2017年 04月 20日 ( 1 )

2017年 04月 20日
新生ヒメシロチョウと越冬シータテハ
4月16日  続き
飛び続けるギフチョウを早々に諦めて、ヒメシロチョウの発生状況を見に行きました。
ところが、移動中に雨に降られ、移動先でもポツリポツリといやな空模様です。
呆然と暫く佇んでいると・・・・日差しが漏れ出し急激に雲が切れていきます。

陽が差すとすぐにヒメシロチョウが何処からか飛び出しましたが・・・・今度は全く止まりません。
だいぶ粘ってやっと静止したところを撮影しました。
e0224357_22133581.jpg
翅裏が黄色くとても魅力的な春型です。
まだ早い時間ですが、暫くすると急にススキの枯葉の中で休眠モードになりました。
コンデジ(DSC-RX100M5 24mm相当)でススキの枯草の中に手を伸ばしカメラを入れてみました。
e0224357_22172437.jpg
障害物だらけですが、何とか枯ススキの中で休止する雰囲気を表現できました。
気温も約18℃と高く日差しもあるのに・・・・飛ばなくなってしまいました。
逆光で翅を透かすととても綺麗です。
e0224357_22191506.jpg
残念ながら吸蜜シーンは見られませんでしたが、夜寝る場所のイメージが分かりました。
e0224357_22212125.jpg
同じような写真ですが、手前の邪魔な草を片手でかき分けながら夢中で撮りました。
e0224357_22214506.jpg
他に飛んでいたのはシータテハです。翅裏は地味で枯草の中では目立ちません。
e0224357_22231755.jpg
タンポポの上で開翅してくれました。
e0224357_22235651.jpg
春先には里で見かけることがよくある気がします。
e0224357_22250628.jpg




新生蝶のヒメシロチョウと越冬蝶のシータテハが対称的でした。
まだ、周囲のサクラの蕾も固く完全に春になり切れない感じですが・・・・
確実に春の足音が聞こえました。



-


by konty33 | 2017-04-20 22:26 | シロチョウ類 | Trackback | Comments(2)