2017年 02月 28日 ( 1 )

2017年 02月 28日
キリシマ探索・・・今年も花粉症の季節ですね
2月26日
少しずつ春が近づいて・・・・木の芽も心なしか膨らみかけたものも・・・・
予報によると今年も杉の花粉が本格的に飛び始めたようです。

今回はキリシマミドリシジミの越冬卵を探して自分なりに生息範囲の確認をしてみました。
まずは、以前よく見られた場所を確認しましたが、ほんの少しだけでした。
e0224357_21351864.jpg
日当りの悪そうな若木を狙いますが、とにかく今年は冬芽が少ないです。
e0224357_21363492.jpg
場所を移動して広範囲に探しました。

キリシマが産卵しそうな林や谷間沿い・・・など斜面を下りたり登ったり
あちらこちらを確認していきますが、時々卵が見つかる程度の少なさです。
それでも一つの芽に2卵産まれている場合も時々ありました。
e0224357_21371225.jpg
アカガシの幼木の冬芽は鹿に食べられていることも多く・・・
笹の密度が高くなったりして、環境が悪化していることは明白です。
e0224357_21384813.jpg
時にはこんなアカガシの大木が自生する谷の底や・・・・
e0224357_21522045.jpg
針葉樹の植林地や雑木林の林縁付近・・・・


それでも良い環境で冬芽のあるアカガシが見つかると・・・
ひとつの芽に3卵も産んであることもあります。
e0224357_21393284.jpg
TG-3で拡大してみました。
e0224357_21415674.jpg
今回は4卵塊まで見つけることが出来ました。
e0224357_21405808.jpg
今度はLUMIX GX-7のスタッキングシステムで拡大してみました。
深度合成が不自然ですが、ディテールまでよくわかると思います。
e0224357_21435036.jpg




朝から夕方まで歩き回ったので疲れましたが、・・・・
標高も距離もそれなりに広範囲で生息が確認できました。

帰宅後・・・・・くしゃみに加え目がショボショボしてたまりませんでした。(笑)




-




by konty33 | 2017-02-28 21:59 | | Trackback | Comments(2)