽化しそうな蛹も見つかったので、羽化シーンが見られれば完璧だったと思います。
次回はヤマキチョウを堪能した帰り道での出来事をご紹介します。

by konty33 | 2014-08-21 21:35 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(10)
2014年 07月 30日
ミヤマシロチョウの吸蜜観察
7月20日 続き
昨年と同じ日にミヤマシロチョウの様子を覗いてみることにしました。
昼頃でしたが歩き出すと急に雨が降りだしたので、傘を差しての山歩きです。
生息地に到着し雨が上がり少し空が明るくなると・・・ミヤマシロチョウが飛び始めました。
e0224357_2128249.jpg

ここではウツボグサが大人気でした。
e0224357_21295138.jpg

新鮮な個体を選んで掲載しようとすると意外と写真がありません。
e0224357_21315072.jpg

♀も少しだけ見ることが出来ました。
e0224357_21323130.jpg

♀は鱗粉が少なめで青白く見えます。
e0224357_21343192.jpg

e0224357_21351322.jpg

青空がから陽がさし始めると飛ぶ個体数も増えてきました。
e0224357_2136513.jpg

コンデジですが広角でも何カットか撮影してみました。
e0224357_21365875.jpg

e0224357_21391428.jpg

天気も不安定で短時間の観察でしたが、そのせいか交尾や産卵には出会えませんでした。
しかし、ミヤマシロチョウの幼虫を教えて貰いました。
e0224357_21482616.jpg

お世辞にも可愛いとは言えませんが・・・・この大きさの幼虫は初めて見ました。
少し蛹も探しましたが、見つけることが出来ませんでした。


この日の午前中に撮影した写真の続きも少し掲載しておきます。
新鮮なコヒョウモンモドキは今年は諦めていましたが、撮影することが出来ました。
e0224357_21511848.jpg

個体数は少なく撮影機会はあまりありませんでしたが、新鮮個体が嬉しかったです。
e0224357_21513737.jpg

ここでは毎年出会うことが出来るフタスジチョウですが新鮮さに欠けました。
e0224357_21533982.jpg



ミヤマシロチョウの生息する山の天気は不安定でしたが、比較的気軽に出会えるのは嬉しいことです。
体力が急速に低下しているので、なるべく歩くように心がけたいと思いました。
この後さらに次のポイントへ急ぎました。

by konty33 | 2014-07-30 21:59 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(8)
2014年 06月 03日
今年3度目のクモマツマキチョウ
5月31日
今年は既に2回クモマツマキチョウを狙って出かけていますが、満足に観察できていません。
気が焦ってフライング気味なのが原因ですが、凝りもせずにまた南アルプスへ出かけてきました。
まず、迎えてくれたのはシロダヌキでした。
e0224357_2125543.jpg

この日はとても気温が高く、汗が滲みのどが渇き急速に体力が消耗します。
突然、目の前にオレンジが飛びましたが、止まる気配もなく行ってしまいました。
暫くすると戻ってきましたが、飛翔撮影しかないと考え苦手を克服すべく頑張りました。
e0224357_21321016.jpg

相変わらず上達していませんが、背景も汚いのはお許しください。
e0224357_21334845.jpg

こんな写真を撮りながら歩いているとハタザオで吸蜜するシーンにやっと出会えました。
e0224357_21372292.jpg

この個体は、かなり小さくシジミに近い感じで飛び方もせわしなくゆとりが感じられませんでした。
その後も何回か吸蜜シーンに遭遇しますが、吸蜜時間が短く近づくことすら出来ません。
撮影機会が少ない中で、♀も何とか吸蜜シーンを撮影できました。
e0224357_21415569.jpg

スミレの方が吸蜜機会が多かったかもしれません。
e0224357_21441757.jpg

♀のスミレ吸蜜も1回だけチャンスがありました。
e0224357_2145927.jpg

気温が高いせいかとにかく飛び回り吸蜜してくれません。
散々追いかけたり、歩き回ってヘトヘトになっていると・・・・
雲が出てきて時々日差しが遮られる様になり・・・・いきなり休止モードになることがありました。
e0224357_21501154.jpg

♂も休止モードになるとオレンジ目立たなくなり生き生きした感じがなくなります。
e0224357_21511056.jpg

しかし、陽が照りだすとまた飛び出し、運が良いと吸蜜してくれます。
e0224357_21532313.jpg

今回は、どうゆうわけか吸蜜シーンで半開翅してくれません。
これもかろうじて前翅紋の三日月が見える程度です。
e0224357_2284465.jpg

100mmマクロでも飛翔にチャレンジしてみました。(トリミングしてあります)
1列に並んだハタザオにピントを合わせ連射したのですが、これは吸蜜する素振りが感じられますね。
e0224357_21542782.jpg

