カテゴリ:シロチョウ類( 41 )

2017年 09月 28日
地元で秋のチョウを探索
9月24日 続き
そろそろツマグロキチョウの秋型が発生していると思い探してみました。
まず見つけたのは湿った地面で吸水している個体でした。
e0224357_22150296.jpg
次のポイントでは・・・
活動している個体数は極めて少ない様子でしたが・・・・
ヤハズソウで吸蜜するツマグロキチョウを捉えることが出来ました。
e0224357_22101364.jpg
しかし、曇りがちな空模様の為か・・・・・
すぐに休止モードにななってしまいました。
e0224357_22135849.jpg
他には特に目ぼしいチョウも見られませんでしたが・・・・
ツマグロヒョウモンはよく見かけました。
e0224357_22244689.jpg
定点観察場所とも言えるいつもの場所でミヤマシジミの様子を確認しました。
成虫も少ないながら見られましたが・・・・
e0224357_22025581.jpg
コマツナギの根元から・・・・
初めて蛹を見つけることが出来ました。
アリが周りをウロウロと監視していました。
e0224357_22023894.jpg
幼虫は簡単に見つかる様になりました。
e0224357_22050065.jpg
幼虫を見つけるには、アリの動きの観察が早道の様です。
e0224357_22072738.jpg
アリが襲っているように見えますね・・・
e0224357_22091190.jpg
近くではメドハギにキチョウが産卵していました。
e0224357_21305017.jpg
ヤナギの木には擦れたコムラサキが群がるシーンも・・・
e0224357_21263566.jpg
イチモンジセセリは多くなりキマダラセセリも見られました。
e0224357_21284872.jpg
いろいろなチョウを撮影して自宅に戻ると・・・・・
陽も傾き薄暗くなりかけているのに・・・
庭のノウゼンカズラにモンキアゲハが吸蜜していました。
e0224357_21313243.jpg
最後にこの日撮影したチョウをコラージュにしてみました。
既に傷んだ個体が多いですが、いろいろなチョウに出会えました。
e0224357_22013763.jpg
イチモンジセセリ、ヒカゲチョウ、ナガサキアゲハ
ヒメアカタテハ、ヒメジャノメ、カラスアゲハ
チャバネセセリ、ベニシジミ、モンキチョウ


秋の一日をのんびりと楽しむことが出来ました。
日ごろは、出来るだけ綺麗なチョウの写真を撮りたいと思っていますが、
今回は擦れた普通種も記録として掲載してみました。




-




by konty33 | 2017-09-28 22:15 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 09月 13日
今シーズン最後のヤマキ
9月3日
この日の目的は、今シーズン最後のヤマキチョウ観察でした。
天気もまずまずなので・・・間違いなく複数見られると思っていましたが・・・
意外と個体は1♂だけ・・・先行の方々に教えてもらいやっと撮影できました。
e0224357_22155614.jpg
夢中に吸蜜いているので全く逃げません。
e0224357_22165857.jpg
少しアップで・・・・
e0224357_22205043.jpg
そして広角でも・・・・・
e0224357_22215806.jpg
後でゆっくり撮れば良いと他の蝶を撮影していたら・・・
意外と早く14時ごろには休止状態になってしまいました。
e0224357_22193446.jpg
ここではスジボソヤマキチョウもいました。
e0224357_22225272.jpg
逆光で翅を透かせると綺麗ですが、ヤマキチョウと比べると翅の質感の違いが分かります。
e0224357_22245692.jpg
順光でも・・・・
e0224357_22270185.jpg
♀もいましたが、ヤマキチョウとは似て非なるものですね。
e0224357_22280696.jpg
スジボソヤマキチョウはヤマキチョウより活動時間が長く、帰る時間になっても
ずっと吸蜜していました。



