2017年 01月 29日 ( 1 )

2017年 01月 29日
久しぶりのプチ遠征
1月22日 
久しぶりにほんの少しだけ早起きして日帰りでプチ遠征してきました。
目的はゼフの越冬卵探しですが、いろいろな種の可能性はあるので五目狙いです。
まず探したのがミズイロオナガシジミです。
e0224357_22022289.jpg
たしか昨年ここではなかなか見つからず苦労しましたが、今回はすぐに見つかりました。
もう少し高倍率の写真も撮りました。
e0224357_22052602.jpg
表面が削れてしまい表面模様が変な卵もありました。
e0224357_22040095.jpg
次はコナラの冬芽でウラミスジシジミを狙いました。
e0224357_22100553.jpg
1卵だけでしたが・・・・
冬芽の間に挟まる様に産み付けられていたので、手前の芽をもぎ取って撮影しました。
高倍率で見てみると・・・・
e0224357_22160051.jpg
長い表面突起や小ぶりな精孔(micropyle ; 中央部 の凹み)の大きさかなどの特徴から種の特定が出来ます。

勿論、コナラの芽をきちんと探せばアカシジミが見つかる可能性もありますが・・・・・、
素早く沢山の冬芽を見ていくため見落としいるのか、今回は見つけられませんでした。

次に探したのは日当りの悪そうなコナラの下枝の分岐部からオオミドリシジミを探しました。
e0224357_22263339.jpg
高倍率で見てみるとウラミスジとは突起の長さなどの特徴が異なりますね。
e0224357_22261722.jpg
結局、かなり数は少なかったように感じました。
いつも見つかるのがこのゾウムシ・・・・寒い中でもしっかり枝に抱き着いていました。
e0224357_22341958.jpg
そしていつも見つかるアオクチブトカメムシらしき卵・・・・
e0224357_22293419.jpg



この時期にしてはとても暖かな日になり、寒さは全く感じませんでしたが、
年々クヌギやコナラの林が太陽光発電パネルに変わっていくのが気になります。
環境変化の影響もあるのか例年より卵の数は少ないように感じました。



-


by konty33 | 2017-01-29 22:43 | | Trackback | Comments(2)