ハタザオに産み付けられた卵もありましたので貼っておきます。
e0224357_22121013.jpg

e0224357_22124037.jpg




見られれば良いくらいに思って出かけましたが、期待を越える成果でした。
構図の整った思い通りの写真は撮れませんでしたが、満足の一日でした。
今回はずっと歩きっぱなしで体力の限界を感じましたが、ただ待つよりは楽しい時間でした。
もう今年はチャンスがないかもしれませんが、来年に向け鍛えないとダメですね。

by konty33 | 2014-06-03 22:17 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2014年 05月 19日
南アルプスのクモマツマキチョウ
5月17日
とても綺麗な新緑やアルプスの残雪に加え、澄みきったな青空を眺めながら歩くのは気持ちが良いものです。
寒気が入った前夜は強風でしたが、この日は朝から風も治まり絶好のオレンジ日和でした。
今年の冬は雪も多かったし発生状況を心配しながら、クモマツマキチョウの様子を見に行ってきました。


ポイントに向かう前に少し寄り道して、アルプスを映す池やツツジを撮影しました。
e0224357_21365035.jpg


ポイントに到着しても午前中はキベリ、エル、スジボソヤマキなどの越冬蝶のみで、スジグロシロチョウも飛ばない状況でした。
石灰岩の岩に咲くシナノコザクラを撮影したりして時間をつぶします。
e0224357_21524961.jpg

この花とクモマツマキはいつもセットなんですが・・・・・この日はこれで終わりそうです。
e0224357_215439.jpg

あっという間に午後になり、諦めて帰るかどうか判断に迷っていると・・・・・・
突然飛んで来て目の前の斜面にひとつだけあったハタザオの花で吸蜜してくれました。
e0224357_2155353.jpg

午後は風が強かったのでピントが合わず、そこそこ見られるのはこの1枚くらいです。
一枚だけでは寂しいのでもう少しだけ・・・・・ピントが甘いです。
e0224357_21594732.jpg

この時は吸蜜が終わっていましたが、風が強かったのでしがみついていた感じです。


他に新生蝶はミヤマセセリくらいでしたが撮影もできず、
帰り際にやっとスジグロシロチョウを撮影することが出来たような状況でした。
e0224357_2295981.jpg



気温も高く木々の芽吹きは十分なのに、ハタザオZ(食草)の成長は遅れているように感じました。
結局、このワンチャンスの出会いだけでしたが、気持ちの良い一日でした。
ご一緒した皆さんありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-19 22:16 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(12)
2014年 05月 08日
ツマキチョウも魅力的
5月上旬
今年のGWは遠征の合間に地元の里山に出かけて、身近なチョウ達と遊ぶことができました。
一番最初に遊んでもらったのがツマキチョウです。
いつも飛び回り静止しない印象のこのチョウもマツバウンランによく吸蜜していました。
e0224357_212556.jpg

コウゾリナのような黄色い花でもよく吸蜜していました。
e0224357_21305270.jpg

e0224357_21312131.jpg

タンポポに吸蜜する♀も長い間吸蜜していました。
e0224357_21362260.jpg

産卵シーンも多くみられました。
e0224357_2137875.jpg

違う種類の草でも産卵していました。
e0224357_21385281.jpg

e0224357_21392158.jpg

卵もコンデジで撮影しておきました。
e0224357_214217100.jpg

もう少しアップで・・・・。
e0224357_21465523.jpg

すぐ横ではキチョウが産卵していました。
産卵シーンは逃しましたが、ツマキチョウとの卵の違いを確認しました。
e0224357_21471398.jpg


サカハチチョウの春型もウツギで見ることができました。
e0224357_21524653.jpg

トラフシジミもタニウツギに来ていました。
e0224357_21545135.jpg

アザミにはアカタテハが吸蜜していました。
e0224357_21564436.jpg

コミスジも発生しているようで、各所で見られました。
e0224357_2204863.jpg



身近なチョウですが、随分種類も数も増えてきました。
遠征ばかりしないで、今年は少し地元にも目を向けたいと思っています。

by konty33 | 2014-05-08 22:10 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(12)
2014年 05月 06日
目の前を飛翔するクモマツマキに感動
5月3日
少し気が早いかもしれませんがクモマツマキチョウの様子を見に行きました。
朝から暖かく天気が良かったのでアルプスの山々や風景写真を撮りながらのんびりと移動しました。
e0224357_226836.jpg

