2017年 08月 23日
涼しい高原で五目撮り
8月13日
例年ヤマキチョウの見られる草原を探しましたが・・・・
日差しが弱く姿を見ることはできませんでした。
前回ご紹介した各種のヒョウモン以外にもいろいろなチョウが見られました。

ヤマキチョウと同じクロツバラで育つミヤマカラスシジミも見つけることが出来ました。
e0224357_22491028.jpg
しかし、カマキリに食べられてしまうシーンも同時に確認できました。
e0224357_22501526.jpg
これも自然の摂理ですね。
今年もジャノメチョウの交尾も見ることが出来ました。
e0224357_22483978.jpg
セセリの仲間は殆ど擦れていて・・・
ヘリグロチャバネセセリもとても新鮮とは言えません。
e0224357_23203312.jpg
しかし、コチャバネセセリは綺麗でした。
e0224357_22494104.jpg
e0224357_22501684.jpg
e0224357_22505899.jpg
針葉樹の林床の笹原でゴイシシジミも見られますが、今年は数が少ない様でした。
e0224357_22523427.jpg
コミスジにカメラを向けることは少ないのですが・・・
e0224357_23230825.jpg


毎年、少しずつ見られる種類が変わっているような気がします。
エルタテハやクジャクチョウの姿はなく何か寂しい夏の日でした。





-


by konty33 | 2017-08-23 21:26 | シジミ類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://konty33.exblog.jp/tb/25999958
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 青と黒のゴマシジミ      ヤマキは空振り、ヒョウモン天国 >>