まだ天気がよければもう少し見られるとは思いますが・・・
暫くは遠征に行く暇がないため、今シーズン最後としました。






by konty33 | 2017-09-13 08:17 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)
2017年 09月 10日
やっと見つけたクジャクチョウ
9月3日
日帰りで信州まで行ってきましたが、滞在時間は2時間だけ・・・
昨年から激減して見かけなかったクジャクチョウをやっと撮影できました。
e0224357_20330121.jpg
夢中でアザミに吸蜜していますが、なかなか開翅せず・・・・
陽が翅表前面に当たるまで随分粘りました。
e0224357_20342709.jpg
翅の裏は真黒で・・・表とは全く違うのがよく分かります。
e0224357_21200438.jpg
たった1頭でしたが、アザミの周囲から離れない様子でした。
e0224357_21230067.jpg
他にもいろいろいましたが・・・
高原なのでシータテハかと思ったら・・・キタテハでした。
e0224357_21284118.jpg
メスグロヒョウモン♀は沢山いました。
e0224357_21295864.jpg
いろいろな花に吸蜜していました。
e0224357_21302754.jpg
e0224357_21310487.jpg
この時期でもジャノメチョウの交尾がいました。
よく見ると・・・交尾しながら♂♀ともに吸蜜していました。
e0224357_21362368.jpg


いつの間にか9月になってしまいました。
例年の半分くらいしかフィールドに出ていない気がしますが・・・
今シーズンも残り僅かなので時間を見つけてフィールドに出たいと思います。




-


by konty33 | 2017-09-10 22:12 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 03日
ヤマキチョウ探索
8月26日
このところ天気も回復し残暑が厳しい毎日です。
ヤマキチョウをあまり見ていないので今回は何とか見てみたいと思いました。
最近草原が荒れてしまい数が激減している場所へ行ってみました。
探しまわってやっと1♀が姿を見せてくれました。
e0224357_20262677.jpg
いきなりミドリヒョウモンとの2ショットでしたが・・・
次はヨツスジハナカミキリとの2ショット・・・
すぐ隣でカミキリが動いても動じず・・・このあとカミキリが逃げていきました。
e0224357_21302630.jpg

このチョウは逆光で翅を透かせて見るのが好きです。
e0224357_20293546.jpg
翅脈が綺麗に見えるのも素敵です。
e0224357_20314910.jpg
だれもいないフィールドで飛んでも遠くへ逃げていくこともないので・・・
いつまでも撮影を続けられます。
すぐ近くではスジボソヤマキチョウ♂もいました。
e0224357_20350485.jpg
e0224357_20364803.jpg
他にも確認したい場所がありましたので、適当に切り上げました。
もう一つの場所ではすぐに見つかりましたが、こちらのヤマキチョウも♀でした。
e0224357_20405428.jpg
翅を透かして見える位置に移動しますが・・・・
意外と敏感で・・・何回もチャレンジしてやっと撮れた写真です。
e0224357_20415433.jpg
e0224357_21320586.jpg
落ち着くと広角でも撮影できます。
e0224357_20435069.jpg
ここで活動時間は終了のようで・・・・
これ以外の個体が確認できませんでした。

<特別編>
夏休みには雨のやみ間にこんなシーンも撮影できました。
蛹の羽化殻が隣に写った・・・・夜中に羽化した翌朝の撮影です。
e0224357_20535634.jpg
この蛹は終齢幼虫の食痕のすぐ近くで蛹化した様で・・・
枝先の葉が軸を残して食べられています。
e0224357_21355725.jpg



この夏は天気にも恵まれず、フィールドに出る回数も少なかったので
ヤマキチョウの成虫はあまり観察できていませんが・・・
今回何とか確認できて良かったです。







-


by konty33 | 2017-09-03 21:55 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 08月 12日
ヤマキチョウの羽化始まる
8月6日
この週末は会社行事などで1日しかフィールドに出られませんでした。
時間がない中、様々な計画が頭をよぎりますが・・・
結局、朝一はヤマキチョウの蛹探しからスタートしました。
e0224357_20201635.jpg
昨年沢山見られた場所では殆ど見つからず・・・
今年早い時期から観察しているクロツバラは見つかりました。
e0224357_20215605.jpg
どれも既に羽化直前の様子で・・・
透けて成虫の翅の紋などが見えます。
e0224357_20225753.jpg
これまでの観察では終齢幼虫時の台座近くで蛹が見つかりましたが・・・
クロツバラの葉以外についている羽化殻も見つかりました。
羽化殻があるということは成虫も近くにいるはずです。
e0224357_20243060.jpg
蛹や羽化殻は昨年以上に見つかりました。