e0224357_2282962.jpg

ゆっくりし過ぎてしまい、現地に到着したのは10時ごろでした。
ポイントに到着すると「ネイチャーKENDAMARの歳時記」のKENDAMARさんにお会いすることができました。
いろいろとこの地の状況をお聞きし、クモツキの撮影は殆ど諦めモードで待っていると・・・・・
クモマツマキチョウが谷を降りていくのが見えました。
何回目かにスジグロシロチョウと戯れてくれたので、100mmマクロで飛翔を撮影できました。
e0224357_22102624.jpg

ピントは甘いですが、kontyにとってはこれでも上手くいった方なのでお許しください。
e0224357_22124451.jpg

これらの飛翔写真は、全てトリミングしてあります。
e0224357_22131413.jpg

この時だけしかチャンスがなかったので同じような証拠写真ばかりですが、背景にキブシが写っていたものもありました。
e0224357_22142624.jpg

これまでここでは残雪が多かったり、寒過ぎたりとクモツキを見られなかったので今回は良かったです。
しかし飛翔を撮るなら・・・広角を持っていくべきだったと少し後悔しています。


ここはスギタニルリシジミも多く、クモツキを待っている間に撮影しました。
e0224357_22193410.jpg

何頭か給水に集まってこないかと思いましたが、意外と落ち着きがなくルリシジミとの2ショットが限界でした。
e0224357_2221663.jpg

キブシに吸蜜するスギタニも見られましたが、狙った感じには撮れませんでした。
e0224357_22221527.jpg

キブシにはシータテハも吸蜜に来ていました。
e0224357_2223144.jpg

e0224357_22232992.jpg

下から見上げる角度で少し青空を背景に入れてみましたが・・・・これも面白いと思います。
e0224357_22251781.jpg



帰りの道中も6時間以上はかかるので早々に帰途につきました。
吸蜜こそ撮れませんでしたが、今年は早い時期に運よくクモツキが見られて嬉しかったです。
KENDAMARさんには色々とご指導いただきありがとうございました。

by konty33 | 2014-05-06 22:42 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(14)
2013年 10月 01日
透けた翅が美しいツマグロキチョウ秋型
9月29日
撮影対象が少なくなってきたこの時期に見たいのが、秋型のツマグロキチョウです。
翅の先が尖った秋型は、子供の頃にキチョウに混じって飛んでいるのを見つけるととても嬉しかった思い出があります。
舗装された道路と歩道の継ぎ目に生えるヒメクマツヅラのような花に吸蜜しているのを見つけました。
e0224357_20561627.jpg

背景にフェンスのネットや人工物が入らないように気を使いました。
e0224357_2128213.jpg

日中は、なかなか静止してくれず、吸蜜のタイミングが撮影チャンスです。
センダングサにも吸蜜してくれましたが、敏感で簡単には撮影させてもらえません。
e0224357_213348100.jpg

順光よりも翅が透ける逆光の方が雰囲気が出ます。
e0224357_21351411.jpg

手前の草をかき分けて、チョウに気がつかれないように近づきます。
e0224357_21352993.jpg

手前の花に止まってくれたのですが、手前の草が邪魔でバリアングル撮影ですが上手く行きました。
秋の柔らかな日光を受けて透ける翅の雰囲気が好きです。
e0224357_21354816.jpg




家内が買い物中の1時間半くらいの間に、ツマグロキチョウの観察が出来ました。
いろいろな生態を確認するには時間が短かすぎましたから、今度はゆっくりと観察してみたいと思います。

by konty33 | 2013-10-01 22:01 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(8)
2013年 08月 25日
探索の成果なく・・・・ヤマキチョウなど
8月11日 
ゴマシジミを堪能したあと「蝶の玉手箱」のcactussさんらとチャマダラセセリの探索に行きました。
何人かの同士もいらして一通り探しましたが暑さですぐにバテて、自然に狙いがヤマキチョウに向いていました。
ユリの花粉が翅についたヤマキチョウ♀がナデシコに吸蜜していました。
ナデシコの吸蜜時間は短めで、近くのナデシコにどんどん移っていき追いかけながらの撮影は大変です。
e0224357_013854.jpg

