2017年 08月 25日
青と黒のゴマシジミ
8月14日
薄曇りでゴマシジミの開翅日和と考え生息地に向かいました。
この日は夜露が降りていませんが朝一番にワレモコウに止っているところから・・・・
e0224357_18004881.jpg
やはりこの姿が絵になりますね。
翅裏が白っぽいので青ゴマでしょうか?
この時はまだわかりませんでしたが、後で開翅してくれました。
下がその開翅シーンです。ここでは平均的な少し青が入ったタイプのようです。
e0224357_19393375.jpg
他にも少し青めの個体が開翅してくれました。
e0224357_19484338.jpg
こちらは限りなく青が少ない個体です。
すぐ後ろにも・・・もう1頭静止していました。
e0224357_19481782.jpg
真黒なゴマシジミもいました。
e0224357_19465076.jpg
翅裏が黒っぽいこの個体はここで夜を過ごしたようで、朝一からワレモコウに止っていました。
e0224357_20123493.jpg
全開するとこんな感じ・・・・
e0224357_19423551.jpg
比較的新鮮なこの個体は長い間開翅していました。
アップでよく見ると・・・一本だけ薄く青のラインが入っていました。
e0224357_19442909.jpg
青ゴマを探しますがなかなか見つかりません。
e0224357_19553702.jpg
比較的青が広がった個体を見つけましたが開翅しません。
e0224357_19521778.jpg
飛ぶ姿がとても青くて綺麗な個体を見つけ・・・・追いかけていると・・・
やっと青い翅表を見せてくれました。
e0224357_19533972.jpg
これはコンデジで飛翔を狙うしかありません。
e0224357_19590935.jpg
ピントが合う確率は??・・・そんなことは気にしていられません。
e0224357_20002081.jpg
とにかく近くに来たら・・・連写あるのみ・・・・
e0224357_20022625.jpg
e0224357_20040172.jpg
縁毛が白く揃っていて、翅表の傷もありません。
e0224357_20045286.jpg
青い翅が撮りたくて上から狙ってみましたが、やはり背景を入れないとダメですね。
この個体は時々静止しました。
e0224357_20093532.jpg




地元のおばあさんに「良い写真が撮れますか?」と声をかけてもらいました。
地元の農家の皆さんの環境保護により、撮影できるんだと再認識させられました。
たいへんありがたいことです。
いつまでもこの環境が守られますように願わずにはいられませんでした。




-




by konty33 | 2017-08-25 21:56 | シジミ類 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/26004155
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cactuss at 2017-08-26 19:13
先日はお世話になりました。
コンデジでの飛翔写真はきれいに撮れていますね。
最後に書いてある様にいつまでもこの環境が守られてほしいですね。
Commented by himeoo27 at 2017-08-26 20:23
私は蒼ゴマの表翅は撮影したことがありません。
コンデジで撮影された飛翔シーン綺麗ですね!
Commented by konty33 at 2017-08-27 16:43
cactussさん 
こちらこそありがとうございました。
飛翔はカメラの連写性能に助けられただけです。
今回は青い翅表の証拠写真の様になってしまいましたが、
背景を考えた撮影をしないとダメですね。
いつまでもこんな風景が見られますように・・・。
Commented by konty33 at 2017-08-27 16:50
himeooさん 
青ゴマの飛翔を撮影したのはkontyも初めてです。
遠くへ飛んでいくこと無く比較的狭い場所を飛び回り
絶好の撮影チャンスでした。


<< ゴマシジミの求愛、交尾、産卵など      涼しい高原で五目撮り >>