狙いはあくまで羽化直のぶら下り探索ですが・・・・
またしてもぶら下がりは見つけられませんでした。
代わりに昨日ぐらいに羽化してクロツバラの下に佇んでいた♀は見つけることが出来ました。
e0224357_20271478.jpg
もう1日タイミングが前後にズレていれば・・・・と悔やまれました。
その後、別の目的を済ませて近くの草地に行ってみると・・・・
♂の吸蜜シーンを見ることが出来ました。
e0224357_20304783.jpg
ヒルガオの花の中に潜って吸蜜後、出てきて飛び出す瞬間を撮影しました。
e0224357_20301426.jpg
逆光を狙って位置を撮ろうとしますが・・・・
意外と敏感で上手く撮れませんでした。
e0224357_20330098.jpg
コウゾリナやヒメジョオンの吸蜜が多い様でしたが・・・
アザミと比較して吸蜜時間は短めでした。
e0224357_20362969.jpg
少し陽が陰るとすぐに休止モードになってしまいました。
e0224357_20365198.jpg
この草原ではスジグロチャバネセセリも見られました。
e0224357_20400251.jpg
ヘリグロはかなり傷んでいましたが、スジチャ♀は新鮮そのもの・・・
e0224357_20402023.jpg




ヤマキチョウは同地域で朝一と昼前に観察しました。
羽化が始まっていますのでこれから数が増えることを期待しています。
それにしても昨年に続いて・・・羽化タイミングが週末と合いません。





-


by konty33 | 2017-08-12 16:08 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 08日
モデルになってくれたオレンジに感謝
6月3日
朝起きると快晴・・・気温は8℃でしたがそれほど寒さは感じませんでした。
山々の残雪もだいぶ減り、緑が濃くなった印象です。
南アルプスのクモマツマキチョウを狙って有名ポイントに向かいました。
最初に撮影できたのは♀でした。
e0224357_21452821.jpg
慌てて連写すると飛び立つ瞬間も写っていました。
e0224357_21461149.jpg
暫くすると♂も姿を見せ良く吸蜜してくれたので何カットか撮影できました。
e0224357_21475109.jpg
こちらも飛び立つ瞬間を捉えました。
e0224357_21492117.jpg
お気に入りの構図ではなかなか撮影させてもらえませんが・・・
背景のハタザオがなんとなく映り込み、スッキリとしたまずまずの構図です。
e0224357_21505066.jpg
同じシーンを少しだけ角度を上からに変えるとこんな感じです。
e0224357_21533562.jpg
この時は随分長い間吸蜜してくれましたので、少しずつ角度を変えて撮影できました。
e0224357_21564655.jpg
こんな時間的に余裕がある撮影は滅多にありません。

これだけ撮れただけで気持ちに余裕が・・・・
それにとても清々しい気候で・・・
また飛んでくるのを待つ間も・・・気分は最高でした。

その後も何度か2頭が入れ替わりながら吸蜜を繰り返し良いモデルになってくれました。
e0224357_21585552.jpg
下の写真を後から確認したら蕾の茎に卵(矢印)が付いていることに気づきました。
e0224357_22003960.jpg
♂は吸蜜に夢中で♀と出会ってもしつこく求愛することはなく・・・・
この日の♂は色恋より食欲の方が勝っているようでした。
e0224357_22325239.jpg
このチョウは半開翅が似合うと思うのですが・・・・
強い風が吹くときは翅を閉じたり横倒しになり好みの絵になりません。
e0224357_22103826.jpg
雲が日差しを遮ると・・・・
2本の触覚をピンと揃えて翅を固く閉ざし完全休止モード・・・・
どんなに風が吹いても必死に掴まっていました。
e0224357_22262506.jpg
雲が移動し陽が差すと日光を体いっぱいに浴びる様に開翅し、触覚も広がりますが・・・
ストロー(口吻)はたたんだままで・・・暫くすると飛び立ちました。
e0224357_22135043.jpg
違うシーンですが・・・上からの写真も掲載しておきます。
e0224357_22150969.jpg