すぐ近くの斜面では、ススキに埋もれたクルマユリに♂が吸蜜していました。
徐々に邪魔なススキを取り払ってなんとか撮影しました。
e0224357_04731.jpg

こちらも暑さでバテ気味となり、早々に木陰で昼飯となりました。

この後、場所を変えてチャマの探索をしましたが、全く成果なしでした。
居たのはジャノメチョウの交尾くらいです。
e0224357_072559.jpg


8月12日 
前日に引き続いてゴマシジミを撮影した後、探索モードも成果なく一日を終えました。
イチモンジチョウでも貼っておきましょう。
e0224357_0453762.jpg

e0224357_0455341.jpg

夜は、天の川もくっきり見える満点の星空で、ペルセウス座の流星群を堪能しました。

8月13日
この日も探索モードで各地を回り、初めての場所でアカセセリを見つけました。
e0224357_0173511.jpg

e0224357_0175375.jpg

他にはイチモンジセセリくらいしか居ないので、数は少なそうです。
e0224357_0181383.jpg

何年か前までは、ゴマシジミもいたとのことで探したのですが、ウラナミシジミしかいませんでした。
この時期に信州の高原に居るとは思いませんでしたから、間違えそうになりました。
e0224357_0232482.jpg

ヒョウモン類も非常に少なく、他には定番のジャノメチョウくらいです。
e0224357_024864.jpg


あまりにも成果が少ないので、別のヤマキチョウの生息地に行ってみました。
現地にと到着すると・・・・早速、ヤマキチョウのお出迎えです。
e0224357_0261836.jpg

♂しか見あたりませんでしたが、透かしてみると黄色が綺麗ですね。
e0224357_0265655.jpg

ススキの中のアザミに吸蜜すると背景が処理できず、全く違った印象になります。
e0224357_029980.jpg




チャマは毎年生息数が少なくなっているようで見つかりませんでした。
ヤマキチョウは各地で観察できたので良かったですが、今年の夏は暑さが堪えます。
いろいろな使命をもって各地を探索しましたが成果がなく・・・・もう数日信州に居たかったです。
夏休み後半は、家庭サービスでしたが、家では暑くて寝られず、ハードスケジュールで少々疲れ気味です。
やはり、フィールドに行かないと元気が出ませんね。

by konty33 | 2013-08-25 00:47 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2013年 07月 25日
ミヤマモンキチョウの吸蜜など
7月20日 つづき
ミヤマシロチョウを撮影した後、山を越えてミヤマモンキチョウの様子も見に行きました。
山頂から下山を開始するとすぐにミヤマモンキチョウが飛んでいるのが目に入りました。
e0224357_22523766.jpg

この日は、比較的腰痛の調子が良かったのですが・・・・
このころには、流石に疲れで痛みが出てきて、休み休みただ降りてきただけですが、
なんとか綺麗な個体の撮影が出来ました。
少し逆光気味に撮影するとミヤマモンキらしい感じがして好きです。
e0224357_22555320.jpg

天気が良すぎてなかなか止まらないのですが、吸蜜していた個体がそのまま静止していることもありました。
e0224357_22573182.jpg

広角でも撮影するチャンスがありました。
e0224357_22575620.jpg

♂は結構多いのですが・・・♀は下山道にはあまり現れませんでした。
一度目の前で産卵行動をとりましたが、カメラを構えると産卵せずに逃げてしまいました。
個体の多い場所にも行きたかったのですが、腰痛のため無理をするのは諦めました。

その他に多かったのはフタスジチョウです。
e0224357_234130.jpg

新鮮な個体も多く、久しぶりに100mmマクロで撮影した気がします。
e0224357_2341013.jpg


空には巻積雲(うろこ雲)が見られ、遠くに北アルプスも綺麗に望めました。
e0224357_236593.jpg

下山途中では、新鮮なゴイシシジミにも出会えました。
足に生えている毛が可愛いんですね。
e0224357_2371047.jpg

ヒメキマダラヒカゲは沢山足下に飛んでいましたが、じっとしてくれて撮影しやすいのはこんな場面です。
e0224357_2385849.jpg

コヒョウモンは既に擦れていましたが、可愛くて良いですね。
e0224357_2395860.jpg



他にもクロヒカゲ、コチャバネセセリなどは凄く多く見られました。
ミヤマモンキチョウ♀が撮影出来たなっかのは残念でしたが、涼しくて楽しいひとときが過ごせました。
この後、下界に降りたら凄く暑くて・・・・・どっと疲れが出ました。

by konty33 | 2013-07-25 23:27 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(10)