この日は風が強めだったので揺れて写真の歩留まりは最悪でしたが・・・
シャッターだけは沢山切ることが出来ました。
目の前を悠々と飛翔するオレンジが目に焼き付いて離れません。
昼過ぎに雲が広がってきたので成果に満足して早々に帰途につきました。

現地でご一緒した皆さん・・・どうもありがとうございました。


-


by konty33 | 2017-06-08 20:47 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 27日
最高の日和にオレンジのリベンジ果たす
5月19日
この日は絶好のクモマツマキチョウ日和でした。
気温も上がりそうなのでいつもより早めに到着するように焦って歩きました。
ポイントの入り口に到着すると同時に向こうからオレンジが飛んできました。
ヤッターこれで先日のリベンジが果たせると思いましたが、いっこうに止まる気配がありません。

と暫く眺めていると・・・突然フキノトウに降り立ち・・・思いのほか長時間吸蜜しました。
e0224357_21434204.jpg
e0224357_22254218.jpg
その先を急ぐと♀も現れ、こんどはタンポポです。
e0224357_21451905.jpg
♀と♂が出会って交尾に至らないかと期待が膨らみますが・・・
♀は吸蜜モードで♂とは微妙にすれ違いばかりでした。
e0224357_21481762.jpg
♀が居なくなると・・・・♂が飛んできます。何というタイミングの悪さ・・・
e0224357_21494717.jpg
♂は吸蜜に忙しく♀探しどころではない様です。
e0224357_21502869.jpg
スミレ、タンポポと吸蜜して行きます。
e0224357_21510724.jpg
ハタザオの花はまだ少なめでしたが、一か所だけ咲きそろった場所がありました。
e0224357_21523697.jpg
こんなところで吸蜜してくれないかと思うのですが、来るのは枯れ草の中のハタザオだけ・・・
e0224357_21533824.jpg
こうした場所では意外と長時間吸蜜していきますが・・・
周りの枯草がチョウと被りうるさくてもうひとつ絵になりません。
e0224357_21543493.jpg
たった一回だけハタザオの密集地で吸蜜してくれましたが、翅を閉じたままで残念。
e0224357_21555749.jpg
シナノコザクラが咲き始めでとても綺麗でした。
e0224357_21583444.jpg



早朝から下山まで快晴のオレンジ日和となり、新鮮なクモマツマキが遊んでくれました。
まだ殆どが蕾のハタザオは吸蜜シーンも少なく消化不良です。
今年はもう時間が取れないと思うので来年に期待です。

日中の気温が高くて坂道を追いかけるのも大変でバテ気味でしたが・・・、
ビタミンオレンジの体力回復効果は凄まじく、一日歩き回れました。(笑)




-


by konty33 | 2017-05-27 20:59 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 20日
新生ヒメシロチョウと越冬シータテハ
4月16日  続き
飛び続けるギフチョウを早々に諦めて、ヒメシロチョウの発生状況を見に行きました。
ところが、移動中に雨に降られ、移動先でもポツリポツリといやな空模様です。
呆然と暫く佇んでいると・・・・日差しが漏れ出し急激に雲が切れていきます。

陽が差すとすぐにヒメシロチョウが何処からか飛び出しましたが・・・・今度は全く止まりません。
だいぶ粘ってやっと静止したところを撮影しました。
e0224357_22133581.jpg
翅裏が黄色くとても魅力的な春型です。
まだ早い時間ですが、暫くすると急にススキの枯葉の中で休眠モードになりました。
コンデジ(DSC-RX100M5 24mm相当)でススキの枯草の中に手を伸ばしカメラを入れてみました。
e0224357_22172437.jpg
障害物だらけですが、何とか枯ススキの中で休止する雰囲気を表現できました。
気温も約18℃と高く日差しもあるのに・・・・飛ばなくなってしまいました。
逆光で翅を透かすととても綺麗です。
e0224357_22191506.jpg
残念ながら吸蜜シーンは見られませんでしたが、夜寝る場所のイメージが分かりました。
e0224357_22212125.jpg
同じような写真ですが、手前の邪魔な草を片手でかき分けながら夢中で撮りました。
e0224357_22214506.jpg
他に飛んでいたのはシータテハです。翅裏は地味で枯草の中では目立ちません。
e0224357_22231755.jpg
タンポポの上で開翅してくれました。
e0224357_22235651.jpg
春先には里で見かけることがよくある気がします。
e0224357_22250628.jpg




新生蝶のヒメシロチョウと越冬蝶のシータテハが対称的でした。
まだ、周囲のサクラの蕾も固く完全に春になり切れない感じですが・・・・
確実に春の足音が聞こえました。



-


by konty33 | 2017-04-20 22:26 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)
2016年 09月 21日
ツマグロキチョウの卵から蛹、成虫まで
9月17日
前の週末はツマグロキチョウのポイン近くに行きながら、時間がなく見ることが出来ませんでした。
そこで今回は所要の序にツマグロキチョウを見たくて立ち寄りました。
まず見つけたのは綺麗な秋型でした。
e0224357_21522179.jpg
周りを見るとまだ夏型の方が圧倒的に多い様です。
e0224357_21531937.jpg
幸運にも夏型の交尾に出会いました。
e0224357_21535751.jpg
食草のケツメイにぶら下がる姿も絵になります。
e0224357_21544272.jpg
このようなケツメイが周りに沢山あったので幼虫も探してみました。
e0224357_21552858.jpg
食痕を頼りに探してみると・・・・葉の上に幼虫を見つけました。
e0224357_21564199.jpg
終齢幼虫と思われる大きさです。
e0224357_21572794.jpg
まだ小さな幼虫も見つかりました。
e0224357_21582781.jpg
アップで見ると食事中のようです。
e0224357_21590267.jpg
こうなると蛹も見たくなり・・・・・少しムキになって探すと・・・・・
葉が殆ど食べられたような場所の近くで見つかりました。
e0224357_22011188.jpg
もう一つ緑色した蛹も見つかりました。
e0224357_22015907.jpg
ケツメイが密集した中から見つかったので指で摘まんで撮影しましたから不自然な感じが否めません。
後は卵となりますが・・・・・産卵しそうな飛び方の♀を見つけました。
暫く見ていると・・・・・産卵しました。
e0224357_22053305.jpg
葉の中央葉脈に産卵するのでお尻が写りにくいし、正対して撮れるのも時の運です。
e0224357_22071345.jpg
産卵した卵をアップで撮影しましたが、表面のディテールが上手く表現できずTG3の限界を感じました。
e0224357_22093401.jpg


こうして成虫だけでなく幼虫、蛹、そして卵シーン、卵、交尾と一通りの生態写真が撮れました。
もう少ししたら、秋型の交尾や逆光吸蜜シーンなどの写真も撮れたらと考えています。





-



by konty33 | 2016-09-21 22:50 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 09日
ヤマキ観察も終盤戦
9月3日 続き
地元から一気に移動して午後は高原にいました。
平野部と比べるとかなり涼しいのでしょうが、日差しはきつくまだまだ暑く感じます。
狙いはヤマキチョウの探索ですが、少ないながら各地で姿を見ることが出来ました。
e0224357_21415831.jpg
逆光で見るのがとても好きですが、綺麗に透ける角度で撮る余裕がありませんでした。
e0224357_21430638.jpg
スジボソヤマキチョウも夏眠から覚めたようです。
こちらは♂も見られ逆光が綺麗でした。
e0224357_22164278.jpg
ヤマキチョウと比べると翅の質感が薄く感じられます。
e0224357_22175777.jpg
でも、♂の逆光は黄色く輝いて見えました。
e0224357_22192983.jpg
e0224357_22195138.jpg
ヒョウモン達もまだまだ飛んでいましたが、かなり擦れが目立ちます。
メスグロヒョウモン♀が特に多く目立ちました。
e0224357_22212710.jpg


一応、今年のヤマキチョウの観察もそろそろ終わりが近づいてきたようです。
まだまだ暑い日が続きますが、今シーズンも終盤戦ですね。




-



by konty33 | 2016-09-09 22:46 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(6)